【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515144445.html
面倒くさがり屋さんの特徴

面倒くさがり屋さんの特徴 | LADYCO

LADYCO
面倒くさがり屋さんの特徴

面倒くさいというのは周囲から見てもあまり印象的に好ましいものではありません。

が、もしかすると面倒くさがりになっていませんか?

どんな場面でも面倒は現れます。

そんな面倒くさがり屋さんにならないよう共通する特徴を理解してそうならないようにしてみてはいかがでしょうか。

  • 結果に辿り着けない
  • 集中ができない
  • 誰かがやると考えてる
  • 動くのがそもそも苦手
  • とにかく面倒くさいが口癖
  • 雑用的なことをやってこなかった
  • 外見に現れる
  • 甘えてるから面倒でいられる
  • 考えが軽すぎる
  • 長期的に物事を考えない

1. 結果に辿り着けない

結果に辿り着けない

面倒くさがり屋さんはやはり何と言っても途中放棄をすぐにやってしまう人種でもあります。

ですから何をやっても結果に辿り着くことができないんです。

例えば何らかのことを学ぼうとしても途中から集中が散漫になりさっきまでやって覚えたことも予習もせずにそのままにしてそのうちやる気そのものも失われてしまい気がつけば面倒だから事途中放棄しては結果に辿り着くことができずそのまま諦めてしまうということが多いようです。

2. 集中ができない

集中ができない

先ほども述べましたけれど、とにかく面倒くさがり屋さんというのは集中力に乏しい部分がかなり見られるようです。

集中することがまずできないからこそ面倒という気持ちがすぐに生まれてしまい、そしてそれはやる前から諦めさせてしまう言葉でもあるんです。

ですから面倒くさがり屋さんはやればもしかしたらできたかもしれないことも面倒だからということで最初から諦めてしまう集中力の無さが見られるようです。

3. 誰かがやると考えてる

誰かがやると考えてる

面倒くさがり屋さんに共通する特徴には周囲の誰かがやってくれるからそうなってしまうようです。

結局は面倒くさがりになれるのも周囲からの手助けがあるからこそなれるわけです。

ですからもし何らかのことがあり、それが例え自分のことであっても代わりに助けてくれる人がいるから面倒と言ってられるのですが、結婚してる場合だと旦那が忙しいからと色々と奥さんに任せてしまうというのも面倒くさがりの始まりでもあります。

4. 動くのがそもそも苦手

動くのがそもそも苦手

面倒くさがり屋さんは必要以上の行動力を使いたがりません。

もし何らかのことで出かけるとします。

そのときに道を少し間違えるのもその日の楽しい一つのエピソードにすることができるはずなのに、ただ面倒だからとそうしたことを嫌がります。

ともかく面倒くさがり屋さんというのは行動力を最小限に抑えたがる傾向がありますので、まず動かないということですからそれはやがてどんどん行動を起こすことが苦手になるということに繋がるようです。

5. とにかく面倒くさいが口癖

とにかく面倒くさいが口癖

面倒くさがり屋さんに共通する特徴にはとにかく面倒だという口癖が堪えません。

実際に面倒というのはあまり嬉しい言葉ではありませんし、どちらかというとそんなに聞きたい言葉でもありませんのでマイナス的なイメージがあります。

けれども面倒くさがり屋さんは周囲のことなどお構いなしに面倒という言葉を平然と何度でも言ってしまうので聞こえる方としてもあまり嬉しいことではありません。

6. 雑用的なことをやってこなかった

雑用的なことをやってこなかった

面倒くさがり屋さんに共通することは雑用的なことをこれまでやってきたことがないということも考えられます。

面倒なことを経験してきた人はどんなに辛くても乗り越えてた実績があります。

そして面倒なことを面倒と思わないようになれたということなんです。

ですが面倒くさがり屋さんのほとんどは面倒を乗り越えて来ていないからいつまでも面倒だと言ってしまうようです。

7. 外見に現れる

外見に現れる

面倒くさがり屋さんはやはり面倒くさがりということでもありますので、それは外見にも現れてしまうようです。

特に髪の毛などは寝癖がついてたりしても平気、身だしなみに気を使うことも面倒と感じてしまうのでいつも適当で、お風呂もいつ入ったんだろうというくらい入らなくても平気でいられるほどです。

また歯を磨くことなどそもそもしてないという人もいるくらいですから面倒くさがり屋さんはある意味不潔なのかもしれません。

8. 甘えてるから面倒でいられる

甘えてるから面倒でいられる

面倒くさがり屋さんに共通する特徴の中には甘えがあったりもします。

自分に甘いということは人に甘えても問題ないとさえ思ってるのかもしれませんが、何れにしても今できなくても今度やればそれで大丈夫だからという考え方は甘えの何者でもありません。

ただ面倒くさがり屋さんもやらなければいけないことは分かってはいるけれど面倒とこれまで暮らしているのでなかなかそこから抜け出せずにすぐに面倒くさがりになってしまうようです。

9. 考えが軽すぎる

考えが軽すぎる

面倒くさがり屋さんは面倒と言えば何でもどうにかなると思ってるかもしれません。

ですがそもそも考えが軽すぎるから面倒だとすぐに言ってしまいそこに辿り着いてしまうんです。

何かを初めるにも面倒だからやらない、何かをやらなければいけないときも面倒だから今度すればいいと言っては先延ばしして結果的に後悔することもあります。

ですから結局は考え方が軽すぎるから面倒とすぐになってしまうようです。

10. 長期的に物事を考えない

できる人は何をやって何を片付けてどうすれば効率よくできるのかを知っています。

けれども面倒くさがり屋さんに共通する特徴には長期的に物事を見て考えることができないから面倒に走ってしまうようです。

今できることから片付けて行けばいいのにそれができずすぐに面倒だからという方向に行ってしまうことになるようですが徐々に長期的な物事の考え方をするようになれば面倒くさがり屋さんも変われるのかもしれません。

面倒くさいというのは周囲から見てもあまり印象的に好ましいものではありません。

が、もしかすると面倒くさがりになっていませんか?

どんな場面でも面倒は現れます。

そんな面倒くさがり屋さんにならないよう共通する特徴を理解してそうならないようにしてみてはいかがでしょうか。


結果に辿り着けない

面倒くさがり屋さんはやはり何と言っても途中放棄をすぐにやってしまう人種でもあります。

ですから何をやっても結果に辿り着くことができないんです。

例えば何らかのことを学ぼうとしても途中から集中が散漫になりさっきまでやって覚えたことも予習もせずにそのままにしてそのうちやる気そのものも失われてしまい気がつけば面倒だから事途中放棄しては結果に辿り着くことができずそのまま諦めてしまうということが多いようです。

集中ができない

先ほども述べましたけれど、とにかく面倒くさがり屋さんというのは集中力に乏しい部分がかなり見られるようです。

集中することがまずできないからこそ面倒という気持ちがすぐに生まれてしまい、そしてそれはやる前から諦めさせてしまう言葉でもあるんです。

ですから面倒くさがり屋さんはやればもしかしたらできたかもしれないことも面倒だからということで最初から諦めてしまう集中力の無さが見られるようです。

誰かがやると考えてる

面倒くさがり屋さんに共通する特徴には周囲の誰かがやってくれるからそうなってしまうようです。

結局は面倒くさがりになれるのも周囲からの手助けがあるからこそなれるわけです。

ですからもし何らかのことがあり、それが例え自分のことであっても代わりに助けてくれる人がいるから面倒と言ってられるのですが、結婚してる場合だと旦那が忙しいからと色々と奥さんに任せてしまうというのも面倒くさがりの始まりでもあります。

動くのがそもそも苦手

面倒くさがり屋さんは必要以上の行動力を使いたがりません。

もし何らかのことで出かけるとします。

そのときに道を少し間違えるのもその日の楽しい一つのエピソードにすることができるはずなのに、ただ面倒だからとそうしたことを嫌がります。

ともかく面倒くさがり屋さんというのは行動力を最小限に抑えたがる傾向がありますので、まず動かないということですからそれはやがてどんどん行動を起こすことが苦手になるということに繋がるようです。

とにかく面倒くさいが口癖

面倒くさがり屋さんに共通する特徴にはとにかく面倒だという口癖が堪えません。

実際に面倒というのはあまり嬉しい言葉ではありませんし、どちらかというとそんなに聞きたい言葉でもありませんのでマイナス的なイメージがあります。

けれども面倒くさがり屋さんは周囲のことなどお構いなしに面倒という言葉を平然と何度でも言ってしまうので聞こえる方としてもあまり嬉しいことではありません。

雑用的なことをやってこなかった

面倒くさがり屋さんに共通することは雑用的なことをこれまでやってきたことがないということも考えられます。

面倒なことを経験してきた人はどんなに辛くても乗り越えてた実績があります。

そして面倒なことを面倒と思わないようになれたということなんです。

ですが面倒くさがり屋さんのほとんどは面倒を乗り越えて来ていないからいつまでも面倒だと言ってしまうようです。

外見に現れる

面倒くさがり屋さんはやはり面倒くさがりということでもありますので、それは外見にも現れてしまうようです。

特に髪の毛などは寝癖がついてたりしても平気、身だしなみに気を使うことも面倒と感じてしまうのでいつも適当で、お風呂もいつ入ったんだろうというくらい入らなくても平気でいられるほどです。

また歯を磨くことなどそもそもしてないという人もいるくらいですから面倒くさがり屋さんはある意味不潔なのかもしれません。

甘えてるから面倒でいられる

面倒くさがり屋さんに共通する特徴の中には甘えがあったりもします。

自分に甘いということは人に甘えても問題ないとさえ思ってるのかもしれませんが、何れにしても今できなくても今度やればそれで大丈夫だからという考え方は甘えの何者でもありません。

ただ面倒くさがり屋さんもやらなければいけないことは分かってはいるけれど面倒とこれまで暮らしているのでなかなかそこから抜け出せずにすぐに面倒くさがりになってしまうようです。

考えが軽すぎる

面倒くさがり屋さんは面倒と言えば何でもどうにかなると思ってるかもしれません。

ですがそもそも考えが軽すぎるから面倒だとすぐに言ってしまいそこに辿り着いてしまうんです。

何かを初めるにも面倒だからやらない、何かをやらなければいけないときも面倒だから今度すればいいと言っては先延ばしして結果的に後悔することもあります。

ですから結局は考え方が軽すぎるから面倒とすぐになってしまうようです。

できる人は何をやって何を片付けてどうすれば効率よくできるのかを知っています。

けれども面倒くさがり屋さんに共通する特徴には長期的に物事を見て考えることができないから面倒に走ってしまうようです。

今できることから片付けて行けばいいのにそれができずすぐに面倒だからという方向に行ってしまうことになるようですが徐々に長期的な物事の考え方をするようになれば面倒くさがり屋さんも変われるのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-