【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165344.html
自己主張が強い人の特徴

自己主張が強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
自己主張が強い人の特徴

「この人、自己主張が強いなぁ?・・・」 周りを見渡して、思い当たる人はいませんか?

  • 間違いを素直に認めない
  • 隙があれば自分の話に持って行こうとする
  • 聞いてもないのに自分の意見を言う
  • 気に入らないととりあえずゴネる
  • 独自のスタイルがある
  • 言い分が100か0
  • 褒められるためのアピールを欠かさない
  • いや、でも、だってが口癖
  • 注目を浴びようとする
  • 言い方がきつい

ほどよい自己主張なら生きるために必要ですが、あまりに強すぎると、近くにいたくないな・・・ と距離を置かれてしまうかもしれません。

どんな人が自己主張が強い、と感じるんでしょうか。

その特徴をまとめてみました。

1. 間違いを素直に認めない

間違いを素直に認めない

自己主張が強い人は、普段から人の意見を素直に聞くということが苦手です。

普段からそうなんですから、なにか本人が間違っていたときは、どれだけ小さなことでも素直にごめんなさいとはならないものです。

言い訳をして謝らないことは日常茶飯事。

まだ謝らないだけならいいですが、もっとこじれてくるパターンだと、明らかに本人に非があっても逆に相手を攻撃したりすることもあります。

友達付き合いでもいやですが、仕事だととても困ります。

2. 隙があれば自分の話に持って行こうとする

隙があれば自分の話に持って行こうとする

自己主張が強い人は話題の中心にいたくてたまりません。

誰かの休日の話題を話していても、「私もー」「そういえば」と口を挟んで、急に自分の話に持っていこうとします。

今どんな話をしていたかはお構いなしです。

話の流れも平気でぶった切るようになってくると、重症ですね。

3. 聞いてもないのに自分の意見を言う

聞いてもないのに自分の意見を言う

聞いてもないのに自分の意見を言うのも、自己主張が強い人の特徴です。

映画やグルメや芸能など共通の話題で盛り上がっていても、聞いてもいないのに自分の意見を言わないと気が済みません。

「私もそう思う」だとまだいいのですが、「私は違うと思う」という意見も黙っていられないのが自己主張が強い人。

周りの人たちは内心いやいや・・・今あなたの意見聞いてないから、と思っていますが、気づくことはありません。

4. 気に入らないととりあえずゴネる

気に入らないととりあえずゴネる

自己主張が強い人がいると、旅の行き先などグループで決めるときにいい方へ傾くこともあります。

それは、持ち前の主張の強さでリーダーシップをとってくれること。

ですが、毎回そうも行かないのが世の常です。

決定が気にいらないと、とりあえずゴネるのが自己主張が強い人。

時には、もう決まったことでも覆そうとしたります。

抵抗虚しく、決定が最後まで変わらなかったとしても態度や言葉で自分は認めていないアピールを欠かさず送ります。

5. 独自のスタイルがある

独自のスタイルがある

自己主張が強い人は、独自のスタイルがあります。

どこかでマイワールドを持っていて、そこに関しては譲る気はありません。

どこにマイワールドを持っているかは人によりますが、ファッションなど目に見える趣味の分野の場合もあれば、考え方に独自のこだわりを持っている場合もあります。

筆者の感じ方では、自己主張が強い人ほどはっきりした好き嫌いを持っているため、趣味や考えにも自分色を強く反映させているように思います。

だからこそ相手に強く自己主張ができるのかもしれませんね。

6. 言い分が100か0

言い分が100か0

絶対、全然、無理といった言葉をよく使うのも自己主張が強い人の特徴です。

自分がどうでもいいことについては、まあ、いいんじゃないという言葉が出てきても、自分が譲れないことについては、真っ白か真っ黒かにハッキリ分かれるのが自己主張が強い人です。

認められないことに関しては一切認めません。

可能性すら残しません。

意見を言うことに関しては、中間がないのが特徴です。

時々、散々反対してたのに、意見をころっと変える人もいますね・・・。

あれだけ反対してたのになんだったの?と困惑することもしばしばです。

味方に回ると心強いのですが、敵に回るとちょっと怖いですね。

7. 褒められるためのアピールを欠かさない

褒められるためのアピールを欠かさない

自己主張が強い人は、何かがうまくいったとき頑張ったアピールをします。

褒められたくて仕方ないのもこの人達の特徴です。

ですが、「私はやりました!」と言って直接称賛を得ようとするタイプばかりとは限りません。

そうでない回りくどいタイプの人もいて、そういう人たちは一見控えめのように見せているのですが、さりげなく自分のことを褒めてもらえるように話を振ってみたり、大げさに伸びをしたり、ため息をついたりして注目を集めます。

褒められのに失敗したら、機嫌を損ねてへそを曲げるのも自己主張が強い人の特徴。

誰でも褒められたいのはそうですが、露骨にアピールしていくかどうかが違いになってきそうです。

8. いや、でも、だってが口癖

いや、でも、だってが口癖

自己主張が強い人は、強めの反発心をもっています。

なので、意見を聞いたときにもまず否定から入ることが多いです。

筆者の経験ですと、意見を求めたときに相手が口を開くと必ず「いや、?」から始まる人がいました。

ひょっとして本人は否定していることにも気づいてないんじゃないか?

と思った経験があります。

「いや、」以外だと「でも、」「だって、」もよくあるワード。

誰でも使う言葉だと思うかも知れませんが、この言葉が浴びるように出てくるのが、自己主張の強い人の特徴です。

9. 注目を浴びようとする

注目を浴びようとする

自己主張が強い人は注目を浴びるのが大好きです。

一見真面目で控えめだなと思うような人でも、人があまりしない行動をとったりして、あの手この手で注目を集めようとします。

SNSで私生活の充実アピールをしたり、人があまりしないことをしてみたり。

飲食店のメニュー選びで、あえてオススメを外してみたり。

「すごい!」とか「え!どうして?」と言わせることで自分をアピールするチャンスをバッチリ狙います。

10. 言い方がきつい

自己主張が強い人は主張するときも全力です。

本人に悪気はないのでしょうが、聞いてる側からするとコテンパンに言われているように感じることがあります。

言葉選びに配慮が足りなかったり、もしかしたら喋り方や語気が強すぎるのかもしれません。

言い方がきついと言われたことのある人は、ちょっとコントロールするよう気をつけてみましょう。

「この人、自己主張が強いなぁ?・・・」 周りを見渡して、思い当たる人はいませんか?


ほどよい自己主張なら生きるために必要ですが、あまりに強すぎると、近くにいたくないな・・・ と距離を置かれてしまうかもしれません。

どんな人が自己主張が強い、と感じるんでしょうか。

その特徴をまとめてみました。

間違いを素直に認めない

自己主張が強い人は、普段から人の意見を素直に聞くということが苦手です。

普段からそうなんですから、なにか本人が間違っていたときは、どれだけ小さなことでも素直にごめんなさいとはならないものです。

言い訳をして謝らないことは日常茶飯事。

まだ謝らないだけならいいですが、もっとこじれてくるパターンだと、明らかに本人に非があっても逆に相手を攻撃したりすることもあります。

友達付き合いでもいやですが、仕事だととても困ります。

隙があれば自分の話に持って行こうとする

自己主張が強い人は話題の中心にいたくてたまりません。

誰かの休日の話題を話していても、「私もー」「そういえば」と口を挟んで、急に自分の話に持っていこうとします。

今どんな話をしていたかはお構いなしです。

話の流れも平気でぶった切るようになってくると、重症ですね。

聞いてもないのに自分の意見を言う

聞いてもないのに自分の意見を言うのも、自己主張が強い人の特徴です。

映画やグルメや芸能など共通の話題で盛り上がっていても、聞いてもいないのに自分の意見を言わないと気が済みません。

「私もそう思う」だとまだいいのですが、「私は違うと思う」という意見も黙っていられないのが自己主張が強い人。

周りの人たちは内心いやいや・・・今あなたの意見聞いてないから、と思っていますが、気づくことはありません。

気に入らないととりあえずゴネる

自己主張が強い人がいると、旅の行き先などグループで決めるときにいい方へ傾くこともあります。

それは、持ち前の主張の強さでリーダーシップをとってくれること。

ですが、毎回そうも行かないのが世の常です。

決定が気にいらないと、とりあえずゴネるのが自己主張が強い人。

時には、もう決まったことでも覆そうとしたります。

抵抗虚しく、決定が最後まで変わらなかったとしても態度や言葉で自分は認めていないアピールを欠かさず送ります。

独自のスタイルがある

自己主張が強い人は、独自のスタイルがあります。

どこかでマイワールドを持っていて、そこに関しては譲る気はありません。

どこにマイワールドを持っているかは人によりますが、ファッションなど目に見える趣味の分野の場合もあれば、考え方に独自のこだわりを持っている場合もあります。

筆者の感じ方では、自己主張が強い人ほどはっきりした好き嫌いを持っているため、趣味や考えにも自分色を強く反映させているように思います。

だからこそ相手に強く自己主張ができるのかもしれませんね。

言い分が100か0

絶対、全然、無理といった言葉をよく使うのも自己主張が強い人の特徴です。

自分がどうでもいいことについては、まあ、いいんじゃないという言葉が出てきても、自分が譲れないことについては、真っ白か真っ黒かにハッキリ分かれるのが自己主張が強い人です。

認められないことに関しては一切認めません。

可能性すら残しません。

意見を言うことに関しては、中間がないのが特徴です。

時々、散々反対してたのに、意見をころっと変える人もいますね・・・。

あれだけ反対してたのになんだったの?と困惑することもしばしばです。

味方に回ると心強いのですが、敵に回るとちょっと怖いですね。

褒められるためのアピールを欠かさない

自己主張が強い人は、何かがうまくいったとき頑張ったアピールをします。

褒められたくて仕方ないのもこの人達の特徴です。

ですが、「私はやりました!」と言って直接称賛を得ようとするタイプばかりとは限りません。

そうでない回りくどいタイプの人もいて、そういう人たちは一見控えめのように見せているのですが、さりげなく自分のことを褒めてもらえるように話を振ってみたり、大げさに伸びをしたり、ため息をついたりして注目を集めます。

褒められのに失敗したら、機嫌を損ねてへそを曲げるのも自己主張が強い人の特徴。

誰でも褒められたいのはそうですが、露骨にアピールしていくかどうかが違いになってきそうです。

いや、でも、だってが口癖

自己主張が強い人は、強めの反発心をもっています。

なので、意見を聞いたときにもまず否定から入ることが多いです。

筆者の経験ですと、意見を求めたときに相手が口を開くと必ず「いや、?」から始まる人がいました。

ひょっとして本人は否定していることにも気づいてないんじゃないか?

と思った経験があります。

「いや、」以外だと「でも、」「だって、」もよくあるワード。

誰でも使う言葉だと思うかも知れませんが、この言葉が浴びるように出てくるのが、自己主張の強い人の特徴です。

注目を浴びようとする

自己主張が強い人は注目を浴びるのが大好きです。

一見真面目で控えめだなと思うような人でも、人があまりしない行動をとったりして、あの手この手で注目を集めようとします。

SNSで私生活の充実アピールをしたり、人があまりしないことをしてみたり。

飲食店のメニュー選びで、あえてオススメを外してみたり。

「すごい!」とか「え!どうして?」と言わせることで自分をアピールするチャンスをバッチリ狙います。

自己主張が強い人は主張するときも全力です。

本人に悪気はないのでしょうが、聞いてる側からするとコテンパンに言われているように感じることがあります。

言葉選びに配慮が足りなかったり、もしかしたら喋り方や語気が強すぎるのかもしれません。

言い方がきついと言われたことのある人は、ちょっとコントロールするよう気をつけてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-