【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173853.html
リスク管理が苦手な人の特徴

リスク管理が苦手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
リスク管理が苦手な人の特徴

リスク管理が苦手な人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 明るく楽観的な性格である
  • 運が良いタイプ
  • 比較的、裕福で恵まれてきた
  • 純粋、信じやすい一面がある
  • お金を使うことが好き
  • 貯金はしていない
  • 心身共にタフである
  • 思い立ったら即行動
  • 将来の設計よりも今日一日が大事
  • 考えても仕方ないと思っている

1. 明るく楽観的な性格である

明るく楽観的な性格である

リスク管理が苦手な人の性格は、明るくて楽観的であるということがあげられます。

リスク管理というと、どうしてもネガティブなことも想定しなくてはなりません。

リスク管理が苦手な人は日頃から悪い状況になることは考えたくありませんし、「大丈夫」「何とかなる」と心から思っているのです。

とはいえ、いくら前向きな思考であっても時に想定していなかったようなことは誰にでも起こります。

そういう状況になりますとやはりリスク管理ができている人よりは弱い、苦境に立たされることはあります。

2. 運が良いタイプ

運が良いタイプ

人の考え方というのはそれまでの人生経験に左右されるものです。

これまでの人生、成功してきたことがある、運が良くて比較的上手くいっていたというタイプの人はそれまでの成功体験がしっかりと自分自身の中にありますから自信があります。

困ったこと、失敗したという経験が少なければ少ないほどリスク管理は苦手というよりはリスクというものが想像できないかもしれません。

お金がなくなったらどうしようと思っても、これまでの人生ずっと裕福できたのであればお金がない生活というのが想像しにくいと思います。

リスク管理が苦手な人は、これまでの人生運が良かったともいえますね。

3. 比較的、裕福で恵まれてきた

比較的、裕福で恵まれてきた

生まれた時から、親から欲しいものは与えられてきた、いい教育を受けた、大人になってもいざとなれば親の援助があるという安心感がある人というのはやはりリスク管理が苦手といいますか、リスク管理をする必要がなかったといえます。

一人で苦労して切り拓いた人は頼れる人がいないからこそ、強くなりますし、万が一のリスクに備えて色々とリスク分散させるべく対策をとります。

恵まれた後ろ盾を持っている人はリスク管理は苦手、したことがないという傾向があるのではないでしょうか。

4. 純粋、信じやすい一面がある

純粋、信じやすい一面がある

頭がよく働く人、少々疑り深い人というのは、表面的なものをそのまま信じません。

裏を読みますし、万が一のことを想定して全面的に相手を信じることはありません。

リスク管理もバッチリできていることでしょう。

一方で、リスク管理が苦手な人の特徴は、人がいいということがあります。

頼まれたら時間やお金がかかっても協力しようとしたり、人の話を素直に受け取って信じやすいのです。

たとえば夫婦間であってもお金のことは片方に任せっぱなしというのはリスク大です。

二人で管理するのが望ましいですし、自分だけのお金というのは相手に言わず隠している人だっています。

リスク管理ができていない人は相手がしっかりしてくれているだろうと信じて放置してしまいます。

気がついたら使いこんでいた、借金を作っていた、一気に結婚生活の破綻・・・といった最悪の結末になる可能性もあるのです。

5. お金を使うことが好き

お金を使うことが好き

リスク管理が苦手な人の特徴は、お金を使うこと、買い物、旅行、遊びなどが大好きな傾向があります。

リスク管理が得意な人は、何かあったらどうしようとまず心配が先立ちますから、あまり大胆なお金使いはしない人が多いです。

リスク管理の苦手な人は「そんなこと言ったら何もできなくなる!」とあまり気にせずその時の自身の欲望にそって行動してしまいがち。

6. 貯金はしていない

貯金はしていない

リスク管理が苦手、できない人というのは、そもそもリスクのことを考えていません。

お金のことも稼ぐこと、貯めること、節約することはさほど考えません。

考えるのは「何に使おうか」ということ、それが一番関心があることでしょう。

楽観的かつ自分の欲求に素直な性格です。

将来、老後のことを考えて貯金というのは苦手。

少し貯まっても何か欲しいものができたらすぐに使ってしまったりという傾向です。

急にお金が必要になった時に焦るという経験をしても改善されないところが目立ちます。

7. 心身共にタフである

心身共にタフである

リスク管理が苦手な人というのはある意味、強い心臓の持ち主です。

心配性で神経質な性格の人は起こってもいない未来のことをあれこれ想像してリスク管理をしています。

たとえば今は健康ですが、将来病気をしたらどうしようと、保険に数社入ったりなどする人もいますよね。

これも一つのリスク管理といえます。

リスク管理が苦手な人は「そんなこと心配しても仕方ない」「自分は大丈夫なはず」と根拠なき自信があるのです。

また、本当に心身共にタフです。

8. 思い立ったら即行動

思い立ったら即行動

リスク管理をしない人というのは、実は考えるよりすでに動いているという特徴があります。

何か始めようと思ったらまずは調査したり、よく考えたり、周りと話し合ったりするものです。

リスク管理が苦手な人は自分が思い立ったら即行動というタイプ。

動き&決断が速いといういい面と、考えが足りないという悪い面とどちらもあります。

9. 将来の設計よりも今日一日が大事

将来の設計よりも今日一日が大事

リスク管理が苦手な人は、将来的なことを細かく考えることは少ないのです。

どちらかといえば、今日一日が楽しければそれでいい、目の前のことをこなすことが大事というタイプ。

長い目で考えるというのが苦手かもしれませんね。

10. 考えても仕方ないと思っている

リスク管理が苦手な人に共通する特徴、それはあれこれ考えたって仕方ないという大雑把な性格でしょう。

いい時も悪い時もある、今考えたところでどうしようもないと、リスク管理自体を面倒くさがるところもあります。

確かにリスク管理まで徹底しようと思えば、調べること、考えることと時間や作業など労力がかかる場合もあります。

実際に何もなければその時間と労力は必要なかったとなりますので考えすぎは無駄と、そうとらえているのです。

リスク管理が苦手な人に共通する10の特徴をまとめました。


明るく楽観的な性格である

リスク管理が苦手な人の性格は、明るくて楽観的であるということがあげられます。

リスク管理というと、どうしてもネガティブなことも想定しなくてはなりません。

リスク管理が苦手な人は日頃から悪い状況になることは考えたくありませんし、「大丈夫」「何とかなる」と心から思っているのです。

とはいえ、いくら前向きな思考であっても時に想定していなかったようなことは誰にでも起こります。

そういう状況になりますとやはりリスク管理ができている人よりは弱い、苦境に立たされることはあります。

運が良いタイプ

人の考え方というのはそれまでの人生経験に左右されるものです。

これまでの人生、成功してきたことがある、運が良くて比較的上手くいっていたというタイプの人はそれまでの成功体験がしっかりと自分自身の中にありますから自信があります。

困ったこと、失敗したという経験が少なければ少ないほどリスク管理は苦手というよりはリスクというものが想像できないかもしれません。

お金がなくなったらどうしようと思っても、これまでの人生ずっと裕福できたのであればお金がない生活というのが想像しにくいと思います。

リスク管理が苦手な人は、これまでの人生運が良かったともいえますね。

比較的、裕福で恵まれてきた

生まれた時から、親から欲しいものは与えられてきた、いい教育を受けた、大人になってもいざとなれば親の援助があるという安心感がある人というのはやはりリスク管理が苦手といいますか、リスク管理をする必要がなかったといえます。

一人で苦労して切り拓いた人は頼れる人がいないからこそ、強くなりますし、万が一のリスクに備えて色々とリスク分散させるべく対策をとります。

恵まれた後ろ盾を持っている人はリスク管理は苦手、したことがないという傾向があるのではないでしょうか。

純粋、信じやすい一面がある

頭がよく働く人、少々疑り深い人というのは、表面的なものをそのまま信じません。

裏を読みますし、万が一のことを想定して全面的に相手を信じることはありません。

リスク管理もバッチリできていることでしょう。

一方で、リスク管理が苦手な人の特徴は、人がいいということがあります。

頼まれたら時間やお金がかかっても協力しようとしたり、人の話を素直に受け取って信じやすいのです。

たとえば夫婦間であってもお金のことは片方に任せっぱなしというのはリスク大です。

二人で管理するのが望ましいですし、自分だけのお金というのは相手に言わず隠している人だっています。

リスク管理ができていない人は相手がしっかりしてくれているだろうと信じて放置してしまいます。

気がついたら使いこんでいた、借金を作っていた、一気に結婚生活の破綻・・・といった最悪の結末になる可能性もあるのです。

お金を使うことが好き

リスク管理が苦手な人の特徴は、お金を使うこと、買い物、旅行、遊びなどが大好きな傾向があります。

リスク管理が得意な人は、何かあったらどうしようとまず心配が先立ちますから、あまり大胆なお金使いはしない人が多いです。

リスク管理の苦手な人は「そんなこと言ったら何もできなくなる!」とあまり気にせずその時の自身の欲望にそって行動してしまいがち。

貯金はしていない

リスク管理が苦手、できない人というのは、そもそもリスクのことを考えていません。

お金のことも稼ぐこと、貯めること、節約することはさほど考えません。

考えるのは「何に使おうか」ということ、それが一番関心があることでしょう。

楽観的かつ自分の欲求に素直な性格です。

将来、老後のことを考えて貯金というのは苦手。

少し貯まっても何か欲しいものができたらすぐに使ってしまったりという傾向です。

急にお金が必要になった時に焦るという経験をしても改善されないところが目立ちます。

心身共にタフである

リスク管理が苦手な人というのはある意味、強い心臓の持ち主です。

心配性で神経質な性格の人は起こってもいない未来のことをあれこれ想像してリスク管理をしています。

たとえば今は健康ですが、将来病気をしたらどうしようと、保険に数社入ったりなどする人もいますよね。

これも一つのリスク管理といえます。

リスク管理が苦手な人は「そんなこと心配しても仕方ない」「自分は大丈夫なはず」と根拠なき自信があるのです。

また、本当に心身共にタフです。

思い立ったら即行動

リスク管理をしない人というのは、実は考えるよりすでに動いているという特徴があります。

何か始めようと思ったらまずは調査したり、よく考えたり、周りと話し合ったりするものです。

リスク管理が苦手な人は自分が思い立ったら即行動というタイプ。

動き&決断が速いといういい面と、考えが足りないという悪い面とどちらもあります。

将来の設計よりも今日一日が大事

リスク管理が苦手な人は、将来的なことを細かく考えることは少ないのです。

どちらかといえば、今日一日が楽しければそれでいい、目の前のことをこなすことが大事というタイプ。

長い目で考えるというのが苦手かもしれませんね。

リスク管理が苦手な人に共通する特徴、それはあれこれ考えたって仕方ないという大雑把な性格でしょう。

いい時も悪い時もある、今考えたところでどうしようもないと、リスク管理自体を面倒くさがるところもあります。

確かにリスク管理まで徹底しようと思えば、調べること、考えることと時間や作業など労力がかかる場合もあります。

実際に何もなければその時間と労力は必要なかったとなりますので考えすぎは無駄と、そうとらえているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-