【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155245.html
冗談が通じない人の特徴

冗談が通じない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
冗談が通じない人の特徴

冗談が通じない人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの10個をご紹介します。

  • 真面目
  • 頭の回転が鈍い
  • よく聞いていない
  • 笑いのツボがずれている
  • 自己抑制ができる
  • 人を見下す
  • 緊張している
  • イライラしている
  • 考え方が古い
  • 受け入れる心ではない

1. 真面目

真面目

とにかく真面目であり、どんなことでもそのまま受け止めようとする人がいます。

このような人は冗談も真顔で受け止めてしまいます。

そのため「今のは冗談だよ」と言ってあげたり、大きなショックを与えるような冗談は避けるようにするべきです。

2. 頭の回転が鈍い

頭の回転が鈍い

頭の回転が鈍い人も、冗談が通じないことがあります。

このような人は冗談を言っていることはわかるものの、それがどのような捻りであるのかを理解できません。

そのため「この人は何のことを言っているのであろう」と考え込んでしまうことがあります。

そして周りの人たちが大ウケしているのに対し、一人だけ意味が解らず乗り遅れてしまうこともあります。

中にはどういう意味なのかをしっかりと把握していないものの、恥ずかしい思いをしたくないために周りと一緒になって笑う人もいます。

3. よく聞いていない

よく聞いていない

人の話をよく聞かない人も、冗談を理解できないことがあります。

冗談は話の流れの中でサラッと組み込まれることもあります。

そのためそこだけ聞いていても理解できないこともあります。

こうした状況ゆえに、人の話をよく聞かない人は話の流れやその中の冗談を理解できないのです。

中にはどこで冗談がいわれたのかもわからないという人もいます。

4. 笑いのツボがずれている

笑いのツボがずれている

人が面白いと感じるシーンは異なります。

しかし冗談が上手な人は万人ウケするような冗談を言います。

そのため何人かのグループで話をしているときにみんなを笑わせる冗談をサラッと組み込み、その場を笑いに包みます。

しかし中には笑いのツボが一般の人とは異なる人もいます。

このような人は感性が異なるために、万人ウケするような冗談に反応しません。

もちろんこのような人が面白いと感じる冗談もあるわけで、同じような感性の人が述べる冗談には大きな声を上げて笑うことがあります。

5. 自己抑制ができる

自己抑制ができる

面白いことを言われると思わず大爆笑してしまうという人がいます。

笑いは若さを保つことやストレス解消に役立ちます。

そのため冗談を聞いて大ウケできる人は幸せなのです。

しかし心では面白いと思っていても、笑顔を見せない人がいます。

このような人は何らかの理由により人前で笑顔を見せたくないと感じているのです。

そして面白いことに対して笑顔を封印するには、自分の中で湧き上がる面白いという感情を素早く制御する必要があります。

これは容易なことではありません。

しかし自己抑制が上手に行える人にはそれが可能なのです。

6. 人を見下す

人を見下す

見下している人が言う冗談に反応することは容易ではありません。

それどころかそのよな人が話すこと全般に対しても耳を貸すことはしません。

そのため人を見下す傾向にある人は、冗談に反応する機会が減っていくことになります。

7. 緊張している

緊張している

すぐに緊張してしまう人も冗談が通じません。

このような人は冗談を聞いて理解する余裕がないのです。

たとえば尊敬している人の前に立ち、その人に受け入れてもらいたいという気持ちが強いと、失礼のないように行動しなければならないという気持ちが働きます。

そしてこのような気持ちは緊張を生じさせます。

そのため尊敬する人が冗談を言ってもそれを理解することができなくなり、何とも言えない雰囲気に包まれることになります。

8. イライラしている

イライラしている

冗談はリラックスした状態で聞くからこそ、笑いが起こるのです。

そのため心に余裕がなければそれを理解し、笑うことができません。

そして冗談を一番受け入れにくくさせる心の状態はイライラしているときです。

このような心の状態で冗談を言われると笑うことができないどころか増々イライラしてしまいます。

そのためイライラしている人に対しては冗談を言うべきではありません。

まずは心を和ませるような言葉をかけ、気持ちを落ち着かせることに集中します。

9. 考え方が古い

考え方が古い

考え方が古いというよりは笑いのツボが現代的なものではなく、少し昔っぽいところがあると現代の笑いについていくことができません。

そのため多くの人が笑うような冗談を言っても笑うことはないものの、少し昔に流行ったネタを持ち出すとウケるという人がいます。

このような人のことを知らずに現代風の冗談を立て続けに言っても全く笑ってくれなかったものの、少し古いネタを持ち出して冗談を言ったときに大笑いしたという状況も生じます。

そのためこのような状況に驚きを隠せない人もいるのです。

10. 受け入れる心ではない

8つ目の項目でも考えたように、イライラしているときは冗談を受け入れることはできません。

これは心が冗談を受け入れる状態ではないからです。

しかし他にも心が冗談を受け入れる準備をしていない状況があります。

たとえば心配事があったり、考え事をしていると冗談が心に入ってきません。

そしてそのような心の状態が常に生じてしまう人もいます。

このような人は冗談を言われてもそれに笑うことはせず、サラッと聞き流してしまうことが多々あるのです。

冗談が通じない人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの10個をご紹介します。


真面目

とにかく真面目であり、どんなことでもそのまま受け止めようとする人がいます。

このような人は冗談も真顔で受け止めてしまいます。

そのため「今のは冗談だよ」と言ってあげたり、大きなショックを与えるような冗談は避けるようにするべきです。

頭の回転が鈍い

頭の回転が鈍い人も、冗談が通じないことがあります。

このような人は冗談を言っていることはわかるものの、それがどのような捻りであるのかを理解できません。

そのため「この人は何のことを言っているのであろう」と考え込んでしまうことがあります。

そして周りの人たちが大ウケしているのに対し、一人だけ意味が解らず乗り遅れてしまうこともあります。

中にはどういう意味なのかをしっかりと把握していないものの、恥ずかしい思いをしたくないために周りと一緒になって笑う人もいます。

よく聞いていない

人の話をよく聞かない人も、冗談を理解できないことがあります。

冗談は話の流れの中でサラッと組み込まれることもあります。

そのためそこだけ聞いていても理解できないこともあります。

こうした状況ゆえに、人の話をよく聞かない人は話の流れやその中の冗談を理解できないのです。

中にはどこで冗談がいわれたのかもわからないという人もいます。

笑いのツボがずれている

人が面白いと感じるシーンは異なります。

しかし冗談が上手な人は万人ウケするような冗談を言います。

そのため何人かのグループで話をしているときにみんなを笑わせる冗談をサラッと組み込み、その場を笑いに包みます。

しかし中には笑いのツボが一般の人とは異なる人もいます。

このような人は感性が異なるために、万人ウケするような冗談に反応しません。

もちろんこのような人が面白いと感じる冗談もあるわけで、同じような感性の人が述べる冗談には大きな声を上げて笑うことがあります。

自己抑制ができる

面白いことを言われると思わず大爆笑してしまうという人がいます。

笑いは若さを保つことやストレス解消に役立ちます。

そのため冗談を聞いて大ウケできる人は幸せなのです。

しかし心では面白いと思っていても、笑顔を見せない人がいます。

このような人は何らかの理由により人前で笑顔を見せたくないと感じているのです。

そして面白いことに対して笑顔を封印するには、自分の中で湧き上がる面白いという感情を素早く制御する必要があります。

これは容易なことではありません。

しかし自己抑制が上手に行える人にはそれが可能なのです。

人を見下す

見下している人が言う冗談に反応することは容易ではありません。

それどころかそのよな人が話すこと全般に対しても耳を貸すことはしません。

そのため人を見下す傾向にある人は、冗談に反応する機会が減っていくことになります。

緊張している

すぐに緊張してしまう人も冗談が通じません。

このような人は冗談を聞いて理解する余裕がないのです。

たとえば尊敬している人の前に立ち、その人に受け入れてもらいたいという気持ちが強いと、失礼のないように行動しなければならないという気持ちが働きます。

そしてこのような気持ちは緊張を生じさせます。

そのため尊敬する人が冗談を言ってもそれを理解することができなくなり、何とも言えない雰囲気に包まれることになります。

イライラしている

冗談はリラックスした状態で聞くからこそ、笑いが起こるのです。

そのため心に余裕がなければそれを理解し、笑うことができません。

そして冗談を一番受け入れにくくさせる心の状態はイライラしているときです。

このような心の状態で冗談を言われると笑うことができないどころか増々イライラしてしまいます。

そのためイライラしている人に対しては冗談を言うべきではありません。

まずは心を和ませるような言葉をかけ、気持ちを落ち着かせることに集中します。

考え方が古い

考え方が古いというよりは笑いのツボが現代的なものではなく、少し昔っぽいところがあると現代の笑いについていくことができません。

そのため多くの人が笑うような冗談を言っても笑うことはないものの、少し昔に流行ったネタを持ち出すとウケるという人がいます。

このような人のことを知らずに現代風の冗談を立て続けに言っても全く笑ってくれなかったものの、少し古いネタを持ち出して冗談を言ったときに大笑いしたという状況も生じます。

そのためこのような状況に驚きを隠せない人もいるのです。

8つ目の項目でも考えたように、イライラしているときは冗談を受け入れることはできません。

これは心が冗談を受け入れる状態ではないからです。

しかし他にも心が冗談を受け入れる準備をしていない状況があります。

たとえば心配事があったり、考え事をしていると冗談が心に入ってきません。

そしてそのような心の状態が常に生じてしまう人もいます。

このような人は冗談を言われてもそれに笑うことはせず、サラッと聞き流してしまうことが多々あるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-