【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094414.html
失敗する居酒屋の特徴

失敗する居酒屋の特徴 | LADYCO

LADYCO
失敗する居酒屋の特徴

ごはんがおいしくない、単価が高すぎるなど、失敗し閉店を余儀なくされる居酒屋には様々な特徴や原因があります。

お店選びに失敗しないためにもチェックしてみてください。

  • お通し代が高し、不味い
  • 予約後の連絡が遅かったり、雑だったりする
  • お店が汚かったり、店員の身だしなみがなってない
  • どの年齢層や性別に向けて店を営業しているのかいまいちはっきりしない
  • 季節ごとのメニューの変化や楽しみがない
  • 店員の対応が悪く、無愛想
  • 食事がおいしくない
  • お酒が水っぽい
  • 単価が異常に高い
  • 食べ放題と謳いつつ、内容がしょぼかったり、注文ができない

1. お通し代が高し、不味い

お通し代が高し、不味い

失敗する居酒屋によくある問題は、お通しについてです。

席料とも言われますが、一般的チェーン店では300円〜400円程度と言えます。

お酒一杯分に相当するので、中には席料なんていらないと思っている人もいます。

また一般的な席料よりも高く、半ばぼったくりのような個人店がある時もあります。

そして、お通しがマズイとがっかりする人も多いです。

万人受けしやすく、美味しいものを出したいところです。

すぐに出せるもので、なおかつコストが安ければお店の黒字も見込めるでしょう。

チェーンより個人店の方が美味しい時もよくあります。

2. 予約後の連絡が遅かったり、雑だったりする

予約後の連絡が遅かったり、雑だったりする

最近では、ネットで予約し、その後電話でのやりとりで日程や内容を確定させるシステムが多いです。

こうした連絡をとる時にスムーズでないとお客さんはイライラします。

また、丁寧な対応をせず、雑な挨拶や気づかいのない電話だと、お店にも良い印象がなくなるでしょう。

繁盛する居酒屋を目指したい場合は、まずこうした連絡の上での対応力や礼儀が大切になります。

また、誕生日や記念日などの打ち合わせができる居酒屋も喜ばれます。

3. お店が汚かったり、店員の身だしなみがなってない

お店が汚かったり、店員の身だしなみがなってない

お店が汚かったり、店員の格好が乱れているのも、ウケが悪いです。

特に、トイレの清掃には気を配りましょう。

汚いエチケットルームでは、テンションもさがります。

特に女性は、そうしたトイレが清潔であり、アメニティが揃えられているのを好みます。

最近では、部屋のように広くきれいなトイレのお店もあるようです。

また、あまりガラのよくなさそうな格好の店員もよくないです。

清潔感と爽やかさのある見た目の方がウケるでしょう。

4. どの年齢層や性別に向けて店を営業しているのかいまいちはっきりしない

どの年齢層や性別に向けて店を営業しているのかいまいちはっきりしない

お店のコンセプトや売りがはっきりしていないお店もつぶれやすいです。

若い女性向けにオシャレな店舗で華やかなメニューを出す。

学生向けで、安くてたくさん食べられたり、飲めたりするメニュー構成にする。

年配やハイクラスを狙った高級居酒屋にする。

など、様々なお店の展開方法があります。

今や、たくさんの居酒屋があるので、そうした狙いが定まっていないと、お客さんが集まらずつぶれてしまう可能性があるのです。

また、このメニューなら、ここのお店!といった売りになる商品があるのも大切です。

5. 季節ごとのメニューの変化や楽しみがない

季節ごとのメニューの変化や楽しみがない

いつも同じメニューで、季節や旬の食材を使ったメニューや、新年会、クリスマス、納涼会など、様々なイベントに合わせた催しがないと、客はすぐに飽きてしまいます。

もちろん、安定した、いつもの美味しいメニューというのも大切です。

季節感を狙いすぎて、お客さんの舌やニーズに合わなければ意味がないのです。

そうしたコストや、ニーズとの兼ね合いでメニューを決めなければなりません。

6. 店員の対応が悪く、無愛想

店員の対応が悪く、無愛想

店員の対応が悪かったり、遅かったり、無愛想なお店もよくないです。

おしぼりが欲しい、水が欲しい、氷を減らして欲しい、トイレの場所を教えて欲しい、などお客さんは様々な要求をしてくると思います。

無理のない範囲の注文でしたら、店員としてちゃんと対応することが大切です。

無視したり、根拠もなく断ったり、無愛想につっぱねるのは、お店の評判自体を悪くします。

基本は笑顔で素早い対応を心掛けるようにしましょう。

7. 食事がおいしくない

食事がおいしくない

食事がマズイ居酒屋はすぐにつぶれます。

最近ではチェーン店でも、ハイクオリティで安くて美味しいものをたくさん出しています。

個人店でそのレベルに達せず、チェーン店より高い値段でのメニュー展開であれば、お客さんは離れていくでしょう。

そのお店の売りの商品や特徴を生かしつつ、美味い物を出すのが大切です。

8. お酒が水っぽい

お酒が水っぽい

お酒が不味かったり、やけに水っぽいお店も、つぶれやすいです。

確かに単価を安くするには、そうした対策も必要になります。

激安店が多い界隈では、いかに商品を安く売るかも大切でしょう。

しかしながらクオリティをどん底に落としてしまうのはナンセンスです。

それなら、家で飲んで食べた方が美味しいし、楽しいでしょう。

安さと美味さ、そしてコストのバランスを絶妙にできる居酒屋が続くのです。

9. 単価が異常に高い

単価が異常に高い

普通の居酒屋と変わりないのに、商品の単価が異常に高いお店もつぶれます。

いわゆるぼったくりに近い商法をしていることもあり、お店選びには十二分に注意が必要です。

ツイッターなどのSNSでも、そうした怪しいお店について注意喚起がなされています。

ぼったくりがバレたお店は閉店をよぎなくされるでしょう。

正正堂堂と勝負できないお店は淘汰されて然るべきなのです。

10. 食べ放題と謳いつつ、内容がしょぼかったり、注文ができない

3000円〜4000円で食べ飲み放題を売りにしているお店も多いです。

しかしながら、中には、メニューが明らかに少ない、クオリティが低すぎる、注文をしてもなかなか来ない、ラストオーダーが早すぎる、といった様々な問題があるお店もあります。

こうした内容が伴わないコースを売りにしていては、人気や信用を失い、すぐつぶれるでしょう。

対価の通り、できることをし、売れるものを売る、それが商売の基本です。

いかがでしたか。

居酒屋が失敗し閉店する原因は様々あります。

そして、これらの要素は選んではいけない居酒屋に共通する点でもあります。

友人や同僚とお酒を楽しく酌み交わすためにも、これらの情報を参考にしてみてください。

ごはんがおいしくない、単価が高すぎるなど、失敗し閉店を余儀なくされる居酒屋には様々な特徴や原因があります。

お店選びに失敗しないためにもチェックしてみてください。


お通し代が高し、不味い

失敗する居酒屋によくある問題は、お通しについてです。

席料とも言われますが、一般的チェーン店では300円〜400円程度と言えます。

お酒一杯分に相当するので、中には席料なんていらないと思っている人もいます。

また一般的な席料よりも高く、半ばぼったくりのような個人店がある時もあります。

そして、お通しがマズイとがっかりする人も多いです。

万人受けしやすく、美味しいものを出したいところです。

すぐに出せるもので、なおかつコストが安ければお店の黒字も見込めるでしょう。

チェーンより個人店の方が美味しい時もよくあります。

予約後の連絡が遅かったり、雑だったりする

最近では、ネットで予約し、その後電話でのやりとりで日程や内容を確定させるシステムが多いです。

こうした連絡をとる時にスムーズでないとお客さんはイライラします。

また、丁寧な対応をせず、雑な挨拶や気づかいのない電話だと、お店にも良い印象がなくなるでしょう。

繁盛する居酒屋を目指したい場合は、まずこうした連絡の上での対応力や礼儀が大切になります。

また、誕生日や記念日などの打ち合わせができる居酒屋も喜ばれます。

お店が汚かったり、店員の身だしなみがなってない

お店が汚かったり、店員の格好が乱れているのも、ウケが悪いです。

特に、トイレの清掃には気を配りましょう。

汚いエチケットルームでは、テンションもさがります。

特に女性は、そうしたトイレが清潔であり、アメニティが揃えられているのを好みます。

最近では、部屋のように広くきれいなトイレのお店もあるようです。

また、あまりガラのよくなさそうな格好の店員もよくないです。

清潔感と爽やかさのある見た目の方がウケるでしょう。

どの年齢層や性別に向けて店を営業しているのかいまいちはっきりしない

お店のコンセプトや売りがはっきりしていないお店もつぶれやすいです。

若い女性向けにオシャレな店舗で華やかなメニューを出す。

学生向けで、安くてたくさん食べられたり、飲めたりするメニュー構成にする。

年配やハイクラスを狙った高級居酒屋にする。

など、様々なお店の展開方法があります。

今や、たくさんの居酒屋があるので、そうした狙いが定まっていないと、お客さんが集まらずつぶれてしまう可能性があるのです。

また、このメニューなら、ここのお店!といった売りになる商品があるのも大切です。

季節ごとのメニューの変化や楽しみがない

いつも同じメニューで、季節や旬の食材を使ったメニューや、新年会、クリスマス、納涼会など、様々なイベントに合わせた催しがないと、客はすぐに飽きてしまいます。

もちろん、安定した、いつもの美味しいメニューというのも大切です。

季節感を狙いすぎて、お客さんの舌やニーズに合わなければ意味がないのです。

そうしたコストや、ニーズとの兼ね合いでメニューを決めなければなりません。

店員の対応が悪く、無愛想

店員の対応が悪かったり、遅かったり、無愛想なお店もよくないです。

おしぼりが欲しい、水が欲しい、氷を減らして欲しい、トイレの場所を教えて欲しい、などお客さんは様々な要求をしてくると思います。

無理のない範囲の注文でしたら、店員としてちゃんと対応することが大切です。

無視したり、根拠もなく断ったり、無愛想につっぱねるのは、お店の評判自体を悪くします。

基本は笑顔で素早い対応を心掛けるようにしましょう。

食事がおいしくない

食事がマズイ居酒屋はすぐにつぶれます。

最近ではチェーン店でも、ハイクオリティで安くて美味しいものをたくさん出しています。

個人店でそのレベルに達せず、チェーン店より高い値段でのメニュー展開であれば、お客さんは離れていくでしょう。

そのお店の売りの商品や特徴を生かしつつ、美味い物を出すのが大切です。

お酒が水っぽい

お酒が不味かったり、やけに水っぽいお店も、つぶれやすいです。

確かに単価を安くするには、そうした対策も必要になります。

激安店が多い界隈では、いかに商品を安く売るかも大切でしょう。

しかしながらクオリティをどん底に落としてしまうのはナンセンスです。

それなら、家で飲んで食べた方が美味しいし、楽しいでしょう。

安さと美味さ、そしてコストのバランスを絶妙にできる居酒屋が続くのです。

単価が異常に高い

普通の居酒屋と変わりないのに、商品の単価が異常に高いお店もつぶれます。

いわゆるぼったくりに近い商法をしていることもあり、お店選びには十二分に注意が必要です。

ツイッターなどのSNSでも、そうした怪しいお店について注意喚起がなされています。

ぼったくりがバレたお店は閉店をよぎなくされるでしょう。

正正堂堂と勝負できないお店は淘汰されて然るべきなのです。

3000円〜4000円で食べ飲み放題を売りにしているお店も多いです。

しかしながら、中には、メニューが明らかに少ない、クオリティが低すぎる、注文をしてもなかなか来ない、ラストオーダーが早すぎる、といった様々な問題があるお店もあります。

こうした内容が伴わないコースを売りにしていては、人気や信用を失い、すぐつぶれるでしょう。

対価の通り、できることをし、売れるものを売る、それが商売の基本です。

いかがでしたか。

居酒屋が失敗し閉店する原因は様々あります。

そして、これらの要素は選んではいけない居酒屋に共通する点でもあります。

友人や同僚とお酒を楽しく酌み交わすためにも、これらの情報を参考にしてみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-