【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165326.html
人付き合いができない、コミュ症な人の特徴

人付き合いができない、コミュ症な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人付き合いができない、コミュ症な人の特徴

コミュ障な人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 他人から話しかけられるのを待つタイプ
  • 新しい友だちを作りづらい
  • ひとりが好き
  • 誘われたら断れない
  • 他人の顔色を伺う
  • 派手な外見の人が苦手
  • 相手の印象がすぐ変わる
  • 自分がどう思われているかが気になる
  • 打ち解けた人に対してはよく喋る
  • 頭の中で話す内容を整理する癖をつけよう

1. 他人から話しかけられるのを待つタイプ

他人から話しかけられるのを待つタイプ

コミュニケーションが苦手な人は、自分から話しかけることが苦手です。

そのため、他人から話しかけられるのを待つ傾向にあります。

自分からは話しかけられませんが、他人と話したいという思いを抱いていることも事実です。

そのため、話しかけてくれたら喜んで受け答えます。

むしろ「たくさん話しかけてくれ!いつでも答えるぞ!」と思っていることも多々あります。

コミュニケーションが「苦手」なのであり「嫌い」なわけではないのです。

2. 新しい友だちを作りづらい

新しい友だちを作りづらい

新しい友だちはなかなか作れません。

あまり親しくない人と関わると緊張してしまうのです。

逆に言うと、今まであった友人関係を大切にします。

今あるコミュニティを重視するのです。

「浅く広く」ではなく、「狭く深く」という友人関係を築きたがる傾向にあるといえます。

そのため、新しく仲良くなることは難しいですが、一度仲良くなるといつまでもその人のことを大切に思い、仲が悪くなるということはあまりありません。

3. ひとりが好き

ひとりが好き

1人で過ごすことを好みます。

終業後や休日など、自由な時間は自分1人で楽しむ時間にあてたがります。

他人に合わせるよりも、自分が好きなことをして自分のペースで過ごすほうが有意義だと考えるのです。

しかし1人で過ごしているとはいえ寂しくはありませんし、そのように思われることも嫌います。

そのため「休みの日は何してるんですか?

などと聞かれると「『1人でいます』なんて言うと可哀想って思われるかな・・・なんて言おう・・・面倒臭いな・・・」と返答に困ってしまうことも多々あります。

4. 誘われたら断れない

誘われたら断れない

「1人で過ごすのが好き」と言いましたが、他人から誘われた場合、なかなか断れません。

断るのが申し訳ない、どうやって断ればいいのか分からない、と考えてしまうため、無駄に考えるよりは付き合ったほうが楽かなと考える傾向にあります。

さらに、誘われて実際に参加したら「楽しいな、来て良かったな」と感じることも多々あります。

しかし、その時に「楽しい」と感じたとしても、次回誘われた時には再度「断りたいけど断れないな」と思考が元に戻ることも多いです。

5. 他人の顔色を伺う

他人の顔色を伺う

他人と話しているとき、相手の顔色を伺います。

どこまで冗談を言って通じるのか、相手が嫌な思いをしていないか、ということが非常に気になるのです。

相手を思いやる心が強いといえるでしょう。

人一倍、相手の反応を気にしますし、自分の言動を振り返って反省もします。

感受性が豊かで洞察力も高い人が多いのです。

特にまだ付き合いの浅い人に対しては、頭をフル回転しながら相手の機嫌を損ねることのないように対応します。

6. 派手な外見の人が苦手

派手な外見の人が苦手

コミュニケーションが苦手な人の中には、どちらかというと大人しい人が多いです。

そして、そのような人は自分と正反対の所謂「派手」な人を苦手とします。

自分とは世界が違う、自分なんて相手にしてもらえないだろう、と考えることがよくあります。

自分と気の合う人を見分けるのが上手といえるかもしれませんね。

7. 相手の印象がすぐ変わる

相手の印象がすぐ変わる

「派手な人が苦手」と言いましたが、実際にそのような人と関わると「あれ?いい人じゃん!」と印象が180度変わることもよくあります。

勇気を出して話してみると、見た目だけでは分からない相手の良いところに気づくことができ、大好きになることがあります。

相手の長所・短所を素直に認めることができるということは素敵ですね。

8. 自分がどう思われているかが気になる

自分がどう思われているかが気になる

話している相手や自分の周りにいる人から、自分がどのように思われているのかが気になります。

嫌われていないか、馬鹿にされていないか、ということが気になってしまい、他人同士で話している内容や他人の顔色を伺うことがよくあります。

コミュニケーションが苦手なため、自分のことをどう思っているかなんて相手に直接聞くことはできません。

そのため、余計にそのことが気になってしまうのです。

9. 打ち解けた人に対してはよく喋る

打ち解けた人に対してはよく喋る

コミュニケーションが苦手なため、新しい知人関係を構成することや、他人と会話をすることを苦手とすることが多々あります。

しかし、その一方で、一度打ち解けて信頼した人に対しては、なんでもよく喋ります。

「そんなに話す人だったっけ?」と相手に驚かれることもしばしばあります。

信頼した人はとことん信頼するのです。

友人関係・信頼関係を重要視するということですね。

頭の中で話す内容を整理する癖をつけよう

相手に話す前に、まず自分の頭の中で話す内容を構成します。

そして大まかな会話の流れを決定した上で話し始めます。

コミュニケーションが苦手な人の中には、話しながら構成をするということを困難に感じる人もいます。

そのような人は事前に準備をすることによって、落ち着いて上手に話すことができます。

自分の苦手なことを認め、どのように攻略すればよいのかを考えることは大切ですね。

コミュ障な人に共通する10の特徴をまとめました。


他人から話しかけられるのを待つタイプ

コミュニケーションが苦手な人は、自分から話しかけることが苦手です。

そのため、他人から話しかけられるのを待つ傾向にあります。

自分からは話しかけられませんが、他人と話したいという思いを抱いていることも事実です。

そのため、話しかけてくれたら喜んで受け答えます。

むしろ「たくさん話しかけてくれ!いつでも答えるぞ!」と思っていることも多々あります。

コミュニケーションが「苦手」なのであり「嫌い」なわけではないのです。

新しい友だちを作りづらい

新しい友だちはなかなか作れません。

あまり親しくない人と関わると緊張してしまうのです。

逆に言うと、今まであった友人関係を大切にします。

今あるコミュニティを重視するのです。

「浅く広く」ではなく、「狭く深く」という友人関係を築きたがる傾向にあるといえます。

そのため、新しく仲良くなることは難しいですが、一度仲良くなるといつまでもその人のことを大切に思い、仲が悪くなるということはあまりありません。

ひとりが好き

1人で過ごすことを好みます。

終業後や休日など、自由な時間は自分1人で楽しむ時間にあてたがります。

他人に合わせるよりも、自分が好きなことをして自分のペースで過ごすほうが有意義だと考えるのです。

しかし1人で過ごしているとはいえ寂しくはありませんし、そのように思われることも嫌います。

そのため「休みの日は何してるんですか?

などと聞かれると「『1人でいます』なんて言うと可哀想って思われるかな・・・なんて言おう・・・面倒臭いな・・・」と返答に困ってしまうことも多々あります。

誘われたら断れない

「1人で過ごすのが好き」と言いましたが、他人から誘われた場合、なかなか断れません。

断るのが申し訳ない、どうやって断ればいいのか分からない、と考えてしまうため、無駄に考えるよりは付き合ったほうが楽かなと考える傾向にあります。

さらに、誘われて実際に参加したら「楽しいな、来て良かったな」と感じることも多々あります。

しかし、その時に「楽しい」と感じたとしても、次回誘われた時には再度「断りたいけど断れないな」と思考が元に戻ることも多いです。

他人の顔色を伺う

他人と話しているとき、相手の顔色を伺います。

どこまで冗談を言って通じるのか、相手が嫌な思いをしていないか、ということが非常に気になるのです。

相手を思いやる心が強いといえるでしょう。

人一倍、相手の反応を気にしますし、自分の言動を振り返って反省もします。

感受性が豊かで洞察力も高い人が多いのです。

特にまだ付き合いの浅い人に対しては、頭をフル回転しながら相手の機嫌を損ねることのないように対応します。

派手な外見の人が苦手

コミュニケーションが苦手な人の中には、どちらかというと大人しい人が多いです。

そして、そのような人は自分と正反対の所謂「派手」な人を苦手とします。

自分とは世界が違う、自分なんて相手にしてもらえないだろう、と考えることがよくあります。

自分と気の合う人を見分けるのが上手といえるかもしれませんね。

相手の印象がすぐ変わる

「派手な人が苦手」と言いましたが、実際にそのような人と関わると「あれ?いい人じゃん!」と印象が180度変わることもよくあります。

勇気を出して話してみると、見た目だけでは分からない相手の良いところに気づくことができ、大好きになることがあります。

相手の長所・短所を素直に認めることができるということは素敵ですね。

自分がどう思われているかが気になる

話している相手や自分の周りにいる人から、自分がどのように思われているのかが気になります。

嫌われていないか、馬鹿にされていないか、ということが気になってしまい、他人同士で話している内容や他人の顔色を伺うことがよくあります。

コミュニケーションが苦手なため、自分のことをどう思っているかなんて相手に直接聞くことはできません。

そのため、余計にそのことが気になってしまうのです。

打ち解けた人に対してはよく喋る

コミュニケーションが苦手なため、新しい知人関係を構成することや、他人と会話をすることを苦手とすることが多々あります。

しかし、その一方で、一度打ち解けて信頼した人に対しては、なんでもよく喋ります。

「そんなに話す人だったっけ?」と相手に驚かれることもしばしばあります。

信頼した人はとことん信頼するのです。

友人関係・信頼関係を重要視するということですね。

相手に話す前に、まず自分の頭の中で話す内容を構成します。

そして大まかな会話の流れを決定した上で話し始めます。

コミュニケーションが苦手な人の中には、話しながら構成をするということを困難に感じる人もいます。

そのような人は事前に準備をすることによって、落ち着いて上手に話すことができます。

自分の苦手なことを認め、どのように攻略すればよいのかを考えることは大切ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-