【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173944.html
すぐ食欲に負ける人の特徴

すぐ食欲に負ける人の特徴 | LADYCO

LADYCO
すぐ食欲に負ける人の特徴

すぐ食欲に負ける人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 結構、暇な時間がある。
  • もったいない精神が強い。
  • はやりの店、うわさの店が気になる。
  • コンビニによく行く。
  • あまり噛まない。
  • 運動が苦手。
  • テレビを見ながら食べる。
  • 簡単に食べられるものが好き。
  • にせの食欲に支配されている。
  • 野菜を食べない。
  • 空腹を我慢できない。

1. 結構、暇な時間がある。

結構、暇な時間がある。

一日の内に、何をするでもない、ぽっかりと空いた、いわゆる暇な時間が、比較的多い人が、食欲に負けやすい傾向にあり、また、その予備軍でもあります。

毎日のように、一日の中に、ぼんやりと暇にしている時間を持っている人の大半が、その時間になると、口寂しくというよりも手寂しくなって、ついついスナック菓子や軽食に手を伸ばしてしまい、結果、食欲に負けたことになります。

2. もったいない精神が強い。

もったいない精神が強い。

会食や宴会など、宴席の終わりの頃になるとテーブルの上に、様々な料理の残りがのっていることがあります。

これを見過ごせないのが、食欲に負けがちな人に多く見られる傾向です。

店側は、こうした残滓までも含めた料金設定をしているのですから、そのままでいいのですが、これを見過ごせないのが、食欲に負けがちな人に見られる共通点です。

3. はやりの店、うわさの店が気になる。

はやりの店、うわさの店が気になる。

新装開店の店、行列のできる店、うわさの店、友達との会話の中に出てきた店、その他、雑誌に載っていた店などなど、お店に関する新情報を無視できないのが、共通点の一つです。

食に関するアンテナが高いとも言えますが、逆に言えば、それだけ食欲が強いことの表れとも言えます。

4. コンビニによく行く。

コンビニによく行く。

何を買う目的や用があるでもないのにコンビニをのぞくのが、比較的好きな傾向にあります。

コンビニをのぞくと、目新しい品物が目につきます、また、コンビニでしか売ってない品物もあります。

これが、食欲を誘います。

コンビニに行かないのが得策なのですが、食欲を抑えられないのと同様に、コンビニ詣でを押さえることができないのです。

さらに、無目的で行くことが、陳列棚をくまなく見て回ることになり、買う必要もないものをついつい買ってしまう悪循環を招いています。

5. あまり噛まない。

あまり噛まない。

俗に30回噛んで食べるようにと言われますが、しっかり噛むことで満腹感が生まれますから、あまり噛まずに飲み込むのでは、なかなか空腹感は消えません。

30回とは言わずとも、しっかり噛んで、脳の満腹感神経を起こしてやることが、食欲を減少させる最大の方法です。

概して、食欲の強い人は、一度に口に入れる食べ物の量が多く、口いっぱいにほおばって食べていますので、満腹神経が起きないのも無理ないかもしれません。

6. 運動が苦手。

運動が苦手。

運動をすると空腹になって、食欲を増大させそうですが、実は、その逆で、運動をする事によって、体内の血糖値が上昇しますので、食欲は減少する方向に向かいます。

そのため、運動をした方が、食欲減少のためには、有効なのですが、食欲に負けがちな人に限って、運動は苦手や運動音痴と言い訳たらたらで、逃げる人が多いのが現状です。

7. テレビを見ながら食べる。

テレビを見ながら食べる。

食事は、テレビを見ながらという人が多くいるのも特徴です。

視線はテレビで、手元の料理にはいってませんので、口に入った味で、何を食べているかが分かる状態です。

ところが、これを毎日続けていると、主客転倒となって、テレビをつけると何かを食べるという逆の習慣が生まれてきます。

そのため、食事時間ではない時には、簡単に食べられるスナック菓子などを手元に置いて、視線はやはりテレビに釘付けになったまま、ひたすらスナック菓子を口に運ぶという最悪の食環境を生み出します。

8. 簡単に食べられるものが好き。

簡単に食べられるものが好き。

いつでもどこでも気軽に食べられる、いわゆるスナック菓子のたぐいが大好きな傾向にあります。

このお菓子は、困ったことに、いつもの好みのスナックだけでなく、定番のスナックそれぞれが、季節限定のスナックや地域限定のスナックなど、販売元の方も知恵を絞って、様々な種類を販売していますので、食欲の強い人にとっては、バラエティーにとんだ味を楽しむことができます。

その意味では、食欲は、無尽蔵に広がります。

9. にせの食欲に支配されている。

にせの食欲に支配されている。

食欲は、本来、脳内の糖質が不足してきた時に、糖質の補充を脳が命令し、胃が空腹感を訴えることによって、食べ物を口から摂取するというのが、自然の摂理です。

ところが、食欲の強い人は、「そろそろランチタイムか」とか「この店美味そうだなあ」「知ってる知ってる、それ今ブームの店でしょ」といった、にせの空腹情報や、本来は不足していないはずのにせの糖質不足の情報などによって、空腹感を覚え、いそいそと食事に向かう姿が、多く見られます。

認知や思考、あるいは、経験、記憶など、本来の生理的要因とは別の所から生じた食欲に支配されているとも言えます。

10. 野菜を食べない。

野菜を食べない。

繊維質の野菜や良質のタンパク質を摂取することが、正しい満腹感を起こさせるには必要なのですが、概して、食欲を抑えられない人は、糖類や炭水化物を多く摂取する傾向にあります。

また、嗜好的にも炭水化物の食品が好きで、それも、比較的多めに取りがちです。

11. 空腹を我慢できない。

一言で言えば、空腹を我慢できない傾向にあります。

ある意味では、意志が弱いとも言えます。

たとえば、ダイエットを目標にあげたなら、強い意志で自分の食欲を抑えることができる強い心をもつことが大事です。

それと、視線の中に、スナック菓子などの食べ物を置かないことです。

こうした自然の摂理と心理の両面から、食欲と戦うことが大事です。

すぐ食欲に負ける人に共通する10の特徴をまとめました。


結構、暇な時間がある。

一日の内に、何をするでもない、ぽっかりと空いた、いわゆる暇な時間が、比較的多い人が、食欲に負けやすい傾向にあり、また、その予備軍でもあります。

毎日のように、一日の中に、ぼんやりと暇にしている時間を持っている人の大半が、その時間になると、口寂しくというよりも手寂しくなって、ついついスナック菓子や軽食に手を伸ばしてしまい、結果、食欲に負けたことになります。

もったいない精神が強い。

会食や宴会など、宴席の終わりの頃になるとテーブルの上に、様々な料理の残りがのっていることがあります。

これを見過ごせないのが、食欲に負けがちな人に多く見られる傾向です。

店側は、こうした残滓までも含めた料金設定をしているのですから、そのままでいいのですが、これを見過ごせないのが、食欲に負けがちな人に見られる共通点です。

はやりの店、うわさの店が気になる。

新装開店の店、行列のできる店、うわさの店、友達との会話の中に出てきた店、その他、雑誌に載っていた店などなど、お店に関する新情報を無視できないのが、共通点の一つです。

食に関するアンテナが高いとも言えますが、逆に言えば、それだけ食欲が強いことの表れとも言えます。

コンビニによく行く。

何を買う目的や用があるでもないのにコンビニをのぞくのが、比較的好きな傾向にあります。

コンビニをのぞくと、目新しい品物が目につきます、また、コンビニでしか売ってない品物もあります。

これが、食欲を誘います。

コンビニに行かないのが得策なのですが、食欲を抑えられないのと同様に、コンビニ詣でを押さえることができないのです。

さらに、無目的で行くことが、陳列棚をくまなく見て回ることになり、買う必要もないものをついつい買ってしまう悪循環を招いています。

あまり噛まない。

俗に30回噛んで食べるようにと言われますが、しっかり噛むことで満腹感が生まれますから、あまり噛まずに飲み込むのでは、なかなか空腹感は消えません。

30回とは言わずとも、しっかり噛んで、脳の満腹感神経を起こしてやることが、食欲を減少させる最大の方法です。

概して、食欲の強い人は、一度に口に入れる食べ物の量が多く、口いっぱいにほおばって食べていますので、満腹神経が起きないのも無理ないかもしれません。

運動が苦手。

運動をすると空腹になって、食欲を増大させそうですが、実は、その逆で、運動をする事によって、体内の血糖値が上昇しますので、食欲は減少する方向に向かいます。

そのため、運動をした方が、食欲減少のためには、有効なのですが、食欲に負けがちな人に限って、運動は苦手や運動音痴と言い訳たらたらで、逃げる人が多いのが現状です。

テレビを見ながら食べる。

食事は、テレビを見ながらという人が多くいるのも特徴です。

視線はテレビで、手元の料理にはいってませんので、口に入った味で、何を食べているかが分かる状態です。

ところが、これを毎日続けていると、主客転倒となって、テレビをつけると何かを食べるという逆の習慣が生まれてきます。

そのため、食事時間ではない時には、簡単に食べられるスナック菓子などを手元に置いて、視線はやはりテレビに釘付けになったまま、ひたすらスナック菓子を口に運ぶという最悪の食環境を生み出します。

簡単に食べられるものが好き。

いつでもどこでも気軽に食べられる、いわゆるスナック菓子のたぐいが大好きな傾向にあります。

このお菓子は、困ったことに、いつもの好みのスナックだけでなく、定番のスナックそれぞれが、季節限定のスナックや地域限定のスナックなど、販売元の方も知恵を絞って、様々な種類を販売していますので、食欲の強い人にとっては、バラエティーにとんだ味を楽しむことができます。

その意味では、食欲は、無尽蔵に広がります。

にせの食欲に支配されている。

食欲は、本来、脳内の糖質が不足してきた時に、糖質の補充を脳が命令し、胃が空腹感を訴えることによって、食べ物を口から摂取するというのが、自然の摂理です。

ところが、食欲の強い人は、「そろそろランチタイムか」とか「この店美味そうだなあ」「知ってる知ってる、それ今ブームの店でしょ」といった、にせの空腹情報や、本来は不足していないはずのにせの糖質不足の情報などによって、空腹感を覚え、いそいそと食事に向かう姿が、多く見られます。

認知や思考、あるいは、経験、記憶など、本来の生理的要因とは別の所から生じた食欲に支配されているとも言えます。

野菜を食べない。

繊維質の野菜や良質のタンパク質を摂取することが、正しい満腹感を起こさせるには必要なのですが、概して、食欲を抑えられない人は、糖類や炭水化物を多く摂取する傾向にあります。

また、嗜好的にも炭水化物の食品が好きで、それも、比較的多めに取りがちです。

一言で言えば、空腹を我慢できない傾向にあります。

ある意味では、意志が弱いとも言えます。

たとえば、ダイエットを目標にあげたなら、強い意志で自分の食欲を抑えることができる強い心をもつことが大事です。

それと、視線の中に、スナック菓子などの食べ物を置かないことです。

こうした自然の摂理と心理の両面から、食欲と戦うことが大事です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-