【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173935.html
だらしない人の特徴

だらしない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
だらしない人の特徴

だらしない人に共通する9の特徴をまとめました。

  • 時間にルーズ
  • カバンの中が汚い
  • 部屋やデスクが汚い
  • 借りたものを返さない
  • 恋人がよく変わる
  • 食べ方が汚い
  • なんでも後回しにする
  • 面倒くさがり
  • お酒の飲み方をわきまえていない

1. 時間にルーズ

時間にルーズ

だらしがない人といえば時間にルーズな人を挙げる人は多いでしょう。

約束の時間を守ることができない人は社会人として失格です。

学生時代から遅刻が多い人は要注意。

社会人としての生活ではすべてが自己責任です。

いつも時間通りに行動できないという人は、準備にかかる時間を多めに逆算して余裕を持って行動することからはじめてみましょう。

2. カバンの中が汚い

カバンの中が汚い

特に女性はカバンの中にたくさんの荷物を入れて持ち歩く場合が多いですが、使いたいものがすぐに見当たらない人はいませんか?

一日に数回しか使用しない部屋の鍵などは行方不明になりがちです。

カバンの中にしまうときも同じポケットに収納するなど、所定の位置を決めておくと良いでしょう。

荷物がバラバラになってしまうときは、ポーチも活用したいものです。

整理整頓ができれば、何日も捨て忘れたゴミを持ち歩くこともありません。

3. 部屋やデスクが汚い

部屋やデスクが汚い

これはバッグの中の状態と共通することが多いようです。

整理整頓ができない人は、男女問わずだらしない人という印象をもたれてしまいます。

自宅だけでなく会社のデスク周りなどにもその人の性格が現れます。

デスクが汚い人は仕事もできないという意見もあるので、片付いて居ない人はいますぐスッキリさせてしまいましょう。

4. 借りたものを返さない

借りたものを返さない

人から借りたものを返さずに放置する人は、人間性を疑われて交友関係にも影響を及ぼす心配があります。

自分のものではないものを一時的に預けてくれた相手の信用を踏みにじる行為は、たった一度でも信頼関係に深い溝をつくってしまいます。

そのような結果を恐れて物の貸し借りを避ける人が多いことも事実です。

借りたものは当然大切に扱い、返す日は予め決めておくと良いでしょう。

それが守れない場合は借りないことが無難です。

5. 恋人がよく変わる

恋人がよく変わる

男女ともに、恋人が次から次へと変わる人はだらしない印象を持たれてしまうことが多いのではないでしょうか。

恋人がコロコロ変わるということは、本人が男性として、女性として魅力があることの証でもありますが、ひとりの人とじっくりとお付き合いできないことは、良好な人間関係を築けない欠陥があると思われてしまうこともあります。

恋愛においては「男運」「女運」という言葉もありますが、相手が何度かわってもお付き合いが長続きしない場合は自分に原因があると考え、改善の努力をすることが大切です。

6. 食べ方が汚い

食べ方が汚い

夫婦が価値観の違いによって相手に嫌悪感を抱くシーンにしばしば挙げられるのが食べ方のマナーです。

口をあけたままくちゃくちゃと音を立てて食事をする、ボロボロとよくこぼす、肘をついた姿勢でだらしなく食事をする姿などは相手に不快感を与えます。

これは男女の中だけでなく、友人や仕事の関係者など、一緒に食事をする相手のすべてにいえることです。

普段は好感を持てるような人物であっても、食事を共にしたら一気に引いてしまったというような話はよく耳にします。

食事のマナーは国によって異なりますが、美しく食べることを心がけていれば、どこにいても相手に不快感を与えるような食べ方にはならないはずです。

食べ方を美しくするためには、食事中の姿を鏡に映すと良いそうです。

7. なんでも後回しにする

なんでも後回しにする

いまやるべきことを後回しにしてしまう人は、あまり魅力的な人とはいえません。

思いついたことや、必ず片づけなくてはならない事柄にすぐ着手できる人は、人としての信用度も高まります。

「ダイエットは明日から」などという言葉もありますが、人は自分自身には甘くなりがちです。

甘えた気持ちを切り替えて、いますぐやるべきことに取り掛かりましょう。

行動できたことは、自信にもつながります。

8. 面倒くさがり

面倒くさがり

だらしない人に共通することは、面倒くさがりだということです。

腰が重く、なかなか行動できない人、できない理由を探して自分を納得させてしまう人はいませんか?

人生は一度きりです。

挑戦したいこと、興味のあることは、最初の一歩を踏み出してしまえばあとは案外スムーズに進むことも多いのです。

自分に言い訳をしたり人のせいにして物事から逃げている人は、いますぐその悪習慣を改善しましょう。

9. お酒の飲み方をわきまえていない

お酒は大人だけに許された特権です。

楽しい相手とのお酒の席は、ついつい羽目をはずして盛り上がってしまうこともあるでしょう。

楽しく飲めるお酒は良いのですが、酔った勢いに任せて同席者に迷惑をかけてしまうことはあってはなりません。

とくに女性は、お酒に酔った状態で自分の管理ができないことは危険も伴います。

恋人ではない男性に勘違いされるような行動も避けたいものです。

飲みやすいお酒はピッチが上がってしまうこともあります。

自分がどれくらいの量を飲むと変化があらわれるのか知ったうえで上手にペース配分をしましょう。

だらしない人に共通する9の特徴をまとめました。


時間にルーズ

だらしがない人といえば時間にルーズな人を挙げる人は多いでしょう。

約束の時間を守ることができない人は社会人として失格です。

学生時代から遅刻が多い人は要注意。

社会人としての生活ではすべてが自己責任です。

いつも時間通りに行動できないという人は、準備にかかる時間を多めに逆算して余裕を持って行動することからはじめてみましょう。

カバンの中が汚い

特に女性はカバンの中にたくさんの荷物を入れて持ち歩く場合が多いですが、使いたいものがすぐに見当たらない人はいませんか?

一日に数回しか使用しない部屋の鍵などは行方不明になりがちです。

カバンの中にしまうときも同じポケットに収納するなど、所定の位置を決めておくと良いでしょう。

荷物がバラバラになってしまうときは、ポーチも活用したいものです。

整理整頓ができれば、何日も捨て忘れたゴミを持ち歩くこともありません。

部屋やデスクが汚い

これはバッグの中の状態と共通することが多いようです。

整理整頓ができない人は、男女問わずだらしない人という印象をもたれてしまいます。

自宅だけでなく会社のデスク周りなどにもその人の性格が現れます。

デスクが汚い人は仕事もできないという意見もあるので、片付いて居ない人はいますぐスッキリさせてしまいましょう。

借りたものを返さない

人から借りたものを返さずに放置する人は、人間性を疑われて交友関係にも影響を及ぼす心配があります。

自分のものではないものを一時的に預けてくれた相手の信用を踏みにじる行為は、たった一度でも信頼関係に深い溝をつくってしまいます。

そのような結果を恐れて物の貸し借りを避ける人が多いことも事実です。

借りたものは当然大切に扱い、返す日は予め決めておくと良いでしょう。

それが守れない場合は借りないことが無難です。

恋人がよく変わる

男女ともに、恋人が次から次へと変わる人はだらしない印象を持たれてしまうことが多いのではないでしょうか。

恋人がコロコロ変わるということは、本人が男性として、女性として魅力があることの証でもありますが、ひとりの人とじっくりとお付き合いできないことは、良好な人間関係を築けない欠陥があると思われてしまうこともあります。

恋愛においては「男運」「女運」という言葉もありますが、相手が何度かわってもお付き合いが長続きしない場合は自分に原因があると考え、改善の努力をすることが大切です。

食べ方が汚い

夫婦が価値観の違いによって相手に嫌悪感を抱くシーンにしばしば挙げられるのが食べ方のマナーです。

口をあけたままくちゃくちゃと音を立てて食事をする、ボロボロとよくこぼす、肘をついた姿勢でだらしなく食事をする姿などは相手に不快感を与えます。

これは男女の中だけでなく、友人や仕事の関係者など、一緒に食事をする相手のすべてにいえることです。

普段は好感を持てるような人物であっても、食事を共にしたら一気に引いてしまったというような話はよく耳にします。

食事のマナーは国によって異なりますが、美しく食べることを心がけていれば、どこにいても相手に不快感を与えるような食べ方にはならないはずです。

食べ方を美しくするためには、食事中の姿を鏡に映すと良いそうです。

なんでも後回しにする

いまやるべきことを後回しにしてしまう人は、あまり魅力的な人とはいえません。

思いついたことや、必ず片づけなくてはならない事柄にすぐ着手できる人は、人としての信用度も高まります。

「ダイエットは明日から」などという言葉もありますが、人は自分自身には甘くなりがちです。

甘えた気持ちを切り替えて、いますぐやるべきことに取り掛かりましょう。

行動できたことは、自信にもつながります。

面倒くさがり

だらしない人に共通することは、面倒くさがりだということです。

腰が重く、なかなか行動できない人、できない理由を探して自分を納得させてしまう人はいませんか?

人生は一度きりです。

挑戦したいこと、興味のあることは、最初の一歩を踏み出してしまえばあとは案外スムーズに進むことも多いのです。

自分に言い訳をしたり人のせいにして物事から逃げている人は、いますぐその悪習慣を改善しましょう。

お酒は大人だけに許された特権です。

楽しい相手とのお酒の席は、ついつい羽目をはずして盛り上がってしまうこともあるでしょう。

楽しく飲めるお酒は良いのですが、酔った勢いに任せて同席者に迷惑をかけてしまうことはあってはなりません。

とくに女性は、お酒に酔った状態で自分の管理ができないことは危険も伴います。

恋人ではない男性に勘違いされるような行動も避けたいものです。

飲みやすいお酒はピッチが上がってしまうこともあります。

自分がどれくらいの量を飲むと変化があらわれるのか知ったうえで上手にペース配分をしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-