【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165308.html
運転が上手な人の特徴

運転が上手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
運転が上手な人の特徴

運転が上手な人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 車間距離に余裕がある
  • 適切なウィンカーのタイミング
  • きちんとミラーで周囲を確認する
  • 急発進、急ブレーキをしない
  • 駐車が上手
  • スムーズな車の流れ
  • 車幅感覚が理解できている
  • 右折が上手
  • 左折が上手
  • 感謝の意はジェスチャーで行う

1. 車間距離に余裕がある

車間距離に余裕がある

高速道路だけではなく、一般道でも車間距離は余裕をとることが大切です。

車間距離をとっていないと、前の車が急ブレーキをとった時などに、とっさに判断することができず、追突してしまう危険性もあります。

車間距離を十分とっていれば、エンジンブレーキで対処する場合が多く、ブレーキを踏む回数も減るため、エコにもつながります。

2. 適切なウィンカーのタイミング

適切なウィンカーのタイミング

車線を変更する時には、ミラーで確認してからウィンカーを出すのが上手い人の特徴です。

運転が下手な人というのは、先にウィンカーを出してからサイドミラーで確認してしまい、なかなか車線を変更できないというケースが少なくありません。

先にミラーで確認して流れを確認しておけば、スムーズに車線変更をすることができますし、周囲の車にも優しい走りとなります。

3. きちんとミラーで周囲を確認する

きちんとミラーで周囲を確認する

運転中、前だけを見ている人も少なくありませんが、何もない道路であっても、きちんとこまめにサイドミラーやバックミラーを確認することが大切です。

運転が下手な人は、前しか見ていないため、死角から自転車やバイクが入り込んでくると、あわてて急ブレーキを踏むことになりますが、こまめに周囲をチェックしていれば、そういったトラブルもなく、スムーズに運転をすることができます。

4. 急発進、急ブレーキをしない

急発進、急ブレーキをしない

運転が上手いというのは、急発進や急ブレーキなどがなく、スムーズに運転できることをいいます。

初心者や運転が下手な人というのは、急発進をしたり、急ブレーキをするため、同乗者もリラックスすることができません。

車間を広めにとると、前の車がブレーキを踏んだとしても、エンジンブレーキだけで減速に間に合いますし、急ブレーキをかける必要もないので、スマートでエコな運転になります。

5. 駐車が上手

駐車が上手

よく、左手を助手席に回して、片手でハンドルを回して車庫入れをする操作がかっこいいと言われていますが、運転が下手な人は車庫入れも下手ですから、無理をして片手ハンドルを行う必要はありません。

また、運転が上手な人でも、両手できちんと車庫入れした方が、早く車を停めることができます。

6. スムーズな車の流れ

スムーズな車の流れ

スムーズな車の流れというのは、交差点で右折を使用と対向車がとぎれるのを待っているような時など、車の速度と停車している自分が発進してから、右折するまでにかかる時間などを判断し、今ならいけると瞬時に判断できるかどうかで大きく変わってきます。

運転が下手な人というのは、対向車に気をとられてしまい、横断歩道を渡ろうとしている歩行者の存在に気がついていなかったり、強引に右折しようとして、車に接触してしまうなど、数秒先の未来を見ることができていません。

運転が上手な人は、自分の周囲の世界の数秒後をイメージすることができるため、スムーズに車の流れにのることができます。

7. 車幅感覚が理解できている

車幅感覚が理解できている

運転が下手な人は、車の左側の感覚がわからず、左折するときにはものに当たらないように大回りにカーブする特徴があります。

一方、運転が上手な人というのは、自分が乗っている車の車幅感覚がわかっていますから、左の前輪がどこにあるかをわかっていますから、左折するときにもスムーズに回ることができます。

また、車幅感覚が理解できていれば、狭い駐車場でも無理なく車庫入れを行うことができます。

8. 右折が上手

右折が上手

運転が下手な人は、右折する際、車の前部がどこまで前にでているかが理解できていないことが少なくありません。

そのため、右折するときに、対向車や歩道を見ていないため、事故を起こしてしまうことが少なくありません。

一方、運転が上手な人は、きちんと対向車と歩道を確認していますから、無理に右折で曲がらずに、スムーズに右折することができます。

9. 左折が上手

左折が上手

運転が下手な人は、左折する時に車の左部分にあまり注意をしていないため、歩行者や自転車などを巻き込んでしまうことがあります。

また、いったんハンドルを逆に切ってから切り直すという人が多く、大きく膨らんでしまう結果になります。

こうなると、後ろの車が接触してしまう危険性もあります。

一方、運転が上手な人というのは、きちんと車の左側の部分も感覚的にわかっていますから、大きく膨らむこともなく、スムーズに左折することができます。

10. 感謝の意はジェスチャーで行う

よく、相手が道を譲ってくれた場合などに、クラクションを鳴らす人がいますが、運転が上手な人は手をあげてジェスチャーで感謝の意を伝えています。

クラクションは、相手によって不快に想われる場合もあり、うるさいので、できるだけジェスチャーで行うとよいでしょう。

季節によっては、雪や霧などで視界を奪われることがありますから、周囲の車に存在を知らせるためにも、早めにライトをつけて、車の存在をアピールすることも大切です。

このように、車の運転が上手な人というのは、信頼できるスムーズな運転ができるということで、プロのようなドライブのテクニックが必要というわけではありません。

運転が上手な人に共通する10の特徴をまとめました。


車間距離に余裕がある

高速道路だけではなく、一般道でも車間距離は余裕をとることが大切です。

車間距離をとっていないと、前の車が急ブレーキをとった時などに、とっさに判断することができず、追突してしまう危険性もあります。

車間距離を十分とっていれば、エンジンブレーキで対処する場合が多く、ブレーキを踏む回数も減るため、エコにもつながります。

適切なウィンカーのタイミング

車線を変更する時には、ミラーで確認してからウィンカーを出すのが上手い人の特徴です。

運転が下手な人というのは、先にウィンカーを出してからサイドミラーで確認してしまい、なかなか車線を変更できないというケースが少なくありません。

先にミラーで確認して流れを確認しておけば、スムーズに車線変更をすることができますし、周囲の車にも優しい走りとなります。

きちんとミラーで周囲を確認する

運転中、前だけを見ている人も少なくありませんが、何もない道路であっても、きちんとこまめにサイドミラーやバックミラーを確認することが大切です。

運転が下手な人は、前しか見ていないため、死角から自転車やバイクが入り込んでくると、あわてて急ブレーキを踏むことになりますが、こまめに周囲をチェックしていれば、そういったトラブルもなく、スムーズに運転をすることができます。

急発進、急ブレーキをしない

運転が上手いというのは、急発進や急ブレーキなどがなく、スムーズに運転できることをいいます。

初心者や運転が下手な人というのは、急発進をしたり、急ブレーキをするため、同乗者もリラックスすることができません。

車間を広めにとると、前の車がブレーキを踏んだとしても、エンジンブレーキだけで減速に間に合いますし、急ブレーキをかける必要もないので、スマートでエコな運転になります。

駐車が上手

よく、左手を助手席に回して、片手でハンドルを回して車庫入れをする操作がかっこいいと言われていますが、運転が下手な人は車庫入れも下手ですから、無理をして片手ハンドルを行う必要はありません。

また、運転が上手な人でも、両手できちんと車庫入れした方が、早く車を停めることができます。

スムーズな車の流れ

スムーズな車の流れというのは、交差点で右折を使用と対向車がとぎれるのを待っているような時など、車の速度と停車している自分が発進してから、右折するまでにかかる時間などを判断し、今ならいけると瞬時に判断できるかどうかで大きく変わってきます。

運転が下手な人というのは、対向車に気をとられてしまい、横断歩道を渡ろうとしている歩行者の存在に気がついていなかったり、強引に右折しようとして、車に接触してしまうなど、数秒先の未来を見ることができていません。

運転が上手な人は、自分の周囲の世界の数秒後をイメージすることができるため、スムーズに車の流れにのることができます。

車幅感覚が理解できている

運転が下手な人は、車の左側の感覚がわからず、左折するときにはものに当たらないように大回りにカーブする特徴があります。

一方、運転が上手な人というのは、自分が乗っている車の車幅感覚がわかっていますから、左の前輪がどこにあるかをわかっていますから、左折するときにもスムーズに回ることができます。

また、車幅感覚が理解できていれば、狭い駐車場でも無理なく車庫入れを行うことができます。

右折が上手

運転が下手な人は、右折する際、車の前部がどこまで前にでているかが理解できていないことが少なくありません。

そのため、右折するときに、対向車や歩道を見ていないため、事故を起こしてしまうことが少なくありません。

一方、運転が上手な人は、きちんと対向車と歩道を確認していますから、無理に右折で曲がらずに、スムーズに右折することができます。

左折が上手

運転が下手な人は、左折する時に車の左部分にあまり注意をしていないため、歩行者や自転車などを巻き込んでしまうことがあります。

また、いったんハンドルを逆に切ってから切り直すという人が多く、大きく膨らんでしまう結果になります。

こうなると、後ろの車が接触してしまう危険性もあります。

一方、運転が上手な人というのは、きちんと車の左側の部分も感覚的にわかっていますから、大きく膨らむこともなく、スムーズに左折することができます。

よく、相手が道を譲ってくれた場合などに、クラクションを鳴らす人がいますが、運転が上手な人は手をあげてジェスチャーで感謝の意を伝えています。

クラクションは、相手によって不快に想われる場合もあり、うるさいので、できるだけジェスチャーで行うとよいでしょう。

季節によっては、雪や霧などで視界を奪われることがありますから、周囲の車に存在を知らせるためにも、早めにライトをつけて、車の存在をアピールすることも大切です。

このように、車の運転が上手な人というのは、信頼できるスムーズな運転ができるということで、プロのようなドライブのテクニックが必要というわけではありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-