【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165317.html
悪い事ばかり起こる人の特徴

悪い事ばかり起こる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
悪い事ばかり起こる人の特徴

悪い事ばかり起こる人によくある共通する10の特徴をまとめました。

  • 悪い事を先に考える
  • 口にする時は悪い事
  • 臆病さ
  • 本当の状態より悪く捉えてしまう
  • 人に相談しても同調して欲しい
  • 最後は大した事なく解決することが多い
  • 笑顔が少ない
  • 大きな夢などを話せない
  • 誰より良い事が起こるのを期待している
  • どうしても不安が先に立ってしまう

1. 悪い事を先に考える

悪い事を先に考える

悪い事ばかり起こる人によくある特徴として挙げられるのは、まず何か起こった時に悪い事を一番に考えてしまうと言う点があります。

「こうなったらどうしよう」「あぁなったらどうしよう」と、心配する気持ちが強いのでどうしても最悪の場合を考えてしまいがちなのです。

何があっても泰然とする、或いは笑い飛ばすという事が出来ない為、取りあえず最悪尾事に備える、という気持ちが強く出てしまいがちです。

2. 口にする時は悪い事

口にする時は悪い事

悪い事ばかり起こる人に共通するのは、本当は時分に取って良い結果になる事を心の中では強く願っているにもかかわらず、人に対して口に出す際にはとても消極的な事しか口に出せません。

「こんな事は何でも無い」とか「心配しないで」と相手にいう事が出来ず、聞いてくれた人から慰められたり励まされても、それでも、「でも、私(僕)はいつもダメなの」と言ってしまいます。

最悪の場合を考えれば、現実にはそれより軽く済むという事を知っている上でのことなので、時には聞いている方がバカバカしくなってしまう事もあります。

3. 臆病さ

臆病さ

こういう人は臆病である事が多いので、「平気、平気」と周りを心配させることが出来ません。

それよりは自分と一緒になって「大丈夫かしら?」と心配してもらいたい気持ちがあるのです。

楽天家の人が「そんなに大した事ないじゃないか」と何でもない事のように言うのを聞くのは辛いのです。

自分としては芯から悩んでいる訳ですし、もしその悩み事が悪い方向へ向かったらどうしようという気持ちに圧倒されているので、楽天家の明るい言葉はまず受け付けません。

4. 本当の状態より悪く捉えてしまう

本当の状態より悪く捉えてしまう

物事は人が考えたり口にした方に行く事があります。

言霊などという言葉があるように、言葉にはとても大きな力が籠る事があります。

例え口に出していなくても、悪い事、悪い事ばかり考えていては、物事がそちらの方へ行って欲しいような状態になってしまいます。

5. 人に相談しても同調して欲しい

人に相談しても同調して欲しい

こういうタイプの人は、先述の通りあまり明るい性格の人から「あなたなら大丈夫よ」という言葉は聞きたくありません。

それよりは一緒に悩んだり、心配してくれることを望んでいます。

でも、心の隅では「最悪の事を予想していれば、それよりはマシな結果になるだろう」、つまり自分が思っていたより物事は上手くいくだろうと思っています。

謂わば後でホッとする為の保障の為に、最悪の事まで考えておく、と言っても良いでしょう。

6. 最後は大した事なく解決することが多い

最後は大した事なく解決することが多い

傍から見れば、悪い事ばかり起こる人の悩みは、最後はまずまずどころかごく普通の結果を迎えます。

そして、本人もそれを望んでいたのでホッとする、という訳です。

用心深いのも時には必要ですが、このタイプの人は物事が解決するか通り過ぎるまで放っておくという事が出来ません。

でも、結局は自分が思うより悪い事は起こっていない事が殆どです。

7. 笑顔が少ない

笑顔が少ない

笑顔は人間にとってとても大切な物です。

初対面の相手がにこやかに挨拶してくれると、こちらも心を開いて話がし易くなりますね。

又、笑顔は人を引きつけますし、同時に幸運も引き寄せます。

悪い事ばかり起こる人は、自分がそう意識している場合は特に、又悪い事が起こらないかと心配する事もあり、笑顔が少ないです。

大笑いをする事は尚更少ないでしょう。

笑顔が人も幸運も引き寄せる事に気付く事から始めると良いのですが・・・。

8. 大きな夢などを話せない

大きな夢などを話せない

このタイプの人は石橋を叩いて渡るのを通り越して、石橋を叩き割って渡れなくしてしまう程慎重な所があります。

ですから、良い方の話も話す時は控えめです。

しかし、もし良い事が実際に実現したらとても喜びます。

今迄の心配顔はどこへ?と思う程で、周囲もホッとします。

ただ、それが長続きしないのが欠点です。

すぐ次の事を心配してしまうのです。

人間は同時に2つの事は考えられない脳の構造になっていますから、良い事があった時や心配していた事が思っていたより上手く解決した時は、喜びの気持ちを持ち続ける事が大切です。

9. 誰より良い事が起こるのを期待している

誰より良い事が起こるのを期待している

悪い事ばかり起こると自分で意識している人でも、心の中では誰よりも良い方向へ向かって欲しいと願っています。

人間、悪い事が起こって欲しいと思うはずがありません。

ただ、悪い方向へ向かった時の為に心の準備をしているだけなのです。

ですから、人前で未来の事を語る時も控えめです。

本当に良い事が起こった時に初めて愁眉を開いて笑顔になるのですが、普段から笑顔で運を引きつけましょう。

10. どうしても不安が先に立ってしまう

悪い事が起こらないか、起こってしまった、そう言う場合に強い気持ちで、又は楽観して「なるようになるさ」と構えられないのがこのタイプの人の特徴です。

しかし、繰り返し言いますが、心の中では自分が考えているよりは良い方向へ向かうはずだと、保険を掛けている面が大きいです。

最悪の事を考えていれば、それよりはマシで済むだろうという事です。

悪い事ばかり起こる人によくある共通する10の特徴をまとめました。


悪い事を先に考える

悪い事ばかり起こる人によくある特徴として挙げられるのは、まず何か起こった時に悪い事を一番に考えてしまうと言う点があります。

「こうなったらどうしよう」「あぁなったらどうしよう」と、心配する気持ちが強いのでどうしても最悪の場合を考えてしまいがちなのです。

何があっても泰然とする、或いは笑い飛ばすという事が出来ない為、取りあえず最悪尾事に備える、という気持ちが強く出てしまいがちです。

口にする時は悪い事

悪い事ばかり起こる人に共通するのは、本当は時分に取って良い結果になる事を心の中では強く願っているにもかかわらず、人に対して口に出す際にはとても消極的な事しか口に出せません。

「こんな事は何でも無い」とか「心配しないで」と相手にいう事が出来ず、聞いてくれた人から慰められたり励まされても、それでも、「でも、私(僕)はいつもダメなの」と言ってしまいます。

最悪の場合を考えれば、現実にはそれより軽く済むという事を知っている上でのことなので、時には聞いている方がバカバカしくなってしまう事もあります。

臆病さ

こういう人は臆病である事が多いので、「平気、平気」と周りを心配させることが出来ません。

それよりは自分と一緒になって「大丈夫かしら?」と心配してもらいたい気持ちがあるのです。

楽天家の人が「そんなに大した事ないじゃないか」と何でもない事のように言うのを聞くのは辛いのです。

自分としては芯から悩んでいる訳ですし、もしその悩み事が悪い方向へ向かったらどうしようという気持ちに圧倒されているので、楽天家の明るい言葉はまず受け付けません。

本当の状態より悪く捉えてしまう

物事は人が考えたり口にした方に行く事があります。

言霊などという言葉があるように、言葉にはとても大きな力が籠る事があります。

例え口に出していなくても、悪い事、悪い事ばかり考えていては、物事がそちらの方へ行って欲しいような状態になってしまいます。

人に相談しても同調して欲しい

こういうタイプの人は、先述の通りあまり明るい性格の人から「あなたなら大丈夫よ」という言葉は聞きたくありません。

それよりは一緒に悩んだり、心配してくれることを望んでいます。

でも、心の隅では「最悪の事を予想していれば、それよりはマシな結果になるだろう」、つまり自分が思っていたより物事は上手くいくだろうと思っています。

謂わば後でホッとする為の保障の為に、最悪の事まで考えておく、と言っても良いでしょう。

最後は大した事なく解決することが多い

傍から見れば、悪い事ばかり起こる人の悩みは、最後はまずまずどころかごく普通の結果を迎えます。

そして、本人もそれを望んでいたのでホッとする、という訳です。

用心深いのも時には必要ですが、このタイプの人は物事が解決するか通り過ぎるまで放っておくという事が出来ません。

でも、結局は自分が思うより悪い事は起こっていない事が殆どです。

笑顔が少ない

笑顔は人間にとってとても大切な物です。

初対面の相手がにこやかに挨拶してくれると、こちらも心を開いて話がし易くなりますね。

又、笑顔は人を引きつけますし、同時に幸運も引き寄せます。

悪い事ばかり起こる人は、自分がそう意識している場合は特に、又悪い事が起こらないかと心配する事もあり、笑顔が少ないです。

大笑いをする事は尚更少ないでしょう。

笑顔が人も幸運も引き寄せる事に気付く事から始めると良いのですが・・・。

大きな夢などを話せない

このタイプの人は石橋を叩いて渡るのを通り越して、石橋を叩き割って渡れなくしてしまう程慎重な所があります。

ですから、良い方の話も話す時は控えめです。

しかし、もし良い事が実際に実現したらとても喜びます。

今迄の心配顔はどこへ?と思う程で、周囲もホッとします。

ただ、それが長続きしないのが欠点です。

すぐ次の事を心配してしまうのです。

人間は同時に2つの事は考えられない脳の構造になっていますから、良い事があった時や心配していた事が思っていたより上手く解決した時は、喜びの気持ちを持ち続ける事が大切です。

誰より良い事が起こるのを期待している

悪い事ばかり起こると自分で意識している人でも、心の中では誰よりも良い方向へ向かって欲しいと願っています。

人間、悪い事が起こって欲しいと思うはずがありません。

ただ、悪い方向へ向かった時の為に心の準備をしているだけなのです。

ですから、人前で未来の事を語る時も控えめです。

本当に良い事が起こった時に初めて愁眉を開いて笑顔になるのですが、普段から笑顔で運を引きつけましょう。

悪い事が起こらないか、起こってしまった、そう言う場合に強い気持ちで、又は楽観して「なるようになるさ」と構えられないのがこのタイプの人の特徴です。

しかし、繰り返し言いますが、心の中では自分が考えているよりは良い方向へ向かうはずだと、保険を掛けている面が大きいです。

最悪の事を考えていれば、それよりはマシで済むだろうという事です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-