【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155206.html
世渡り上手な人の特徴

世渡り上手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
世渡り上手な人の特徴

世渡り上手な人がいます。

このような人をよく観察すると、共通するいくつかの特徴が見られます。

ここではそのうちの10個を取り上げます。

  • 褒める
  • 笑顔
  • 冗談に反応
  • 理不尽を上手くかわす
  • 出しゃばらない
  • いつでも下手に出る
  • 助けを差し伸べる
  • 誘いを受け入れる
  • 悪口を言わない
  • 上手におごられる

1. 褒める

褒める

世渡り上手の人は自分よりも立場の高い人をよく褒めます。

人は誰でも褒められると嬉しくなるものです。

そしてその人が褒めてくれた点を伸ばそうとしたり、その点がみんなにも知れ渡るように行動します。

このような状況が生じるとその人がますます成長するようになり、その点をまた褒められるならまた成長を繰り返すとう良い循環が生じるのです。

世渡り上手の人は褒めるチャンスを心得ており、人を支えます。

こうした状況により人から好かれるようになり、その結果仲間が増えます。

そして今度は自分を支えてくれる人が現れるようになり、最終的に自分もそれなりの成功を収めることができるようになるのです。

2. 笑顔

笑顔

世渡り上手の人は、自分より立場の高い人から可愛がられます。

その理由の一つは可愛いと思われるからです。

そのため何に対しても笑顔で返答する人は、周りの人の機嫌を上手にコントロールすることができます。

もちろん状況によって笑顔を作るべきところと、そうでないところをわきまえておかなければなりません。

それでも比較的リラックスできるような状況では笑顔を作り、上司や周りの人に安心感を与えるタイプの人は仲間が増え、上手に世間を渡ることができます。

3. 冗談に反応

冗談に反応

時折、反応したくないくらい面白くない冗談を言う人がいます。

このような冗談に誰も反応してくれないと非常に寂しい思いをすることになります。

このようなときに笑ってくれる人がいるとホッとしますし、「自分の冗談を面白がって聞いてくれる人がいる」という希望が生じます。

そして冗談を述べるごとに誰かが笑ってくれるなら、ポジティブな思考が働くようになることもあり、仕事効率がアップすることもあるのです。

このような理由により、冗談に反応してくれる人が重要視されることがあります。

また冗談を言う本人からも可愛がられるようになり、上手に世間を渡ることができます。

4. 理不尽を上手くかわす

理不尽を上手くかわす

理不尽なことを言われるととにかく腹が立つと感じる人がいます。

このような感情は当然のものといえます。

しかし理不尽な言動が真っ向から否定されると、気分を害する人もいます。

その結果仲たがいしてしまうこともあり、友人関係にひびが入ってしまうことがあるのです。

しかし理不尽なことを肯定するわけではないものの、上手くかわすことのできる人がいます。

このような人は相手の気分を害さずに、上手く状況を切り抜けていることになります。

こうしたスキルは仲間同士の間で平和な関係を築くのに役立ちます。

5. 出しゃばらない

出しゃばらない

多くの人は、できることならば自分が主役になりたいと思うはずです。

そうした思いが嫉妬やライバル心を煽り立てることになります。

その結果なんとなく人間関係が上手くいかなくなり、気づけば友達が減っていたという状況に陥りかねません。

それとは対照的に出しゃばらないように気をつけている人もいます。

このような人は周りから「自分を蹴落とすような人ではない」という安心感を与えるために、世間を上手に渡ることができます。

6. いつでも下手に出る

いつでも下手に出る

上記で考えたように、出しゃばることのない人は平和を作り出します。

しかし状況によってはそのような人であっても上司から能力が認められ、仕事上の高いポジションを任されることがあります。

このような場合はこれまで自分と同等の立場で働いていた人の上に立つことになり、指示を与えたりまとめたりする役割を果たさなければならないことになります。

しかしこうした状況にあっても、自分を低くする人は上手に世間を渡ることができます。

このような態度は平和を作り出し、決して立場が高いからといって偉そうに振舞っているわけではないことを示しているのです。

7. 助けを差し伸べる

助けを差し伸べる

困っている上司や友人を助けることも、人から可愛がられる要因となります。

しかし自分にできないようなヘルプが求められたときは、当然のことながら何も行うことができません。

それでも小さな助けを差し伸べることでも、人の心は大きく動くのです。

たとえば上司がある資料のコピーが必要となった場合、それを自分から手伝うことで上司からの信頼を得ることができます。

こうした細かな気遣いは想像以上に大きなメリットをもたらします。

8. 誘いを受け入れる

誘いを受け入れる

「今日飲みに行こう」と上司や友人から誘われることがあります。

そのような誘いを受け入れる人も、周りから好かれます。

とりわけ上司は可愛がっている部下を飲みに誘いたいと思っています。

そのため誘いがあった時点で上司からのある程度の信頼を得ていることになるのです。

ここで信頼関係を深めるためにもその誘いを受け入れることが重要なのです。

9. 悪口を言わない

悪口を言わない

誰かの悪口を言うと、それが周りの人に伝わってしまうことがあります。

このような状況に陥ると「この人は悪口を述べる人」と思われてしまいます。

このような評判は必ずマイナスに働きます。

そのため世渡り上手の人はどのような状況にあっても、人の悪口は言いません。

10. 上手におごられる

上司に食事などに誘われると、多くの場合は支払いは上司が行ってくれます。

このような状況は世間では当たり前のことのように見なされています。

もちろん全ての状況にこの点が当てはまるわけではありませんが、上司がご馳走してくれると言ったときはその好意に甘えることで、生活費を節約できます。

このような状況も世渡り上手の一環です。

世渡り上手な人がいます。

このような人をよく観察すると、共通するいくつかの特徴が見られます。

ここではそのうちの10個を取り上げます。


褒める

世渡り上手の人は自分よりも立場の高い人をよく褒めます。

人は誰でも褒められると嬉しくなるものです。

そしてその人が褒めてくれた点を伸ばそうとしたり、その点がみんなにも知れ渡るように行動します。

このような状況が生じるとその人がますます成長するようになり、その点をまた褒められるならまた成長を繰り返すとう良い循環が生じるのです。

世渡り上手の人は褒めるチャンスを心得ており、人を支えます。

こうした状況により人から好かれるようになり、その結果仲間が増えます。

そして今度は自分を支えてくれる人が現れるようになり、最終的に自分もそれなりの成功を収めることができるようになるのです。

笑顔

世渡り上手の人は、自分より立場の高い人から可愛がられます。

その理由の一つは可愛いと思われるからです。

そのため何に対しても笑顔で返答する人は、周りの人の機嫌を上手にコントロールすることができます。

もちろん状況によって笑顔を作るべきところと、そうでないところをわきまえておかなければなりません。

それでも比較的リラックスできるような状況では笑顔を作り、上司や周りの人に安心感を与えるタイプの人は仲間が増え、上手に世間を渡ることができます。

冗談に反応

時折、反応したくないくらい面白くない冗談を言う人がいます。

このような冗談に誰も反応してくれないと非常に寂しい思いをすることになります。

このようなときに笑ってくれる人がいるとホッとしますし、「自分の冗談を面白がって聞いてくれる人がいる」という希望が生じます。

そして冗談を述べるごとに誰かが笑ってくれるなら、ポジティブな思考が働くようになることもあり、仕事効率がアップすることもあるのです。

このような理由により、冗談に反応してくれる人が重要視されることがあります。

また冗談を言う本人からも可愛がられるようになり、上手に世間を渡ることができます。

理不尽を上手くかわす

理不尽なことを言われるととにかく腹が立つと感じる人がいます。

このような感情は当然のものといえます。

しかし理不尽な言動が真っ向から否定されると、気分を害する人もいます。

その結果仲たがいしてしまうこともあり、友人関係にひびが入ってしまうことがあるのです。

しかし理不尽なことを肯定するわけではないものの、上手くかわすことのできる人がいます。

このような人は相手の気分を害さずに、上手く状況を切り抜けていることになります。

こうしたスキルは仲間同士の間で平和な関係を築くのに役立ちます。

出しゃばらない

多くの人は、できることならば自分が主役になりたいと思うはずです。

そうした思いが嫉妬やライバル心を煽り立てることになります。

その結果なんとなく人間関係が上手くいかなくなり、気づけば友達が減っていたという状況に陥りかねません。

それとは対照的に出しゃばらないように気をつけている人もいます。

このような人は周りから「自分を蹴落とすような人ではない」という安心感を与えるために、世間を上手に渡ることができます。

いつでも下手に出る

上記で考えたように、出しゃばることのない人は平和を作り出します。

しかし状況によってはそのような人であっても上司から能力が認められ、仕事上の高いポジションを任されることがあります。

このような場合はこれまで自分と同等の立場で働いていた人の上に立つことになり、指示を与えたりまとめたりする役割を果たさなければならないことになります。

しかしこうした状況にあっても、自分を低くする人は上手に世間を渡ることができます。

このような態度は平和を作り出し、決して立場が高いからといって偉そうに振舞っているわけではないことを示しているのです。

助けを差し伸べる

困っている上司や友人を助けることも、人から可愛がられる要因となります。

しかし自分にできないようなヘルプが求められたときは、当然のことながら何も行うことができません。

それでも小さな助けを差し伸べることでも、人の心は大きく動くのです。

たとえば上司がある資料のコピーが必要となった場合、それを自分から手伝うことで上司からの信頼を得ることができます。

こうした細かな気遣いは想像以上に大きなメリットをもたらします。

誘いを受け入れる

「今日飲みに行こう」と上司や友人から誘われることがあります。

そのような誘いを受け入れる人も、周りから好かれます。

とりわけ上司は可愛がっている部下を飲みに誘いたいと思っています。

そのため誘いがあった時点で上司からのある程度の信頼を得ていることになるのです。

ここで信頼関係を深めるためにもその誘いを受け入れることが重要なのです。

悪口を言わない

誰かの悪口を言うと、それが周りの人に伝わってしまうことがあります。

このような状況に陥ると「この人は悪口を述べる人」と思われてしまいます。

このような評判は必ずマイナスに働きます。

そのため世渡り上手の人はどのような状況にあっても、人の悪口は言いません。

上司に食事などに誘われると、多くの場合は支払いは上司が行ってくれます。

このような状況は世間では当たり前のことのように見なされています。

もちろん全ての状況にこの点が当てはまるわけではありませんが、上司がご馳走してくれると言ったときはその好意に甘えることで、生活費を節約できます。

このような状況も世渡り上手の一環です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-