【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165305.html
運転が下手な人の特徴

運転が下手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
運転が下手な人の特徴

運転が下手な人に共通する10の特徴をまとめました。

  • ブレーキが多い
  • カーブで膨らむ
  • 急発進や急停止する
  • バックの切り返しが多い
  • 指示器を出さない
  • 適度な緊張感がない
  • 経験不足
  • 思いこみが多い
  • 住んでいる場所
  • カーナビをさわる

1. ブレーキが多い

ブレーキが多い

運転が下手な人は、止まる必要がない場面でもブレーキを踏むことが多いのが特徴です。

2. カーブで膨らむ

カーブで膨らむ

運転が下手な人は、カーブが大きく膨らんでしまうことが多く、自転車やバイクを巻き込む危険性があり、最悪の場合歩行者も巻き込むこともあります。

交差点を曲がる時など、道路から直角に曲がる際に、いったんハンドルを逆に切ってからハンドルを切り直すということが多く、カーブが膨らんでしまいます。

これは高齢者に多いのが特徴となっています。

右ハンドル車の場合、運転席側から離れている左側は、よく見えない部分で、感覚的にもわかりづらい場所です。

運転を上達するためには、その感覚に慣れ、車をまっすぐ走らせるように練習することが大切です。

3. 急発進や急停止する

急発進や急停止する

停止時に徐々にブレーキを踏んで遅くすることができず、急停止を行ってしまったり、運転開始時には、急発進をしてしまい、同乗している人に不快な思いをさせてしまう場合もあります。

アクセルは、踏み込むだけではなくゆるめたりすることで、スピードを調整することができますから、アクセルは優しく踏むことが大切です。

また、急ブレーキをするのではなく、はじめはゆっくりと深めにブレーキを踏み、止まってきたらゆるめ、最後に軽くブレーキを踏むとスムーズに停止することができます。

4. バックの切り返しが多い

バックの切り返しが多い

運転が下手な人は、駐車がもっとも苦手といわれていますが、1回のスペースに車を入れてから、何度も切り返して駐車するのが特徴となっています。

5. 指示器を出さない

指示器を出さない

運転が下手な人や初心者に多いのが、道を曲がる際に指示器を出さずに曲がることが多く、事故を起こす原因となってしまいます。

6. 適度な緊張感がない

適度な緊張感がない

運転するときには、どんなに運転に慣れていても、ある程度の緊張感を持っておく必要がありますが、運転が下手な人は過度の緊張感があったり、眠い状態で運転することがあり、判断力を低下する原因になってしまいますから、適度な緊張感をもつことが大切です。

7. 経験不足

経験不足

初心者の人は運転の経験が少ないため、操作に余裕がないことが多く、運転が下手な場合が少なくありません。

どんなベテランドライバーでも、最初から運転がうまかったわけではなく、徐々に運転技術を習得しています。

そのため、運転免許をとったら、徐々に距離を伸ばしていき、少しずつ運転の技術を高めていくことが大切です。

いきなり遠出をすると、道もわからず不安な状態での運転となり、苦手意識がついてしまいます。

最初は近所の知っている道を運転し、少しずつ距離を伸ばしてなれていくとよいでしょう。

運転に慣れるまでは、自動車教習所のように、助手席にベテランドライバーを乗せておけば、いざというときに運転を代わってもらうこともできますし、的確なアドバイスをもらえます。

車の運転が下手な人は、あたまの中でいろいろと注意することを考えてしまい、よけいに運転に集中できずに下手な運転となってしまいます。

ただ、実際車の運転で注意しないといけないことは、左折時には左側を確認して人やものを巻き込まないようにする。

右折する場合には、反対車線の車と、曲がる先の歩道を確認する。

追い越しをする場合には、ドアミラーと目視によって、後ろを確認するといったように、運転時の注意ポイントを絞ることで、運転に余裕が生まれ、気楽に運転ができるようになります。

8. 思いこみが多い

思いこみが多い

運転に対する思いこみや、頭の中でしか考えていないため、誤った方向に努力をしていることが少なくありません。

目的地が右側にある場合、右折して入る必要がありますが、右折は対向車や歩道なども確認する必要がありますから、タイミングが難しくなっています。

誰もいないと思いこんで無理に右折してしまうと、急に歩行者や自転車が走ってきてしまい、事故にあう可能性もありますから、無理に右折するのではなく、信号で右折をし、反対車線から左折で入るようにするなど、自分にあった方法で目的地につけるようにしましょう。

遠回りになることがありますが、運転に慣れるまでは安全に運転することが大切です。

9. 住んでいる場所

住んでいる場所

住んでいる地域があまり車の往来がなかったり、直線道路が多いような場合には、運転が上達しにくいといわれています。

住宅街のような狭い道や急に子供が飛び出してくるような場所は、運転が難しく、集中力を使ってしまいますから、なれるまではできるだけ大きく広い道を走るようにすると、安全です。

また、運転に慣れるまでは、追い越し車線は走らず、ゆっくりと左側の走行車線を走るようにしましょう。

10. カーナビをさわる

運転中は集中力が求められますが、運転中にカーナビをさわると一瞬カーナビの方に集中してしまいます。

特に運転が下手な人は、目を話した瞬間、事故を起こしてしまう可能性がありますから、カーナビをさわる時は、信号待ちや、駐車している時に行うようにしましょう。

運転が下手な人に共通する10の特徴をまとめました。


ブレーキが多い

運転が下手な人は、止まる必要がない場面でもブレーキを踏むことが多いのが特徴です。

カーブで膨らむ

運転が下手な人は、カーブが大きく膨らんでしまうことが多く、自転車やバイクを巻き込む危険性があり、最悪の場合歩行者も巻き込むこともあります。

交差点を曲がる時など、道路から直角に曲がる際に、いったんハンドルを逆に切ってからハンドルを切り直すということが多く、カーブが膨らんでしまいます。

これは高齢者に多いのが特徴となっています。

右ハンドル車の場合、運転席側から離れている左側は、よく見えない部分で、感覚的にもわかりづらい場所です。

運転を上達するためには、その感覚に慣れ、車をまっすぐ走らせるように練習することが大切です。

急発進や急停止する

停止時に徐々にブレーキを踏んで遅くすることができず、急停止を行ってしまったり、運転開始時には、急発進をしてしまい、同乗している人に不快な思いをさせてしまう場合もあります。

アクセルは、踏み込むだけではなくゆるめたりすることで、スピードを調整することができますから、アクセルは優しく踏むことが大切です。

また、急ブレーキをするのではなく、はじめはゆっくりと深めにブレーキを踏み、止まってきたらゆるめ、最後に軽くブレーキを踏むとスムーズに停止することができます。

バックの切り返しが多い

運転が下手な人は、駐車がもっとも苦手といわれていますが、1回のスペースに車を入れてから、何度も切り返して駐車するのが特徴となっています。

指示器を出さない

運転が下手な人や初心者に多いのが、道を曲がる際に指示器を出さずに曲がることが多く、事故を起こす原因となってしまいます。

適度な緊張感がない

運転するときには、どんなに運転に慣れていても、ある程度の緊張感を持っておく必要がありますが、運転が下手な人は過度の緊張感があったり、眠い状態で運転することがあり、判断力を低下する原因になってしまいますから、適度な緊張感をもつことが大切です。

経験不足

初心者の人は運転の経験が少ないため、操作に余裕がないことが多く、運転が下手な場合が少なくありません。

どんなベテランドライバーでも、最初から運転がうまかったわけではなく、徐々に運転技術を習得しています。

そのため、運転免許をとったら、徐々に距離を伸ばしていき、少しずつ運転の技術を高めていくことが大切です。

いきなり遠出をすると、道もわからず不安な状態での運転となり、苦手意識がついてしまいます。

最初は近所の知っている道を運転し、少しずつ距離を伸ばしてなれていくとよいでしょう。

運転に慣れるまでは、自動車教習所のように、助手席にベテランドライバーを乗せておけば、いざというときに運転を代わってもらうこともできますし、的確なアドバイスをもらえます。

車の運転が下手な人は、あたまの中でいろいろと注意することを考えてしまい、よけいに運転に集中できずに下手な運転となってしまいます。

ただ、実際車の運転で注意しないといけないことは、左折時には左側を確認して人やものを巻き込まないようにする。

右折する場合には、反対車線の車と、曲がる先の歩道を確認する。

追い越しをする場合には、ドアミラーと目視によって、後ろを確認するといったように、運転時の注意ポイントを絞ることで、運転に余裕が生まれ、気楽に運転ができるようになります。

思いこみが多い

運転に対する思いこみや、頭の中でしか考えていないため、誤った方向に努力をしていることが少なくありません。

目的地が右側にある場合、右折して入る必要がありますが、右折は対向車や歩道なども確認する必要がありますから、タイミングが難しくなっています。

誰もいないと思いこんで無理に右折してしまうと、急に歩行者や自転車が走ってきてしまい、事故にあう可能性もありますから、無理に右折するのではなく、信号で右折をし、反対車線から左折で入るようにするなど、自分にあった方法で目的地につけるようにしましょう。

遠回りになることがありますが、運転に慣れるまでは安全に運転することが大切です。

住んでいる場所

住んでいる地域があまり車の往来がなかったり、直線道路が多いような場合には、運転が上達しにくいといわれています。

住宅街のような狭い道や急に子供が飛び出してくるような場所は、運転が難しく、集中力を使ってしまいますから、なれるまではできるだけ大きく広い道を走るようにすると、安全です。

また、運転に慣れるまでは、追い越し車線は走らず、ゆっくりと左側の走行車線を走るようにしましょう。

運転中は集中力が求められますが、運転中にカーナビをさわると一瞬カーナビの方に集中してしまいます。

特に運転が下手な人は、目を話した瞬間、事故を起こしてしまう可能性がありますから、カーナビをさわる時は、信号待ちや、駐車している時に行うようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-