【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173953.html
大人しい人の特徴

大人しい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
大人しい人の特徴

大人しい人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 感情表現が苦手
  • 声が小さい
  • 存在感がない
  • 自分の考えを発言しない
  • 人に言われたことしかしない
  • 消極的
  • 相手のいいなりになる
  • 相手が理解してくれるまで待つ
  • 自慢話をしない
  • 聞き上手

1. 感情表現が苦手

感情表現が苦手

大人しい人というのは、自分の感情を相手に表現するのが苦手です。

もともと喜怒哀楽を表に出すのが苦手で、自分では笑っているつもりでも、周囲からは笑っているように見られなかったり、時には怒っているように見られることもあります。

コミュニケーションをとる上では、相手に自分の表現を認識してもらうことが大切で、自分が笑っていても、相手がつまらなさそうにしていると心配になってしまいます。

大人しい人は、周囲から感情が伝わらない人だと思われていますから、少しオーバー気味に感情を表現することが大切です。

2. 声が小さい

声が小さい

大人しい人というのは、基本的に声が小さく、ぼそぼそと話をするので、独り言をしゃべってるように思われることもあり、相手を不安にさせてしまいます。

もちろん、大きい声を出せば良いというものではありませんが、コミュニケーションをとるためには、相手に自分の話したいことを伝えられる声量は必要です。

普段あまり声を出さない人は、声の出し方を忘れてしまうこともありますから、時々カラオケなどで大声を出しておくとよいでしょう。

3. 存在感がない

存在感がない

大人しい人は、集団で集まったときに、存在感がないため、誰からも気にとめてもらえないことがあります。

人間というのは、後方には無頓着となってしまいますから、いつも後ろの方にいる人は、存在感がなくなってしまいます。

そのため、自分がここにいると周囲にアピールするためには、中間よりも前にいることが大切です。

4. 自分の考えを発言しない

自分の考えを発言しない

大人しい人は、一見まじめに見えますが、いざ意見を求められたとしても、自分の意見を何も言えず、下を向いてしまいます。

職場などでこういった態度をとってしまうと、やる気がないと思われてしまいます。

こういった自分の意見を発言しない人は大人しいと思われてしまいます。

5. 人に言われたことしかしない

人に言われたことしかしない

自分の意見を発言せず、人に言われたことしかしない人は、大人しい人といえます。

本来なら、自分のやっていることに疑問をもっていれば、何か意見を発言するものですが、疑問を感じていても意見を言わないのは、他人との衝突を避けようとし、言われたことしかしない人になってしまいます。

6. 消極的

消極的

大人しい人は、何事にも消極的で、恋愛面でも受け身な恋愛が多いのが特徴です。

もし、好きな人ができたとしても、自分からアプローチすることはなく、相手からきてもらうのを待ちます。

大人しい性格なので、自分のアピールの仕方がわからず、なかなか相手に気持ちを伝えることができないため、恋愛が成就しないことも少なくありません。

ただ、控えめで大人しい女性が好きだという男性もいますから、そういったタイプなら恋愛は成就するでしょう。

大人しい人は、自分の考えを伝えるよりも、相手の話をきくことを大切にします。

これは、意見の食い違いが原因で、相手から嫌われてしまうのを避けるという思いが先行するからです。

些細なことで相手を傷つけないようにしようという意識が強すぎて、発言する機会もなくなり、何も言わない大人しい人になってしまいます。

また、話し下手や伝え方が苦手ということもあり、相手に意見がうまく伝わらなかった経験を積み重ねてきたことで、自信をなくしてしまい、ますます口数が減って大人しくなってしまいます。

大人しい人は、人間関係に苦手意識を持っている場合もありますから、その人が自信をもって話ができるまで根気強く待ってあげることも大切です。

7. 相手のいいなりになる

相手のいいなりになる

大人しい人は、恋愛関係になったとしても、相手のいいなりになってしまう傾向があります。

自分の価値観とは異なることがあったとしても、反抗することができず、言えない思いを我慢し続けてしまった結果、別れてしまうということもあります。

こういった大人しい人は、我慢し続けた結果、つもりつもった思いが爆発してしまうケースもあります。

8. 相手が理解してくれるまで待つ

相手が理解してくれるまで待つ

大人しい人というのは、相手に具体的にどうしてほしいのかという要求をすることが苦手で、相手には自分が何を考えているかが理解されていません。

本当はこうしてほしいと思っていても、一言で伝えることができず、結局相手は何が言いたいのかわからずいらいらしてしまいます。

9. 自慢話をしない

自慢話をしない

大人しい人は、男女問わず自分の自慢話をしません。

自分の自慢をしても許されるのは、ごくわずかな例外的な存在だけで、そのほかの人が自慢すると周囲からいやがられてしまいます。

10. 聞き上手

大人しい人は、自分のことを話すよりも、相手の話をさえぎることなく、話が終わるまで黙って聞くという聞き上手な人が少なくありません。

実際、相手の話をずっと聞くのは簡単そうで意外と難しく、話がつまらないと途中でさえぎったりしてしまいますが、大人しい人は、じっと話を聞いてくれますから、好感度が高いといえます。

聞き上手な人は、実際話してみると、観察眼が鋭くて内面ではよく考えていることも多いので本音を聞いてみるとおもしろい人も少なくありません。

大人しい人に共通する10の特徴をまとめました。


感情表現が苦手

大人しい人というのは、自分の感情を相手に表現するのが苦手です。

もともと喜怒哀楽を表に出すのが苦手で、自分では笑っているつもりでも、周囲からは笑っているように見られなかったり、時には怒っているように見られることもあります。

コミュニケーションをとる上では、相手に自分の表現を認識してもらうことが大切で、自分が笑っていても、相手がつまらなさそうにしていると心配になってしまいます。

大人しい人は、周囲から感情が伝わらない人だと思われていますから、少しオーバー気味に感情を表現することが大切です。

声が小さい

大人しい人というのは、基本的に声が小さく、ぼそぼそと話をするので、独り言をしゃべってるように思われることもあり、相手を不安にさせてしまいます。

もちろん、大きい声を出せば良いというものではありませんが、コミュニケーションをとるためには、相手に自分の話したいことを伝えられる声量は必要です。

普段あまり声を出さない人は、声の出し方を忘れてしまうこともありますから、時々カラオケなどで大声を出しておくとよいでしょう。

存在感がない

大人しい人は、集団で集まったときに、存在感がないため、誰からも気にとめてもらえないことがあります。

人間というのは、後方には無頓着となってしまいますから、いつも後ろの方にいる人は、存在感がなくなってしまいます。

そのため、自分がここにいると周囲にアピールするためには、中間よりも前にいることが大切です。

自分の考えを発言しない

大人しい人は、一見まじめに見えますが、いざ意見を求められたとしても、自分の意見を何も言えず、下を向いてしまいます。

職場などでこういった態度をとってしまうと、やる気がないと思われてしまいます。

こういった自分の意見を発言しない人は大人しいと思われてしまいます。

人に言われたことしかしない

自分の意見を発言せず、人に言われたことしかしない人は、大人しい人といえます。

本来なら、自分のやっていることに疑問をもっていれば、何か意見を発言するものですが、疑問を感じていても意見を言わないのは、他人との衝突を避けようとし、言われたことしかしない人になってしまいます。

消極的

大人しい人は、何事にも消極的で、恋愛面でも受け身な恋愛が多いのが特徴です。

もし、好きな人ができたとしても、自分からアプローチすることはなく、相手からきてもらうのを待ちます。

大人しい性格なので、自分のアピールの仕方がわからず、なかなか相手に気持ちを伝えることができないため、恋愛が成就しないことも少なくありません。

ただ、控えめで大人しい女性が好きだという男性もいますから、そういったタイプなら恋愛は成就するでしょう。

大人しい人は、自分の考えを伝えるよりも、相手の話をきくことを大切にします。

これは、意見の食い違いが原因で、相手から嫌われてしまうのを避けるという思いが先行するからです。

些細なことで相手を傷つけないようにしようという意識が強すぎて、発言する機会もなくなり、何も言わない大人しい人になってしまいます。

また、話し下手や伝え方が苦手ということもあり、相手に意見がうまく伝わらなかった経験を積み重ねてきたことで、自信をなくしてしまい、ますます口数が減って大人しくなってしまいます。

大人しい人は、人間関係に苦手意識を持っている場合もありますから、その人が自信をもって話ができるまで根気強く待ってあげることも大切です。

相手のいいなりになる

大人しい人は、恋愛関係になったとしても、相手のいいなりになってしまう傾向があります。

自分の価値観とは異なることがあったとしても、反抗することができず、言えない思いを我慢し続けてしまった結果、別れてしまうということもあります。

こういった大人しい人は、我慢し続けた結果、つもりつもった思いが爆発してしまうケースもあります。

相手が理解してくれるまで待つ

大人しい人というのは、相手に具体的にどうしてほしいのかという要求をすることが苦手で、相手には自分が何を考えているかが理解されていません。

本当はこうしてほしいと思っていても、一言で伝えることができず、結局相手は何が言いたいのかわからずいらいらしてしまいます。

自慢話をしない

大人しい人は、男女問わず自分の自慢話をしません。

自分の自慢をしても許されるのは、ごくわずかな例外的な存在だけで、そのほかの人が自慢すると周囲からいやがられてしまいます。

大人しい人は、自分のことを話すよりも、相手の話をさえぎることなく、話が終わるまで黙って聞くという聞き上手な人が少なくありません。

実際、相手の話をずっと聞くのは簡単そうで意外と難しく、話がつまらないと途中でさえぎったりしてしまいますが、大人しい人は、じっと話を聞いてくれますから、好感度が高いといえます。

聞き上手な人は、実際話してみると、観察眼が鋭くて内面ではよく考えていることも多いので本音を聞いてみるとおもしろい人も少なくありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-