【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165256.html
周りの期待が辛い人の特徴

周りの期待が辛い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
周りの期待が辛い人の特徴

今回は、周りの期待を辛く感じてしまう人の性格の特徴を15ご紹介します。

  • 責任感が強い
  • プレッシャーに弱い
  • 言葉通りに受け取ってしまう
  • 周囲を失望させたくないと思ってしまう
  • 自分のことよりも他人を優先する
  • 真面目で努力家
  • 人に認められなければ意味がないと思っている
  • 自己肯定感が低い
  • 自分に自信がない
  • 失敗したらどうしようとネガティブに考えてしまう
  • 断ったり人に頼ったりするのが苦手
  • ストレスの発散が上手でない
  • 一人で溜め込んでしまう
  • 自分のことになると客観的に分析できない
  • 色々なことを気にし過ぎてしまう

1. 責任感が強い

責任感が強い

周りの期待が辛いと思ってしまう人は、とにかく責任感が強い人が多いようです。

その責任感の強さゆえ、「絶対に失敗できない」「最後までやり遂げなければ」と自分を追い込んで辛くなってしまいます。

責任感の強い人は、おにいさん・おねえさんになることを求められる長女、長男に多いようです。

2. プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱い

相手はちょっとしたアドバイスのつもりでも、はっぱをかけられるような言い方をされると途端に緊張してしまいます。

また、大事な局面になると緊張してしまいお腹を壊してしまうなんてことも。

このタイプは胃腸もデリケートです。

3. 言葉通りに受け取ってしまう

言葉通りに受け取ってしまう

相手は軽い気持ちで「期待しているからね」と言ったとしても、言われた側としては「絶対に期待に応えないと」とガチガチになってしまいます。

実際はそこそこ頑張ってもらえればいいやと思っていても、言われた言葉通りを要求されているのだと思い、必要以上にプレッシャーを感じてしまうのです。

すべての言葉を真に受けず、軽く受け流すことも必要です。

4. 周囲を失望させたくないと思ってしまう

周囲を失望させたくないと思ってしまう

周囲の期待が辛くなってしまう人は、周囲の人のことを第一に考えている心優しい人が多いようです。

自分の失敗のせいで周りをがっかりさせたくないと強く思うあまり、心がしんどくなってしまうようです。

5. 自分のことよりも他人を優先する

自分のことよりも他人を優先する

「自分がどうしたいか」ということよりも、周囲の人の希望を優先するタイプです。

昔からそれが当たり前だと思っていたので、「もっとわがまま言っていいんだよ」と言われても、どうしていいかわからなくなってしまいます。

このタイプは、親が「将来は絶対〇〇になりなさい」など、自分の期待を子供に背負わせていたケースが多いようです。

6. 真面目で努力家

真面目で努力家

さぼることや手を抜くことに大きな罪悪感を感じているので、とにかく頑張らなければと常に気を張りつめて人一倍努力しています。

周囲からは「真面目だね」と言われますが、自分ではこれが普通だと思っています。

7. 人に認められなければ意味がないと思っている

人に認められなければ意味がないと思っている

どんなに頑張ったとしても、人に評価されなければまったく意味がないと思っています。

時には自分で自分の頑張りを認めてあげることも必要です。

8. 自己肯定感が低い

自己肯定感が低い

自分の価値を決めるのは自分ではなく他人だと思っているので、人からどう見られるかを常に気にして、自分に自信が持てないでいるようです。

自信に満ちあふれた自己肯定感の強い人を、自分とは違う別次元の人だと思っています。

9. 自分に自信がない

自分に自信がない

自分に自信がないからこそ、努力して認められようと躍起になります。

このタイプの人は、子供の頃に一度も褒められたことがなかった、かなり厳しいしつけで育てられたといった、家庭環境が特殊な人も少なくないようです。

10. 失敗したらどうしようとネガティブに考えてしまう

失敗したらどうしようとネガティブに考えてしまう

失敗するのが非常に恐ろしいので、周囲の期待がプレッシャーになってしまっています。

常に最悪の事態を考えてしまうマイナス思考なところがありますが、そのおかげでピンチを切り抜けることができる場合もあるようです。

11. 断ったり人に頼ったりするのが苦手

断ったり人に頼ったりするのが苦手

周囲の期待が辛くなってしまうタイプは、上手に断れないお人好しな人が多いようです。

また、周囲の人に「手伝って」と言うのも自分が甘えているように感じてしまい、人に頼るのも苦手です。

できないことはきちんと断るべきですし、場合によっては人に手伝ってもらうことも決して悪いことではありません。

逆に一人で全部抱え込んでてんてこ舞いになってしまう方が、結果として人に迷惑をかけてしまいます。

12. ストレスの発散が上手でない

ストレスの発散が上手でない

オン・オフの切り替えが下手で、何か気がかりなことがあるとずっとそのことを考えてしまい、休み時間や休日もゆっくり休息できなかったなんてこともあるようです。

羽目を外すのも苦手で、いつも真面目な優等生キャラを貫いています。

13. 一人で溜め込んでしまう

一人で溜め込んでしまう

人に話して発散することができず、一人で問題を抱え込んでしまいがちです。

自分の本音を人に伝えるのが苦手な部分があり、余程仲良くならない限り自分の素をなかなか出せないようです。

誰か一人でも気の置けない人に話してガス抜きすることも必要です。

14. 自分のことになると客観的に分析できない

自分のことになると客観的に分析できない

人のことは冷静に見ることができるのに、自分のこととなると冷静に分析することができなくなってしまいます。

自分は人よりも一段劣っていると思いがちですが、自分で思っているよりもずっと優秀であるケースが多いようです。

15. 色々なことを気にし過ぎてしまう

感受性が鋭く想像力が豊かなので、あれこれ考えてしまう性格です。

「もしかしたら、自分の言った一言が誰かを傷つけたかもしれない」など、ちょっとしたことで思い悩んでしまいます。

でも実際は、他人は自分が思うほど気にしていないので、取り越し苦労であることがほとんどのようです。

今回は、周りの期待を辛く感じてしまう人の性格の特徴を15ご紹介します。


責任感が強い

周りの期待が辛いと思ってしまう人は、とにかく責任感が強い人が多いようです。

その責任感の強さゆえ、「絶対に失敗できない」「最後までやり遂げなければ」と自分を追い込んで辛くなってしまいます。

責任感の強い人は、おにいさん・おねえさんになることを求められる長女、長男に多いようです。

プレッシャーに弱い

相手はちょっとしたアドバイスのつもりでも、はっぱをかけられるような言い方をされると途端に緊張してしまいます。

また、大事な局面になると緊張してしまいお腹を壊してしまうなんてことも。

このタイプは胃腸もデリケートです。

言葉通りに受け取ってしまう

相手は軽い気持ちで「期待しているからね」と言ったとしても、言われた側としては「絶対に期待に応えないと」とガチガチになってしまいます。

実際はそこそこ頑張ってもらえればいいやと思っていても、言われた言葉通りを要求されているのだと思い、必要以上にプレッシャーを感じてしまうのです。

すべての言葉を真に受けず、軽く受け流すことも必要です。

周囲を失望させたくないと思ってしまう

周囲の期待が辛くなってしまう人は、周囲の人のことを第一に考えている心優しい人が多いようです。

自分の失敗のせいで周りをがっかりさせたくないと強く思うあまり、心がしんどくなってしまうようです。

自分のことよりも他人を優先する

「自分がどうしたいか」ということよりも、周囲の人の希望を優先するタイプです。

昔からそれが当たり前だと思っていたので、「もっとわがまま言っていいんだよ」と言われても、どうしていいかわからなくなってしまいます。

このタイプは、親が「将来は絶対〇〇になりなさい」など、自分の期待を子供に背負わせていたケースが多いようです。

真面目で努力家

さぼることや手を抜くことに大きな罪悪感を感じているので、とにかく頑張らなければと常に気を張りつめて人一倍努力しています。

周囲からは「真面目だね」と言われますが、自分ではこれが普通だと思っています。

人に認められなければ意味がないと思っている

どんなに頑張ったとしても、人に評価されなければまったく意味がないと思っています。

時には自分で自分の頑張りを認めてあげることも必要です。

自己肯定感が低い

自分の価値を決めるのは自分ではなく他人だと思っているので、人からどう見られるかを常に気にして、自分に自信が持てないでいるようです。

自信に満ちあふれた自己肯定感の強い人を、自分とは違う別次元の人だと思っています。

自分に自信がない

自分に自信がないからこそ、努力して認められようと躍起になります。

このタイプの人は、子供の頃に一度も褒められたことがなかった、かなり厳しいしつけで育てられたといった、家庭環境が特殊な人も少なくないようです。

失敗したらどうしようとネガティブに考えてしまう

失敗するのが非常に恐ろしいので、周囲の期待がプレッシャーになってしまっています。

常に最悪の事態を考えてしまうマイナス思考なところがありますが、そのおかげでピンチを切り抜けることができる場合もあるようです。

断ったり人に頼ったりするのが苦手

周囲の期待が辛くなってしまうタイプは、上手に断れないお人好しな人が多いようです。

また、周囲の人に「手伝って」と言うのも自分が甘えているように感じてしまい、人に頼るのも苦手です。

できないことはきちんと断るべきですし、場合によっては人に手伝ってもらうことも決して悪いことではありません。

逆に一人で全部抱え込んでてんてこ舞いになってしまう方が、結果として人に迷惑をかけてしまいます。

ストレスの発散が上手でない

オン・オフの切り替えが下手で、何か気がかりなことがあるとずっとそのことを考えてしまい、休み時間や休日もゆっくり休息できなかったなんてこともあるようです。

羽目を外すのも苦手で、いつも真面目な優等生キャラを貫いています。

一人で溜め込んでしまう

人に話して発散することができず、一人で問題を抱え込んでしまいがちです。

自分の本音を人に伝えるのが苦手な部分があり、余程仲良くならない限り自分の素をなかなか出せないようです。

誰か一人でも気の置けない人に話してガス抜きすることも必要です。

自分のことになると客観的に分析できない

人のことは冷静に見ることができるのに、自分のこととなると冷静に分析することができなくなってしまいます。

自分は人よりも一段劣っていると思いがちですが、自分で思っているよりもずっと優秀であるケースが多いようです。

感受性が鋭く想像力が豊かなので、あれこれ考えてしまう性格です。

「もしかしたら、自分の言った一言が誰かを傷つけたかもしれない」など、ちょっとしたことで思い悩んでしまいます。

でも実際は、他人は自分が思うほど気にしていないので、取り越し苦労であることがほとんどのようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-