【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173950.html
内向的な人の特徴

内向的な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
内向的な人の特徴

内向的な性格の人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 友達が少ない
  • インドア
  • 思っていることが言えない
  • 「私も」が口ぐせ
  • 自己主張がないと思われる
  • 人見知りが激しい
  • 家族の前だと多弁
  • 本当は社交的になりたい
  • 読書が好き
  • 今の自分を変えたいと思っている方も多い
  • 最後に

1. 友達が少ない

友達が少ない

内向的ということは、人とあまり関わりを持とうとしないため、当然友達と呼べる人は少ないです。

浅く広くというよりかは、狭く深くタイプが多いかもしれませんね。

2. インドア

インドア

内向的なのにアウトドアという人はまずいないでしょうね。

その逆はあります。

すごく社交的だけど、休みの日は家に居たいと思う人がいることは充分に考えられますが、やはり内向的なのにどんどん外に出て刺激がほしいというのは考えにくいですよね。

そもそも、家で一人でゆっくり過ごしたいと考えるからこそ、それはつまり内向的ということにもなります。

3. 思っていることが言えない

思っていることが言えない

人間ですから、もちろん思うことや意見は色々あるのですが、それをなかなか口に出せない人が多いです。

本当はこうしたいのにと思っていても、結局流されてしまったり、一人モヤモヤすることがあります。

4. 「私も」が口ぐせ

「私も」が口ぐせ

続きになりますが、自分の意見が言えないため、いつも人の後を付いてばかりになります。

なにを聞かれても、「いいと思う」「私もそう思う」と言ってしまいます。

たとえ、反対意見だったとしてもです。

5. 自己主張がないと思われる

自己主張がないと思われる

そのため、人からは自己主張のない人間だと思われてしまいます。

いつも人と同じ意見で、時にはイライラされることもあるかもしれませんね。

また、イライラされる内はまだマシで、そのうち相手にされなくなってしまいます。

この人には何を言ってもムダだと思われ、つまらない人とレッテルを貼られる可能性もあります。

6. 人見知りが激しい

人見知りが激しい

はじめての人が特に苦手で、どう話したらいいのかわかりません。

元々自分をさらけ出すのが苦手な上に、全く知らない人だと、何をどんな口調で話せばいいのが見えてこないのです。

普通であれば、当たり障りのない話題や世間話など、いくらでも思い付きますが、普段から必要以上に人と関わらないため、極度に緊張してしまうのです。

7. 家族の前だと多弁

家族の前だと多弁

一方、身内の前だと、性格が一変する人が多いです。

外であまり話さない分、家だと急によく話すようになったりします。

絶対の理解者かつ味方だからでしょうね。

また、本来人というのは、一人では生きていけませんし、誰かに寄り添いたいものです。

そのため、外で窮屈な思いをしている分、それを解放する場所が必要です。

それが家族の前ということになりますね。

8. 本当は社交的になりたい

本当は社交的になりたい

内向的な人は、なにも好きでそうなったわけではありません。

走るのが得意、勉強が苦手とあるように、人とコミュニケーションを取るのが苦手なだけなのです。

でも、それを克服することは、並大抵のことではありません。

本当は自分の意見も言いたいし、友達もたくさんほしい。

けれど、それがなかなかできなくてもがいているのだと思います。

9. 読書が好き

読書が好き

小説というのは、単に読んで面白いだけでなく、自分を非現実へと連れて行ってくれます。

嫌なこと、辛いことがあっても、本を読んでいるときだけは、それを忘れさせてくれる不思議な力があります。

ファンタジーものだと、より一層現実を忘れられますね。

時には、主人公と自分を重ね合わせて物語に浸っている人もいるかもしれませんね。

10. 今の自分を変えたいと思っている方も多い

今の自分を変えたいと思っている方も多い

内気な人にとって、外交的な人は憧れの存在です。

いつも笑顔で明るく、たくさんの人が周りにいて、キラキラして見えます。

それに比べ自分は…と、比較してしまい、自分が嫌になったり、自己嫌悪に陥ったりします。

最後に

そんな毎日を繰り返し、それでも人が苦手だから、無理をするくらいなら今のままでいいと考えるのですが、本当は違います。

内心はそんなこと思っていないのです。

自分もあんな風になりたいと思っています。

決して内向的な人が不幸なわけではありません。

性格は人それぞれですから、それを否定する権利も誰にもありません。

友達は数ではないですし、本当に信頼できる人が一人でもいて、大事な家族がいるのなら、それで充分幸せだと思います。

内向的な性格の人に共通する10の特徴をまとめました。


友達が少ない

内向的ということは、人とあまり関わりを持とうとしないため、当然友達と呼べる人は少ないです。

浅く広くというよりかは、狭く深くタイプが多いかもしれませんね。

インドア

内向的なのにアウトドアという人はまずいないでしょうね。

その逆はあります。

すごく社交的だけど、休みの日は家に居たいと思う人がいることは充分に考えられますが、やはり内向的なのにどんどん外に出て刺激がほしいというのは考えにくいですよね。

そもそも、家で一人でゆっくり過ごしたいと考えるからこそ、それはつまり内向的ということにもなります。

思っていることが言えない

人間ですから、もちろん思うことや意見は色々あるのですが、それをなかなか口に出せない人が多いです。

本当はこうしたいのにと思っていても、結局流されてしまったり、一人モヤモヤすることがあります。

「私も」が口ぐせ

続きになりますが、自分の意見が言えないため、いつも人の後を付いてばかりになります。

なにを聞かれても、「いいと思う」「私もそう思う」と言ってしまいます。

たとえ、反対意見だったとしてもです。

自己主張がないと思われる

そのため、人からは自己主張のない人間だと思われてしまいます。

いつも人と同じ意見で、時にはイライラされることもあるかもしれませんね。

また、イライラされる内はまだマシで、そのうち相手にされなくなってしまいます。

この人には何を言ってもムダだと思われ、つまらない人とレッテルを貼られる可能性もあります。

人見知りが激しい

はじめての人が特に苦手で、どう話したらいいのかわかりません。

元々自分をさらけ出すのが苦手な上に、全く知らない人だと、何をどんな口調で話せばいいのが見えてこないのです。

普通であれば、当たり障りのない話題や世間話など、いくらでも思い付きますが、普段から必要以上に人と関わらないため、極度に緊張してしまうのです。

家族の前だと多弁

一方、身内の前だと、性格が一変する人が多いです。

外であまり話さない分、家だと急によく話すようになったりします。

絶対の理解者かつ味方だからでしょうね。

また、本来人というのは、一人では生きていけませんし、誰かに寄り添いたいものです。

そのため、外で窮屈な思いをしている分、それを解放する場所が必要です。

それが家族の前ということになりますね。

本当は社交的になりたい

内向的な人は、なにも好きでそうなったわけではありません。

走るのが得意、勉強が苦手とあるように、人とコミュニケーションを取るのが苦手なだけなのです。

でも、それを克服することは、並大抵のことではありません。

本当は自分の意見も言いたいし、友達もたくさんほしい。

けれど、それがなかなかできなくてもがいているのだと思います。

読書が好き

小説というのは、単に読んで面白いだけでなく、自分を非現実へと連れて行ってくれます。

嫌なこと、辛いことがあっても、本を読んでいるときだけは、それを忘れさせてくれる不思議な力があります。

ファンタジーものだと、より一層現実を忘れられますね。

時には、主人公と自分を重ね合わせて物語に浸っている人もいるかもしれませんね。

今の自分を変えたいと思っている方も多い

内気な人にとって、外交的な人は憧れの存在です。

いつも笑顔で明るく、たくさんの人が周りにいて、キラキラして見えます。

それに比べ自分は…と、比較してしまい、自分が嫌になったり、自己嫌悪に陥ったりします。

そんな毎日を繰り返し、それでも人が苦手だから、無理をするくらいなら今のままでいいと考えるのですが、本当は違います。

内心はそんなこと思っていないのです。

自分もあんな風になりたいと思っています。

決して内向的な人が不幸なわけではありません。

性格は人それぞれですから、それを否定する権利も誰にもありません。

友達は数ではないですし、本当に信頼できる人が一人でもいて、大事な家族がいるのなら、それで充分幸せだと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-