【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134907.html
理不尽な事を言われた時の対処法10選

理不尽な事を言われた時の対処法10選 | LADYCO

LADYCO
理不尽な事を言われた時の対処法10選

理不尽なことを言われるとイラっとくるものですが、そのような状況にどのようにして対処できるのかを述べたいと思います。

  • 聞き流す
  • 笑って受け入れる
  • 正す
  • 同盟を組む
  • その場を去る
  • 第三者に相談
  • みんなに前もって告げる
  • 証拠を示す
  • 無視する
  • 事の重大さを知らせる

1. 聞き流す

聞き流す

理不尽なことを言う人はその場の状況やことの真相を理解していません。

また場合によっては自分の思い込みで話をしていることもあります。

そのため自分では間違ったことを言っているという状況を理解していないのです。

この状況をみんなの前で正すとこの人が恥ずかしい思いをすることになりますし、場合によってはことが大きくなってしまうこともあるのです。

そのため聞き流せることはサラッと聞き流すのが一番です。

2. 笑って受け入れる

笑って受け入れる

理不尽なことを言う人のほとんどは不満や文句を述べてきます。

そのため気持ちが高ぶっていることが多く、それを鎮めることが困難な状況も存在します。

このような人に対して理不尽な発言を否定したり訂正したりすると、気性がますます荒くなってしまうことがあるのです。

このような状況に陥ると大声を発したり怒り狂うなどの態度に発展することがあるために、理不尽な発言が小さなことである場合は笑って「そうですか」とか「そうなんですね」と述べて軽く行程的な態度を示してあげることができます。

3. 正す

正す

理不尽なことを言う人の中には思い込みが激しいだけで、悪気のない人もいます。

そのような人は自分の間違えを正されても根に持ちません。

それどころか感謝の気持ちを示すこともあるのです。

このタイプの人に対しては理不尽な発言を正してあげることができます。

もちろんみんなの前で発言を真っ向から否定するなら気を悪くしてしまうこともあります。

そのためユーモアを交えたり優しい態度で理不尽な発言を正してあげることができます。

4. 同盟を組む

同盟を組む

これまで考えてきたように、理不尽な発言をする人の多くは自分が正しいと思い込んでいます。

そのためそのような人が訂正を受け入れることは容易ではありません。

しかし理不尽なことを言われると気分を害される人がいるのも確かです。

このような状況を考慮し、被害者同士で同盟を組むことができます。

理不尽な発言がなされた場合、同盟を組んだ人に目配りして「また始まった」ということを周りの人に知らせるようにするのです。

このような合図を送ればそれを見ていた人が理不尽な発言がなされている状況を知ることができます。

また目配りの意味を知らない人は、後になって「何かあったの?」といったように状況を尋ねてくるはずです。

このときに理不尽な発言をする人について説明することができ、その人の言うことが何の根拠もなく語られることがある点を告げることができます。

5. その場を去る

その場を去る

理不尽な発言がなされていることを本人に直接告げることが難しければ、このような発言がなされたと同時にその場を去ることもできます。

その発言によって気分を害されるよりも、その場を去るほうがストレスが軽減されるからです。

6. 第三者に相談

第三者に相談

理不尽な発言をする人の中には、誰かの評判を落とすために意図的にこのような態度を取る人がいます。

こうした状況に直面した場合、信頼できる友人に相談することができます。

そして理不尽な発言がなされたときに味方になってもらい、ときには一緒に反撃してもらううこともできます。

しかし巧妙な仕方で嫌がらせをしてくる人もいるので、注意深く行動する必要があります。

7. みんなに前もって告げる

みんなに前もって告げる

理不尽な発言をする人が他の人の評判を悪くすることは往々にして生じます。

このような状況を回避するためには、前もってこのような人の性格をみんなに告げておくことができます。

このようにしておけば「何かおかしい」と感じるような発言がこの人の思い込みによってなされており、根拠がないことを理解できます。

8. 証拠を示す

証拠を示す

理不尽な発言によって「あなたがこれを行うべきだ」と指摘された場合、本来ならば行わなくていい仕事を任されることになります。

このような状況は非常に厄介です。

この理不尽な発言を正すために、その人の考えが間違いである証拠を示すこともできます。

たとえば集合住宅の公共スペースが汚れており、「あなたが掃除の当番なので、きれいにしてください」と言われたとします。

しかし実際には掃除当番は他の人であるような状況では、掃除当番の予定表を提示することができます。

9. 無視する

無視する

理不尽な発言は場合によってはメールや手紙などを通してなされることがあります。

返信を求めるような発言の場合、無視することもできます。

理不尽な発言は関係のない人を巻き込むものであるために、非常に厄介です。

しかし関係ないものである場合、無視するとしても何も問題はないのです。

10. 事の重大さを知らせる

理不尽な発言によって自分や他の人が迷惑を被っていることを知らせることもできます。

しかしこのような行動は何人かの人が一人の理不尽な発言に悩まされたり、この発言によって大きな問題が生じたときに行うべきです。

とりわけ悪意があるわけではなく、思い込みによって理不尽な発言をしてしまった人はこの点をはっきりと指摘されると気落ちしてしまうことがあります。

そのため注意して行動に踏み切るべきです。

理不尽なことを言われるとイラっとくるものですが、そのような状況にどのようにして対処できるのかを述べたいと思います。


聞き流す

理不尽なことを言う人はその場の状況やことの真相を理解していません。

また場合によっては自分の思い込みで話をしていることもあります。

そのため自分では間違ったことを言っているという状況を理解していないのです。

この状況をみんなの前で正すとこの人が恥ずかしい思いをすることになりますし、場合によってはことが大きくなってしまうこともあるのです。

そのため聞き流せることはサラッと聞き流すのが一番です。

笑って受け入れる

理不尽なことを言う人のほとんどは不満や文句を述べてきます。

そのため気持ちが高ぶっていることが多く、それを鎮めることが困難な状況も存在します。

このような人に対して理不尽な発言を否定したり訂正したりすると、気性がますます荒くなってしまうことがあるのです。

このような状況に陥ると大声を発したり怒り狂うなどの態度に発展することがあるために、理不尽な発言が小さなことである場合は笑って「そうですか」とか「そうなんですね」と述べて軽く行程的な態度を示してあげることができます。

正す

理不尽なことを言う人の中には思い込みが激しいだけで、悪気のない人もいます。

そのような人は自分の間違えを正されても根に持ちません。

それどころか感謝の気持ちを示すこともあるのです。

このタイプの人に対しては理不尽な発言を正してあげることができます。

もちろんみんなの前で発言を真っ向から否定するなら気を悪くしてしまうこともあります。

そのためユーモアを交えたり優しい態度で理不尽な発言を正してあげることができます。

同盟を組む

これまで考えてきたように、理不尽な発言をする人の多くは自分が正しいと思い込んでいます。

そのためそのような人が訂正を受け入れることは容易ではありません。

しかし理不尽なことを言われると気分を害される人がいるのも確かです。

このような状況を考慮し、被害者同士で同盟を組むことができます。

理不尽な発言がなされた場合、同盟を組んだ人に目配りして「また始まった」ということを周りの人に知らせるようにするのです。

このような合図を送ればそれを見ていた人が理不尽な発言がなされている状況を知ることができます。

また目配りの意味を知らない人は、後になって「何かあったの?」といったように状況を尋ねてくるはずです。

このときに理不尽な発言をする人について説明することができ、その人の言うことが何の根拠もなく語られることがある点を告げることができます。

その場を去る

理不尽な発言がなされていることを本人に直接告げることが難しければ、このような発言がなされたと同時にその場を去ることもできます。

その発言によって気分を害されるよりも、その場を去るほうがストレスが軽減されるからです。

第三者に相談

理不尽な発言をする人の中には、誰かの評判を落とすために意図的にこのような態度を取る人がいます。

こうした状況に直面した場合、信頼できる友人に相談することができます。

そして理不尽な発言がなされたときに味方になってもらい、ときには一緒に反撃してもらううこともできます。

しかし巧妙な仕方で嫌がらせをしてくる人もいるので、注意深く行動する必要があります。

みんなに前もって告げる

理不尽な発言をする人が他の人の評判を悪くすることは往々にして生じます。

このような状況を回避するためには、前もってこのような人の性格をみんなに告げておくことができます。

このようにしておけば「何かおかしい」と感じるような発言がこの人の思い込みによってなされており、根拠がないことを理解できます。

証拠を示す

理不尽な発言によって「あなたがこれを行うべきだ」と指摘された場合、本来ならば行わなくていい仕事を任されることになります。

このような状況は非常に厄介です。

この理不尽な発言を正すために、その人の考えが間違いである証拠を示すこともできます。

たとえば集合住宅の公共スペースが汚れており、「あなたが掃除の当番なので、きれいにしてください」と言われたとします。

しかし実際には掃除当番は他の人であるような状況では、掃除当番の予定表を提示することができます。

無視する

理不尽な発言は場合によってはメールや手紙などを通してなされることがあります。

返信を求めるような発言の場合、無視することもできます。

理不尽な発言は関係のない人を巻き込むものであるために、非常に厄介です。

しかし関係ないものである場合、無視するとしても何も問題はないのです。

理不尽な発言によって自分や他の人が迷惑を被っていることを知らせることもできます。

しかしこのような行動は何人かの人が一人の理不尽な発言に悩まされたり、この発言によって大きな問題が生じたときに行うべきです。

とりわけ悪意があるわけではなく、思い込みによって理不尽な発言をしてしまった人はこの点をはっきりと指摘されると気落ちしてしまうことがあります。

そのため注意して行動に踏み切るべきです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-