【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134904.html
おバカな人たちの特徴

おバカな人たちの特徴 | LADYCO

LADYCO
おバカな人たちの特徴

どこにでもいるおバカな人たちの特徴を10選まとめました。

  • 自分の「パターン」にあてはめようとする
  • 知識が乏しい
  • 知識が乏しいことをわかっていない
  • 物事を俯瞰できない
  • 自分を批判的にみられない
  • 他人の意見を聞き入れない
  • バランスがとれない
  • 融通が利かない
  • バカであることを美化する
  • 安易にレッテル貼りをする

1. 自分の「パターン」にあてはめようとする

自分の「パターン」にあてはめようとする

他人を指さして「バカな人」とレッテルを貼ることは少しはばかられますが、やはり何らかのエピソードを見聞きして「○○さんってバカだなあ」と思ってしまうことはよくあります。

バカな人の特徴として挙げられるのが自分のパターンにあてはめようとすることです。

参考例

例えばある遊園地に行ってアトラクションに乗るため2時間並ばないといけなかった経験(パターン)があったとして、何か月か後に別の遊園地に行ってアトラクションに乗るために2時間の余裕をみたが、実際は10分並ぶだけでアトラクションに乗れたという例です。

バカな人は過去の1度の経験から「アトラクションに乗る=長時間並ばないといけないんだ」とパターンを作ってしまい、それを簡単にあてはめてしまうのです。

実際には訪れた曜日、時間帯、シーズン、アトラクションの人気度、立地などを考慮しないと待ち時間はわからないものです。

それがわからないのがバカな人です。

2. 知識が乏しい

知識が乏しい

これは当たり前ですが、バカな人は知識が乏しいです。

小学校レベルの地理の知識(都道府県、市町村の位置、鉄道について)中学校レベルの歴史の知識(戦後のおおまかな流れ)、高校レベルの政治経済の知識(日本に大統領がいないことなど)もなかったりします。

また学校で習う知識に限らず、新幹線の切符の買い方や買い物をして宅配してもらう手続き、インターネットでグルメサイトに登録する方法、コンサートのチケットを買う方法なども知らなかったりします。

また知らず識らずのうちに知識不足によって損をしているのでしょうがそれを意に介さないようなので、そういう意味では日常生活に支障は出ていないともいえます。

3. 知識が乏しいことをわかっていない

知識が乏しいことをわかっていない

これは2.を前提にしたことですが、バカな人は自分の知識が乏しいとは思っていません。

みんな自分と同じくらいの知識しか持っていない、知識が豊富なのは頭でっかちながり勉の人だけだろうと思っているのです。

そのため他人と会話していて、自分の知らないことをそれとなく他人に指摘される場面が出てきたら「マニアックな知識を持っているんだなあ」「やけにこの分野に詳しいな、オタクなのかな」くらいにしか思わず、決して自分の知識が不足しているとは思わないのです。

同時に自分に新しいことを教えてくれる人にそうした「物好き」「オタク」というレッテルを貼ってしまうので主体的にその人から学び取ろうという姿勢になりません。

そのためせっかくの知識アップのチャンスを逃してしまうのです。

4. 物事を俯瞰できない

物事を俯瞰できない

バカな人は物事を俯瞰することができません。

どちらかというと細部にこだわってしまいます。

例えばアルバイトで牛丼チェーンのキッチンを担当している人がいるとして、客の注文が重なり3人分をスピーディーに仕上げないといけないにもかかわらずマニュアルに「盛り付けはキレイに行うこと」と書かれているからといって、牛丼の見た目の盛り付けにこだわりすぎ、客にはやくしろと怒られます。

またチームで作業をしていても、バカな人は他のメンバーに目を配ったりせず自分の作業に没頭してしまい連携はとれません。

5. 自分を批判的にみられない

自分を批判的にみられない

バカな人は自分を批判的にみられないので、何か教訓を得られる場面があっても「相手が悪い」とバッサリ切り捨てて教訓を得られません。

例えば旅先で何かトラブルがあって添乗員と口論になってしまったとして、普通の人は「たしかに添乗員の態度は悪かったけどまず自分が○○したのが悪かったしトラブルのきっかけを自分が作ってしまった」などと自分を批判的に内省し次に活かします。

しかしバカな人はそれができないのです。

6. 他人の意見を聞き入れない

他人の意見を聞き入れない

バカな人はバカだからこそ自分の間違いを正視しません。

そのため他人の意見を聞き入れません。

相手が正確に自分の間違いを指摘しても、「ごちゃごちゃよくわからないことをいっている」「屁理屈で反論してくる」などと捉えてしまい、聞き入れることがないのです。

自分の理解できる範囲を超えた反論は「屁理屈」で一蹴するのです。

7. バランスがとれない

バランスがとれない

バカな人は全体をみつつ細かい事柄をみられないのでアンバランスなことになります。

例えば学校で数学のテストがあって勉強しないといけない場合、テスト範囲のp1〜p50のうち、p1〜p20までをみっちりやり100点満点で30点くらいをとってしまうのです。

バランスをとって限られた時間で勉強する人であればp1〜p20までを50%くらいの密度でやり、p21〜p40も同じく50%くらいの密度でやれば基本的な問題をだいたいおさえることができ60〜70点くらい獲得できるのです。

バカな人は全体をみられないのでアンバランスな勉強(努力)をしてしまい同じ労力を使ってわずかな結果しか得られないのです。

8. 融通が利かない

融通が利かない

バカな人は融通が利かないので臨機応変に対応できません。

場所や相手、情況に応じて、TPOに沿った対応をできないのです。

そのため自分も息苦しいですし、周りにも息苦しい思いをさせてしまいます。

例えば仕事で上司に報告をする際は○○時から○○時の間にすると指示されていたとします。

そうした指示があっても、時間外に上司を見かけたら手短に報告すればよいですし上司としても速く報告してもらいたいはずです。

しかしバカな人は律儀にその指定された時間に報告してしまい息苦しくなるのです。

9. バカであることを美化する

バカであることを美化する

バカな人は「バカだけどガッツはある」「バカだけど根性は負けない」などとバカであることを美化してしまいます。

しかし本来バカなこととガッツがあることは両立しないわけではありません。

賢い人=ガッツがないという図式は成り立たないのです。

しかし感覚的に成り立つと思ってしまい、自分を美化するのがバカな人です。

10. 安易にレッテル貼りをする

バカな人は安易にレッテルを貼ってしまいます。

とりわけ自分に批判的な人にレッテルを貼りがちです。

例えば「頭でっかち」「○○派(○○には自分と敵対する人物がはいります)」「理屈屋」「現場を知らない人たち」などのレッテルを貼ります。

そうした偏見をすてて柔軟に判断すべきなのに、バカな人にはそれがわかりません。

どこにでもいるおバカな人たちの特徴を10選まとめました。


自分の「パターン」にあてはめようとする

他人を指さして「バカな人」とレッテルを貼ることは少しはばかられますが、やはり何らかのエピソードを見聞きして「○○さんってバカだなあ」と思ってしまうことはよくあります。

バカな人の特徴として挙げられるのが自分のパターンにあてはめようとすることです。

参考例

例えばある遊園地に行ってアトラクションに乗るため2時間並ばないといけなかった経験(パターン)があったとして、何か月か後に別の遊園地に行ってアトラクションに乗るために2時間の余裕をみたが、実際は10分並ぶだけでアトラクションに乗れたという例です。

バカな人は過去の1度の経験から「アトラクションに乗る=長時間並ばないといけないんだ」とパターンを作ってしまい、それを簡単にあてはめてしまうのです。

実際には訪れた曜日、時間帯、シーズン、アトラクションの人気度、立地などを考慮しないと待ち時間はわからないものです。

それがわからないのがバカな人です。

知識が乏しい

これは当たり前ですが、バカな人は知識が乏しいです。

小学校レベルの地理の知識(都道府県、市町村の位置、鉄道について)中学校レベルの歴史の知識(戦後のおおまかな流れ)、高校レベルの政治経済の知識(日本に大統領がいないことなど)もなかったりします。

また学校で習う知識に限らず、新幹線の切符の買い方や買い物をして宅配してもらう手続き、インターネットでグルメサイトに登録する方法、コンサートのチケットを買う方法なども知らなかったりします。

また知らず識らずのうちに知識不足によって損をしているのでしょうがそれを意に介さないようなので、そういう意味では日常生活に支障は出ていないともいえます。

知識が乏しいことをわかっていない

これは2.を前提にしたことですが、バカな人は自分の知識が乏しいとは思っていません。

みんな自分と同じくらいの知識しか持っていない、知識が豊富なのは頭でっかちながり勉の人だけだろうと思っているのです。

そのため他人と会話していて、自分の知らないことをそれとなく他人に指摘される場面が出てきたら「マニアックな知識を持っているんだなあ」「やけにこの分野に詳しいな、オタクなのかな」くらいにしか思わず、決して自分の知識が不足しているとは思わないのです。

同時に自分に新しいことを教えてくれる人にそうした「物好き」「オタク」というレッテルを貼ってしまうので主体的にその人から学び取ろうという姿勢になりません。

そのためせっかくの知識アップのチャンスを逃してしまうのです。

物事を俯瞰できない

バカな人は物事を俯瞰することができません。

どちらかというと細部にこだわってしまいます。

例えばアルバイトで牛丼チェーンのキッチンを担当している人がいるとして、客の注文が重なり3人分をスピーディーに仕上げないといけないにもかかわらずマニュアルに「盛り付けはキレイに行うこと」と書かれているからといって、牛丼の見た目の盛り付けにこだわりすぎ、客にはやくしろと怒られます。

またチームで作業をしていても、バカな人は他のメンバーに目を配ったりせず自分の作業に没頭してしまい連携はとれません。

自分を批判的にみられない

バカな人は自分を批判的にみられないので、何か教訓を得られる場面があっても「相手が悪い」とバッサリ切り捨てて教訓を得られません。

例えば旅先で何かトラブルがあって添乗員と口論になってしまったとして、普通の人は「たしかに添乗員の態度は悪かったけどまず自分が○○したのが悪かったしトラブルのきっかけを自分が作ってしまった」などと自分を批判的に内省し次に活かします。

しかしバカな人はそれができないのです。

他人の意見を聞き入れない

バカな人はバカだからこそ自分の間違いを正視しません。

そのため他人の意見を聞き入れません。

相手が正確に自分の間違いを指摘しても、「ごちゃごちゃよくわからないことをいっている」「屁理屈で反論してくる」などと捉えてしまい、聞き入れることがないのです。

自分の理解できる範囲を超えた反論は「屁理屈」で一蹴するのです。

バランスがとれない

バカな人は全体をみつつ細かい事柄をみられないのでアンバランスなことになります。

例えば学校で数学のテストがあって勉強しないといけない場合、テスト範囲のp1〜p50のうち、p1〜p20までをみっちりやり100点満点で30点くらいをとってしまうのです。

バランスをとって限られた時間で勉強する人であればp1〜p20までを50%くらいの密度でやり、p21〜p40も同じく50%くらいの密度でやれば基本的な問題をだいたいおさえることができ60〜70点くらい獲得できるのです。

バカな人は全体をみられないのでアンバランスな勉強(努力)をしてしまい同じ労力を使ってわずかな結果しか得られないのです。

融通が利かない

バカな人は融通が利かないので臨機応変に対応できません。

場所や相手、情況に応じて、TPOに沿った対応をできないのです。

そのため自分も息苦しいですし、周りにも息苦しい思いをさせてしまいます。

例えば仕事で上司に報告をする際は○○時から○○時の間にすると指示されていたとします。

そうした指示があっても、時間外に上司を見かけたら手短に報告すればよいですし上司としても速く報告してもらいたいはずです。

しかしバカな人は律儀にその指定された時間に報告してしまい息苦しくなるのです。

バカであることを美化する

バカな人は「バカだけどガッツはある」「バカだけど根性は負けない」などとバカであることを美化してしまいます。

しかし本来バカなこととガッツがあることは両立しないわけではありません。

賢い人=ガッツがないという図式は成り立たないのです。

しかし感覚的に成り立つと思ってしまい、自分を美化するのがバカな人です。

バカな人は安易にレッテルを貼ってしまいます。

とりわけ自分に批判的な人にレッテルを貼りがちです。

例えば「頭でっかち」「○○派(○○には自分と敵対する人物がはいります)」「理屈屋」「現場を知らない人たち」などのレッテルを貼ります。

そうした偏見をすてて柔軟に判断すべきなのに、バカな人にはそれがわかりません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-