【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134752.html
朝型人間の特徴

朝型人間の特徴 | LADYCO

LADYCO
朝型人間の特徴

朝型人間の生活ってちょっと興味ありますよね?そこで朝型人間に共通する特徴について調べてみました。

  • 起床時間が決まっている
  • 朝ご飯を楽しみにしている
  • 朝から声が出る
  • マメに身体を動かす
  • 心も身体も元気
  • 学ぶなら朝
  • おやつを常備している
  • お酒の席はさらっと終える
  • 欠かさず入浴する
  • 就寝前に無駄なことはしない
  • 余裕を持って就寝

1. 起床時間が決まっている

起床時間が決まっている

朝型人間は起床時間がきちんと定まっています。

明日はフレックスだから、のんびり起きよう。

週末だから、二度寝するつもり。

こんな思考はありません。

起床時間を守り、規則正しく過ごすことの意義を知っているので、無闇にペースを乱したりすることはありません。

また、この起床時間も余裕を持った上で決めている点が特徴です。

例えば、「顔を洗って、朝ご飯、身支度の時間があれば出掛けられるから、出掛ける40分前に起きられれば間に合う」という時間計算はしません。

「顔を洗って、朝ご飯、身支度の時間があれば出掛けられるから、出掛ける40分前に起きられれば間に合うけど、ゆっくりとコーヒーを飲んで新聞を読んでから出掛けたいから1時間30分前に起きよう」という具合です。

この余裕が突然の電話にも対応可能で、何か突発的なことにも慌てない状況を作り出します。

朝型人間の朝の過ごし方は、いつも余裕たっぷりです。

2. 朝ご飯を楽しみにしている

朝ご飯を楽しみにしている

朝ご飯は1日の活力を生み出すためにも重要。

これを頭では分かっていても、なかなか内容を充実させることはできません。

時間に追われてコーヒーとトーストを食べるのが精いっぱい。

食べるものを切らしていて、牛乳だけ。

ダイエットしたいから、ヨーグルトとフルーツ。

食欲がないから、会社近くのコンビニで何かを仕入れよう。

こんなパターンに陥りがちです。

でも、朝型人間は朝の充実を図るために朝ご飯にも抜かりありません。

ご飯と具だくさんの味噌汁に手作りの漬物、目玉焼き、大好物のバナナ。

食後にはたっぷりのカフェオレとチョコレート。

決して贅沢なメニューというわけではありませんが、自分で食べたいと思ったものを丁寧に整え、楽しみに食べるスタイルです。

3. 朝から声が出る

朝から声が出る

余裕を持った起床と満足度の高い朝ご飯を食べる朝型人間の人は朝からきっちりと声が出ます。

だから、交わす挨拶の声も十分なボリュームで清々しい声。

朝一のミーティングでもハキハキと発言。

上司への報告も頭を使って聞きやすく端的にまとめて上出来。

やるべきことを要領よく精力的に片付けます。

朝からエンジン全開で動ける長所を持っている点も朝型人間の特徴です。

4. マメに身体を動かす

マメに身体を動かす

朝は気持ちよく起床したい。

その為には穏やかに入眠したい。

だから日中はなるべく身体を動かしておきたい。

そんなリズムを心掛けて過ごすので、とにかくマメに身体を動かしています。

エレベーターよりも階段。

用があったら人を呼ぶのではなく、自分が出向く。

車じゃなく電車やバス。

可能であれば徒歩最優先。

こんな意識でいるために、常に健康体です。

5. 心も身体も元気

心も身体も元気

朝方人間は生活リズムが安定しているので、心身ともに無理が生じません。

現代人はストレスが高じて眠れなかったり、お酒が度を越してしまったり。

程度はまちまちでも不調を訴える人は少なくありません。

でも、朝型人間については問題なし。

正真正銘の健康体です。

6. 学ぶなら朝

学ぶなら朝

新しいことに挑戦するなら一番好きな時間帯である朝が好ましいと考えます。

今は朝からのスクーリングも増えているので、充実を図るのはそう難しいことではありません。

朝一番の方が確実に脳みそも冴えていて、効率よく学べると実践しています。

7. おやつを常備している

おやつを常備している

朝が早いので、お昼までに空腹になってしまいがち。

その為に手軽に口に入れられるおやつを常備しています。

ナッツやドリンク類など、お腹いっぱいになるものではなく、あくまでも繋ぎの類です。

コンビニスイーツや菓子パンなどのヘビーなものは食べません。

8. お酒の席はさらっと終える

お酒の席はさらっと終える

夜の付き合いはなかなか断り辛いもの。

朝型人間にとってはペースも乱れるので必ずしもウエルカムなわけではありません。

でも、けじめけじめがつけられるので「今日の付き合いはここまで」ときっぱり線引きできるのが朝型人間の特徴です。

1次会は付き合うけれど、2次会は絶対に行かない。

22時を過ぎたら必ず帰る。

小さなルールですが、厳守していると周囲も「そろそろ時間だね」「次も楽しみましょうね」と変えることに異を唱えることがなくなります。

生活のリズムを守りたいと考える朝型人間のスタイルを尊重してくれるようになるからです。

9. 欠かさず入浴する

欠かさず入浴する

バスタブにお湯を溜めて、ゆっくりと入浴します。

この行為で一日の疲れを癒し、リセットするため。

頑張った自分に対する慰労でもあります。

10. 就寝前に無駄なことはしない

就寝前に無駄なことはしない

何気にスマホチェック。

暇つぶしにテレビでニュースを見る。

家族の付き合いでコーヒーを飲む。

「したい」と明確な意思が伴わないことはしません。

11. 余裕を持って就寝

朝にきちんと起きられない人は、就寝前に「もう、寝なくちゃ」と感じている人が多いようです。

でも朝型人間は朝に備えて寝る時間をとても重視しています。

だから寝る前に就寝時間に追われて焦ることはありません。

いつもの時間にベッドに横たわり、ゆったりとした気分で眠りにつく毎日です。

朝型人間の生活ってちょっと興味ありますよね?そこで朝型人間に共通する特徴について調べてみました。


起床時間が決まっている

朝型人間は起床時間がきちんと定まっています。

明日はフレックスだから、のんびり起きよう。

週末だから、二度寝するつもり。

こんな思考はありません。

起床時間を守り、規則正しく過ごすことの意義を知っているので、無闇にペースを乱したりすることはありません。

また、この起床時間も余裕を持った上で決めている点が特徴です。

例えば、「顔を洗って、朝ご飯、身支度の時間があれば出掛けられるから、出掛ける40分前に起きられれば間に合う」という時間計算はしません。

「顔を洗って、朝ご飯、身支度の時間があれば出掛けられるから、出掛ける40分前に起きられれば間に合うけど、ゆっくりとコーヒーを飲んで新聞を読んでから出掛けたいから1時間30分前に起きよう」という具合です。

この余裕が突然の電話にも対応可能で、何か突発的なことにも慌てない状況を作り出します。

朝型人間の朝の過ごし方は、いつも余裕たっぷりです。

朝ご飯を楽しみにしている

朝ご飯は1日の活力を生み出すためにも重要。

これを頭では分かっていても、なかなか内容を充実させることはできません。

時間に追われてコーヒーとトーストを食べるのが精いっぱい。

食べるものを切らしていて、牛乳だけ。

ダイエットしたいから、ヨーグルトとフルーツ。

食欲がないから、会社近くのコンビニで何かを仕入れよう。

こんなパターンに陥りがちです。

でも、朝型人間は朝の充実を図るために朝ご飯にも抜かりありません。

ご飯と具だくさんの味噌汁に手作りの漬物、目玉焼き、大好物のバナナ。

食後にはたっぷりのカフェオレとチョコレート。

決して贅沢なメニューというわけではありませんが、自分で食べたいと思ったものを丁寧に整え、楽しみに食べるスタイルです。

朝から声が出る

余裕を持った起床と満足度の高い朝ご飯を食べる朝型人間の人は朝からきっちりと声が出ます。

だから、交わす挨拶の声も十分なボリュームで清々しい声。

朝一のミーティングでもハキハキと発言。

上司への報告も頭を使って聞きやすく端的にまとめて上出来。

やるべきことを要領よく精力的に片付けます。

朝からエンジン全開で動ける長所を持っている点も朝型人間の特徴です。

マメに身体を動かす

朝は気持ちよく起床したい。

その為には穏やかに入眠したい。

だから日中はなるべく身体を動かしておきたい。

そんなリズムを心掛けて過ごすので、とにかくマメに身体を動かしています。

エレベーターよりも階段。

用があったら人を呼ぶのではなく、自分が出向く。

車じゃなく電車やバス。

可能であれば徒歩最優先。

こんな意識でいるために、常に健康体です。

心も身体も元気

朝方人間は生活リズムが安定しているので、心身ともに無理が生じません。

現代人はストレスが高じて眠れなかったり、お酒が度を越してしまったり。

程度はまちまちでも不調を訴える人は少なくありません。

でも、朝型人間については問題なし。

正真正銘の健康体です。

学ぶなら朝

新しいことに挑戦するなら一番好きな時間帯である朝が好ましいと考えます。

今は朝からのスクーリングも増えているので、充実を図るのはそう難しいことではありません。

朝一番の方が確実に脳みそも冴えていて、効率よく学べると実践しています。

おやつを常備している

朝が早いので、お昼までに空腹になってしまいがち。

その為に手軽に口に入れられるおやつを常備しています。

ナッツやドリンク類など、お腹いっぱいになるものではなく、あくまでも繋ぎの類です。

コンビニスイーツや菓子パンなどのヘビーなものは食べません。

お酒の席はさらっと終える

夜の付き合いはなかなか断り辛いもの。

朝型人間にとってはペースも乱れるので必ずしもウエルカムなわけではありません。

でも、けじめけじめがつけられるので「今日の付き合いはここまで」ときっぱり線引きできるのが朝型人間の特徴です。

1次会は付き合うけれど、2次会は絶対に行かない。

22時を過ぎたら必ず帰る。

小さなルールですが、厳守していると周囲も「そろそろ時間だね」「次も楽しみましょうね」と変えることに異を唱えることがなくなります。

生活のリズムを守りたいと考える朝型人間のスタイルを尊重してくれるようになるからです。

欠かさず入浴する

バスタブにお湯を溜めて、ゆっくりと入浴します。

この行為で一日の疲れを癒し、リセットするため。

頑張った自分に対する慰労でもあります。

就寝前に無駄なことはしない

何気にスマホチェック。

暇つぶしにテレビでニュースを見る。

家族の付き合いでコーヒーを飲む。

「したい」と明確な意思が伴わないことはしません。

朝にきちんと起きられない人は、就寝前に「もう、寝なくちゃ」と感じている人が多いようです。

でも朝型人間は朝に備えて寝る時間をとても重視しています。

だから寝る前に就寝時間に追われて焦ることはありません。

いつもの時間にベッドに横たわり、ゆったりとした気分で眠りにつく毎日です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-