【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515144454.html
勇気がない人の特徴

勇気がない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
勇気がない人の特徴

勇気がない人に共通する特徴を11選まとめました。

  • ネガティブな考え方が多い
  • 自分への評価が低い
  • 失敗を怖がる
  • 欲がない
  • 自分に自信がない
  • スタートが遅い
  • 人に頼りがち
  • 責任感がない
  • 安心感が不足
  • 人の意見に迷う
  • プライドが高い

1. ネガティブな考え方が多い

ネガティブな考え方が多い

勇気がない人は、「どうせ自分なんかには~」とか「きっと、支障が出るに~」といった、物事を、悪い方へ悪い方へと、考えてしまう傾向にあります。

「何とかなるさ」というような、ポジティブな考え方が、どうしてもできずに、うじうじと内にこもっていく考え方をするために、何事に対しても、一歩踏み出すには、不安の方が大きくなって、結局は、踏み出せないでいることが多くなります。

2. 自分への評価が低い

自分への評価が低い

勇気がない人は、概して自分に対する評価が低いようです。

自分は、何をやってもダメな人間であるとか、自分の力ではとてもさばけないといった、取り組む前から、勝手に思い込んでいる自分の力量のなさを言い訳に、問題から逃げようとする傾向にあります。

反面、他から低く評価されると、それはそれで不満を表すのですが、自分からは低く評価することで、ある意味、失敗した祭の逃げ道をつくっているのかもしれません。

3. 失敗を怖がる

失敗を怖がる

勇気がない人は、失敗を怖がる人が多いようです。

万一、失敗したらどうしようの感情が強く、あれこれと失敗した場合のことを想定しがちです。

うまくいった場合のことよりも、なぜか、失敗した場合の事の方が、想像が広がるようで、プロジェクトチームの中で孤立した自分や衆人の中で叱責される自分の姿を想像すればする程、新たなことに挑戦する勇気は、しぼんでしまい行動できなくなってしまいます。

4. 欲がない

欲がない

勇気がない人は、現在の地位から一歩でも先に進んでやろうとか、世間で話題になるような仕事をしてやろうといった、大きな夢や野望といったものを案外持ち合わせていないようです。

どちらかといえば、平々凡々と無事安泰に、事を終わらせていきたいタイプですので、新規の策を立ち上げるでもなく、現行の施策を可もなく不可もなく、無事に継投していけば事が済むような、生き方そのものも、ポジティブな面が、結構あります。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない

勇気がない人は、自分がもっている資質・能力について、低く評価しているのと同様に、自信をもてない傾向にあります。

どうしても自信がもてないだけに、結局「よし、やろう」という前に踏み出す勇気につながりません。

一度でもやりとげた経験をすれば、それが自信となって、次へ挑戦する勇気が生まれ、やがてその積み重ねが、本当の勇気を生み出してくると思います。

一度、自分を信じてやってみることが、勇気への第一歩です。

6. スタートが遅い

スタートが遅い

勇気がない人は、課題の解決に向かって、方針が決まったら、すぐにさっと取り組むという勇気が、若干、弱い面がみえます。

物事を始めるまでに、あれを準備して、これを用意してと、本題とはあまり関係のないような周りのことを気にして、なかなか本題に進まないというより、いきなり本題に切り込む勇気がないと言った方が、適当かも知れません。

何かしらスタートが遅いのも、自信のなさや怖さの表れの一つかも知れません。

7. 人に頼りがち

人に頼りがち

勇気がない人は、人に頼りがちな面があります。

自分に自信がないだけに、他人を巻き込んで、事の解決の当たろうとすることがあります。

他を巻き込むことで、失敗をしても逃げ道ができることになり、その分、自分の責任が軽くなります。

また、場合によっては、最終判断を他に決断させることもでき、結局は、自分はプロジェクトチィームの一員として事に参加することになり、矢面からは一歩下がった安全な位置での参加になります。

8. 責任感がない

責任感がない

勇気がない人は、他に頼りがちだったり、取り組みが遅かったりと、つまるところ、最終責任をとる勇気が不足しているのです。

失敗したらというネガティブな考え方は、結局のところ、そこに予想される新たな課題の発生や責任問題に対する不安であり、危惧にすぎません。

そうした一連のことをどおんと受け止めるだけの技量と勇気、つまりは、責任は自分が取るという覚悟が足りまいのです。

9. 安心感が不足

安心感が不足

勇気がない人は、失敗したって死にはしないくらいの大きな考え方が、不足しているのです。

失敗したところでという、大きなある面、楽観的な考え方をもつことで、安心感が生まれ、物事に取り組む勇気がわいてきます。

常に、失敗の事ばかりを考え、躊躇していたのでは、前には進みません。

当たって砕けろの広い心で、ずぶとい安心感をもつていないことが、勇気のない一因でもあります。

10. 人の意見に迷う

人の意見に迷う

勇気がない人は、とかく他の目が気になりがちです。

そのため、人の意見や評価が、気になって仕方なく、詰まるところ、人の意見に左右されがちな所があります。

自分に自信がないだけに、他の評価や評判は、とても気になります。

逆に言えば、人の意見に左右され過ぎるから、物事がうまく運ばないわけで、失敗への階段になっているのかもしれません。

他人は、他人。

外野席を気にしない勇気をもちたいものです。

11. プライドが高い

勇気がない人は、ある面、プライドが高いのかも知れません。

失敗したくない、他から批判されたくないという感情が強くて踏み出す勇気が出ないというのは、自分のプライドを傷つけたくないという感情の裏返しかもわかりません。

プライドが高いだけに、結果を様々に想像して、結局は、一歩前に踏み出す勇気をもてないのかもしれません。

勇気がない人に共通する特徴を11選まとめました。


ネガティブな考え方が多い

勇気がない人は、「どうせ自分なんかには~」とか「きっと、支障が出るに~」といった、物事を、悪い方へ悪い方へと、考えてしまう傾向にあります。

「何とかなるさ」というような、ポジティブな考え方が、どうしてもできずに、うじうじと内にこもっていく考え方をするために、何事に対しても、一歩踏み出すには、不安の方が大きくなって、結局は、踏み出せないでいることが多くなります。

自分への評価が低い

勇気がない人は、概して自分に対する評価が低いようです。

自分は、何をやってもダメな人間であるとか、自分の力ではとてもさばけないといった、取り組む前から、勝手に思い込んでいる自分の力量のなさを言い訳に、問題から逃げようとする傾向にあります。

反面、他から低く評価されると、それはそれで不満を表すのですが、自分からは低く評価することで、ある意味、失敗した祭の逃げ道をつくっているのかもしれません。

失敗を怖がる

勇気がない人は、失敗を怖がる人が多いようです。

万一、失敗したらどうしようの感情が強く、あれこれと失敗した場合のことを想定しがちです。

うまくいった場合のことよりも、なぜか、失敗した場合の事の方が、想像が広がるようで、プロジェクトチームの中で孤立した自分や衆人の中で叱責される自分の姿を想像すればする程、新たなことに挑戦する勇気は、しぼんでしまい行動できなくなってしまいます。

欲がない

勇気がない人は、現在の地位から一歩でも先に進んでやろうとか、世間で話題になるような仕事をしてやろうといった、大きな夢や野望といったものを案外持ち合わせていないようです。

どちらかといえば、平々凡々と無事安泰に、事を終わらせていきたいタイプですので、新規の策を立ち上げるでもなく、現行の施策を可もなく不可もなく、無事に継投していけば事が済むような、生き方そのものも、ポジティブな面が、結構あります。

自分に自信がない

勇気がない人は、自分がもっている資質・能力について、低く評価しているのと同様に、自信をもてない傾向にあります。

どうしても自信がもてないだけに、結局「よし、やろう」という前に踏み出す勇気につながりません。

一度でもやりとげた経験をすれば、それが自信となって、次へ挑戦する勇気が生まれ、やがてその積み重ねが、本当の勇気を生み出してくると思います。

一度、自分を信じてやってみることが、勇気への第一歩です。

スタートが遅い

勇気がない人は、課題の解決に向かって、方針が決まったら、すぐにさっと取り組むという勇気が、若干、弱い面がみえます。

物事を始めるまでに、あれを準備して、これを用意してと、本題とはあまり関係のないような周りのことを気にして、なかなか本題に進まないというより、いきなり本題に切り込む勇気がないと言った方が、適当かも知れません。

何かしらスタートが遅いのも、自信のなさや怖さの表れの一つかも知れません。

人に頼りがち

勇気がない人は、人に頼りがちな面があります。

自分に自信がないだけに、他人を巻き込んで、事の解決の当たろうとすることがあります。

他を巻き込むことで、失敗をしても逃げ道ができることになり、その分、自分の責任が軽くなります。

また、場合によっては、最終判断を他に決断させることもでき、結局は、自分はプロジェクトチィームの一員として事に参加することになり、矢面からは一歩下がった安全な位置での参加になります。

責任感がない

勇気がない人は、他に頼りがちだったり、取り組みが遅かったりと、つまるところ、最終責任をとる勇気が不足しているのです。

失敗したらというネガティブな考え方は、結局のところ、そこに予想される新たな課題の発生や責任問題に対する不安であり、危惧にすぎません。

そうした一連のことをどおんと受け止めるだけの技量と勇気、つまりは、責任は自分が取るという覚悟が足りまいのです。

安心感が不足

勇気がない人は、失敗したって死にはしないくらいの大きな考え方が、不足しているのです。

失敗したところでという、大きなある面、楽観的な考え方をもつことで、安心感が生まれ、物事に取り組む勇気がわいてきます。

常に、失敗の事ばかりを考え、躊躇していたのでは、前には進みません。

当たって砕けろの広い心で、ずぶとい安心感をもつていないことが、勇気のない一因でもあります。

人の意見に迷う

勇気がない人は、とかく他の目が気になりがちです。

そのため、人の意見や評価が、気になって仕方なく、詰まるところ、人の意見に左右されがちな所があります。

自分に自信がないだけに、他の評価や評判は、とても気になります。

逆に言えば、人の意見に左右され過ぎるから、物事がうまく運ばないわけで、失敗への階段になっているのかもしれません。

他人は、他人。

外野席を気にしない勇気をもちたいものです。

勇気がない人は、ある面、プライドが高いのかも知れません。

失敗したくない、他から批判されたくないという感情が強くて踏み出す勇気が出ないというのは、自分のプライドを傷つけたくないという感情の裏返しかもわかりません。

プライドが高いだけに、結果を様々に想像して、結局は、一歩前に踏み出す勇気をもてないのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-