【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155257.html
Instagramでフォロワーが増えないアカウントの特徴

Instagramでフォロワーが増えないアカウントの特徴 | LADYCO

LADYCO
Instagramでフォロワーが増えないアカウントの特徴

Instagramを長いことやっているのに、なかなかフォロワーが増えないアカウントってありませんか?

これにはどんな特徴があるのでしょうか。

  • 自撮りが多い
  • とる写真に統一感がない
  • タグをつけていない
  • 自分からフォローしない
  • 毎回長文を打ってしまっている
  • 同じような写真ばっかり
  • 応募が多い
  • 愚痴アカウント
  • コメントに返さない
  • 写真をアップする頻度が多すぎるor少なすぎる

1. 自撮りが多い

自撮りが多い

Instagramは写真がメインのSNSですから、当然自分を主役に持ってくるのは何も変なことではありません。

海外ではフェイスブックが流行し、フェイスというくらいですから自撮りなんていくらでもあったわけです。

ところが、日本の自撮りはアプリなどの影響を受けすぎており、特に女性はいかに自分をかわいらしく見せられるかに重点を置きがちです。

顔の一部を隠したり、目を宇宙人のようにしたり、これは見ている方は楽しいと思えるでしょうか。

不快感を覚える人の方が多いです。

2. とる写真に統一感がない

とる写真に統一感がない

一般人のアカウント、ましてや全然知らない人をフォローするのは、そのアカウントが相当面白くなければいけません。

何気ない日常を写すのであれば、それは自己満足で終わっておいた方が良いでしょう。

多くの人は、自分と趣味が同じ人を探します。

例えばペット好きなら自分の飼っている犬のためだけのアカウントの方が、雑多アカウントよりも同志のフォロワーを獲得しやすいでしょう。

3. タグをつけていない

タグをつけていない

タグ検索をして飛んでくる人もいるので、そのために写真にはわかりやすいタグをつけておくとフォロワーが増えます。

しかし、そもそもタグを付けていなかったり、これでは検索する人もいないだろうというタグを付けているのだとしたら外部からあなたを見つけられる人はほぼいなくなってしまいます。

ペットなら「ペット」「犬」「可愛い」、などのわかりやすいタグをつけましょう。

4. 自分からフォローしない

自分からフォローしない

誰もがフォローされると嬉しいと思っている以上、自分からいかないと相手もあなたに興味を持ってくれません。

どんな人がフォローしてくれたんだろうと気になり、あなたのアカウントを見に行きます。

そこで「いいね」をくれたり、フォローし返してくれたりしてフォロワーが増えていくのです。

自分待ちではどれだけ経ってもフォロワーが増えないのは当たり前と言えるでしょう。

5. 毎回長文を打ってしまっている

毎回長文を打ってしまっている

タレントさんであれば長文であっても興味深いと思う人は多いですが、個人の日常に興味を持ってくれるかというとそうでもない場合もあります。

写真がメインなので、それだけ見て文章は読んでいないという人も。

あまり長文だと読むのが面倒くさいということと、コメントしたいけど長文を読んでからでないと、そこに書いていることを質問してしまったら嫌だなという相手の心理があるためフォローを控えられることがあります。

6. 同じような写真ばっかり

同じような写真ばっかり

こちらから相手に「いいね」をしたり、フォローをしたりすると相手は自分のアカウントを見てくれるでしょう。

しかし、その時一覧が同じような写真で埋め尽くされていたらどう思うでしょうか。

犬の写真で、いつも正面を向いた構図で全身が写っているという場合、これから撮る写真も同じなのだろうなと想像ができてしまいます。

これでは新しくアップされてもつまらないですよね。

自分は満足していても、他人に見せる用とは言えません。

7. 応募が多い

応募が多い

Instagramには、「この写真を載せてあなたのアカウントにアップしてくれたら、この商品を抽選でプレゼントします」というようなプレゼント企画があります。

主婦に多いのが、化粧品の応募に対する連投です。

その人の写真が見たくてフォローしてくれているかもしれないのに、自分個人の応募で写真を埋め尽くされたら相手はどう思うでしょうか。

当たったら当たったで感謝の写真を上げるので、これが続くのは面白くないと思う人もいます。

8. 愚痴アカウント

愚痴アカウント

愚痴を分かち合いたいと思っている人なら良いのですが、多くの人は愚痴を聞きたいわけではなく自分の話を聞いてもらいたいはず。

であれば、他人の愚痴をネットでも聞く理由はありません。

Instagramで、本人はそのつもりがなくても愚痴っぽくなってしまっては、一度フォローした人でも離れていってしまう人がいます。

ツイッターと違って誰が自分をフォローしてくれているか簡単にわからないので注意が必要です。

9. コメントに返さない

コメントに返さない

写真にコメントしてくれたら、返すのが礼儀です。

あまりに有名になりすぎてフォロワーが多すぎるなら返せないなというのも察せられるのですが、そうでない場合はこの人は私を無視すると思われてフォローされません。

もし地道な努力でどうしてもフォロワーを増やしたいなら、コメントされたら返すという作業は怠ってはいけません。

10. 写真をアップする頻度が多すぎるor少なすぎる

写真を1日に数十枚もアップすると、フォロワーが少ない人からしたらInstagramはその人の写真だけで埋まってしまいます。

他の人の写真も見たいのにと思い始めてしまっては、フォローを外される原因になりかねません。

また、逆に写真のアップが少なすぎるのも、この人はもう写真を上げないのかなと思われてしまいます。

自分のやりたいようにするのがSNSの魅力でもあると思いますが、あくまでフォロワーを増やすことを目的とするならそれはやめておいた方が良いでしょう。

Instagramを長いことやっているのに、なかなかフォロワーが増えないアカウントってありませんか?

これにはどんな特徴があるのでしょうか。


自撮りが多い

Instagramは写真がメインのSNSですから、当然自分を主役に持ってくるのは何も変なことではありません。

海外ではフェイスブックが流行し、フェイスというくらいですから自撮りなんていくらでもあったわけです。

ところが、日本の自撮りはアプリなどの影響を受けすぎており、特に女性はいかに自分をかわいらしく見せられるかに重点を置きがちです。

顔の一部を隠したり、目を宇宙人のようにしたり、これは見ている方は楽しいと思えるでしょうか。

不快感を覚える人の方が多いです。

とる写真に統一感がない

一般人のアカウント、ましてや全然知らない人をフォローするのは、そのアカウントが相当面白くなければいけません。

何気ない日常を写すのであれば、それは自己満足で終わっておいた方が良いでしょう。

多くの人は、自分と趣味が同じ人を探します。

例えばペット好きなら自分の飼っている犬のためだけのアカウントの方が、雑多アカウントよりも同志のフォロワーを獲得しやすいでしょう。

タグをつけていない

タグ検索をして飛んでくる人もいるので、そのために写真にはわかりやすいタグをつけておくとフォロワーが増えます。

しかし、そもそもタグを付けていなかったり、これでは検索する人もいないだろうというタグを付けているのだとしたら外部からあなたを見つけられる人はほぼいなくなってしまいます。

ペットなら「ペット」「犬」「可愛い」、などのわかりやすいタグをつけましょう。

自分からフォローしない

誰もがフォローされると嬉しいと思っている以上、自分からいかないと相手もあなたに興味を持ってくれません。

どんな人がフォローしてくれたんだろうと気になり、あなたのアカウントを見に行きます。

そこで「いいね」をくれたり、フォローし返してくれたりしてフォロワーが増えていくのです。

自分待ちではどれだけ経ってもフォロワーが増えないのは当たり前と言えるでしょう。

毎回長文を打ってしまっている

タレントさんであれば長文であっても興味深いと思う人は多いですが、個人の日常に興味を持ってくれるかというとそうでもない場合もあります。

写真がメインなので、それだけ見て文章は読んでいないという人も。

あまり長文だと読むのが面倒くさいということと、コメントしたいけど長文を読んでからでないと、そこに書いていることを質問してしまったら嫌だなという相手の心理があるためフォローを控えられることがあります。

同じような写真ばっかり

こちらから相手に「いいね」をしたり、フォローをしたりすると相手は自分のアカウントを見てくれるでしょう。

しかし、その時一覧が同じような写真で埋め尽くされていたらどう思うでしょうか。

犬の写真で、いつも正面を向いた構図で全身が写っているという場合、これから撮る写真も同じなのだろうなと想像ができてしまいます。

これでは新しくアップされてもつまらないですよね。

自分は満足していても、他人に見せる用とは言えません。

応募が多い

Instagramには、「この写真を載せてあなたのアカウントにアップしてくれたら、この商品を抽選でプレゼントします」というようなプレゼント企画があります。

主婦に多いのが、化粧品の応募に対する連投です。

その人の写真が見たくてフォローしてくれているかもしれないのに、自分個人の応募で写真を埋め尽くされたら相手はどう思うでしょうか。

当たったら当たったで感謝の写真を上げるので、これが続くのは面白くないと思う人もいます。

愚痴アカウント

愚痴を分かち合いたいと思っている人なら良いのですが、多くの人は愚痴を聞きたいわけではなく自分の話を聞いてもらいたいはず。

であれば、他人の愚痴をネットでも聞く理由はありません。

Instagramで、本人はそのつもりがなくても愚痴っぽくなってしまっては、一度フォローした人でも離れていってしまう人がいます。

ツイッターと違って誰が自分をフォローしてくれているか簡単にわからないので注意が必要です。

コメントに返さない

写真にコメントしてくれたら、返すのが礼儀です。

あまりに有名になりすぎてフォロワーが多すぎるなら返せないなというのも察せられるのですが、そうでない場合はこの人は私を無視すると思われてフォローされません。

もし地道な努力でどうしてもフォロワーを増やしたいなら、コメントされたら返すという作業は怠ってはいけません。

写真を1日に数十枚もアップすると、フォロワーが少ない人からしたらInstagramはその人の写真だけで埋まってしまいます。

他の人の写真も見たいのにと思い始めてしまっては、フォローを外される原因になりかねません。

また、逆に写真のアップが少なすぎるのも、この人はもう写真を上げないのかなと思われてしまいます。

自分のやりたいようにするのがSNSの魅力でもあると思いますが、あくまでフォロワーを増やすことを目的とするならそれはやめておいた方が良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-