【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155218.html
威厳のない父親の特徴

威厳のない父親の特徴 | LADYCO

LADYCO
威厳のない父親の特徴

うちのパパ残念すぎる... 怒っても全然威厳がないから効果半減... そんな威厳のない父親に共通する特徴をまとめてみたのでチェックしてみてください

  • 子供を甘やかしすぎる
  • 怒るのが日常化していて、逆に効果がなくなっている
  • 仕事ができない、仕事をしない
  • アルコールやギャンブルに依存しがち
  • 子供みたいな態度でわがままなふるまいをする
  • 趣味に夢中で子育てに興味がない
  • 人の話を聞かない
  • 自分の親を大切にしすぎて、妻子をないがしろにする
  • 浮気や不倫をしている
  • 妻に頼りすぎで、一人じゃ何もできない

1. 子供を甘やかしすぎる

子供を甘やかしすぎる

子供甘やかしすぎると、結果的に威厳がなくなってしまいます。

叱る時は叱る、褒める時は褒めるといったメリハリはとても大切です。

また、やたらめったら、褒めたり叱ったりするのではなく、根拠と理性を伴わなければなりません。

歪んだ愛情表現をすると、子供は確実にグレます。

あるいは、ちゃんと成長できずに、親に依存的でワガママな大人になってしまいます。

褒めるのと甘やかすのは全然違います。

時に試練を与え、突き放すのも父親の役目なのです。

2. 怒るのが日常化していて、逆に効果がなくなっている

怒るのが日常化していて、逆に効果がなくなっている

常にイライラして、子供に怒鳴りつける父親も、威厳を失います。

そうした態度に、子供は怯えて言うことを聞いているだけなので、尊敬はしていません。

むしろ成長と共に、父親を嫌悪し、敬遠することになるでしょう。

大人になって家を出たっきり帰ってこないこともあります。

また、逆に怒鳴られ続けることで、精神的に萎縮し、成長が妨げられることもあります。

何も自分で決められない、人の表情を伺いすぎる、などネガティブな人間性が育ってしまうので気をつけましょう。

3. 仕事ができない、仕事をしない

仕事ができない、仕事をしない

仕事ができない父親も威厳をなくします。

もちろん仕事をせず、妻に養ってもらっている父親も威厳はありません。

しかし、最近では主夫という言葉もある通り、 お父さんがちゃんと家事をしていれば、子供は尊敬するはずです。

何もせずに、ただダラダラと日々を過ごしていたら父親失格です。

もちろん誰しも、失敗や苦労がありますが、それを表に出し過ぎるのもよくないです。

職場の愚痴や泣きごとを何度も言われてしまっては、子供もがっかりしてしまうでしょう。

4. アルコールやギャンブルに依存しがち

アルコールやギャンブルに依存しがち

アルコールやギャンブルに依存している父親も威厳を失います。

常日頃から酔っ払い、前後不覚になった親を見ていては、子供は幻滅してしまいます。

暴力や暴言を振るうのはさらに最低なことであり、子供は嫌悪感と恐怖にさいなまれます。

ギャンブルに溺れるのも同じことで、そのために生活をないがしろにし、家庭を壊す人を、父親とは認めないでしょう。

母親が泣いている姿をみた子供の心はとても傷付いているのです。

5. 子供みたいな態度でわがままなふるまいをする

子供みたいな態度でわがままなふるまいをする

大人になっても子供のようなふるまいで、わがままを押し通そうとする父親も威厳はありません。

よく、男は子供心を失わない無邪気な面がある、と言われますが、度を越せばただの自己中です。

家族にそうした態度をとり続けていると、尊敬などされません。

叱り方も下手で、癇癪だと捉えられてしまいがちです。

子供にも、弟扱いや、それ以下の対応をされるでしょう。

自分の内側にある子供心をコントロールできない人は、威厳ある父親になれません。

6. 趣味に夢中で子育てに興味がない

趣味に夢中で子育てに興味がない

趣味に夢中で、子育てに興味がない人も威厳を失います。

仕事のために子供に構ってあげられないのなら、仕方ありません。

しかしながら、趣味を一番にし、子育てに関与しない父親は威厳がありません。

運動会や発表会などの行事、進路や夢への相談など、 子供は父親を必要としていて、時にアドバイスを求めています。

そうしたことから目を背け、自分の好きなことばかりしていては尊敬はされません。

7. 人の話を聞かない

人の話を聞かない

人の話を聞かない父親も威厳を失います。

妻や子供の言い分を無視し、感情的に叱っても効果はありません。

自分のことに夢中で、家族のアドバイスや忠告に耳を傾けない人は信用されません。

自分が一番で、他者に気を配れない人は、真のリーダーとは言えないのです。

だから家族という小さな社会を引っ張り、導いていく存在にはなりえないのです。

8. 自分の親を大切にしすぎて、妻子をないがしろにする

自分の親を大切にしすぎて、妻子をないがしろにする

自分の両親を大切にするのはもちろん素晴らしいことです。

しかしながら、度を越して、妻子をないがしろにするような父親は尊敬されません。

親に依存的な、ファザコン、マザコンだと思われるしかないのです。

自分の家庭を持った時、それは育った家から巣立つということです。

いつまでも両親の顔を伺ったり、気を遣いすぎては、威厳ある父親にはなれないのです。

9. 浮気や不倫をしている

浮気や不倫をしている

浮気や不倫をしている父親は威厳を失います。

いくら、真面目な態度をとり、胸を張っても、中身はすっからかんだと思われます。

子供たちは幻滅し、父親から離れていくでしょう。

道徳的な道から外れていては、尊敬されることはないのです。

10. 妻に頼りすぎで、一人じゃ何もできない

いつも頼りなく、一人じゃ何もできない父親に威厳はありません。

亭主関白も、度を越せば、妻に対する依存でしかありません。

自分一人で家事くらいできなければ、自立した大人とはいえないのです。

もちろん夫が働き、妻が家を守るという役割作りは大切です。

ですが、近年は、共働きではないと十分に生活できないのが現状です。

働きながら、家事も分担するのが当たり前になります。

家事も、子育ても、介護も妻に押し付ける人を見て、子供たちはがっかりするでしょう。

威厳というのは、日々の生活態度の積み重ねからできるものです。

薄っぺらい人が、いざ偉ぶっても、尊敬などされません。

そして妻子を大切にでき、守れる父親が、愛されるのです。

うちのパパ残念すぎる... 怒っても全然威厳がないから効果半減... そんな威厳のない父親に共通する特徴をまとめてみたのでチェックしてみてください


子供を甘やかしすぎる

子供甘やかしすぎると、結果的に威厳がなくなってしまいます。

叱る時は叱る、褒める時は褒めるといったメリハリはとても大切です。

また、やたらめったら、褒めたり叱ったりするのではなく、根拠と理性を伴わなければなりません。

歪んだ愛情表現をすると、子供は確実にグレます。

あるいは、ちゃんと成長できずに、親に依存的でワガママな大人になってしまいます。

褒めるのと甘やかすのは全然違います。

時に試練を与え、突き放すのも父親の役目なのです。

怒るのが日常化していて、逆に効果がなくなっている

常にイライラして、子供に怒鳴りつける父親も、威厳を失います。

そうした態度に、子供は怯えて言うことを聞いているだけなので、尊敬はしていません。

むしろ成長と共に、父親を嫌悪し、敬遠することになるでしょう。

大人になって家を出たっきり帰ってこないこともあります。

また、逆に怒鳴られ続けることで、精神的に萎縮し、成長が妨げられることもあります。

何も自分で決められない、人の表情を伺いすぎる、などネガティブな人間性が育ってしまうので気をつけましょう。

仕事ができない、仕事をしない

仕事ができない父親も威厳をなくします。

もちろん仕事をせず、妻に養ってもらっている父親も威厳はありません。

しかし、最近では主夫という言葉もある通り、 お父さんがちゃんと家事をしていれば、子供は尊敬するはずです。

何もせずに、ただダラダラと日々を過ごしていたら父親失格です。

もちろん誰しも、失敗や苦労がありますが、それを表に出し過ぎるのもよくないです。

職場の愚痴や泣きごとを何度も言われてしまっては、子供もがっかりしてしまうでしょう。

アルコールやギャンブルに依存しがち

アルコールやギャンブルに依存している父親も威厳を失います。

常日頃から酔っ払い、前後不覚になった親を見ていては、子供は幻滅してしまいます。

暴力や暴言を振るうのはさらに最低なことであり、子供は嫌悪感と恐怖にさいなまれます。

ギャンブルに溺れるのも同じことで、そのために生活をないがしろにし、家庭を壊す人を、父親とは認めないでしょう。

母親が泣いている姿をみた子供の心はとても傷付いているのです。

子供みたいな態度でわがままなふるまいをする

大人になっても子供のようなふるまいで、わがままを押し通そうとする父親も威厳はありません。

よく、男は子供心を失わない無邪気な面がある、と言われますが、度を越せばただの自己中です。

家族にそうした態度をとり続けていると、尊敬などされません。

叱り方も下手で、癇癪だと捉えられてしまいがちです。

子供にも、弟扱いや、それ以下の対応をされるでしょう。

自分の内側にある子供心をコントロールできない人は、威厳ある父親になれません。

趣味に夢中で子育てに興味がない

趣味に夢中で、子育てに興味がない人も威厳を失います。

仕事のために子供に構ってあげられないのなら、仕方ありません。

しかしながら、趣味を一番にし、子育てに関与しない父親は威厳がありません。

運動会や発表会などの行事、進路や夢への相談など、 子供は父親を必要としていて、時にアドバイスを求めています。

そうしたことから目を背け、自分の好きなことばかりしていては尊敬はされません。

人の話を聞かない

人の話を聞かない父親も威厳を失います。

妻や子供の言い分を無視し、感情的に叱っても効果はありません。

自分のことに夢中で、家族のアドバイスや忠告に耳を傾けない人は信用されません。

自分が一番で、他者に気を配れない人は、真のリーダーとは言えないのです。

だから家族という小さな社会を引っ張り、導いていく存在にはなりえないのです。

自分の親を大切にしすぎて、妻子をないがしろにする

自分の両親を大切にするのはもちろん素晴らしいことです。

しかしながら、度を越して、妻子をないがしろにするような父親は尊敬されません。

親に依存的な、ファザコン、マザコンだと思われるしかないのです。

自分の家庭を持った時、それは育った家から巣立つということです。

いつまでも両親の顔を伺ったり、気を遣いすぎては、威厳ある父親にはなれないのです。

浮気や不倫をしている

浮気や不倫をしている父親は威厳を失います。

いくら、真面目な態度をとり、胸を張っても、中身はすっからかんだと思われます。

子供たちは幻滅し、父親から離れていくでしょう。

道徳的な道から外れていては、尊敬されることはないのです。

いつも頼りなく、一人じゃ何もできない父親に威厳はありません。

亭主関白も、度を越せば、妻に対する依存でしかありません。

自分一人で家事くらいできなければ、自立した大人とはいえないのです。

もちろん夫が働き、妻が家を守るという役割作りは大切です。

ですが、近年は、共働きではないと十分に生活できないのが現状です。

働きながら、家事も分担するのが当たり前になります。

家事も、子育ても、介護も妻に押し付ける人を見て、子供たちはがっかりするでしょう。

威厳というのは、日々の生活態度の積み重ねからできるものです。

薄っぺらい人が、いざ偉ぶっても、尊敬などされません。

そして妻子を大切にでき、守れる父親が、愛されるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-