【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155212.html
ダイエットに失敗する人の特徴

ダイエットに失敗する人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ダイエットに失敗する人の特徴

スリムな体型のためダイエットをしている人は多いですね。

ダイエットが成功する人、失敗する人の違いは何なのでしょうか。

ここではダイエットに失敗する人に共通する特徴をまとめてみました。

  • 無理な食事制限をする
  • 運動が嫌い
  • 短期間で痩せようとする
  • 筋肉がつくと筋トレを嫌がる
  • 意志が弱い
  • 体重にこだわる
  • 汗をかけば痩せると勘違い
  • カロリー計算をしていない
  • 栄養のバランスが取れていない
  • お酒、甘いものが止められない

1. 無理な食事制限をする

無理な食事制限をする

ダイエットに失敗する人に共通すること、それは無理な食事制限をすることでしょう。

朝を食べない、夜を食べないなどの食事を抜く方法や、低カロリーのものばかりを食べたり、何か一品だけを食べるなどのダイエット方法に走ってしまうのです。

こういった方法は確かに短期間で数キロ落とす減量であれば成功するかもしれませんね。

ダイエットは一生続けられる方法でないと、極端な方法で痩せたとしても元の食生活に戻したらすぐにリバウンドしてしまいます。

また、食事を抜くなどの無理はそう長く続くものではなく、反動からドカ食いをしてしまうことも多いのです。

2. 運動が嫌い

運動が嫌い

ダイエットに失敗する人、それは運動が嫌いという特徴もありますね。

そもそも何かしらの運動を生活に取り入れている人はダイエットは必要ない体型であるともいえます。

運動が嫌いといって、どこへ行くのも車、家に閉じこもってダラダラ過ごしてばかり、買い物はネット通販のみ、このような生活習慣ですと、摂取カロリーに対して消費カロリーが少なくなることが多いのです。

ですから運動量の多い学生時代はスリムだったのに大人になるとどんどん太りだすという人がいるのです。

3. 短期間で痩せようとする

短期間で痩せようとする

ダイエットというのは長期的な計画で取り組むものです。

1カ月で5キロも痩せようとするのは体に負担がかかりますし、停滞期が長くなりやすい上にリバウンドしやすい体質となるリスクもあります。

1カ月1~2キロ、ゆるやかに痩せていく方が健康的です。

ダイエットにすぐ挫折する人は結果を早く出そうと焦りすぎであることが多く、またせっかく順調にダイエットできていたのに停滞期で「痩せない」と勘違いして挫折してしまうのです。

4. 筋肉がつくと筋トレを嫌がる

筋肉がつくと筋トレを嫌がる

女性に多いのですが、「筋肉がつくから筋トレなんてしたくない」と言う人がいます。

これは大きな間違い。

女性がそこそこ筋トレしてもつく筋肉なんてたかがしれたものです。

筋肉質で引き締まっている人というのはかなりストイックに筋トレをしていますし、食事も気をつけているのです。

軽いエクササイズ程度の筋トレは、たるみを防ぐぐらいのもので、筋肉でムキムキになるなんてことはありません。

また筋トレをしないことで基礎代謝は下がりますし、体脂肪も増えるだけです。

5. 意志が弱い

意志が弱い

ダイエットに失敗する人、それは意志が弱いのです。

何が何でも痩せる、太りたくない、お洒落をしたい、カッコよくなりたい、綺麗になりたいと強い思いがあれば少々の空腹、運動は我慢できるはずですし、いつしかそれは楽しみにすら変わるのです。

「何をしても痩せない」「水を飲んでも太る」なんて言い訳です。

水は0カロリーです。

体脂肪になるわけないのです。

6. 体重にこだわる

体重にこだわる

ダイエットに失敗する人はダイエットの意味を理解していません。

正しいダイエットとは、体重を減らすことではないのです。

体脂肪を減らすことがダイエットなのです。

体脂肪を減らせば筋肉が増えますから、体重計の数値は最初の数カ月間は動きがなくても当たり前です。

体脂肪と筋肉では筋肉の方が多いので、もしかしたら体重が一時的に増える人だっているかもしれません。

体重が減りだすのは、3カ月目ぐらいからでしょうか。

筋肉がつくと今度は基礎代謝が上がり、体重が減りだす時が必ず来ます。

ダイエットに失敗する人は体重が100g減った、増えたと気にしすぎです。

1キロぐらい水分の摂り過ぎなどで平気で増えるものです。

それよりもメジャーなどで体のサイズを測っていた方がダイエットの効果はよっぽどわかりやすいのです。

7. 汗をかけば痩せると勘違い

汗をかけば痩せると勘違い

夜、サウナスーツのような汗が沢山出るウェアでウォーキングをしている人を見かけることがあります。

汗を出すことで老廃物が出ます。

肌が綺麗になる効果を期待しての、サウナスーツならばわかります。

ですが、汗を出したら痩せるというのはちょっと違います。

体重は減りますが、それは体内の水分が出たから当たり前なのです。

体脂肪1キロを減らすには7000カロリーほど使わなければ減らないのですから、減っているのは体脂肪でなく体内の水分です。

よって、水を飲めば体重は元通りです。

「痩せない」とダイエットを止める人もいますが、続ければ確実に痩せるのにもったいないことです。

8. カロリー計算をしていない

カロリー計算をしていない

痩せたいと言いながら痩せない人はやはりカロリーを摂り過ぎている傾向にあります。

何気なく口にしているもの、けっこう高カロリーのものってあるのです。

ダイエットに成功するにはカロリー計算は大事です。

9. 栄養のバランスが取れていない

栄養のバランスが取れていない

ダイエットのためと何でも減らせばいいわけではなく、バランス良く栄養を摂ることは大事です。

お肉を食べないとサラダばっかりなんてダイエット食はバランスが悪いです。

たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、ちゃんと食事に取り入れるようにしなくては痩せにくい体となるのです。

10. お酒、甘いものが止められない

ダイエットが失敗する人の特徴で、嗜好品が止められないというのがあります。

お酒、甘いものなど食べなくても飲まなくても何ら問題ないものです。

体に必要ないともいえるような嗜好品ですが、心の栄養です。

特に好物を断つのは辛いものですから、ダイエットは失敗に終わることが多いのです。

スリムな体型のためダイエットをしている人は多いですね。

ダイエットが成功する人、失敗する人の違いは何なのでしょうか。

ここではダイエットに失敗する人に共通する特徴をまとめてみました。


無理な食事制限をする

ダイエットに失敗する人に共通すること、それは無理な食事制限をすることでしょう。

朝を食べない、夜を食べないなどの食事を抜く方法や、低カロリーのものばかりを食べたり、何か一品だけを食べるなどのダイエット方法に走ってしまうのです。

こういった方法は確かに短期間で数キロ落とす減量であれば成功するかもしれませんね。

ダイエットは一生続けられる方法でないと、極端な方法で痩せたとしても元の食生活に戻したらすぐにリバウンドしてしまいます。

また、食事を抜くなどの無理はそう長く続くものではなく、反動からドカ食いをしてしまうことも多いのです。

運動が嫌い

ダイエットに失敗する人、それは運動が嫌いという特徴もありますね。

そもそも何かしらの運動を生活に取り入れている人はダイエットは必要ない体型であるともいえます。

運動が嫌いといって、どこへ行くのも車、家に閉じこもってダラダラ過ごしてばかり、買い物はネット通販のみ、このような生活習慣ですと、摂取カロリーに対して消費カロリーが少なくなることが多いのです。

ですから運動量の多い学生時代はスリムだったのに大人になるとどんどん太りだすという人がいるのです。

短期間で痩せようとする

ダイエットというのは長期的な計画で取り組むものです。

1カ月で5キロも痩せようとするのは体に負担がかかりますし、停滞期が長くなりやすい上にリバウンドしやすい体質となるリスクもあります。

1カ月1~2キロ、ゆるやかに痩せていく方が健康的です。

ダイエットにすぐ挫折する人は結果を早く出そうと焦りすぎであることが多く、またせっかく順調にダイエットできていたのに停滞期で「痩せない」と勘違いして挫折してしまうのです。

筋肉がつくと筋トレを嫌がる

女性に多いのですが、「筋肉がつくから筋トレなんてしたくない」と言う人がいます。

これは大きな間違い。

女性がそこそこ筋トレしてもつく筋肉なんてたかがしれたものです。

筋肉質で引き締まっている人というのはかなりストイックに筋トレをしていますし、食事も気をつけているのです。

軽いエクササイズ程度の筋トレは、たるみを防ぐぐらいのもので、筋肉でムキムキになるなんてことはありません。

また筋トレをしないことで基礎代謝は下がりますし、体脂肪も増えるだけです。

意志が弱い

ダイエットに失敗する人、それは意志が弱いのです。

何が何でも痩せる、太りたくない、お洒落をしたい、カッコよくなりたい、綺麗になりたいと強い思いがあれば少々の空腹、運動は我慢できるはずですし、いつしかそれは楽しみにすら変わるのです。

「何をしても痩せない」「水を飲んでも太る」なんて言い訳です。

水は0カロリーです。

体脂肪になるわけないのです。

体重にこだわる

ダイエットに失敗する人はダイエットの意味を理解していません。

正しいダイエットとは、体重を減らすことではないのです。

体脂肪を減らすことがダイエットなのです。

体脂肪を減らせば筋肉が増えますから、体重計の数値は最初の数カ月間は動きがなくても当たり前です。

体脂肪と筋肉では筋肉の方が多いので、もしかしたら体重が一時的に増える人だっているかもしれません。

体重が減りだすのは、3カ月目ぐらいからでしょうか。

筋肉がつくと今度は基礎代謝が上がり、体重が減りだす時が必ず来ます。

ダイエットに失敗する人は体重が100g減った、増えたと気にしすぎです。

1キロぐらい水分の摂り過ぎなどで平気で増えるものです。

それよりもメジャーなどで体のサイズを測っていた方がダイエットの効果はよっぽどわかりやすいのです。

汗をかけば痩せると勘違い

夜、サウナスーツのような汗が沢山出るウェアでウォーキングをしている人を見かけることがあります。

汗を出すことで老廃物が出ます。

肌が綺麗になる効果を期待しての、サウナスーツならばわかります。

ですが、汗を出したら痩せるというのはちょっと違います。

体重は減りますが、それは体内の水分が出たから当たり前なのです。

体脂肪1キロを減らすには7000カロリーほど使わなければ減らないのですから、減っているのは体脂肪でなく体内の水分です。

よって、水を飲めば体重は元通りです。

「痩せない」とダイエットを止める人もいますが、続ければ確実に痩せるのにもったいないことです。

カロリー計算をしていない

痩せたいと言いながら痩せない人はやはりカロリーを摂り過ぎている傾向にあります。

何気なく口にしているもの、けっこう高カロリーのものってあるのです。

ダイエットに成功するにはカロリー計算は大事です。

栄養のバランスが取れていない

ダイエットのためと何でも減らせばいいわけではなく、バランス良く栄養を摂ることは大事です。

お肉を食べないとサラダばっかりなんてダイエット食はバランスが悪いです。

たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、ちゃんと食事に取り入れるようにしなくては痩せにくい体となるのです。

ダイエットが失敗する人の特徴で、嗜好品が止められないというのがあります。

お酒、甘いものなど食べなくても飲まなくても何ら問題ないものです。

体に必要ないともいえるような嗜好品ですが、心の栄養です。

特に好物を断つのは辛いものですから、ダイエットは失敗に終わることが多いのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-