【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094417.html
失敗する飲食店の特徴

失敗する飲食店の特徴 | LADYCO

LADYCO
失敗する飲食店の特徴

失敗する飲食店に共通する10の特徴をまとめました。

  • 経営者が調理できない
  • いきなり大きな店舗で開店する
  • 開業資金につぎ込みすぎて運転資金が少ない
  • 安易に立地を決定した
  • 料金設定を間違える
  • メニューを頻繁に改定する
  • 7,定休日などが頻繁に変更される
  • 問題を人のせいにする
  • 取引先を軽視していた
  • 社員を大事にしない

1. 経営者が調理できない

経営者が調理できない

資金に余裕がある人が、飲食店を開店するときによくある失敗が、人を雇ってキッチンを任せるというものがあります。

初めて飲食店業界に参入する人は、自分が料理ができない場合が多く、リスクを回避するために、自分は経営だけを行い、キッチンには調理師などを雇用してしまいますが、人を雇用するということは、かえって大きなリスクを背負いこむことにもなってしまいますから、時間がかかってもきちんと自分で調理ができるようにして、開店しましょう。

2. いきなり大きな店舗で開店する

いきなり大きな店舗で開店する

資金によくありがちな失敗に、大きな店舗で開店するということがあげられます。

大きな店舗は、それだけで家賃が高く、キッチンやホールにもそれなりに人数が必要となってしまいますから、人件費もかかります。

また、少しでも開店が悪いと、売り上げは伸びず、家賃と人件費が重荷になってしまいます。

そのため、飲食業界が初めてという場合には、小さな店舗から始めると、リスクを抑えることができます。

3. 開業資金につぎ込みすぎて運転資金が少ない

開業資金につぎ込みすぎて運転資金が少ない

初めて自分の店を持つという場合には、あらゆるものにこだわりたくなる気持ちがあり、できるだけ理想に近づけようとしてしまいます。

ただ、こだわればこだわるほど、資金はかかってしまいますから、その結果運転資金がほとんどないという状況に陥りやすくなってしまいます。

商売がうまくいくかどうかは、最低でも1年経たないと判断することはできません。

運転資金が少ないと、仕入れや給与の支払いに回すことができず、1年継続させることが困難になってしまいますから、続けるためには、運転資金をある程度確保しておくことが大切です。

4. 安易に立地を決定した

安易に立地を決定した

飲食店を経営は、立地がすべてといっていいほど、大事なポイントです。

その立地を安易に決めてしまうと、全くお客が入らないというケースも起こってきます。

特に、昼間にだけ現地を見て決めてしまうと、夜は全く人通りがなかったり、客層が全く店とあわないことに気づかないまま開店してしまい、失敗してしまうというケースも少なくありません。

失敗しないためには、少なくとも朝や昼、夜と現地に行って、出店する予定の地域をじっくり観察し、適正な立地を選ぶことが大切です。

よく、駅前だけという理由で、安易に立地を決定する場合もありますが、このように事前に調査を行わないと失敗してしまいますから、十分注意が必要です。

5. 料金設定を間違える

料金設定を間違える

最近は、デフレが続いて、単価の安い料理を出す飲食店が増えています。

そのため、競合店に対抗して、料金を休めに設定してしまう人もいますが、激安で採算がとれているのはほとんどが大手のチェーン店ですから、大量一括仕入れによって、原価を減らし、セントラルキッチンで食材の仕組みを行うため、人件費を下げることができるため、低価格でも利益を生むことができます。

ただ、個人の店舗の場合は、そういった大量仕入れなどはできませんから、値段を下げるのではなく、値段に見合ったメニューやサービスを提供することが大切です。

激安でなくても、きちんとしたサービスを提供することで、固定客はつきますし、お客の心をつかむことができます。

値下げ競争の行き着く先は、赤字ですから、少しでも黒字に近づけることが大切です。

6. メニューを頻繁に改定する

メニューを頻繁に改定する

何事も成功するためには、成功するまで継続することが大切です。

売り上げが伸び悩んでいるにもかかわらず、頻繁にメニューを変えてしまうと、店のコンセプトとどんどん違う方向へ向かってしまいますし、固定客もつきません。

7,定休日などが頻繁に変更される

7,定休日などが頻繁に変更される

頻繁に定休日や営業時間を変えてしまうと、お客は失望してしまい、どんどん離れていってしまいます。

特に、開店した当初というのは、店が開店したことを知ったとしても、すぐにきてくれるわけではなく、ある日突然行ってみようと思うものです。

たまたま行った店が、閉まっていると再び行こうとは思ってくれませんから、最低でも1年は変更しないようにしましょう。

8. 問題を人のせいにする

問題を人のせいにする

店を経営していく上では、問題は常にふりかかってきます。

すべて、自分の責任ととらえる人は意外と少なく、自分以外の人のせいにしてしまう人も少なくありません。

こういった、自分以外の人の責任にしてしまう人というのは、結果的に失敗する確率が高くなってしまいます。

9. 取引先を軽視していた

取引先を軽視していた

飲食店を開店する場合には、食材や酒、調味料などを仕入れる必要があります。

この仕入れの原価が数%違うだけで利益に大きな差が出てしまいます。

こういった取引先をいくつかもっていれば、交渉して原価を下げることも可能ですが、新規に起業した場合には、不利な中でスタートせざるをえませんから、利益が出ず、失敗してしまう原因になってしまいます。

10. 社員を大事にしない

飲食業界の場合、アルバイトやパートを雇うことがありますが、こういった社員を大事にしないと、きちんとしたサービスを提供することができません。

そうなるとお客もついてくれませんから、失敗する原因となってしまいます。

失敗する飲食店に共通する10の特徴をまとめました。


経営者が調理できない

資金に余裕がある人が、飲食店を開店するときによくある失敗が、人を雇ってキッチンを任せるというものがあります。

初めて飲食店業界に参入する人は、自分が料理ができない場合が多く、リスクを回避するために、自分は経営だけを行い、キッチンには調理師などを雇用してしまいますが、人を雇用するということは、かえって大きなリスクを背負いこむことにもなってしまいますから、時間がかかってもきちんと自分で調理ができるようにして、開店しましょう。

いきなり大きな店舗で開店する

資金によくありがちな失敗に、大きな店舗で開店するということがあげられます。

大きな店舗は、それだけで家賃が高く、キッチンやホールにもそれなりに人数が必要となってしまいますから、人件費もかかります。

また、少しでも開店が悪いと、売り上げは伸びず、家賃と人件費が重荷になってしまいます。

そのため、飲食業界が初めてという場合には、小さな店舗から始めると、リスクを抑えることができます。

開業資金につぎ込みすぎて運転資金が少ない

初めて自分の店を持つという場合には、あらゆるものにこだわりたくなる気持ちがあり、できるだけ理想に近づけようとしてしまいます。

ただ、こだわればこだわるほど、資金はかかってしまいますから、その結果運転資金がほとんどないという状況に陥りやすくなってしまいます。

商売がうまくいくかどうかは、最低でも1年経たないと判断することはできません。

運転資金が少ないと、仕入れや給与の支払いに回すことができず、1年継続させることが困難になってしまいますから、続けるためには、運転資金をある程度確保しておくことが大切です。

安易に立地を決定した

飲食店を経営は、立地がすべてといっていいほど、大事なポイントです。

その立地を安易に決めてしまうと、全くお客が入らないというケースも起こってきます。

特に、昼間にだけ現地を見て決めてしまうと、夜は全く人通りがなかったり、客層が全く店とあわないことに気づかないまま開店してしまい、失敗してしまうというケースも少なくありません。

失敗しないためには、少なくとも朝や昼、夜と現地に行って、出店する予定の地域をじっくり観察し、適正な立地を選ぶことが大切です。

よく、駅前だけという理由で、安易に立地を決定する場合もありますが、このように事前に調査を行わないと失敗してしまいますから、十分注意が必要です。

料金設定を間違える

最近は、デフレが続いて、単価の安い料理を出す飲食店が増えています。

そのため、競合店に対抗して、料金を休めに設定してしまう人もいますが、激安で採算がとれているのはほとんどが大手のチェーン店ですから、大量一括仕入れによって、原価を減らし、セントラルキッチンで食材の仕組みを行うため、人件費を下げることができるため、低価格でも利益を生むことができます。

ただ、個人の店舗の場合は、そういった大量仕入れなどはできませんから、値段を下げるのではなく、値段に見合ったメニューやサービスを提供することが大切です。

激安でなくても、きちんとしたサービスを提供することで、固定客はつきますし、お客の心をつかむことができます。

値下げ競争の行き着く先は、赤字ですから、少しでも黒字に近づけることが大切です。

メニューを頻繁に改定する

何事も成功するためには、成功するまで継続することが大切です。

売り上げが伸び悩んでいるにもかかわらず、頻繁にメニューを変えてしまうと、店のコンセプトとどんどん違う方向へ向かってしまいますし、固定客もつきません。

7,定休日などが頻繁に変更される

頻繁に定休日や営業時間を変えてしまうと、お客は失望してしまい、どんどん離れていってしまいます。

特に、開店した当初というのは、店が開店したことを知ったとしても、すぐにきてくれるわけではなく、ある日突然行ってみようと思うものです。

たまたま行った店が、閉まっていると再び行こうとは思ってくれませんから、最低でも1年は変更しないようにしましょう。

問題を人のせいにする

店を経営していく上では、問題は常にふりかかってきます。

すべて、自分の責任ととらえる人は意外と少なく、自分以外の人のせいにしてしまう人も少なくありません。

こういった、自分以外の人の責任にしてしまう人というのは、結果的に失敗する確率が高くなってしまいます。

取引先を軽視していた

飲食店を開店する場合には、食材や酒、調味料などを仕入れる必要があります。

この仕入れの原価が数%違うだけで利益に大きな差が出てしまいます。

こういった取引先をいくつかもっていれば、交渉して原価を下げることも可能ですが、新規に起業した場合には、不利な中でスタートせざるをえませんから、利益が出ず、失敗してしまう原因になってしまいます。

飲食業界の場合、アルバイトやパートを雇うことがありますが、こういった社員を大事にしないと、きちんとしたサービスを提供することができません。

そうなるとお客もついてくれませんから、失敗する原因となってしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-