【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165335.html
浪費家な人の特徴

浪費家な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
浪費家な人の特徴

浪費家な人に共通する特徴とは何でしょうか?

お金があるから使い放題というわけではないのです。

10のポイントでいろいろな原因を探ってみましょう。

  • レシートや明細を見ない
  • 買う時に金額を気にしない
  • コンプリートしたくなる
  • 流行に弱い
  • カードで買い物をすることが多い
  • 気前がいい
  • お世辞に弱い
  • お金を使うことくらいしか趣味がない
  • ストレス発散方法がない
  • 止めてくれる家族や友人がいない
  • 人付き合いが多い
  • 何とでもなる
  • 最新の物に弱い
  • 神経質で真面目
  • 趣味が浪費に繋がってる
  • ネット通販にハマってる
  • ギャンブル
  • 車好き
  • 飽き性
  • 良いことがあるとご褒美

1. レシートや明細を見ない

レシートや明細を見ない

買い物をしすぎてもレシートや明細を見たり家計簿をつける習慣があると後悔して改善することもできますが、それをしない人やそれができない人はまた浪費を繰り返してしまいます。

浪費していることに気づかず、通帳にお金がまだあるからと限界まで使ってしまうことや、カードが止められるまで気づかないなんていうこともあるので気をつけたいですね。

2. 買う時に金額を気にしない

買う時に金額を気にしない

買う時に金額を気にしないで買ってしまう人もいます。

友達や恋人の前でせこいやつだと思われるのがいやで見栄をはってしまったり、店員さんの前で恥ずかしくてチェックできないなんていう理由の場合も。

また、決断力がありすぎて金額を見ずに決めてしまうという人もいそうです。

ただ、似た商品がもっと安く売られているとわかればがっかりすることになります。

お金を使うのが楽しいならその金をとっておくという楽しさも身に付けたいですね。

3. コンプリートしたくなる

コンプリートしたくなる

コンプリートしたくなるタイプの人は同じ靴でも全色揃えないと気がすまないということだってありそう。

コンプリートしたものを並べて飾るのも爽快ですし、今はSNSにアップしてすごいと賞賛されるのを期待してそんなことをしてしまう人もいるのではないでしょうか。

子供の頃に欲しいものを我慢して育った人は大人買いが楽しくなってしまうこともあるのでどこかでストップをかけなくてはいけません。

いずれものが多すぎると邪魔になるということに気づくのがいい方法です。

4. 流行に弱い

流行に弱い

流行に弱い人はすぐ買いたくなってしまい、自分にとって必要のないものにもお金をかけてしまいます。

買った瞬間に目的が達成されてしまうので買った後は興味がなくなることも多そう。

それを繰り返していると浪費家と呼ばれてしまいます。

必要なものとそうでないものを見極められるようになってこそ「すごい」と思われるのではないでしょうか?

流行っていてもそれに流されずに自分のスタイルをいくかっこよさも目指してみませんか?

5. カードで買い物をすることが多い

カードで買い物をすることが多い

カードで買い物をすることが多い人はつい気持ちが大きくなって浪費してしまいがちです。

浪費を止めたいなら現金主義になるのが一番ですね。

ローン払いもそうですが、どこまでも買えるような気になってしまうところが怖いところです。

使った額を手帳にメモするとかアプリで管理できるようになるのがベストな改善方法です。

しかし、一番はやはりわかりやすい現金での買い物を心がけましょう。

家には多くお金を置かず、面倒でもこまめにお金を財布に入れるようにすることでもお金を浪費することに抵抗が出てきます。

6. 気前がいい

気前がいい

気前がいい人は周りの人にプレゼントを買ったりおごってしまうことが増えて喜ぶ顔を見るとまたそれをしてあげたくなってしまいます。

しかしそれも立派な浪費。

もちろん付き合い上たまにはいいことですが、いつもそればかりするほどの収入がないのにそんなことを続けていると、生活が苦しくなるばかりではなく周りからも見栄っ張りなどと言われるようになるでしょう。

せっかくの気前の良さもいつもなら価値が減ってしまいます。

気をつけましょう。

7. お世辞に弱い

お世辞に弱い

お世辞に弱い人は店員さんの褒め言葉や一緒に買いものに行った友達のお世辞につられてどんどん買いたくなるということもあります。

ちょっとまぬけなのでやめるようにしたいですね。

確かにお世辞は気持ちがいいものですが、お金を使わそうとしているだけの店員さんもいるという事実を知ってよく考えてください。

誰かのためにお金を使うのではなく、自分のお金は自分のために自分が納得できる形で使うという意識を持ちましょう。

8. お金を使うことくらいしか趣味がない

お金を使うことくらいしか趣味がない

お金を使うのはけっこう楽しいことですし、それくらいしか趣味がないなんていう人もいます。

しかし、お金を使うことを趣味にするくらいなら貯金を趣味にした方がまだマシ。

これからは浪費ではなく貯金を趣味にしてデータを見ながら楽しむというのはどうですか?

浪費はその時は楽しくても後から虚しくなることもあります。

部屋も散らかります。

その空虚感や不便さを思い出すようにしてください。

9. ストレス発散方法がない

ストレス発散方法がない

うまくストレス発散ができない人は浪費するくらいしか思いつかないということもありそうですね。

でもお金がかからない趣味だっていくらでもあります。

一度調べて自分に合いそうなことがないか試してみてください。

楽しいことができればそれに使うためのお金を残しておこうという意識も生まれてきますよ。

10. 止めてくれる家族や友人がいない

止めてくれる家族や友人がいない

浪費家を止めるにはそれに対して注意してくれる家族や友人の存在も欠かせません。

一人ぼっちでいると良くない習慣も自由に続けることができてしまいます。

真剣に浪費に向き合うなら生活を変えるのも考えてみましょう。

人の目は煩わしいものでもあり、ありがたいものでもあります。

11. 人付き合いが多い

人付き合いが多い

浪費家にありがちな人との繋がりになりますが、繋がりが多くなれば多いほど浪費家の場合付き合う場が増えるということになります。

そして後のことも考えずにその場を盛り上げるために仲間内に奢ってしまいます。

人に何かをご馳走することは自分にとってとても心地の良いことで、そして何よりも見栄を張ってるとも言えます。

人に何かを奢ることは決していけないことではありませんが浪費家の場合は後先考えないような奢り方をしてしまうというのが共通してるとも言えます。

12. 何とでもなる

何とでもなる

お金は使う物、使いたいから使うという考えは確かに一理ありますが、ただ浪費家の場合は生活のことを考えないで使ってしまうというのが特徴として挙げられます。

そこで一番の問題となるのがお金の使い道に関してその後のことをまったく考えない計画性の無さが挙げられます。

ですので使いたいから使うという本能のまま欲しい物があれば買う、手元にお金があればあぶく銭、宵越しと言わんばかりに使ってしまうんです。

13. 最新の物に弱い

最新の物に弱い

浪費家は最新の物に弱い、つまりはミーハーな性格とも言えますが、新しく発売されると居ても立っても居られなくなるくらい欲しくなるようです。

特に限定的な物に関しては考える暇もなく手を出してしまうこともあります。

新しい商品を購入することは決していけないことではありませんが出るたびに買われては貯金どころかこの先苦労することでしょう。

14. 神経質で真面目

神経質で真面目

神経質で真面目な人が浪費家と?思われるかもしれませんが普段からコツコツと真面目にやっているとそれなりのストレスも受けることになります。

そしてそのストレスが爆発したときに神経質で真面目だった人が浪費家になってしまうことがあるんです。

特に我慢してた食事では好きな物を好きなだけお金のことを考えず使ってしまったり欲しかった物を金額も考えず購入してしまったりというストレス発散的な行動に出てしまうようです。

15. 趣味が浪費に繋がってる

趣味が浪費に繋がってる

誰でも趣味の一つや二つあると思いますが、趣味の種類によってはお金の使い方も変わってきます。

浪費家な人に共通する特徴にはこの趣味にお金が掛かってしまうということがあり、趣味だからあまり金額のことを考えず行動してしまうというところもあるようです。

好きなことだからといって毎回お金が予想を上回ることにもなればそのうち生活にも支障を来たしてしまう可能性もあります。

浪費家はそのことを趣味だからと片付けてしまうようです。

16. ネット通販にハマってる

ネット通販にハマってる

最近はネット通販も便利になっていますが、それと共にネット通販で浪費家が増えてるようです。

共通する特徴としてはネットというのは手軽さがあり、クリックするだけですからあまり金額のことを考えずに購入してしまうということがあります。

またついでにこれもという買い方をしてしまうのもネット通販による浪費家が増えてる理由の一つでもあるようです。

17. ギャンブル

ギャンブル

ギャンブルに手を出してしまうとその面白さにハマればお金のことを考えずつぎ込んでしまうことになります。

さらに取り戻そうとつぎ込むことになるのですが、浪費家の人にとってギャンブルをしてるときお金の有り難味を忘れさせてしまうようです。

ギャンブルをする場合はどの程度のお金を使うか毎月決めてると趣味として楽しむこともできるはずですが浪費家の人は金額を決めることをせずにギャンブルを楽しむので必要以上にお金を使ってしまうようです。

18. 車好き

車好き

車といえばそれなりに高い買い物ではないでしょうか。

だからこそ自分の車をもっと見栄え良くしたり車内をもっとグレードアップしたいという気持ちも出てくるでしょう。

ですが車に趣味を持ってしまうと部品はどれも高額となります。

浪費家は欲しいからといって何も考えず好きなパーツを購入しては浪費するわけですけど、どうしても欲しいという衝動に駆られると自分の食べる食事を減らしてでも車につぎ込んでしまうようです。

19. 飽き性

飽き性

せっかくこの間購入したばかりの物も1週間も経たず使ってない、理由は飽きたからというのが浪費家の中にはいるようです。

そのときはどうしても欲しいからと無理して時間を費やしお金も費やしたのに一瞬で飽きてしまってお金の無駄使いとも言えますが、こうした浪費家の人は性格的に飽き性という傾向があるようです。

なので熱しやすく冷めやすいという特徴から無駄に浪費をしてしまうようです。

20. 良いことがあるとご褒美

浪費家な人に共通する特徴として自分にご褒美という考えがあるようです。

例えば仕事でご褒美というのはよくある話だと思いますが浪費家の人はこのご褒美を事あるごとにやってしまうということがあります。

またご褒美だからということであまり金額のことを気にしないのも浪費に繋がってるとも言えます。

たまのご褒美ならまだしも浪費家な人にとっては無駄遣いにしかなっていないようです。

浪費家な人に共通する特徴とは何でしょうか?

お金があるから使い放題というわけではないのです。

10のポイントでいろいろな原因を探ってみましょう。


レシートや明細を見ない

買い物をしすぎてもレシートや明細を見たり家計簿をつける習慣があると後悔して改善することもできますが、それをしない人やそれができない人はまた浪費を繰り返してしまいます。

浪費していることに気づかず、通帳にお金がまだあるからと限界まで使ってしまうことや、カードが止められるまで気づかないなんていうこともあるので気をつけたいですね。

買う時に金額を気にしない

買う時に金額を気にしないで買ってしまう人もいます。

友達や恋人の前でせこいやつだと思われるのがいやで見栄をはってしまったり、店員さんの前で恥ずかしくてチェックできないなんていう理由の場合も。

また、決断力がありすぎて金額を見ずに決めてしまうという人もいそうです。

ただ、似た商品がもっと安く売られているとわかればがっかりすることになります。

お金を使うのが楽しいならその金をとっておくという楽しさも身に付けたいですね。

コンプリートしたくなる

コンプリートしたくなるタイプの人は同じ靴でも全色揃えないと気がすまないということだってありそう。

コンプリートしたものを並べて飾るのも爽快ですし、今はSNSにアップしてすごいと賞賛されるのを期待してそんなことをしてしまう人もいるのではないでしょうか。

子供の頃に欲しいものを我慢して育った人は大人買いが楽しくなってしまうこともあるのでどこかでストップをかけなくてはいけません。

いずれものが多すぎると邪魔になるということに気づくのがいい方法です。

流行に弱い

流行に弱い人はすぐ買いたくなってしまい、自分にとって必要のないものにもお金をかけてしまいます。

買った瞬間に目的が達成されてしまうので買った後は興味がなくなることも多そう。

それを繰り返していると浪費家と呼ばれてしまいます。

必要なものとそうでないものを見極められるようになってこそ「すごい」と思われるのではないでしょうか?

流行っていてもそれに流されずに自分のスタイルをいくかっこよさも目指してみませんか?

カードで買い物をすることが多い

カードで買い物をすることが多い人はつい気持ちが大きくなって浪費してしまいがちです。

浪費を止めたいなら現金主義になるのが一番ですね。

ローン払いもそうですが、どこまでも買えるような気になってしまうところが怖いところです。

使った額を手帳にメモするとかアプリで管理できるようになるのがベストな改善方法です。

しかし、一番はやはりわかりやすい現金での買い物を心がけましょう。

家には多くお金を置かず、面倒でもこまめにお金を財布に入れるようにすることでもお金を浪費することに抵抗が出てきます。

気前がいい

気前がいい人は周りの人にプレゼントを買ったりおごってしまうことが増えて喜ぶ顔を見るとまたそれをしてあげたくなってしまいます。

しかしそれも立派な浪費。

もちろん付き合い上たまにはいいことですが、いつもそればかりするほどの収入がないのにそんなことを続けていると、生活が苦しくなるばかりではなく周りからも見栄っ張りなどと言われるようになるでしょう。

せっかくの気前の良さもいつもなら価値が減ってしまいます。

気をつけましょう。

お世辞に弱い

お世辞に弱い人は店員さんの褒め言葉や一緒に買いものに行った友達のお世辞につられてどんどん買いたくなるということもあります。

ちょっとまぬけなのでやめるようにしたいですね。

確かにお世辞は気持ちがいいものですが、お金を使わそうとしているだけの店員さんもいるという事実を知ってよく考えてください。

誰かのためにお金を使うのではなく、自分のお金は自分のために自分が納得できる形で使うという意識を持ちましょう。

お金を使うことくらいしか趣味がない

お金を使うのはけっこう楽しいことですし、それくらいしか趣味がないなんていう人もいます。

しかし、お金を使うことを趣味にするくらいなら貯金を趣味にした方がまだマシ。

これからは浪費ではなく貯金を趣味にしてデータを見ながら楽しむというのはどうですか?

浪費はその時は楽しくても後から虚しくなることもあります。

部屋も散らかります。

その空虚感や不便さを思い出すようにしてください。

ストレス発散方法がない

うまくストレス発散ができない人は浪費するくらいしか思いつかないということもありそうですね。

でもお金がかからない趣味だっていくらでもあります。

一度調べて自分に合いそうなことがないか試してみてください。

楽しいことができればそれに使うためのお金を残しておこうという意識も生まれてきますよ。

止めてくれる家族や友人がいない

浪費家を止めるにはそれに対して注意してくれる家族や友人の存在も欠かせません。

一人ぼっちでいると良くない習慣も自由に続けることができてしまいます。

真剣に浪費に向き合うなら生活を変えるのも考えてみましょう。

人の目は煩わしいものでもあり、ありがたいものでもあります。

人付き合いが多い

浪費家にありがちな人との繋がりになりますが、繋がりが多くなれば多いほど浪費家の場合付き合う場が増えるということになります。

そして後のことも考えずにその場を盛り上げるために仲間内に奢ってしまいます。

人に何かをご馳走することは自分にとってとても心地の良いことで、そして何よりも見栄を張ってるとも言えます。

人に何かを奢ることは決していけないことではありませんが浪費家の場合は後先考えないような奢り方をしてしまうというのが共通してるとも言えます。

何とでもなる

お金は使う物、使いたいから使うという考えは確かに一理ありますが、ただ浪費家の場合は生活のことを考えないで使ってしまうというのが特徴として挙げられます。

そこで一番の問題となるのがお金の使い道に関してその後のことをまったく考えない計画性の無さが挙げられます。

ですので使いたいから使うという本能のまま欲しい物があれば買う、手元にお金があればあぶく銭、宵越しと言わんばかりに使ってしまうんです。

最新の物に弱い

浪費家は最新の物に弱い、つまりはミーハーな性格とも言えますが、新しく発売されると居ても立っても居られなくなるくらい欲しくなるようです。

特に限定的な物に関しては考える暇もなく手を出してしまうこともあります。

新しい商品を購入することは決していけないことではありませんが出るたびに買われては貯金どころかこの先苦労することでしょう。

神経質で真面目

神経質で真面目な人が浪費家と?思われるかもしれませんが普段からコツコツと真面目にやっているとそれなりのストレスも受けることになります。

そしてそのストレスが爆発したときに神経質で真面目だった人が浪費家になってしまうことがあるんです。

特に我慢してた食事では好きな物を好きなだけお金のことを考えず使ってしまったり欲しかった物を金額も考えず購入してしまったりというストレス発散的な行動に出てしまうようです。

趣味が浪費に繋がってる

誰でも趣味の一つや二つあると思いますが、趣味の種類によってはお金の使い方も変わってきます。

浪費家な人に共通する特徴にはこの趣味にお金が掛かってしまうということがあり、趣味だからあまり金額のことを考えず行動してしまうというところもあるようです。

好きなことだからといって毎回お金が予想を上回ることにもなればそのうち生活にも支障を来たしてしまう可能性もあります。

浪費家はそのことを趣味だからと片付けてしまうようです。

ネット通販にハマってる

最近はネット通販も便利になっていますが、それと共にネット通販で浪費家が増えてるようです。

共通する特徴としてはネットというのは手軽さがあり、クリックするだけですからあまり金額のことを考えずに購入してしまうということがあります。

またついでにこれもという買い方をしてしまうのもネット通販による浪費家が増えてる理由の一つでもあるようです。

ギャンブル

ギャンブルに手を出してしまうとその面白さにハマればお金のことを考えずつぎ込んでしまうことになります。

さらに取り戻そうとつぎ込むことになるのですが、浪費家の人にとってギャンブルをしてるときお金の有り難味を忘れさせてしまうようです。

ギャンブルをする場合はどの程度のお金を使うか毎月決めてると趣味として楽しむこともできるはずですが浪費家の人は金額を決めることをせずにギャンブルを楽しむので必要以上にお金を使ってしまうようです。

車好き

車といえばそれなりに高い買い物ではないでしょうか。

だからこそ自分の車をもっと見栄え良くしたり車内をもっとグレードアップしたいという気持ちも出てくるでしょう。

ですが車に趣味を持ってしまうと部品はどれも高額となります。

浪費家は欲しいからといって何も考えず好きなパーツを購入しては浪費するわけですけど、どうしても欲しいという衝動に駆られると自分の食べる食事を減らしてでも車につぎ込んでしまうようです。

飽き性

せっかくこの間購入したばかりの物も1週間も経たず使ってない、理由は飽きたからというのが浪費家の中にはいるようです。

そのときはどうしても欲しいからと無理して時間を費やしお金も費やしたのに一瞬で飽きてしまってお金の無駄使いとも言えますが、こうした浪費家の人は性格的に飽き性という傾向があるようです。

なので熱しやすく冷めやすいという特徴から無駄に浪費をしてしまうようです。

浪費家な人に共通する特徴として自分にご褒美という考えがあるようです。

例えば仕事でご褒美というのはよくある話だと思いますが浪費家の人はこのご褒美を事あるごとにやってしまうということがあります。

またご褒美だからということであまり金額のことを気にしないのも浪費に繋がってるとも言えます。

たまのご褒美ならまだしも浪費家な人にとっては無駄遣いにしかなっていないようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-