【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173857.html
時間管理が苦手な人の特徴

時間管理が苦手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
時間管理が苦手な人の特徴

プライベートでも仕事でも、時間の管理が上手く出来ない人は少なくありません。

こういった人達は、何かとまわりに支障をきたす事も多くトラブルメーカーとなってしまう事も。

そんな時間管理が苦手な人に関する共通の特徴について見ていきましょう。

  • 依存心が強い
  • 片付けなどが出来ない
  • 数字が苦手
  • 生活のリズムが狂いがち
  • 責任感が薄い
  • 話が分かりにくい
  • 忘れっぽい
  • 集中力に問題がある
  • 仕事が出来ない
  • 切り替えが上手くいかない

1. 依存心が強い

依存心が強い

時間の管理が出来ない人は、他人への依存心がとても強く、物事を自分で考えられないという特徴が見られます。

中でも子供の頃に、親のいう通りに生きてきた人が多いという傾向がありますね。

起きる時間から、勉強、遊ぶ時間、寝る時間まで親が24時間マネジメントし続けた結果、自分で時間の管理をする事が出来ない大人になってしまうのです。

この場合、大人になっても精神的な自立が出来ておらず、他人への依存性が高くなってしまいます。

誰かにタイムスケジュールをたてて貰わないと、時間の管理が上手く出来ないタイプです。

また、時間管理だけではなく何事に関しても自分の意志が薄く物事を決められないという共通点がみられます。

2. 片付けなどが出来ない

片付けなどが出来ない

時間管理が苦手な人は、往々にして片付けなどが出来ません。

片付けは頭の中で物事をテキパキと整理して行っていなかくてはいけませんよね。

時間管理も同じで、頭の中で時間配分などを整理していく力が求められます。

片付けと時間管理は、似たような能力が必要になるため、片付け下手の人は時間管理も下手なのが必然なのです。

そのため、整理整頓が苦手で部屋が汚い人が多くなっています。

パッと見は綺麗にしていても、デスクの中やクローゼット、鞄、財布の中がぐちゃぐちゃになっているはずです。

3. 数字が苦手

数字が苦手

時間管理が苦手な人の共通点として、数字に関する事が全般に苦手ということがあげられます。

子供の頃から算数が苦手だったり、数字の概念が理解出来ないという特徴があります。

これは、勉強をせずに算数や数学が苦手というのとは、種類が違うものです。

勉強をしているのに、努力をしているのに数字が苦手という人は、脳に原因があるケースのことです。

時間管理が苦手な場合、後者の意味で数字が苦手という特徴があるのです。

4. 生活のリズムが狂いがち

生活のリズムが狂いがち

時間管理が苦手な人は、規則正しい生活を送ることも苦手で、生活リズムが崩れがちという特徴が見られますね。

家族と暮らしている場合は、なんとか規則正しい生活を送る事が出来ていても、一人暮らしなどになると一気に生活リズムが崩れてしまいます。

時間管理が苦手だからこそ生活リズムが崩れてしまうとも言えますし、生活リズムが崩れているから時間管理が出来ないとも言えます。

そのため、遅刻が多いという特徴も同時にみられることがあります。

時間管理が苦手な場合、まわりに非常にルーズな印象を与える人が多くなってしまいますね。

5. 責任感が薄い

責任感が薄い

仕事に関しても、プライベートでの頼まれごとなどに関しても、とにかく責任感が薄いという特徴が見られます。

責任感が薄いため、逆に頼まれごとを気軽にどんどん引き受けてしまうという共通点もあります。

そしてその結果、キャパオーバーになり、時間管理が上手くいかなくなってしまうのです。

更に責任感が薄いために、今度からは気をつけよう!といった反省もする事がなく、同じ事を繰り返し続けいつまでも時間管理が出来ないままになってしまうのです。

6. 話が分かりにくい

話が分かりにくい

会話があちこちに飛んでしまう・物事を順序だてて話せないので何を言っているのかが分からないというのも、時間管理が苦手な人によく見られる共通点でしょう。

会話をする時や説明をする時には、相手に内容が伝わる様に、頭の中で物事を順序立て分かりやすく組み立てる必要があります。

話が分かりにくいという事は、こうした能力にかけているという事ですね。

時間を管理する為にも、物事を順序立てる・組み立てるという作業が必要になります。

ですから、話が分かりにくい人は、時間管理も同じように苦手なのです。

7. 忘れっぽい

忘れっぽい

時間管理が出来ない人は、忘れっぽく、約束なども破りがちで物を無くしたりしやすいという特徴があります。

何事に対しても忘れっぽいので、やらなければいけない事も頭から抜けてしまい、正確なスケジュールをたてる事が出来ないのです。

そして、それが時間の管理を上手く出来ない事に直結してしまうんですね。

8. 集中力に問題がある

集中力に問題がある

人間には様々な能力が備わっているものです。

例えば、行動力・集中力・想像力. 等々です。

時間管理が苦手な人の場合、こうした能力のうち特に集中力のバランスが偏っているという特徴があります。

例えば、ある時は物凄い集中力を発揮したかと思えば、ある時は集中力が全く続かない事もあるのです。

いつも同じ程度の集中力を維持する事が出来ないと、時間の感覚も狂いやすくなります。

集中している時は、時間が早く過ぎるというのは誰でも経験があるでしょう。

時間管理が出来ない人は、集中力のバランスが悪いため時間の感覚が一定ではなくなってしまうのです。

9. 仕事が出来ない

仕事が出来ない

仕事が出来る人の条件として、必ず上げられるのがタイムマネジメントの上手さです。

時間を効率的に使える人は、仕事も効率的に行える人という事なんですね。

それは逆に言えば時間管理が出来ないと、仕事も効率的に行えないという事になります。

そのため、時間管理が苦手=仕事も出来ないとなってしまうのです。

10. 切り替えが上手くいかない

タイムスケジュールを上手くこなしていくには、切り替えも大切になります。

そのため、時間管理が上手くいかない、苦手という場合は物事の切り替えが上手く行えないという特徴がみられますね。

頭の中ではタイムスケジュールを上手く組めたとしても、切り替えが出来ない為に計画的に物事を進める事が出来なくなってしまうのです。

プライベートでも仕事でも、時間の管理が上手く出来ない人は少なくありません。

こういった人達は、何かとまわりに支障をきたす事も多くトラブルメーカーとなってしまう事も。

そんな時間管理が苦手な人に関する共通の特徴について見ていきましょう。


依存心が強い

時間の管理が出来ない人は、他人への依存心がとても強く、物事を自分で考えられないという特徴が見られます。

中でも子供の頃に、親のいう通りに生きてきた人が多いという傾向がありますね。

起きる時間から、勉強、遊ぶ時間、寝る時間まで親が24時間マネジメントし続けた結果、自分で時間の管理をする事が出来ない大人になってしまうのです。

この場合、大人になっても精神的な自立が出来ておらず、他人への依存性が高くなってしまいます。

誰かにタイムスケジュールをたてて貰わないと、時間の管理が上手く出来ないタイプです。

また、時間管理だけではなく何事に関しても自分の意志が薄く物事を決められないという共通点がみられます。

片付けなどが出来ない

時間管理が苦手な人は、往々にして片付けなどが出来ません。

片付けは頭の中で物事をテキパキと整理して行っていなかくてはいけませんよね。

時間管理も同じで、頭の中で時間配分などを整理していく力が求められます。

片付けと時間管理は、似たような能力が必要になるため、片付け下手の人は時間管理も下手なのが必然なのです。

そのため、整理整頓が苦手で部屋が汚い人が多くなっています。

パッと見は綺麗にしていても、デスクの中やクローゼット、鞄、財布の中がぐちゃぐちゃになっているはずです。

数字が苦手

時間管理が苦手な人の共通点として、数字に関する事が全般に苦手ということがあげられます。

子供の頃から算数が苦手だったり、数字の概念が理解出来ないという特徴があります。

これは、勉強をせずに算数や数学が苦手というのとは、種類が違うものです。

勉強をしているのに、努力をしているのに数字が苦手という人は、脳に原因があるケースのことです。

時間管理が苦手な場合、後者の意味で数字が苦手という特徴があるのです。

生活のリズムが狂いがち

時間管理が苦手な人は、規則正しい生活を送ることも苦手で、生活リズムが崩れがちという特徴が見られますね。

家族と暮らしている場合は、なんとか規則正しい生活を送る事が出来ていても、一人暮らしなどになると一気に生活リズムが崩れてしまいます。

時間管理が苦手だからこそ生活リズムが崩れてしまうとも言えますし、生活リズムが崩れているから時間管理が出来ないとも言えます。

そのため、遅刻が多いという特徴も同時にみられることがあります。

時間管理が苦手な場合、まわりに非常にルーズな印象を与える人が多くなってしまいますね。

責任感が薄い

仕事に関しても、プライベートでの頼まれごとなどに関しても、とにかく責任感が薄いという特徴が見られます。

責任感が薄いため、逆に頼まれごとを気軽にどんどん引き受けてしまうという共通点もあります。

そしてその結果、キャパオーバーになり、時間管理が上手くいかなくなってしまうのです。

更に責任感が薄いために、今度からは気をつけよう!といった反省もする事がなく、同じ事を繰り返し続けいつまでも時間管理が出来ないままになってしまうのです。

話が分かりにくい

会話があちこちに飛んでしまう・物事を順序だてて話せないので何を言っているのかが分からないというのも、時間管理が苦手な人によく見られる共通点でしょう。

会話をする時や説明をする時には、相手に内容が伝わる様に、頭の中で物事を順序立て分かりやすく組み立てる必要があります。

話が分かりにくいという事は、こうした能力にかけているという事ですね。

時間を管理する為にも、物事を順序立てる・組み立てるという作業が必要になります。

ですから、話が分かりにくい人は、時間管理も同じように苦手なのです。

忘れっぽい

時間管理が出来ない人は、忘れっぽく、約束なども破りがちで物を無くしたりしやすいという特徴があります。

何事に対しても忘れっぽいので、やらなければいけない事も頭から抜けてしまい、正確なスケジュールをたてる事が出来ないのです。

そして、それが時間の管理を上手く出来ない事に直結してしまうんですね。

集中力に問題がある

人間には様々な能力が備わっているものです。

例えば、行動力・集中力・想像力. 等々です。

時間管理が苦手な人の場合、こうした能力のうち特に集中力のバランスが偏っているという特徴があります。

例えば、ある時は物凄い集中力を発揮したかと思えば、ある時は集中力が全く続かない事もあるのです。

いつも同じ程度の集中力を維持する事が出来ないと、時間の感覚も狂いやすくなります。

集中している時は、時間が早く過ぎるというのは誰でも経験があるでしょう。

時間管理が出来ない人は、集中力のバランスが悪いため時間の感覚が一定ではなくなってしまうのです。

仕事が出来ない

仕事が出来る人の条件として、必ず上げられるのがタイムマネジメントの上手さです。

時間を効率的に使える人は、仕事も効率的に行える人という事なんですね。

それは逆に言えば時間管理が出来ないと、仕事も効率的に行えないという事になります。

そのため、時間管理が苦手=仕事も出来ないとなってしまうのです。

タイムスケジュールを上手くこなしていくには、切り替えも大切になります。

そのため、時間管理が上手くいかない、苦手という場合は物事の切り替えが上手く行えないという特徴がみられますね。

頭の中ではタイムスケジュールを上手く組めたとしても、切り替えが出来ない為に計画的に物事を進める事が出来なくなってしまうのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-