【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173923.html
結婚しても妻を激愛する男性に共通する10の特徴

結婚しても妻を激愛する男性に共通する10の特徴 | LADYCO

LADYCO
結婚しても妻を激愛する男性に共通する10の特徴

結婚しても妻にメロメロ、浮気なんて一切なくいつも妻と一緒にいたい、そんな結婚しても妻を激愛する男性の特徴をまとめてみました。

  • スキンシップが多い
  • いつでもどこでも妻のそばにいたい
  • 仕事の帰りが早い、定時で帰りたい
  • 妻の尻に敷かれ、最悪パシリでもいい
  • 何かとお土産を買ってきたり、プレゼントをする
  • LINEやメールがしつこいし、内容が激甘
  • だらしのない笑顔が多い
  • のろけているつもりはなくても、のろけている
  • 子供がドン引きしているのに気付かない
  • 実はフェイクで、他に浮気相手がいる

1. スキンシップが多い

スキンシップが多い

結婚後も妻にメロメロな人は、とにかくスキンシップが多いです。 ベタベタと触ってくるタイプで、ハグや軽いキスは日常茶飯事です。 外国的な人と言ってもよいかもしれません。 人前でも照れることなく、手をつないだり、触れ合ったりします。 逆に、妻が恥ずかしがっていることも多いです。

2. いつでもどこでも妻のそばにいたい

いつでもどこでも妻のそばにいたい

結婚後も妻を激愛する人は、常に妻といっしょにいたい人が多いです。 家では子供のように妻にくっついていることが多く、時折彼女の家事の邪魔になっていることが多いです。 出かけ先にもついていきたいタイプで、近くのスーパーでのちょっとした買い物でさえ一緒に行こうとします。

中には、妻の女子会についていくような猛者もいます。 妻も一人で出かけたい時や、一人なりたい時があるので、節度を守って行動しなければなりません。

3. 仕事の帰りが早い、定時で帰りたい

仕事の帰りが早い、定時で帰りたい

結婚しても妻にメロメロな男性は、仕事の帰りが早い、あるいは常に早く帰りたいと思っています。 避けられないような残業の日は、周りの人間より落ち込んでいる人も多いでしょう。 あるいは早く帰りたいがために、いきなりスピードがアップする人もいます。

仕事の後の飲み会よりも、妻が優先なので断ることが多いです。 付き合いとはいえ、キャバクラにいくなんて以ての外、妻への裏切りだと感じる人も多いです。 妻の作る夕食を楽しみにしていますが、できあいの物でもぜんぜんOKです。 妻の顔を見ることが一番の幸せなのです。

4. 妻の尻に敷かれ、最悪パシリでもいい

妻の尻に敷かれ、最悪パシリでもいい

妻を激愛する男性は、妻の尻にしかれる人が多いです。 それほど鬼嫁でなくても、男性側がなんでも言うことを聞いてしまうため、 妻が鬼嫁に見えてしまうのがネックです。

頼まれなくても家事をする人も多く、どっちが主婦なんだか分からなくなる状態も多いです。 また、ツンツンな性格の妻でもかわいいと思ってしまい、パシリにされてもかまわないと感じてしまう男性もいます。

5. 何かとお土産を買ってきたり、プレゼントをする

何かとお土産を買ってきたり、プレゼントをする

結婚しても妻にメロメロな男性は、何かとプレゼントが多いです。 いつもお土産を買ってきたり、記念日にはプレゼントを必ずします。

妻のためと思うあまり、ついつい浪費してしまう傾向にあるので気をつけましょう。 また、妻の好みでないものを自己満足で買ってきてしまう場合もあるので、注意が必要です。 度が過ぎる贈り物や、一方的な贈り物は、男女問わず、関係が歪んでしまいがちなので、適度に贈り合うのがベストです。

6. LINEやメールがしつこいし、内容が激甘

LINEやメールがしつこいし、内容が激甘

結婚しても妻を激愛する男性は、ついついLINEやメールを大量に送ってしまいます。 内容も長文で甘ったるく、スタンプや絵文字が多いのも特徴的です。 あまりにしつこいと、彼女を苛立たせる原因にもなるので、気をつけましょう。 中には喜ぶ人もいますが、基本的には簡潔なものを送るのがマナーです。

7. だらしのない笑顔が多い

だらしのない笑顔が多い

結婚しても妻にメロメロな男性は、ついつい妻のことを思ってニヤケてしまうことが多いです。 うっかり職場で間抜けな笑顔を見せてしまい、同僚に引かれたりからかわれたりすることもあります。 また、奥さんの前でも、でろでろな雰囲気を出してしまうことも多いです。 結婚してるしてないに関わらず、女性には毎月のバイオリズムがあります。

あんまりベタベタしたり、にやにやしすぎると、過剰に嫌がられる時期もあるので、適度に接するようにしましょう。 そもそも、だらしのない笑顔が嫌だという人もいるので、気をつけましょう。

8. のろけているつもりはなくても、のろけている

のろけているつもりはなくても、のろけている

結婚しても妻にメロメロな男性は、だいたいの人がのろけています。 今のろける必要がないだろうという時でも、空気が読めず、ついつい妻の自慢ばかりしてしまいます。 聞いている側は、既に飽き飽きしている場合が多いので、のろけすぎはNGです。 また、のろけているつもりはなくても、言葉や態度の端々に、のろけが出てしまっていることもあります。

9. 子供がドン引きしているのに気付かない

子供がドン引きしているのに気付かない

結婚しても妻を激愛する男性は、子供にドン引かれていても気づかない人が多いです。 特に思春期の子供は、母にベタベタしている父を見るのは嫌だという子が多いので気をつけましょう。 また、子供が小さな時から、母子関係に嫉妬して、子供返りしてしまうような夫もいます。 こうした問題から、親子や夫婦に軋轢が生まれてしまうので、注意しなければなりません。

10. 実はフェイクで、他に浮気相手がいる

妻への激愛が実はフェイクで、他に浮気相手がいることを隠そうとしている場合もあります。 結婚してから急に旦那の態度が変わったという奥さんは気をつけなければなりません。 プレゼントを与えることでご機嫌を取ろうとするような男性もいます。 また、妻ももちろん大好きだけど、他の女性も同じくらい好きという、プレイボーイタイプの男性もいます。 もはや気質と言っていいくらいなので、なかなか浮気性は治らず、厄介な問題と言えるでしょう。

結婚しても妻を激愛する男性の真理は、寂しさや不安にあるのかもしれません。 「常に一緒にいて、愛情を示さなければ、妻は離れていってしまうのではないか」そうした闇を抱えている場合もあります。 時間はかかりますが、愛情と誠意を持って接することで、男性も安心して変わる可能性があるのです。

結婚しても妻にメロメロ、浮気なんて一切なくいつも妻と一緒にいたい、そんな結婚しても妻を激愛する男性の特徴をまとめてみました。


スキンシップが多い

結婚後も妻にメロメロな人は、とにかくスキンシップが多いです。 ベタベタと触ってくるタイプで、ハグや軽いキスは日常茶飯事です。 外国的な人と言ってもよいかもしれません。 人前でも照れることなく、手をつないだり、触れ合ったりします。 逆に、妻が恥ずかしがっていることも多いです。

いつでもどこでも妻のそばにいたい

結婚後も妻を激愛する人は、常に妻といっしょにいたい人が多いです。 家では子供のように妻にくっついていることが多く、時折彼女の家事の邪魔になっていることが多いです。 出かけ先にもついていきたいタイプで、近くのスーパーでのちょっとした買い物でさえ一緒に行こうとします。

中には、妻の女子会についていくような猛者もいます。 妻も一人で出かけたい時や、一人なりたい時があるので、節度を守って行動しなければなりません。

仕事の帰りが早い、定時で帰りたい

結婚しても妻にメロメロな男性は、仕事の帰りが早い、あるいは常に早く帰りたいと思っています。 避けられないような残業の日は、周りの人間より落ち込んでいる人も多いでしょう。 あるいは早く帰りたいがために、いきなりスピードがアップする人もいます。

仕事の後の飲み会よりも、妻が優先なので断ることが多いです。 付き合いとはいえ、キャバクラにいくなんて以ての外、妻への裏切りだと感じる人も多いです。 妻の作る夕食を楽しみにしていますが、できあいの物でもぜんぜんOKです。 妻の顔を見ることが一番の幸せなのです。

妻の尻に敷かれ、最悪パシリでもいい

妻を激愛する男性は、妻の尻にしかれる人が多いです。 それほど鬼嫁でなくても、男性側がなんでも言うことを聞いてしまうため、 妻が鬼嫁に見えてしまうのがネックです。

頼まれなくても家事をする人も多く、どっちが主婦なんだか分からなくなる状態も多いです。 また、ツンツンな性格の妻でもかわいいと思ってしまい、パシリにされてもかまわないと感じてしまう男性もいます。

何かとお土産を買ってきたり、プレゼントをする

結婚しても妻にメロメロな男性は、何かとプレゼントが多いです。 いつもお土産を買ってきたり、記念日にはプレゼントを必ずします。

妻のためと思うあまり、ついつい浪費してしまう傾向にあるので気をつけましょう。 また、妻の好みでないものを自己満足で買ってきてしまう場合もあるので、注意が必要です。 度が過ぎる贈り物や、一方的な贈り物は、男女問わず、関係が歪んでしまいがちなので、適度に贈り合うのがベストです。

LINEやメールがしつこいし、内容が激甘

結婚しても妻を激愛する男性は、ついついLINEやメールを大量に送ってしまいます。 内容も長文で甘ったるく、スタンプや絵文字が多いのも特徴的です。 あまりにしつこいと、彼女を苛立たせる原因にもなるので、気をつけましょう。 中には喜ぶ人もいますが、基本的には簡潔なものを送るのがマナーです。

だらしのない笑顔が多い

結婚しても妻にメロメロな男性は、ついつい妻のことを思ってニヤケてしまうことが多いです。 うっかり職場で間抜けな笑顔を見せてしまい、同僚に引かれたりからかわれたりすることもあります。 また、奥さんの前でも、でろでろな雰囲気を出してしまうことも多いです。 結婚してるしてないに関わらず、女性には毎月のバイオリズムがあります。

あんまりベタベタしたり、にやにやしすぎると、過剰に嫌がられる時期もあるので、適度に接するようにしましょう。 そもそも、だらしのない笑顔が嫌だという人もいるので、気をつけましょう。

のろけているつもりはなくても、のろけている

結婚しても妻にメロメロな男性は、だいたいの人がのろけています。 今のろける必要がないだろうという時でも、空気が読めず、ついつい妻の自慢ばかりしてしまいます。 聞いている側は、既に飽き飽きしている場合が多いので、のろけすぎはNGです。 また、のろけているつもりはなくても、言葉や態度の端々に、のろけが出てしまっていることもあります。

子供がドン引きしているのに気付かない

結婚しても妻を激愛する男性は、子供にドン引かれていても気づかない人が多いです。 特に思春期の子供は、母にベタベタしている父を見るのは嫌だという子が多いので気をつけましょう。 また、子供が小さな時から、母子関係に嫉妬して、子供返りしてしまうような夫もいます。 こうした問題から、親子や夫婦に軋轢が生まれてしまうので、注意しなければなりません。

妻への激愛が実はフェイクで、他に浮気相手がいることを隠そうとしている場合もあります。 結婚してから急に旦那の態度が変わったという奥さんは気をつけなければなりません。 プレゼントを与えることでご機嫌を取ろうとするような男性もいます。 また、妻ももちろん大好きだけど、他の女性も同じくらい好きという、プレイボーイタイプの男性もいます。 もはや気質と言っていいくらいなので、なかなか浮気性は治らず、厄介な問題と言えるでしょう。

結婚しても妻を激愛する男性の真理は、寂しさや不安にあるのかもしれません。 「常に一緒にいて、愛情を示さなければ、妻は離れていってしまうのではないか」そうした闇を抱えている場合もあります。 時間はかかりますが、愛情と誠意を持って接することで、男性も安心して変わる可能性があるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-