【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134834.html
毒親の特徴

毒親の特徴 | LADYCO

LADYCO
毒親の特徴

意外と当てはまっている人が多い毒親に共通する特徴をまとめてみました。

  • 自分の意見が正しいと思っている
  • 生き方を間違えてほしくない
  • 誰のおかげかわからせたい
  • 寂しがりやで心の隙間を埋められない
  • 生活の全てを支配したくなる
  • 子供ではなくなることが許せない
  • 仲の良いふりをすること
  • 行き過ぎた自由を奪う過保護
  • 義務教育など関係ない
  • 子供の意思など尊重しない

1. 自分の意見が正しいと思っている

自分の意見が正しいと思っている

毒親に共通しがちな特徴で、毒親は子供に対して自分の意見が1番正しいと思っていることを押し付けようとします。

子供が自分で意見を言った時に、親とは違った意見を持っているだけで容認しません。

子供がどう説得しようと絶対に意見を認めない親はまさに毒親の特徴です。

2. 生き方を間違えてほしくない

生き方を間違えてほしくない

毒親に共通しがちな特徴で、生き方を間違えて欲しくないといった気持ちがあることから、境界線の弾き方を間違えてしまいます。

付き合う友達や恋人は親の好みで決めさせたり、相手の育った環境などを見て判断するなど、子供が仲良くなりたい、付き合いたいなどといった気持ちは無視して、安全なコースを歩けるようにレールを敷こうとします。

3. 誰のおかげかわからせたい

誰のおかげかわからせたい

毒親に共通しがちな特徴で、これまで無事に生きてこられたのは誰のおかげか分からせたいと思っている特徴があります。

ことあるごとに、ここまで育ててきたのは誰?と聞いたり、誰のおかげでできるようになったの?などと親の存在がどれだけ偉大であるかをアピールしようとします。

そうすることにより、子供が親に対して口答えできない環境を作ってしまうのです。

4. 寂しがりやで心の隙間を埋められない

寂しがりやで心の隙間を埋められない

毒親に共通しがちな特徴で、寂しがりやで心の隙間を埋める方法が子供でしか見つからないといった気持ちがあります。

心の隙間を埋められないために、子供が出かけようとするだけで、親をおいて出かけるの?と子供を引き止めたり、子供がどこにいようがどんな状況であろうが、今何しているのかを随時連絡するように仕向けたりと、子供にとって息の詰まるようなことを平気でしてくるのが毒親の特徴です。

毒親はすべて子供のための愛情だと思っているため、毒親がするような行動だとは思っていません。

5. 生活の全てを支配したくなる

生活の全てを支配したくなる

毒親に共通しがちな特徴で、子供の生活の全てを支配したくなることが特徴として挙げられます。

毒親の思うままに子供をコントロールすることによって、口答えできない環境を築いたり、自分の都合のいいように子供を動かそうとします。

文句を言わせないようにすることで、子供を支配しやすくなり終わらない毒親による支配が続くのです。

帰りが遅いだけで過剰に心配したり、異常なまでに干渉をするなど子供の生活丸ごと自分のものにしたくなるのです。

6. 子供ではなくなることが許せない

子供ではなくなることが許せない

毒親に共通しがちな特徴で、自分の子供が子供でなくなることが許せないことが特徴で挙げられます。

例えば女の子は歳ごろになるとブラジャーが欲しくなりますが、ブラジャーや生理用品を買ってもらえないなど、子供が女性になることが許せずに必要なものを買い与えてもらえないのも毒親ならではの行動です。

恋人を連れてきただけでヒステリックを起こすことも毒親に見られる特徴です。

7. 仲の良いふりをすること

仲の良いふりをすること

毒親に共通しがちな特徴で、仲の良いふりをすることも毒親に見られることです。

友達に相談したり、お揃いのものを購入したりと秘密事がないように共有したことがある人も多いでしょう。

しかしこの場合は友人ではなく、毒親自身が友人のような考え方で子供に対して接することで、どんなことにも干渉して、秘密事がないように接してきます。

少しでも秘密事を作ってしまうと、ヒステリック起こしてしまったりと、仲の良い友達のようなふりをしなければならないため、子供は精神的に疲れてしまいます。

8. 行き過ぎた自由を奪う過保護

行き過ぎた自由を奪う過保護

毒親に共通しがちな特徴で、行き過ぎた自由を奪う過保護もその特徴に挙げられます。

何かを頼んだ場合、それは何のために使うのかをいちいち報告しなければならなかったり、どこかに出かけるときにはどこに行く予定で、何時ごろに帰ってくるのかどうかを伝えなければならなかったり、言わなくてもいいような情報まで伝えなければならない事は、毒親に当てはまる特徴です。

必要最低限の情報だけでは気がすまないタイプなので、秘密にしたいときには嘘をつかなければなりません。

9. 義務教育など関係ない

義務教育など関係ない

究極すぎる毒親に共通する特徴は、義務教育など関係のないことと思っていることです。

義務教育だからこそ、いかなければならない学校などを、親の都合で休ませてしまったり、義務教育に関係なく、担任の教師と考え方が合わないから、担任教師を変えるまで学校には行かせないと言ったり、まるで女王様のように学校や家庭をコントロールしてしまうのも毒親に見られがちな症状です。

10. 子供の意思など尊重しない

毒親に共通しがちな特徴で、子供の意見や意思は尊重しないことが挙げられます。

子供もいろんな意思を持っていて、正しいかどうかがわからず親に聞いてしまうことがあるでしょう。

そんな時に子供がどんな意思を伝えようが頭ごなしに却下する人は、毒親に当てはまる特徴の1つです。

子供が自分はこのようにしたいと意見を伝えても、ねじ曲げてしまうことで子供の意見をつぶしてしまいます。

まるで自分が正しいかのような言い方で、子供を説得するため、子供自身も毒親に依存してしまうようになります。

意外と当てはまっている人が多い毒親に共通する特徴をまとめてみました。


自分の意見が正しいと思っている

毒親に共通しがちな特徴で、毒親は子供に対して自分の意見が1番正しいと思っていることを押し付けようとします。

子供が自分で意見を言った時に、親とは違った意見を持っているだけで容認しません。

子供がどう説得しようと絶対に意見を認めない親はまさに毒親の特徴です。

生き方を間違えてほしくない

毒親に共通しがちな特徴で、生き方を間違えて欲しくないといった気持ちがあることから、境界線の弾き方を間違えてしまいます。

付き合う友達や恋人は親の好みで決めさせたり、相手の育った環境などを見て判断するなど、子供が仲良くなりたい、付き合いたいなどといった気持ちは無視して、安全なコースを歩けるようにレールを敷こうとします。

誰のおかげかわからせたい

毒親に共通しがちな特徴で、これまで無事に生きてこられたのは誰のおかげか分からせたいと思っている特徴があります。

ことあるごとに、ここまで育ててきたのは誰?と聞いたり、誰のおかげでできるようになったの?などと親の存在がどれだけ偉大であるかをアピールしようとします。

そうすることにより、子供が親に対して口答えできない環境を作ってしまうのです。

寂しがりやで心の隙間を埋められない

毒親に共通しがちな特徴で、寂しがりやで心の隙間を埋める方法が子供でしか見つからないといった気持ちがあります。

心の隙間を埋められないために、子供が出かけようとするだけで、親をおいて出かけるの?と子供を引き止めたり、子供がどこにいようがどんな状況であろうが、今何しているのかを随時連絡するように仕向けたりと、子供にとって息の詰まるようなことを平気でしてくるのが毒親の特徴です。

毒親はすべて子供のための愛情だと思っているため、毒親がするような行動だとは思っていません。

生活の全てを支配したくなる

毒親に共通しがちな特徴で、子供の生活の全てを支配したくなることが特徴として挙げられます。

毒親の思うままに子供をコントロールすることによって、口答えできない環境を築いたり、自分の都合のいいように子供を動かそうとします。

文句を言わせないようにすることで、子供を支配しやすくなり終わらない毒親による支配が続くのです。

帰りが遅いだけで過剰に心配したり、異常なまでに干渉をするなど子供の生活丸ごと自分のものにしたくなるのです。

子供ではなくなることが許せない

毒親に共通しがちな特徴で、自分の子供が子供でなくなることが許せないことが特徴で挙げられます。

例えば女の子は歳ごろになるとブラジャーが欲しくなりますが、ブラジャーや生理用品を買ってもらえないなど、子供が女性になることが許せずに必要なものを買い与えてもらえないのも毒親ならではの行動です。

恋人を連れてきただけでヒステリックを起こすことも毒親に見られる特徴です。

仲の良いふりをすること

毒親に共通しがちな特徴で、仲の良いふりをすることも毒親に見られることです。

友達に相談したり、お揃いのものを購入したりと秘密事がないように共有したことがある人も多いでしょう。

しかしこの場合は友人ではなく、毒親自身が友人のような考え方で子供に対して接することで、どんなことにも干渉して、秘密事がないように接してきます。

少しでも秘密事を作ってしまうと、ヒステリック起こしてしまったりと、仲の良い友達のようなふりをしなければならないため、子供は精神的に疲れてしまいます。

行き過ぎた自由を奪う過保護

毒親に共通しがちな特徴で、行き過ぎた自由を奪う過保護もその特徴に挙げられます。

何かを頼んだ場合、それは何のために使うのかをいちいち報告しなければならなかったり、どこかに出かけるときにはどこに行く予定で、何時ごろに帰ってくるのかどうかを伝えなければならなかったり、言わなくてもいいような情報まで伝えなければならない事は、毒親に当てはまる特徴です。

必要最低限の情報だけでは気がすまないタイプなので、秘密にしたいときには嘘をつかなければなりません。

義務教育など関係ない

究極すぎる毒親に共通する特徴は、義務教育など関係のないことと思っていることです。

義務教育だからこそ、いかなければならない学校などを、親の都合で休ませてしまったり、義務教育に関係なく、担任の教師と考え方が合わないから、担任教師を変えるまで学校には行かせないと言ったり、まるで女王様のように学校や家庭をコントロールしてしまうのも毒親に見られがちな症状です。

毒親に共通しがちな特徴で、子供の意見や意思は尊重しないことが挙げられます。

子供もいろんな意思を持っていて、正しいかどうかがわからず親に聞いてしまうことがあるでしょう。

そんな時に子供がどんな意思を伝えようが頭ごなしに却下する人は、毒親に当てはまる特徴の1つです。

子供が自分はこのようにしたいと意見を伝えても、ねじ曲げてしまうことで子供の意見をつぶしてしまいます。

まるで自分が正しいかのような言い方で、子供を説得するため、子供自身も毒親に依存してしまうようになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-