【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515144427.html
シャイな人の特徴

シャイな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
シャイな人の特徴

なかなか自分から思うように感情を表現することができないシャイな人っていつの時代にも一定数はいるようです。

10代の頃ならまだしも大人になってもまだ治せない人は性格なのかもしれません。

そんなシャイな人の特徴をご紹介します。

  • 断らずに引き受けてしまう
  • 感情を上手く出せない
  • 恥ずかしがり屋
  • 注目されたくない
  • 気遣いのできる人
  • ほとんど目を合わせない
  • 態度が勘違いされやすい
  • どちらかというとネガティブ
  • 自信を持てない
  • やることが人より遅い

1. 断らずに引き受けてしまう

断らずに引き受けてしまう

シャイな人は誰かに何かをお願いされたり頼まれたりすると基本的にあまり断るということをしないようです。

それは本当に断る必要も無く任せてという気持ちの表れなら素晴らしい人として周囲から信頼されることになりますが、ただシャイな人がお願い事をされて断らないのはただ単に断りづらいことから仕方なく引き受けてるということが多いようです。

なので悩んでどうしようかという考えすらなくシャイな故にその場を早く済ませたいから引き受けてしまうという特徴があるようです。

2. 感情を上手く出せない

感情を上手く出せない

シャイな人は自分の気持ちを上手く表に出すことができないので凄く面白いときに思いっきり笑ってみるということが急にできなかったりします。

だからと言って人とのコミュニケーションは嫌いというわけでもなく、むしろ人と関わることは別に嫌いということでもなさそうです。

けれども自分は感情を上手く出すことができないのでそれが理解できる人といることが多いようです。

3. 恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋

シャイな人は基本的には恥ずかしがり屋さんが当てはまりますが、恥ずかしがり屋ですから何か褒められたりすることがあれば上手く話すことができなかったりもします。

照れ屋さんのように照れて顔が真っ赤になったりということはあまり無さそうですが、その代わり極端にその態度の変化が見られるのでシャイな人だとすぐに分かってしまうくらいです。

なので突然のサプライズ的なことがあれば恥ずかしくなってしまうようです。

4. 注目されたくない

注目されたくない

シャイな人はできるだけ人前に出るということをあまり望んでいません。

ですから誰かの後ろに隠れるようなことを心がけています。

とにかく注目されるようなことがあれば緊張も高まりとてもじゃないけれど意識を保つことなどできませんので、できるだけそんな必要性のない緊張感から来るストレスなど受けたくないというのが本音でもあります。

なのでなるべく注目されたくないようにしてるようです。

5. 気遣いのできる人

気遣いのできる人

シャイな人の特徴には心が繊細なのか気遣いをすることを普通のことのようにしてくれます。

これは恋愛なら相手に対して細やかな気配りをすることができるということでもあります。

また困ってる人がいれば何とかしてあげたいと考えてくれるのもシャイな人に見られる行動ですが、シャイな人は自分を上手く表現することができない分、誰かのために何かをするという行為に関しては抜きん出てるのかもしれません。

6. ほとんど目を合わせない

ほとんど目を合わせない

シャイな人の特徴にはとにかく人と会話をするときにそれほど目を合わせてくれないという傾向があるようです。

相手にしてみれば目を合わせてくれなければ嫌われてると勘違いしてしまうことがあるようですが、シャイな人にとってはどんな人でも目を合わせるということができないだけなんです。

つまりそれだけシャイということになるので別に嫌ってるわけではないんです。

7. 態度が勘違いされやすい

態度が勘違いされやすい

シャイな人は別に冷めた態度を取ってるわけではありません。

シャイな人にしてみたらできるだけの努力を出し切ってるつもりではいるのですが、相手にしてみると何だか反応は薄いし態度もどうなのと思われることが多々あったりもするようです。

自分の感情を上手く表現できないからこそできる範囲で反応して相手にあいさつなどをしてるのですが、そもそも感情表現が苦手なだけに態度が勘違いされやすかったりするようです。

8. どちらかというとネガティブ

どちらかというとネガティブ

シャイな人話し方も冷静で声のトーンもかなり小さめということもありますが、基本的にやはり考え方からしてネガティブ寄りなのかもしれません。

人と関わりを持つこと自体に消極的な部分がありますから考え方そのものもやはりネガティブ要素が入ってしまいます。

特にどうせという言葉を連呼するくらいですから気持ち的にもネガティブになってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんが、それが結局はもっとシャイにさせてるということにもなるようです。

9. 自信を持てない

自信を持てない

シャイな人は自分をどう表現すればいいのか分からないでいます。

それは悩みとなって人に対して蓋をしてしまい結果的に人とのコミュニケーションなどを積極的にすることができなくなっています。

本当は人と関われば普通に話せるはずなのに自信を持てないでいるからもっと自身を消失してしまい人と関われなくなってしまってるようです。

10. やることが人より遅い

シャイな人は人と関わることをあまり好みません。

ですから自分のペースというものをとても大事にしています。

ただこの自分のペースというのはやることが人よりも遅くどうしてもっと早くできないのと言いたくなるくらいです。

人と関わらないから人と比較したときのペースも分からないのかもしれませんが、とにかく動作が遅いのかやることがそもそも遅いからなのかシャイな人はやることが遅かったりということも特徴としてあるようです。

なかなか自分から思うように感情を表現することができないシャイな人っていつの時代にも一定数はいるようです。

10代の頃ならまだしも大人になってもまだ治せない人は性格なのかもしれません。

そんなシャイな人の特徴をご紹介します。


断らずに引き受けてしまう

シャイな人は誰かに何かをお願いされたり頼まれたりすると基本的にあまり断るということをしないようです。

それは本当に断る必要も無く任せてという気持ちの表れなら素晴らしい人として周囲から信頼されることになりますが、ただシャイな人がお願い事をされて断らないのはただ単に断りづらいことから仕方なく引き受けてるということが多いようです。

なので悩んでどうしようかという考えすらなくシャイな故にその場を早く済ませたいから引き受けてしまうという特徴があるようです。

感情を上手く出せない

シャイな人は自分の気持ちを上手く表に出すことができないので凄く面白いときに思いっきり笑ってみるということが急にできなかったりします。

だからと言って人とのコミュニケーションは嫌いというわけでもなく、むしろ人と関わることは別に嫌いということでもなさそうです。

けれども自分は感情を上手く出すことができないのでそれが理解できる人といることが多いようです。

恥ずかしがり屋

シャイな人は基本的には恥ずかしがり屋さんが当てはまりますが、恥ずかしがり屋ですから何か褒められたりすることがあれば上手く話すことができなかったりもします。

照れ屋さんのように照れて顔が真っ赤になったりということはあまり無さそうですが、その代わり極端にその態度の変化が見られるのでシャイな人だとすぐに分かってしまうくらいです。

なので突然のサプライズ的なことがあれば恥ずかしくなってしまうようです。

注目されたくない

シャイな人はできるだけ人前に出るということをあまり望んでいません。

ですから誰かの後ろに隠れるようなことを心がけています。

とにかく注目されるようなことがあれば緊張も高まりとてもじゃないけれど意識を保つことなどできませんので、できるだけそんな必要性のない緊張感から来るストレスなど受けたくないというのが本音でもあります。

なのでなるべく注目されたくないようにしてるようです。

気遣いのできる人

シャイな人の特徴には心が繊細なのか気遣いをすることを普通のことのようにしてくれます。

これは恋愛なら相手に対して細やかな気配りをすることができるということでもあります。

また困ってる人がいれば何とかしてあげたいと考えてくれるのもシャイな人に見られる行動ですが、シャイな人は自分を上手く表現することができない分、誰かのために何かをするという行為に関しては抜きん出てるのかもしれません。

ほとんど目を合わせない

シャイな人の特徴にはとにかく人と会話をするときにそれほど目を合わせてくれないという傾向があるようです。

相手にしてみれば目を合わせてくれなければ嫌われてると勘違いしてしまうことがあるようですが、シャイな人にとってはどんな人でも目を合わせるということができないだけなんです。

つまりそれだけシャイということになるので別に嫌ってるわけではないんです。

態度が勘違いされやすい

シャイな人は別に冷めた態度を取ってるわけではありません。

シャイな人にしてみたらできるだけの努力を出し切ってるつもりではいるのですが、相手にしてみると何だか反応は薄いし態度もどうなのと思われることが多々あったりもするようです。

自分の感情を上手く表現できないからこそできる範囲で反応して相手にあいさつなどをしてるのですが、そもそも感情表現が苦手なだけに態度が勘違いされやすかったりするようです。

どちらかというとネガティブ

シャイな人話し方も冷静で声のトーンもかなり小さめということもありますが、基本的にやはり考え方からしてネガティブ寄りなのかもしれません。

人と関わりを持つこと自体に消極的な部分がありますから考え方そのものもやはりネガティブ要素が入ってしまいます。

特にどうせという言葉を連呼するくらいですから気持ち的にもネガティブになってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんが、それが結局はもっとシャイにさせてるということにもなるようです。

自信を持てない

シャイな人は自分をどう表現すればいいのか分からないでいます。

それは悩みとなって人に対して蓋をしてしまい結果的に人とのコミュニケーションなどを積極的にすることができなくなっています。

本当は人と関われば普通に話せるはずなのに自信を持てないでいるからもっと自身を消失してしまい人と関われなくなってしまってるようです。

シャイな人は人と関わることをあまり好みません。

ですから自分のペースというものをとても大事にしています。

ただこの自分のペースというのはやることが人よりも遅くどうしてもっと早くできないのと言いたくなるくらいです。

人と関わらないから人と比較したときのペースも分からないのかもしれませんが、とにかく動作が遅いのかやることがそもそも遅いからなのかシャイな人はやることが遅かったりということも特徴としてあるようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-