【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134849.html
意外と多いプッツン体質の短気な男性の特徴10選

意外と多いプッツン体質の短気な男性の特徴10選 | LADYCO

LADYCO
意外と多いプッツン体質の短気な男性の特徴10選

意外と多いプッツン体質の短気な男性の特徴を10選まとめました。

  • 自分の思い通りにならないと気が済まない
  • 自分が支配しているような気持ちでいる
  • 人の気持ちなんかどうでもいい
  • 感情の落差が激しい
  • 言わないと気が済まない
  • はっきり伝えて反省させたい
  • 自分の感情以外見えなくなる
  • どこに怒るポイントがあるかわからない
  • 自分が短気であることに気づいていない
  • 悪いことだと思っていない

1. 自分の思い通りにならないと気が済まない

自分の思い通りにならないと気が済まない

短気な男性の特徴で、自分の思い通りにならないと気が済まない特徴があります。 物事には流れがあり、それぞれの人のペースによって物事が順調よく進んでいくのですが、少しでも自分の思い通りにならずに狂ってしまったり、ミスが連発してしまうと怒りを抑えることができなくなってしまうのです。 周りと協力する気持ちなどなく、思い通りに物事が進む以外興味がなくなります。

2. 自分が支配しているような気持ちでいる

自分が支配しているような気持ちでいる

短気な男性の特徴で、自分が支配しているような気持ちでいるからこそ、ちょっとしたことでもすぐに感情が爆発したくなるのです。 自分よりも下の立場にいる人に威厳を示すことによって、心を満たしている可能性も高く、難癖をつけるようにキレてくる人も中にはいます。

3. 人の気持ちなんかどうでもいい

人の気持ちなんかどうでもいい

短気な男性の特徴としては、基本的に人の気持ちなんかどうでもいいと思っています。 自分が起こってその人がどうなろうが、自分には関係のないことであり、相手がどんな風に考えたり思ったりしようと、とにかく自分の思うように行動してもらえればそれでいいと思っているため、後先を考えずに激しく怒り散らすのです。 怒った相手に大変なことが起きたとしても自分のせいだとは思いません。

4. 感情の落差が激しい

感情の落差が激しい

短気の男性の特徴で、感情の落差が激しいことも挙げられます。 優しくて気前のいい時もあれば、ちょっとのことでもガミガミ怒るような短気を見せる時もあるなど、短気の男性は感情の落差が激しく、周りもコントロールすることが難しくなります。 感情の落差が激しいため、周りの人もどこでいきなり怒りだすか分からないため、ビクビクしてしまいます。

5. 言わないと気が済まない

言わないと気が済まない

短気な男性の特徴で、はっきり言わないと気がすまないことが特徴として挙げられます。 見過ごすことができるけど、見過ごして良いことなんて1つもないと考えているため、注意しないなら自分が代わりに注意すると言う意識があり、注意しない人に対してもなぜ注意しないんだと怒鳴り散らします。

はっきり言わないと気が済まない性格の人は、ちょっとしたことでもすぐに怒鳴ってくるため、短気な性格と周りに思われてしまうのです。 また本人は自分は良いことをしていると思っています。

6. はっきり伝えて反省させたい

はっきり伝えて反省させたい

短気な男性の特徴で、はっきりと伝えることで相手に対して反省させたいといった気持ちがあります。 オブラートに包んでやさしく伝えることができるものの、それでも絶対に反省しないと思っていることから、どんな小さなことであってもはっきりと叱り付けることで、相手がこれ以上失敗しないようにプレッシャーをかけようとします。 このようなやり方をする上司がいると、仕事の大変やりづらくなってしまうため、側を離れてく人が多くなります。

7. 自分の感情以外見えなくなる

自分の感情以外見えなくなる

短気の男性の特徴で意外に多いのが、自分の感情以外見えなくなることです。 時々叱りつけている言葉の一つ一つを聞いてみると、そこまで言わなくても良いのではないかと思うくらい叱りつけている人が時々います。

感情的になって他人を叱りつけているため、他人の感情など気にせず怒鳴り散らします。 そんなふうになってしまうと誰もコントロールができなくなってしまうので、見ている人はかわいそうに思ってしまうものです。

8. どこに怒るポイントがあるかわからない

どこに怒るポイントがあるかわからない

短気な男性の特徴で、どこに怒るポイントがあるかわからない人もいます。 特に更年期を迎えた男性に多く、普通そんなことでは起こらないはずなのに、なぜか小さい事でいちいち文句を言ってくるような人がいたら、短気の可能性が高いです。

更年期で短気を起こしている場合は、手のつけようがなくなってしまうため、受け流せる広い心を持っておくことが大切です。 また相手の機嫌を伺いながら言葉を選んで会話をすることで、突然怒りだすことを防ぐことができるでしょう。

9. 自分が短気であることに気づいていない

自分が短気であることに気づいていない

短気な男性の特徴で、自分が短気であることに気づいていないことが多いです。 当たり前のことを注意しただけであり、なんでそんなことで泣いたり言い返してくるのだろうと、周りの反応を見たところで全く理解ができません。 自分が短気であることに気づいていないので、自分が原因で関係性が悪化してしまったとしても、それは仕方がないことなのだと関与がないみたいな言い方をします。

10. 悪いことだと思っていない

短気の男性の特徴で、自分が短気を起こすことに関しては悪いことだと思っていないことが特徴として挙げられます。 悪いことだと思っていないので、言い過ぎたといった感情も出てきません。 相手がわかるまで何度でも叱りつけようという考えを持っていることから、周りから避けられてしまったり、短気だから怒らせないほうがいいなどといった噂があっという間に広がります。

本人はその噂を耳にすると余計にヒートアップして、人を呼び付けては叱りたくなります。 プッツン体質は手のつけようがありません。 特徴を掴むことで理解を深めることが大切です。

意外と多いプッツン体質の短気な男性の特徴を10選まとめました。


自分の思い通りにならないと気が済まない

短気な男性の特徴で、自分の思い通りにならないと気が済まない特徴があります。 物事には流れがあり、それぞれの人のペースによって物事が順調よく進んでいくのですが、少しでも自分の思い通りにならずに狂ってしまったり、ミスが連発してしまうと怒りを抑えることができなくなってしまうのです。 周りと協力する気持ちなどなく、思い通りに物事が進む以外興味がなくなります。

自分が支配しているような気持ちでいる

短気な男性の特徴で、自分が支配しているような気持ちでいるからこそ、ちょっとしたことでもすぐに感情が爆発したくなるのです。 自分よりも下の立場にいる人に威厳を示すことによって、心を満たしている可能性も高く、難癖をつけるようにキレてくる人も中にはいます。

人の気持ちなんかどうでもいい

短気な男性の特徴としては、基本的に人の気持ちなんかどうでもいいと思っています。 自分が起こってその人がどうなろうが、自分には関係のないことであり、相手がどんな風に考えたり思ったりしようと、とにかく自分の思うように行動してもらえればそれでいいと思っているため、後先を考えずに激しく怒り散らすのです。 怒った相手に大変なことが起きたとしても自分のせいだとは思いません。

感情の落差が激しい

短気の男性の特徴で、感情の落差が激しいことも挙げられます。 優しくて気前のいい時もあれば、ちょっとのことでもガミガミ怒るような短気を見せる時もあるなど、短気の男性は感情の落差が激しく、周りもコントロールすることが難しくなります。 感情の落差が激しいため、周りの人もどこでいきなり怒りだすか分からないため、ビクビクしてしまいます。

言わないと気が済まない

短気な男性の特徴で、はっきり言わないと気がすまないことが特徴として挙げられます。 見過ごすことができるけど、見過ごして良いことなんて1つもないと考えているため、注意しないなら自分が代わりに注意すると言う意識があり、注意しない人に対してもなぜ注意しないんだと怒鳴り散らします。

はっきり言わないと気が済まない性格の人は、ちょっとしたことでもすぐに怒鳴ってくるため、短気な性格と周りに思われてしまうのです。 また本人は自分は良いことをしていると思っています。

はっきり伝えて反省させたい

短気な男性の特徴で、はっきりと伝えることで相手に対して反省させたいといった気持ちがあります。 オブラートに包んでやさしく伝えることができるものの、それでも絶対に反省しないと思っていることから、どんな小さなことであってもはっきりと叱り付けることで、相手がこれ以上失敗しないようにプレッシャーをかけようとします。 このようなやり方をする上司がいると、仕事の大変やりづらくなってしまうため、側を離れてく人が多くなります。

自分の感情以外見えなくなる

短気の男性の特徴で意外に多いのが、自分の感情以外見えなくなることです。 時々叱りつけている言葉の一つ一つを聞いてみると、そこまで言わなくても良いのではないかと思うくらい叱りつけている人が時々います。

感情的になって他人を叱りつけているため、他人の感情など気にせず怒鳴り散らします。 そんなふうになってしまうと誰もコントロールができなくなってしまうので、見ている人はかわいそうに思ってしまうものです。

どこに怒るポイントがあるかわからない

短気な男性の特徴で、どこに怒るポイントがあるかわからない人もいます。 特に更年期を迎えた男性に多く、普通そんなことでは起こらないはずなのに、なぜか小さい事でいちいち文句を言ってくるような人がいたら、短気の可能性が高いです。

更年期で短気を起こしている場合は、手のつけようがなくなってしまうため、受け流せる広い心を持っておくことが大切です。 また相手の機嫌を伺いながら言葉を選んで会話をすることで、突然怒りだすことを防ぐことができるでしょう。

自分が短気であることに気づいていない

短気な男性の特徴で、自分が短気であることに気づいていないことが多いです。 当たり前のことを注意しただけであり、なんでそんなことで泣いたり言い返してくるのだろうと、周りの反応を見たところで全く理解ができません。 自分が短気であることに気づいていないので、自分が原因で関係性が悪化してしまったとしても、それは仕方がないことなのだと関与がないみたいな言い方をします。

短気の男性の特徴で、自分が短気を起こすことに関しては悪いことだと思っていないことが特徴として挙げられます。 悪いことだと思っていないので、言い過ぎたといった感情も出てきません。 相手がわかるまで何度でも叱りつけようという考えを持っていることから、周りから避けられてしまったり、短気だから怒らせないほうがいいなどといった噂があっという間に広がります。

本人はその噂を耳にすると余計にヒートアップして、人を呼び付けては叱りたくなります。 プッツン体質は手のつけようがありません。 特徴を掴むことで理解を深めることが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-