【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165350.html
心が狭い人の特徴

心が狭い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
心が狭い人の特徴

心が狭い人に共通する特徴とはどんなものが挙げられるのでしょうか。

  • 人を信用できない
  • 自分が一番
  • 不安な気持ちが人より強い
  • 情に流されにくい
  • 素直になることが苦手
  • 視野が極端に狭い
  • 感情的になりやすい
  • 非常にネガティブ思考
  • 相手の気持ちになって考えることが出来ない
  • 辛い過去を持っている

1. 人を信用できない

人を信用できない

人の意見に賛同したり手放しで任せることが出来ません。

どこか他人に対して不信感を抱いていて、頼られるようであれば恐ろしいという気持ちが先に来てしまいます。

なので他人から見たら心が狭いというレッテルを貼られることが多く、どこか変わった人というイメージを持たれがちです。

本当は人を信用したいけど出来ない人も中にはいます。

2. 自分が一番

自分が一番

結局は自分が一番、自分のことをわかってあげられるのはやっぱり自分のみという考えの持ち主です。

他の人のことを一番に考えても裏切られるかもしれないという気持ちも持っています。

ですがそれは事実で困ったときは自分で何とかしないといけません。

人はいつか裏切る可能性もありますが、自分が自分を裏切ることは決してありません。

見方を変えてみると自分の事をより愛してあげられる人なので、様々な分野で成功しやすいです。

3. 不安な気持ちが人より強い

不安な気持ちが人より強い

人の目を気にしたり、少しのことに傷つき、更には未来に対して否定的な意見を持っている、そんな人に多いです。

無条件に愛されたことが無いので不安感が強く、愛されている人を酷く羨みます。

自分と人との間に壁を作ってしまうので、話しかけにくいという印象を感じられます。

不安感を取り除くように、一つでも心の支えにできる人、趣味があれば性格も変わってくることでしょう。

4. 情に流されにくい

情に流されにくい

心が狭いという言葉はどちらかというと後ろ向きな意味合いです。

ですが情に流されにくい良い一面も持っています。

なので詐欺に簡単に騙されることもなく、人を見抜ける力を持っています。

何でこの人は自分に近寄ってくるのか、メリットと理由をすぐに見抜けるので近くにいる友達は本当に良い人ばかりだったりします。

簡単に情に流されないので、自分があるしっかりした人物です。

5. 素直になることが苦手

素直になることが苦手

人から何かしてもらっても咄嗟にありがとうが出なかったり、感謝の気持ちを相手に伝えるのが苦手です。

本当は素直になりたいという気持ちを持っています。

ですが性格上どうしても言えなかったり、言えない事を寝る前に悔やんでいたりします。

不器用な人でもあり、照れ屋な一面も見られます。

6. 視野が極端に狭い

視野が極端に狭い

思考が0か100、生きるか死ぬかというように極端に狭いです。

真ん中という思考回路が無く、人を嫌いか好きかに判断しがちです。

優しくしてくれたから好きにな、無視したから嫌いになる、というように直ぐに気持ちもコロコロ変わります。

このような特徴を持つ人はなるべく視野を広く、努力を怠らないようにします。

海外に行くなど、行ったことのない街に出かけてみることでも、少しずつ視野が広がって来ます。

たくさん選択肢がある人生を、自分本位で縮まないようにしましょう。

7. 感情的になりやすい

感情的になりやすい

イライラしやすく、思った事を口に出しやすいです。

なので心が狭いと思われやすく言いたい事を我慢しておくのが苦手です。

人が心に秘めておきたい事すら口に出してしまうので、時には人間性が疑われやすくなります。

衝動的に行動せず、先を見据えて行動を起こすようにしましょう。

かちんと頭に来た時も6秒、間を空かせるなど工夫を取って少しずつ穏やかな資質を取り戻すようにしましょう。

8. 非常にネガティブ思考

非常にネガティブ思考

物事を前向きに考えることが出来ず、ついネガティブ思考に寄りがちです。

無条件で喜べる嬉しい出来事さえ、まぐれだと認めてあげることが出来ず、どこか後ろ向きです。

常にネガティブ寄りに考えてしまうと心もひねくれてしまいます。

まずは自分を認めてあげ、次は知人の良いところを探すなど前向きな見方を行いましょう。

訓練することでネガティブ思考から抜け出すことが出来、極めれば全てのものに感謝するなど善意の心を持てます。

9. 相手の気持ちになって考えることが出来ない

相手の気持ちになって考えることが出来ない

喧嘩をした時、相手はどんな気持ちでその言葉を言ったのか、イライラするばかりで相手の気持ちになることが出来ません。

物事を自分本位で考えてしまうのでこじれやすく、更にオーバーヒートさせてしまうことでしょう。

このような特徴を持った人は小説を読む事をお勧めします。

物語を読むと、こういう場面でこの人はこんな事を考えているんだと、人の気持ちをしっかり理解することが出来ます。

まずは短編から熟読するようにしましょう。

10. 辛い過去を持っている

人から裏切られた、他人といるとろくなことが無いというような辛い過去を持っています。

自分で自分の心を癒すことが出来ず塞ぎ込みがちです。

人と関わる中でいい思いをした事が少ないので、信頼することも苦手です。

また否定、疑うことから関係が始まるので、相手にしてみればとっつきにくい、心が狭いという印象を感じやすいです。

当然相手は自分が辛い過去を持っている事を知らないので離れていきます。

心が狭いから一緒に居たく無いと直ぐに判断してしまうのは非常にもったいないです。

お互いがお互いの事をより知る事で見えてくることが必ずあります。

心が狭い人に共通する特徴とはどんなものが挙げられるのでしょうか。


人を信用できない

人の意見に賛同したり手放しで任せることが出来ません。

どこか他人に対して不信感を抱いていて、頼られるようであれば恐ろしいという気持ちが先に来てしまいます。

なので他人から見たら心が狭いというレッテルを貼られることが多く、どこか変わった人というイメージを持たれがちです。

本当は人を信用したいけど出来ない人も中にはいます。

自分が一番

結局は自分が一番、自分のことをわかってあげられるのはやっぱり自分のみという考えの持ち主です。

他の人のことを一番に考えても裏切られるかもしれないという気持ちも持っています。

ですがそれは事実で困ったときは自分で何とかしないといけません。

人はいつか裏切る可能性もありますが、自分が自分を裏切ることは決してありません。

見方を変えてみると自分の事をより愛してあげられる人なので、様々な分野で成功しやすいです。

不安な気持ちが人より強い

人の目を気にしたり、少しのことに傷つき、更には未来に対して否定的な意見を持っている、そんな人に多いです。

無条件に愛されたことが無いので不安感が強く、愛されている人を酷く羨みます。

自分と人との間に壁を作ってしまうので、話しかけにくいという印象を感じられます。

不安感を取り除くように、一つでも心の支えにできる人、趣味があれば性格も変わってくることでしょう。

情に流されにくい

心が狭いという言葉はどちらかというと後ろ向きな意味合いです。

ですが情に流されにくい良い一面も持っています。

なので詐欺に簡単に騙されることもなく、人を見抜ける力を持っています。

何でこの人は自分に近寄ってくるのか、メリットと理由をすぐに見抜けるので近くにいる友達は本当に良い人ばかりだったりします。

簡単に情に流されないので、自分があるしっかりした人物です。

素直になることが苦手

人から何かしてもらっても咄嗟にありがとうが出なかったり、感謝の気持ちを相手に伝えるのが苦手です。

本当は素直になりたいという気持ちを持っています。

ですが性格上どうしても言えなかったり、言えない事を寝る前に悔やんでいたりします。

不器用な人でもあり、照れ屋な一面も見られます。

視野が極端に狭い

思考が0か100、生きるか死ぬかというように極端に狭いです。

真ん中という思考回路が無く、人を嫌いか好きかに判断しがちです。

優しくしてくれたから好きにな、無視したから嫌いになる、というように直ぐに気持ちもコロコロ変わります。

このような特徴を持つ人はなるべく視野を広く、努力を怠らないようにします。

海外に行くなど、行ったことのない街に出かけてみることでも、少しずつ視野が広がって来ます。

たくさん選択肢がある人生を、自分本位で縮まないようにしましょう。

感情的になりやすい

イライラしやすく、思った事を口に出しやすいです。

なので心が狭いと思われやすく言いたい事を我慢しておくのが苦手です。

人が心に秘めておきたい事すら口に出してしまうので、時には人間性が疑われやすくなります。

衝動的に行動せず、先を見据えて行動を起こすようにしましょう。

かちんと頭に来た時も6秒、間を空かせるなど工夫を取って少しずつ穏やかな資質を取り戻すようにしましょう。

非常にネガティブ思考

物事を前向きに考えることが出来ず、ついネガティブ思考に寄りがちです。

無条件で喜べる嬉しい出来事さえ、まぐれだと認めてあげることが出来ず、どこか後ろ向きです。

常にネガティブ寄りに考えてしまうと心もひねくれてしまいます。

まずは自分を認めてあげ、次は知人の良いところを探すなど前向きな見方を行いましょう。

訓練することでネガティブ思考から抜け出すことが出来、極めれば全てのものに感謝するなど善意の心を持てます。

相手の気持ちになって考えることが出来ない

喧嘩をした時、相手はどんな気持ちでその言葉を言ったのか、イライラするばかりで相手の気持ちになることが出来ません。

物事を自分本位で考えてしまうのでこじれやすく、更にオーバーヒートさせてしまうことでしょう。

このような特徴を持った人は小説を読む事をお勧めします。

物語を読むと、こういう場面でこの人はこんな事を考えているんだと、人の気持ちをしっかり理解することが出来ます。

まずは短編から熟読するようにしましょう。

人から裏切られた、他人といるとろくなことが無いというような辛い過去を持っています。

自分で自分の心を癒すことが出来ず塞ぎ込みがちです。

人と関わる中でいい思いをした事が少ないので、信頼することも苦手です。

また否定、疑うことから関係が始まるので、相手にしてみればとっつきにくい、心が狭いという印象を感じやすいです。

当然相手は自分が辛い過去を持っている事を知らないので離れていきます。

心が狭いから一緒に居たく無いと直ぐに判断してしまうのは非常にもったいないです。

お互いがお互いの事をより知る事で見えてくることが必ずあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-