【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134822.html
注意に欠ける人の特徴

注意に欠ける人の特徴 | LADYCO

LADYCO
注意に欠ける人の特徴

「もうちょっとしっかりしてよ!」「あなたってどこか抜けてるんだよね」「もっと集中してよ!」等々・・。

もしあなたがこう言われることが多くあったら、あなたはもしかしたら「注意に欠けている人」なのかもしれません。

以下の特徴と照らし合わせてみて下さい。

  • 目移りしやすい
  • すぐに気が散る
  • 忘れっぽい
  • 緊張感がない
  • 全体的なことを考えられない
  • 精神的に図太い
  • のんびり屋さん
  • せっかちである
  • 疲れやすい
  • ADHD(注意欠陥多動性障害)の可能性

1. 目移りしやすい

目移りしやすい

明日は大事なテストなのに、つい机の上に置いていた漫画を読み始めてしまったら遅い時間になってしまった・・なんてこと、学生時代なら誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

確かに誰でも目移りはします。

しかし「注意に欠ける人」はその頻度がとても高いのです。

例えば会社での大事な会議中、何となく目に入った窓の景色に気を取られて会議の話を全く聞いていなかったり、「ボーっとするな!」と注意されたり・・。

色々なものに目が行くことは素敵なことですが、時と場所を考えられないと「集中力のない人」「注意力のない人」と思われてしまいます。

2. すぐに気が散る

すぐに気が散る

目移りしやすいということは、すぐに気が散ってしまうということにもなります。

前述した例のように、会議中に目移りした窓の外の景色に気を取られるというのは、窓の景色に気が散ってしまっている状態です。

視界に入ってきたもの、耳で聞こえたもの、更には何かに触れた感触などで気持ちが別のところにいってしまう、つまり、今目の前に課題があったとしても、自分の興味関心を優先させてしまう癖が強い人は「注意力がない」と思われても仕方ありません。

3. 忘れっぽい

忘れっぽい

私はよく忘れ物をする生徒だったのですが、学校の先生から「明日からは忘れ物がないか注意して確認しなさい」とよく言われていました。

翌日きちんと確認して登校すると、忘れ物がないんです。

当たり前のことですが、注意力があって用心深ければ忘れ物はしません。

しかし、「注意に欠ける人」はそもそも注意すること自体があまり得意ではないですし、用心深くできないことが多いです。

したがってつい忘れ物が多くなってしまうというわけです。

4. 緊張感がない

緊張感がない

人は緊張している時、自分の身の回りの様々なことに注意を払います。

しかし、緊張状態が終わりリラックスすると、注意力は一気に落ちます。

常に緊張している状態は体に良くないですが、常に緊張感がない状態も危険ではあります。

誰かに叱られる程度で済めばいいですが、自分の身の危険が迫っている時は緊張感や注意力は持っていた方が良いでしょう。

しかし、緊張感がない人というのはどこかゆったりとしていて、相手をリラックスさせることができる良い点も持ち合わせています。

5. 全体的なことを考えられない

全体的なことを考えられない

物事を大きく全体的に考えてから行動に移せる人はミスが少ないのですが、全体を捉えられずに行動する人はミスが目立ちます。

自分のできることからきちんと仕事をこなしているはずなのに、あとからポロポロとミスが出てきてしまう人は、初めに全体を見渡していない可能性が高いです。

あとからミスが出てくる人はやはり「注意が欠けている」と思われがちです。

6. 精神的に図太い

精神的に図太い

これまでとはちょっと違って、実はそこまで注意に欠ける人物ではないのに、自分が楽をしたいから、面倒くさいからといった理由で何事も適当に済ます人がいます。

いくら周りに「注意力のない人」「抜けてる人」と言われようが、自分が楽であることが一番なので、ミスや忘れ物もへっちゃらです。

良い言い方をすれば楽天的でプラス思考、メンタルが強いのかもしれませんが、ちょっと注意しないと嫌われ者になってしまいます。

7. のんびり屋さん

のんびり屋さん

緊張感がない人と同じようなタイプの人で、性格的にのんびりとしてる人はどうしても「注意に欠ける人」になりがちです。

のんびりとおおらかであることは良いことですが、ふとした時にミスをしてしまうことが多いようです。

ミスが重なれば「注意力がない」と思われることもあるでしょう。

しかし、これは生まれ持った性格ですので、本人には全く悪気はありませんし、悪いと決めつけることはできません。

のんびりしている人にはのんびりしている人の良さがあって、人に好かれるタイプの人が多いでしょう。

あまり気にしすぎることはないですが、きちんと注意すべき時はしっかり確認するようにしましょう。

8. せっかちである

せっかちである

先ほどののんびり屋さんの反対に位置する人といえば、せっかちなタイプの人です。

なにかとソワソワと急いでいる人は意外と注意力がありません。

気持ちが急いでいるので、小さなミスに気が付きにくいのです。

忙しいと何かと見落とすことや、忘れ物が多くなったりしませんか。

ある程度心に余裕を持っていなければ、注意力が欠けてしまいます。

9. 疲れやすい

疲れやすい

人間誰しも疲れていると、注意力は散漫になってしまいます。

更には集中力、やる気もなくなってしまいます。

注意力、集中力がなくなると、当然ミスばかりになってしまいます。

最近、仕事のミスが増えた、勉強に集中できない、といった悩みを抱えている人は少し休んだ方が良いのかもしれません。

それでも頑張りすぎると、ミスをするどころかやる気自体が出てこなくなってしまいます。

10. ADHD(注意欠陥多動性障害)の可能性

自分の性格に問題があるわけでもなく、自分が意図としてそうしているわけではないのに、いつも注意力がないと感じる人がいらっしゃいます。

ADHDの人は注意しようと頑張っていても、その力をコントロールすることが大変難しいとされています。

ADHDには様々なタイプがあり、遺伝などの原因もはっきりとは分かっていません。

ただ気付かずに生活している人はとても辛い思いをしていることが多いです。

少しでも気になる方は一度チェックなどを受けてみると良いでしょう。

「もうちょっとしっかりしてよ!」「あなたってどこか抜けてるんだよね」「もっと集中してよ!」等々・・。

もしあなたがこう言われることが多くあったら、あなたはもしかしたら「注意に欠けている人」なのかもしれません。

以下の特徴と照らし合わせてみて下さい。


目移りしやすい

明日は大事なテストなのに、つい机の上に置いていた漫画を読み始めてしまったら遅い時間になってしまった・・なんてこと、学生時代なら誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

確かに誰でも目移りはします。

しかし「注意に欠ける人」はその頻度がとても高いのです。

例えば会社での大事な会議中、何となく目に入った窓の景色に気を取られて会議の話を全く聞いていなかったり、「ボーっとするな!」と注意されたり・・。

色々なものに目が行くことは素敵なことですが、時と場所を考えられないと「集中力のない人」「注意力のない人」と思われてしまいます。

すぐに気が散る

目移りしやすいということは、すぐに気が散ってしまうということにもなります。

前述した例のように、会議中に目移りした窓の外の景色に気を取られるというのは、窓の景色に気が散ってしまっている状態です。

視界に入ってきたもの、耳で聞こえたもの、更には何かに触れた感触などで気持ちが別のところにいってしまう、つまり、今目の前に課題があったとしても、自分の興味関心を優先させてしまう癖が強い人は「注意力がない」と思われても仕方ありません。

忘れっぽい

私はよく忘れ物をする生徒だったのですが、学校の先生から「明日からは忘れ物がないか注意して確認しなさい」とよく言われていました。

翌日きちんと確認して登校すると、忘れ物がないんです。

当たり前のことですが、注意力があって用心深ければ忘れ物はしません。

しかし、「注意に欠ける人」はそもそも注意すること自体があまり得意ではないですし、用心深くできないことが多いです。

したがってつい忘れ物が多くなってしまうというわけです。

緊張感がない

人は緊張している時、自分の身の回りの様々なことに注意を払います。

しかし、緊張状態が終わりリラックスすると、注意力は一気に落ちます。

常に緊張している状態は体に良くないですが、常に緊張感がない状態も危険ではあります。

誰かに叱られる程度で済めばいいですが、自分の身の危険が迫っている時は緊張感や注意力は持っていた方が良いでしょう。

しかし、緊張感がない人というのはどこかゆったりとしていて、相手をリラックスさせることができる良い点も持ち合わせています。

全体的なことを考えられない

物事を大きく全体的に考えてから行動に移せる人はミスが少ないのですが、全体を捉えられずに行動する人はミスが目立ちます。

自分のできることからきちんと仕事をこなしているはずなのに、あとからポロポロとミスが出てきてしまう人は、初めに全体を見渡していない可能性が高いです。

あとからミスが出てくる人はやはり「注意が欠けている」と思われがちです。

精神的に図太い

これまでとはちょっと違って、実はそこまで注意に欠ける人物ではないのに、自分が楽をしたいから、面倒くさいからといった理由で何事も適当に済ます人がいます。

いくら周りに「注意力のない人」「抜けてる人」と言われようが、自分が楽であることが一番なので、ミスや忘れ物もへっちゃらです。

良い言い方をすれば楽天的でプラス思考、メンタルが強いのかもしれませんが、ちょっと注意しないと嫌われ者になってしまいます。

のんびり屋さん

緊張感がない人と同じようなタイプの人で、性格的にのんびりとしてる人はどうしても「注意に欠ける人」になりがちです。

のんびりとおおらかであることは良いことですが、ふとした時にミスをしてしまうことが多いようです。

ミスが重なれば「注意力がない」と思われることもあるでしょう。

しかし、これは生まれ持った性格ですので、本人には全く悪気はありませんし、悪いと決めつけることはできません。

のんびりしている人にはのんびりしている人の良さがあって、人に好かれるタイプの人が多いでしょう。

あまり気にしすぎることはないですが、きちんと注意すべき時はしっかり確認するようにしましょう。

せっかちである

先ほどののんびり屋さんの反対に位置する人といえば、せっかちなタイプの人です。

なにかとソワソワと急いでいる人は意外と注意力がありません。

気持ちが急いでいるので、小さなミスに気が付きにくいのです。

忙しいと何かと見落とすことや、忘れ物が多くなったりしませんか。

ある程度心に余裕を持っていなければ、注意力が欠けてしまいます。

疲れやすい

人間誰しも疲れていると、注意力は散漫になってしまいます。

更には集中力、やる気もなくなってしまいます。

注意力、集中力がなくなると、当然ミスばかりになってしまいます。

最近、仕事のミスが増えた、勉強に集中できない、といった悩みを抱えている人は少し休んだ方が良いのかもしれません。

それでも頑張りすぎると、ミスをするどころかやる気自体が出てこなくなってしまいます。

自分の性格に問題があるわけでもなく、自分が意図としてそうしているわけではないのに、いつも注意力がないと感じる人がいらっしゃいます。

ADHDの人は注意しようと頑張っていても、その力をコントロールすることが大変難しいとされています。

ADHDには様々なタイプがあり、遺伝などの原因もはっきりとは分かっていません。

ただ気付かずに生活している人はとても辛い思いをしていることが多いです。

少しでも気になる方は一度チェックなどを受けてみると良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-