【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155251.html
遅刻癖がある人の特徴

遅刻癖がある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
遅刻癖がある人の特徴

遅刻癖がある人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 自己中心的
  • 失敗から学ばない
  • 自分を変えない
  • マイペース
  • 楽観的
  • 目先のことしか考えない
  • まあいいやが口癖
  • 罪悪感をあまり感じない
  • 時計を見ない
  • 時間計算が出来ない

1. 自己中心的

自己中心的

時間を守らないひとというのは自己中心的です。

待ち合わせに遅れても、一度や二度なら良いですが、毎回必ず遅れてくる人いますよね。

なかにはもう遅刻だからといって、慌てている素振りすら見せない人も。

時間を守らないという事は単に自分が待ち合わせ場所に間に合わないという事だけでなくて、待ち合わせている相手はずっと待っているという事になります。

遅刻している本人はいつもの事だからと、悪びれる様子もないでしょう。

自分中心で世界が回っているので、他人が待っていようが関係ないのです。

2. 失敗から学ばない

失敗から学ばない

一度遅刻をすれば、自分が起きて用意をして、いったいどれくらいの時間で用意すれば間に合うのか、だいたいわかります。

ですが、失敗を必ず繰り返します。

自分が犯している過ちに対してそれほど重大な事だと気づいてないからです。

直さなくても良い部分だと思い込んでいるのです。

このような人は何をやらせても人よりも成長が遅い傾向にあります。

同じミスを繰り返していては、成長できるところもできませんよね。

3. 自分を変えない

自分を変えない

口では何を言っていてもなんだかんだ、自分が大好きです。

一生このままのスタイルで生きていこうと思っていることでしょう。

だから毎回遅刻を繰り返すのです。

自分を変えようと思ったなら遅刻を繰り返すはずがありませんよね。

良い意味で自分の信念を貫き通したり、曲げない事は美しいとされていますが、これでは逆効果です。

他人のアドバイスや意見も返事をするだけで聞き入れないのが特徴です。

4. マイペース

マイペース

人それぞれ自分のペースがあるので、どのように生きるかはその人の勝手ですが、人に迷惑をかける程のマイペースではいけません。

長所としてマイペースだと捉えることもあるようですが、行き過ぎた行動は自分自身の身を滅ぼします。

なんでもほどほどが重要です。

マイペースが可愛いと思っている人でも、何度も遅刻されたらたまったものじゃありません。

時間軸が人とは異なった進み方をしているので注意しても治りません。

5. 楽観的

楽観的

なんとかなるだろう、これくらい大丈夫だろう、となんでも楽観的に捉えがちです。

もちろん生きていく上で、楽観的に物事をとらえる事は大切ですが、全ての物事がそれで解決するはずありません。

このようなタイプの人間は周りに恵まれて今まで生きてきたせいで、自分自身の考えが甘いという事に気づいていないのです。

一度痛い目を見ないと変わることはないでしょう。

6. 目先のことしか考えない

目先のことしか考えない

将来を計画的に生きる事が苦手です。

今が一番楽しければ、それが一番良いと考えています。

そのため貯金も苦手です。

お金を貯めて将来の為に貯金するよりも、今を楽しむことが一番重要とされる為です。

待ち合わせ時間に向けて準備している間も、あれをやりたい、これもやらなきゃ、と考えて実行しているうちに、後の待ち合わせの事が考えられずに結果的に人を待たせてしまう事になります。

7. まあいいやが口癖

まあいいやが口癖

基本的に物事を楽観的に捉えているので、何事もまあいいや、で済ませてしまいます。

確かにどうしよう、と悩んでばかりも良くないですが、あっさりしすぎでいるのです。

ましてや人に迷惑をかけているというのに、この発想に至ってしまう事が遅刻の何よりの原因です。

結果的にまあいいや、で済まされていても、待たせている相手の心はその考えでは解決しません。

それこそ待たされている側が、毎度遅刻する側をまあいいや、で許してあげているのです。

とうの本人はそれに気づくことはありません。

8. 罪悪感をあまり感じない

罪悪感をあまり感じない

自分が遅刻することによって相手に迷惑をかけている、嫌な気持ちにさせているとわかっていてもそれをあまり悪い事だとは感じていません。

だからこそ遅刻癖と呼ばれるまでになる程遅刻を繰り返すのです。

こういう人ほど自分が待たされているちイライラしだすタイプです。

相手の気持ちになって物事を考えるのが少し苦手な方に多いようです。

もちろんそんな部分も含めて認めてくれる人たちがいるからこそ、そのままの状態で生きていけているので、感謝すべきことなのです。

9. 時計を見ない

時計を見ない

遅刻癖がある人ほど時計を見ません。

中には遅刻癖が治るようにとわざと時計を早く回して設定しているような人もいるようですが、結局は早めただけで自分の遅刻癖が治るように錯覚しているだけです。

結局は頭の中で、早くに設定してあるからまだ大丈夫だ、と余裕を持ってしまっているのです。

時計を早くに設定しただけでは、遅刻癖が治りませんよね。

10. 時間計算が出来ない

待ち合わせ時間から計算して、自分が何時に起きて準備をして、どれくらいに家を出れば待ち合わせ場所に着くかの、時間計算が出来ません。

余裕を持って早くに家を出るということもしないので、結局遅刻してしまいます。

良い感じに間に合えばよいと考えています。

そもそも遅刻癖がある人の中の時間の進み方と、世の中の時間の進み方は違います。

10分経っていても、本人はまだ3分しか経っていないと思っているようなものです。

遅刻癖がある人に共通する10の特徴をまとめました。


自己中心的

時間を守らないひとというのは自己中心的です。

待ち合わせに遅れても、一度や二度なら良いですが、毎回必ず遅れてくる人いますよね。

なかにはもう遅刻だからといって、慌てている素振りすら見せない人も。

時間を守らないという事は単に自分が待ち合わせ場所に間に合わないという事だけでなくて、待ち合わせている相手はずっと待っているという事になります。

遅刻している本人はいつもの事だからと、悪びれる様子もないでしょう。

自分中心で世界が回っているので、他人が待っていようが関係ないのです。

失敗から学ばない

一度遅刻をすれば、自分が起きて用意をして、いったいどれくらいの時間で用意すれば間に合うのか、だいたいわかります。

ですが、失敗を必ず繰り返します。

自分が犯している過ちに対してそれほど重大な事だと気づいてないからです。

直さなくても良い部分だと思い込んでいるのです。

このような人は何をやらせても人よりも成長が遅い傾向にあります。

同じミスを繰り返していては、成長できるところもできませんよね。

自分を変えない

口では何を言っていてもなんだかんだ、自分が大好きです。

一生このままのスタイルで生きていこうと思っていることでしょう。

だから毎回遅刻を繰り返すのです。

自分を変えようと思ったなら遅刻を繰り返すはずがありませんよね。

良い意味で自分の信念を貫き通したり、曲げない事は美しいとされていますが、これでは逆効果です。

他人のアドバイスや意見も返事をするだけで聞き入れないのが特徴です。

マイペース

人それぞれ自分のペースがあるので、どのように生きるかはその人の勝手ですが、人に迷惑をかける程のマイペースではいけません。

長所としてマイペースだと捉えることもあるようですが、行き過ぎた行動は自分自身の身を滅ぼします。

なんでもほどほどが重要です。

マイペースが可愛いと思っている人でも、何度も遅刻されたらたまったものじゃありません。

時間軸が人とは異なった進み方をしているので注意しても治りません。

楽観的

なんとかなるだろう、これくらい大丈夫だろう、となんでも楽観的に捉えがちです。

もちろん生きていく上で、楽観的に物事をとらえる事は大切ですが、全ての物事がそれで解決するはずありません。

このようなタイプの人間は周りに恵まれて今まで生きてきたせいで、自分自身の考えが甘いという事に気づいていないのです。

一度痛い目を見ないと変わることはないでしょう。

目先のことしか考えない

将来を計画的に生きる事が苦手です。

今が一番楽しければ、それが一番良いと考えています。

そのため貯金も苦手です。

お金を貯めて将来の為に貯金するよりも、今を楽しむことが一番重要とされる為です。

待ち合わせ時間に向けて準備している間も、あれをやりたい、これもやらなきゃ、と考えて実行しているうちに、後の待ち合わせの事が考えられずに結果的に人を待たせてしまう事になります。

まあいいやが口癖

基本的に物事を楽観的に捉えているので、何事もまあいいや、で済ませてしまいます。

確かにどうしよう、と悩んでばかりも良くないですが、あっさりしすぎでいるのです。

ましてや人に迷惑をかけているというのに、この発想に至ってしまう事が遅刻の何よりの原因です。

結果的にまあいいや、で済まされていても、待たせている相手の心はその考えでは解決しません。

それこそ待たされている側が、毎度遅刻する側をまあいいや、で許してあげているのです。

とうの本人はそれに気づくことはありません。

罪悪感をあまり感じない

自分が遅刻することによって相手に迷惑をかけている、嫌な気持ちにさせているとわかっていてもそれをあまり悪い事だとは感じていません。

だからこそ遅刻癖と呼ばれるまでになる程遅刻を繰り返すのです。

こういう人ほど自分が待たされているちイライラしだすタイプです。

相手の気持ちになって物事を考えるのが少し苦手な方に多いようです。

もちろんそんな部分も含めて認めてくれる人たちがいるからこそ、そのままの状態で生きていけているので、感謝すべきことなのです。

時計を見ない

遅刻癖がある人ほど時計を見ません。

中には遅刻癖が治るようにとわざと時計を早く回して設定しているような人もいるようですが、結局は早めただけで自分の遅刻癖が治るように錯覚しているだけです。

結局は頭の中で、早くに設定してあるからまだ大丈夫だ、と余裕を持ってしまっているのです。

時計を早くに設定しただけでは、遅刻癖が治りませんよね。

待ち合わせ時間から計算して、自分が何時に起きて準備をして、どれくらいに家を出れば待ち合わせ場所に着くかの、時間計算が出来ません。

余裕を持って早くに家を出るということもしないので、結局遅刻してしまいます。

良い感じに間に合えばよいと考えています。

そもそも遅刻癖がある人の中の時間の進み方と、世の中の時間の進み方は違います。

10分経っていても、本人はまだ3分しか経っていないと思っているようなものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-