【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165329.html
直ぐ怒鳴る人の特徴

直ぐ怒鳴る人の特徴 | LADYCO

LADYCO
直ぐ怒鳴る人の特徴

直ぐ感情的になって怒ったり、直ぐに声を荒げ怒鳴ったりする人は、要注意人物です。

人によっては、恐怖や身の危険を感じさせることでしょう。

そのような直ぐ怒鳴る人の心理や特徴を挙げていきます。

  • プライドの高い人
  • 支配する人
  • 心理状態が不安定な人
  • 実は病気の人
  • 本能のままに生きている人
  • 愛を知らない人
  • 悲しみや苦しみ、心の痛みを抱えている人
  • 怒鳴れば解決すると思っている人
  • 自己中心的な人
  • 自己防衛本能の強すぎる人
  • 思ったことを直ぐ口に出す人
  • 子どもの大人
  • 金銭的余裕のない人

1. プライドの高い人

プライドの高い人

プライドの高い人というのは、何かを指摘されたり、アドバイスをされると、カッとなる傾向があります。

なぜなら自分自身を傷つけられたからです。

もちろんプライドが高いからといって、直ぐに怒鳴る人ばかりではありませんが、自分に絶対的な自信を持ち、他者からの意見を受け入れない人は、視野が狭くなり、自分の正当性を示すため周囲に当たるのです。

2. 支配する人

支配する人

これは誰にでも怒鳴るタイプとは異なり、自分よりも弱い立場の人間に対して行われます。

怒鳴ることで相手を萎縮させ、言うことを聞かせるタイプです。

自分の方が強いということを、全面的に出します。

そのため、自分より立場が上の人間や、自分より強い相手には怒鳴りません。

3. 心理状態が不安定な人

心理状態が不安定な人

情緒不安定な時は、誰にでもあります。

例えば、家庭内トラブルに巻き込まれている場合、恋人とうまくいかない場合、コンプレックスに悩みを抱えている場合、女性の月経前症候群(PMS)など、情緒不安定の症状は様々です。

涙もろくなる人、鬱状態になる人、イライラして急に怒鳴り出す人もいるのです。

PMSは月に一度ですが、その他の問題を継続的に抱えている場合は、直ぐに怒鳴る人という印象になります。

4. 実は病気の人

実は病気の人

些細なことでかっとなったり怒鳴ったりする状態は、非定型鬱病の3割に見られます。

普段は温厚な人が、発作的に怒りを爆発させてしまう場合は、これに当てはまるかもしれません。

これは、周囲ももちろん驚きますが、本人が一番辛いパターンです。

怒鳴った後の自己嫌悪によって、さらに鬱病が悪化してしまうこともあります。

5. 本能のままに生きている人

本能のままに生きている人

普通、多くの人は怒りや悔しさを感じても、いきなり怒鳴り出したりすることはありません。

なぜなら、自分をコントロールしているからです。

怒鳴った後どういった状況になるのか、わかっていないのがこのタイプです。

衝動的に怒鳴り散らし、すっきりさせるタイプといえます。

6. 愛を知らない人

愛を知らない人

褒められたり、認められたり、自分を肯定されたことがない人は自分に自信がありません。

怒鳴られると、相手はどのような気持ちになるのかわからないです。

思ったままに怒りをぶつけるタイプです。

7. 悲しみや苦しみ、心の痛みを抱えている人

悲しみや苦しみ、心の痛みを抱えている人

怒鳴るという行為によって、自分ではわかっていないかもしれないですが「わかってほしい」「助けてほしい」「気づいてほしい」というSOSを出しています。

怒りは感情の蓋と言われます。

実際に伝えたい感情は怒りではありません。

「自分の気持ちに気づいてほしかった」「自分の気持ちを理解してもらいたかった」「助けてほしいときに手を差し伸べてもらえなかった」などの、深い悲しみがその根底にはあります。

容量を超えると、その蓋がガタガタと音をたて、開いてしまうのです。

それが、直ぐに怒鳴っているという状態になります。

8. 怒鳴れば解決すると思っている人

怒鳴れば解決すると思っている人

人の上に立つ立場の人間に多いかもしれませんが、怒鳴ることで相手を鼓舞し、やる気を起こさせていると勘違いしているタイプです。

これは意図的にやっている人と、自分の思い通りにいかず怒鳴ることで思い通りに進めようとする人に分かれます。

9. 自己中心的な人

自己中心的な人

自分が良ければ全て良しと考えるタイプです。

自分中心に世界が回っているので、とにかく怒鳴ります。

怒鳴ることで状態が悪化しても、また怒鳴るのです。

恐らく、周囲はなんとかなだめようとするでしょう。

結局甘えさせているのです。

そうして、味をしめた自己中心的な人は、毎回怒鳴り散らします。

10. 自己防衛本能の強すぎる人

自己防衛本能の強すぎる人

相手に負けるものかという心理から、相手を怒鳴ります。

集団生活をしていれば、目に見えない階級があります。

自分より、下の階級の人間に対して怒鳴ることで、自分の地位を確かにします。

大きな声で怒鳴ることによって、相手に負けない気持ちを表現しているのです。

11. 思ったことを直ぐ口に出す人

思ったことを直ぐ口に出す人

思ったことを直ぐ口に出す人がいます。

そのような人は怒りも直ぐに表現します。

思ったこと、感じたことを、言わなければ気が済まないタイプです。

12. 子どもの大人

子どもの大人

精神状態が成長しきれていない大人は、子どもが大声で泣き叫ぶように、怒鳴ります。

特に、過去の成功例がある場合は、怒鳴ることで自分の希望を叶えようとします。

13. 金銭的余裕のない人

これは、貧しい家庭に育ったかどうかではありません。

金銭管理の出来ない人のことを指します。

衝動買いをよくする人、お金を計画的に使えない人、お金の使い方に無計画な人です。

お金を管理できない人に、心のコントロールができるとは思えません。

衝動買いが多いということは、衝動的に行動しているということです。

思いつきで行動し、後先考えない人は、怒りも怒鳴るという行為で表現してしまいます。

直ぐ感情的になって怒ったり、直ぐに声を荒げ怒鳴ったりする人は、要注意人物です。

人によっては、恐怖や身の危険を感じさせることでしょう。

そのような直ぐ怒鳴る人の心理や特徴を挙げていきます。


プライドの高い人

プライドの高い人というのは、何かを指摘されたり、アドバイスをされると、カッとなる傾向があります。

なぜなら自分自身を傷つけられたからです。

もちろんプライドが高いからといって、直ぐに怒鳴る人ばかりではありませんが、自分に絶対的な自信を持ち、他者からの意見を受け入れない人は、視野が狭くなり、自分の正当性を示すため周囲に当たるのです。

支配する人

これは誰にでも怒鳴るタイプとは異なり、自分よりも弱い立場の人間に対して行われます。

怒鳴ることで相手を萎縮させ、言うことを聞かせるタイプです。

自分の方が強いということを、全面的に出します。

そのため、自分より立場が上の人間や、自分より強い相手には怒鳴りません。

心理状態が不安定な人

情緒不安定な時は、誰にでもあります。

例えば、家庭内トラブルに巻き込まれている場合、恋人とうまくいかない場合、コンプレックスに悩みを抱えている場合、女性の月経前症候群(PMS)など、情緒不安定の症状は様々です。

涙もろくなる人、鬱状態になる人、イライラして急に怒鳴り出す人もいるのです。

PMSは月に一度ですが、その他の問題を継続的に抱えている場合は、直ぐに怒鳴る人という印象になります。

実は病気の人

些細なことでかっとなったり怒鳴ったりする状態は、非定型鬱病の3割に見られます。

普段は温厚な人が、発作的に怒りを爆発させてしまう場合は、これに当てはまるかもしれません。

これは、周囲ももちろん驚きますが、本人が一番辛いパターンです。

怒鳴った後の自己嫌悪によって、さらに鬱病が悪化してしまうこともあります。

本能のままに生きている人

普通、多くの人は怒りや悔しさを感じても、いきなり怒鳴り出したりすることはありません。

なぜなら、自分をコントロールしているからです。

怒鳴った後どういった状況になるのか、わかっていないのがこのタイプです。

衝動的に怒鳴り散らし、すっきりさせるタイプといえます。

愛を知らない人

褒められたり、認められたり、自分を肯定されたことがない人は自分に自信がありません。

怒鳴られると、相手はどのような気持ちになるのかわからないです。

思ったままに怒りをぶつけるタイプです。

悲しみや苦しみ、心の痛みを抱えている人

怒鳴るという行為によって、自分ではわかっていないかもしれないですが「わかってほしい」「助けてほしい」「気づいてほしい」というSOSを出しています。

怒りは感情の蓋と言われます。

実際に伝えたい感情は怒りではありません。

「自分の気持ちに気づいてほしかった」「自分の気持ちを理解してもらいたかった」「助けてほしいときに手を差し伸べてもらえなかった」などの、深い悲しみがその根底にはあります。

容量を超えると、その蓋がガタガタと音をたて、開いてしまうのです。

それが、直ぐに怒鳴っているという状態になります。

怒鳴れば解決すると思っている人

人の上に立つ立場の人間に多いかもしれませんが、怒鳴ることで相手を鼓舞し、やる気を起こさせていると勘違いしているタイプです。

これは意図的にやっている人と、自分の思い通りにいかず怒鳴ることで思い通りに進めようとする人に分かれます。

自己中心的な人

自分が良ければ全て良しと考えるタイプです。

自分中心に世界が回っているので、とにかく怒鳴ります。

怒鳴ることで状態が悪化しても、また怒鳴るのです。

恐らく、周囲はなんとかなだめようとするでしょう。

結局甘えさせているのです。

そうして、味をしめた自己中心的な人は、毎回怒鳴り散らします。

自己防衛本能の強すぎる人

相手に負けるものかという心理から、相手を怒鳴ります。

集団生活をしていれば、目に見えない階級があります。

自分より、下の階級の人間に対して怒鳴ることで、自分の地位を確かにします。

大きな声で怒鳴ることによって、相手に負けない気持ちを表現しているのです。

思ったことを直ぐ口に出す人

思ったことを直ぐ口に出す人がいます。

そのような人は怒りも直ぐに表現します。

思ったこと、感じたことを、言わなければ気が済まないタイプです。

子どもの大人

精神状態が成長しきれていない大人は、子どもが大声で泣き叫ぶように、怒鳴ります。

特に、過去の成功例がある場合は、怒鳴ることで自分の希望を叶えようとします。

これは、貧しい家庭に育ったかどうかではありません。

金銭管理の出来ない人のことを指します。

衝動買いをよくする人、お金を計画的に使えない人、お金の使い方に無計画な人です。

お金を管理できない人に、心のコントロールができるとは思えません。

衝動買いが多いということは、衝動的に行動しているということです。

思いつきで行動し、後先考えない人は、怒りも怒鳴るという行為で表現してしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-