【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134910.html
不幸自慢をする人の特徴

不幸自慢をする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
不幸自慢をする人の特徴

不幸自慢をされるとまた始まったと言わんばかりに面倒な気持ちにさせられてしまいます。

ただ不幸自慢をする人はなぜすぐ話したがるのでしょうか。

少しくらいなら許せる範囲でも度を越せばそっとフェードアウトしたくなるような この不幸自慢話をする人の特徴を見抜いてみましょう。

  • 他人のことより自分が一番
  • 自分の状況を理解して欲しい
  • 自分に酔ってる
  • 本当はそれほど不幸でもない
  • 単なる構ってちゃん
  • 目立つことが好きなだけ
  • 寂しさのあまり不幸自慢をする
  • 不幸をアピールしてできる人と思われたい
  • 大げさなだけ
  • 根っからの不幸自慢好き

1. 他人のことより自分が一番

他人のことより自分が一番

不幸自慢をする人は少しでもその話を聞いて欲しいから話すわけではありますが、始まれば永遠といつまでも聞かされることになるので聞いてる方としてはその間ずっと辛い思いをさせられてしまいます。

その話の途中で君はどう思うのと聞こうにも人の意見はいらないと言わんばかりに話は続きますので、結果的には人の意見など求めてないし人の話もまた求めていません。

自分の不幸話をただ聞いて欲しいだけなんです。

2. 自分の状況を理解して欲しい

自分の状況を理解して欲しい

不幸自慢をする人の特徴には主にその内容から自分が今いる状況を理解して欲しいという願望でもあります。

ですから今私はとても辛くて耐えられないからそのことを分かって欲しいという要求なのですが、聞き手としてはどう答えたらいいのか分からないでしょう。

結局は自分の話す辛いことに対して分かるよという理解を求めた返事が欲しいということになるのですが、だからといって理解したとしても不幸自慢話は終わるわけではありません。

3. 自分に酔ってる

自分に酔ってる

不幸自慢をするとき凄いなと思われたいのか、それとも同情を誘ってのことかもしれません。

自分がこれまで経験してきた不幸自慢を続けてそしてその話を聞いてる相手に構って欲しいという気持ちの表れでもあるんです。

これら不幸自慢をされる人には自分に酔ってるという傾向が見られるわけなんですが、そこには自分がどれだけの人間なのかをさり気なく伝えてるつもりのようです。

4. 本当はそれほど不幸でもない

本当はそれほど不幸でもない

不幸自慢をしては自分は今悩んでることや辛いことを押し付けるかのように伝えてきますが、不幸自慢を簡単にしょっちゅう話してしまう人ほど本当はそれほど不幸ではなかったりします。

中には他人から見れば別に不幸な話でもなく、むしろ幸せな選択肢をして悩んでそれを不幸だと考えてる場合もあるんです。

ですからそれはさり気なく幸せ自慢を実はしてるだけであって本当のところは不幸自慢ではなかったりするんです。

5. 単なる構ってちゃん

単なる構ってちゃん

不幸話をすればきっと皆は構ってくれる、周囲からは自分が不幸話をすれば可哀相だから元気つけてあげたとか、いつも明るく接してあげたいと思われたいという気持ちの表れでもありますが、もしそうなったらそれを仲良くなったと勘違いして受け取ってしまうようです。

不幸自慢をする人の特徴には寂しがり屋ということが考えられ人ともっとコミュニケーションを取りたいからこそ不幸話をするようです.

6. 目立つことが好きなだけ

目立つことが好きなだけ

目立つ方法ならいくらでもありますが、不幸自慢をすることで目立つことを選んだ方もいらっしゃいます。

このような人は不幸自慢をすることにより注目を浴びたいだけであって本当のところ不幸話など真実なのかすら分かりません。

不幸話は人の同情を惹きつける丁度よい方法だと本気で考えていますので、どんな些細なこと、大昔のことでも脚色しては自分に注目を浴びせるために不幸自慢をするようです。

7. 寂しさのあまり不幸自慢をする

寂しさのあまり不幸自慢をする

不幸自慢をする人の特徴には寂しさのあまりそっちに走ってしまう傾向があるようです。

寂しい生活を送ると楽しいこと笑って過ごすということから離れてしまうことが多くなります。

そんなとき自分はどうしてというマイナス思考に陥ることも多々あるようですが、そうなると誰かと会話をしててもすぐに不幸自慢を始めてしまうようになります。

気持ちの根底には自分の寂しさを同情して欲しいということがあるようです。

8. 不幸をアピールしてできる人と思われたい

不幸をアピールしてできる人と思われたい

不幸自慢を永遠に繰り返す人は自分のこれまでのことを事細かく説明しながら、そのとき何があったのか、そしてどうやって乗り越えてきたのかなどを話し始めます。

どれだけ辛くても負けそうになっても自分は乗り越えてきたと不幸自慢をするわけですが、実はそこには自分はどれほど凄い人間なのかということをアピールしてるわけです。

特に弱ってる人には元気をつけるために不幸自慢を話すようです。

9. 大げさなだけ

大げさなだけ

実はそれほど大して不幸でもないようなことを上手に不幸自慢話にしてしまう場合もあるようです。

まるで何かの演出が入ってるかのような場合は大げさだと考えてもいいくらいですが、そうした話を聞かされる側としてはあまり喜ばしいことではありません。

ただ本人にとっては思ってることを話すことができるわけですので不幸自慢を続けることはストレス発散にもなってるようです。

10. 根っからの不幸自慢好き

不幸自慢をされる人は色々な特徴を持ってるわけですが、実は根っからの不幸自慢好きという人はいらっしゃります。

そうした方は聞き手としては会話を避けたくなるようなことばかり話してくるわけですから、むしろ近くにいるだけで運気が下がってしまうのではないかと思うくらいです。

常に不幸自慢をしてるので本当は楽しい会話をしたいけれどやり方すら忘れてしまって話しやすい不幸自慢に戻ってしまうのかもしれません。

不幸自慢をされるとまた始まったと言わんばかりに面倒な気持ちにさせられてしまいます。

ただ不幸自慢をする人はなぜすぐ話したがるのでしょうか。

少しくらいなら許せる範囲でも度を越せばそっとフェードアウトしたくなるような この不幸自慢話をする人の特徴を見抜いてみましょう。


他人のことより自分が一番

不幸自慢をする人は少しでもその話を聞いて欲しいから話すわけではありますが、始まれば永遠といつまでも聞かされることになるので聞いてる方としてはその間ずっと辛い思いをさせられてしまいます。

その話の途中で君はどう思うのと聞こうにも人の意見はいらないと言わんばかりに話は続きますので、結果的には人の意見など求めてないし人の話もまた求めていません。

自分の不幸話をただ聞いて欲しいだけなんです。

自分の状況を理解して欲しい

不幸自慢をする人の特徴には主にその内容から自分が今いる状況を理解して欲しいという願望でもあります。

ですから今私はとても辛くて耐えられないからそのことを分かって欲しいという要求なのですが、聞き手としてはどう答えたらいいのか分からないでしょう。

結局は自分の話す辛いことに対して分かるよという理解を求めた返事が欲しいということになるのですが、だからといって理解したとしても不幸自慢話は終わるわけではありません。

自分に酔ってる

不幸自慢をするとき凄いなと思われたいのか、それとも同情を誘ってのことかもしれません。

自分がこれまで経験してきた不幸自慢を続けてそしてその話を聞いてる相手に構って欲しいという気持ちの表れでもあるんです。

これら不幸自慢をされる人には自分に酔ってるという傾向が見られるわけなんですが、そこには自分がどれだけの人間なのかをさり気なく伝えてるつもりのようです。

本当はそれほど不幸でもない

不幸自慢をしては自分は今悩んでることや辛いことを押し付けるかのように伝えてきますが、不幸自慢を簡単にしょっちゅう話してしまう人ほど本当はそれほど不幸ではなかったりします。

中には他人から見れば別に不幸な話でもなく、むしろ幸せな選択肢をして悩んでそれを不幸だと考えてる場合もあるんです。

ですからそれはさり気なく幸せ自慢を実はしてるだけであって本当のところは不幸自慢ではなかったりするんです。

単なる構ってちゃん

不幸話をすればきっと皆は構ってくれる、周囲からは自分が不幸話をすれば可哀相だから元気つけてあげたとか、いつも明るく接してあげたいと思われたいという気持ちの表れでもありますが、もしそうなったらそれを仲良くなったと勘違いして受け取ってしまうようです。

不幸自慢をする人の特徴には寂しがり屋ということが考えられ人ともっとコミュニケーションを取りたいからこそ不幸話をするようです.

目立つことが好きなだけ

目立つ方法ならいくらでもありますが、不幸自慢をすることで目立つことを選んだ方もいらっしゃいます。

このような人は不幸自慢をすることにより注目を浴びたいだけであって本当のところ不幸話など真実なのかすら分かりません。

不幸話は人の同情を惹きつける丁度よい方法だと本気で考えていますので、どんな些細なこと、大昔のことでも脚色しては自分に注目を浴びせるために不幸自慢をするようです。

寂しさのあまり不幸自慢をする

不幸自慢をする人の特徴には寂しさのあまりそっちに走ってしまう傾向があるようです。

寂しい生活を送ると楽しいこと笑って過ごすということから離れてしまうことが多くなります。

そんなとき自分はどうしてというマイナス思考に陥ることも多々あるようですが、そうなると誰かと会話をしててもすぐに不幸自慢を始めてしまうようになります。

気持ちの根底には自分の寂しさを同情して欲しいということがあるようです。

不幸をアピールしてできる人と思われたい

不幸自慢を永遠に繰り返す人は自分のこれまでのことを事細かく説明しながら、そのとき何があったのか、そしてどうやって乗り越えてきたのかなどを話し始めます。

どれだけ辛くても負けそうになっても自分は乗り越えてきたと不幸自慢をするわけですが、実はそこには自分はどれほど凄い人間なのかということをアピールしてるわけです。

特に弱ってる人には元気をつけるために不幸自慢を話すようです。

大げさなだけ

実はそれほど大して不幸でもないようなことを上手に不幸自慢話にしてしまう場合もあるようです。

まるで何かの演出が入ってるかのような場合は大げさだと考えてもいいくらいですが、そうした話を聞かされる側としてはあまり喜ばしいことではありません。

ただ本人にとっては思ってることを話すことができるわけですので不幸自慢を続けることはストレス発散にもなってるようです。

不幸自慢をされる人は色々な特徴を持ってるわけですが、実は根っからの不幸自慢好きという人はいらっしゃります。

そうした方は聞き手としては会話を避けたくなるようなことばかり話してくるわけですから、むしろ近くにいるだけで運気が下がってしまうのではないかと思うくらいです。

常に不幸自慢をしてるので本当は楽しい会話をしたいけれどやり方すら忘れてしまって話しやすい不幸自慢に戻ってしまうのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-