【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134747.html
仲間はずれになった時の対処法10選

仲間はずれになった時の対処法10選 | LADYCO

LADYCO
仲間はずれになった時の対処法10選

会社や学校で特定のグループから外されてしまったとき、どうして良いか分からないときがあります。

仲間はずれになったときの解決法をご紹介します。

  • いつも通りにすごす
  • 別のグループと仲良くなる
  • 「仲間はずれ」の原因を考える
  • 親や親友に相談する
  • カウンセラーに打ち明ける
  • 映画や本をよむ
  • 八方美人をやめる
  • 相手にしない
  • 趣味をみつける
  • 人間関係の断捨離をする

1. いつも通りにすごす

いつも通りにすごす

仲間はずれになったとき、一番あなたがおこなってはイケないのは「オドオドすること」です。

仲間はずれする人の心理として、仲間はずれしたときの相手の困った様子をみて楽しむ心境があります。

どうして良いか分からず、いつも以上に慌ててしまうのは相手の思うつぼ。

あなたが平然といつも通りに過ごすことによって、仲間はずれのイジワルな思惑をかわすことができます。

2. 別のグループと仲良くなる

別のグループと仲良くなる

仲間はずれにされたとき、あえて別のグループと積極的にコンタクトを取る方法があります。

たとえひとつのグループから疎外されたとしても、他のグループならあなたを受け入れてくれる可能性があります。

私たちのコミュニティには残念ながら「気の合うグループ」「気の合わない仲間」も存在します。

自分が居心地がよいと思うグループと積極的に交流することによって、新しいステップに踏み出すことができます。

3. 「仲間はずれ」の原因を考える

「仲間はずれ」の原因を考える

仲間はずれされてしまったとき、ときにはその根本的な原因を考えることも必要です。

あなたの思いもよらぬ言葉や態度がキッカケで、懇意にしていたグループから、仲間はずれされてしまったことも考えられます。

原因がわかれば、今後のお付き合いに活かすこともできます。

ただ、この作業は心が明るいときにおこないましょう。

気持ちがナーバスなときに過去を振り返ると、ますます負のスパイラルに陥ることがあります。

考えても理由が分からないときは、それ以上考えすぎないことも大切です。

4. 親や親友に相談する

親や親友に相談する

たとえひとつのグループから仲間はずれに合ったとしても、あなたのことを全面的に応援してくれる味方は必ずいます。

親や兄弟などの血のつながった親せき、あなたのことを深く知っている親友など、信頼できる相手に「仲間はずれされていること」を打ち明けてみましょう。

自分だけで物事を解決しようとすると、頑張り過ぎてココロを疲弊させてしまうことがあります。

信頼のおける相手を見つけて現在の状況を説明することで、見えなかった扉を開けることができます。

5. カウンセラーに打ち明ける

カウンセラーに打ち明ける

仲間はずれされたときの孤独感や疎外感は、たとえようもない辛いものです。

辛い気持ちにフタをしたまま生活を続けていると、うつや自律神経失調症などココロの病を患うことがあります。

メンタルクリニックのドクターは、あなたの気持ちを理解してくれる良きアドバイザーです。

第三者にあなたの気持ちを伝えることで「どんな態度で日々を過ごせばよいのか」アドバイスを貰えることができます。

6. 映画や本をよむ

映画や本をよむ

仲間はずれにされたとき、世界が終わってしまったようなアンラッキー感を味わいます。

往年のヒット作の映画や短編小説は、あなたの辛い気持ちを忘れさせてくれる、ステキなアイテムです。

数々の苦難を乗り越えたアドベンチャー系の映画や小説は、人生において忘れてはいけない賢者の心得をさずけてくれます。

仲間はずれにされた状況に真正面から向き合うのではなく、物事を多方面から見つめてみること。

人気の映画や小説には、どう生きるべきかのヒントが隠されています。

7. 八方美人をやめる

八方美人をやめる

「嫌われる勇気」という本が大ヒットしたことがあります。

日本人は他の民族と比べて、他者からどう思われているのか気にする生き物です。

周りの人からどう思われているかを気にしなくなると、世の中はずいぶんラクになります。

人間関係において、全ての人から好かれようと思うのは無理な話です。

ときには嫌われてもよい、無視されてもよいと割り切ってしまうと、ココロがグンとラクになります。

みんなに良い顔するのを止めてみること。

八方美人の鎧を脱ぎ捨てると、世界はバラ色に生まれ変わります。

8. 相手にしない

相手にしない

仲間はずれにしようとする人は、誰でも良いから自分より下の立場の人をつくって、優越感を味わいたい…という心理があります。

人をおとしめることでしか、自分の価値を見出せない可哀想なタイプです。

まともな人間関係を築けない人を、無理に相手にする必要はありません。

がんばって相手にしようとすると、あなた自身がココロの病を患うことがあります。

修復不可能な相手に対しては、一種のあきらめを持つこと。

相手にしないことも肝心です。

9. 趣味をみつける

趣味をみつける

学校やオフィスで仲間はずれにあったとき、奈落の底に落ちたような衝撃をおぼえます。

こんなときは、気分転換できる何かを見つけることが大切です。

フラワーアレンジメントやお茶・旅行・登山など、今までと違う趣味を見つけてみましょう。

新しい物事への挑戦は、ココロのビタミンになってくれます。

趣味をがんばるとココロが生き生きと明るく輝き、仲間はずれされていることが必要以上に気にならなくなります。

表情が明るくなると、あなたの元にはあたらしい仲間が増えていきます。

10. 人間関係の断捨離をする

仲間はずれされたとき、人間関係を見直す良いチャンスです。

悪いオーラに包まれていると、負のエネルギーが生み出されることがあります。

仲間はずれされたことを「負のエネルギーから解放される良いチャンス」ととらえ、前向きに過ごすこと。

過去を振り返らず新しい人間関係を見つけ出すことで、あなたらしい人生を歩むことができます。

会社や学校で特定のグループから外されてしまったとき、どうして良いか分からないときがあります。

仲間はずれになったときの解決法をご紹介します。


いつも通りにすごす

仲間はずれになったとき、一番あなたがおこなってはイケないのは「オドオドすること」です。

仲間はずれする人の心理として、仲間はずれしたときの相手の困った様子をみて楽しむ心境があります。

どうして良いか分からず、いつも以上に慌ててしまうのは相手の思うつぼ。

あなたが平然といつも通りに過ごすことによって、仲間はずれのイジワルな思惑をかわすことができます。

別のグループと仲良くなる

仲間はずれにされたとき、あえて別のグループと積極的にコンタクトを取る方法があります。

たとえひとつのグループから疎外されたとしても、他のグループならあなたを受け入れてくれる可能性があります。

私たちのコミュニティには残念ながら「気の合うグループ」「気の合わない仲間」も存在します。

自分が居心地がよいと思うグループと積極的に交流することによって、新しいステップに踏み出すことができます。

「仲間はずれ」の原因を考える

仲間はずれされてしまったとき、ときにはその根本的な原因を考えることも必要です。

あなたの思いもよらぬ言葉や態度がキッカケで、懇意にしていたグループから、仲間はずれされてしまったことも考えられます。

原因がわかれば、今後のお付き合いに活かすこともできます。

ただ、この作業は心が明るいときにおこないましょう。

気持ちがナーバスなときに過去を振り返ると、ますます負のスパイラルに陥ることがあります。

考えても理由が分からないときは、それ以上考えすぎないことも大切です。

親や親友に相談する

たとえひとつのグループから仲間はずれに合ったとしても、あなたのことを全面的に応援してくれる味方は必ずいます。

親や兄弟などの血のつながった親せき、あなたのことを深く知っている親友など、信頼できる相手に「仲間はずれされていること」を打ち明けてみましょう。

自分だけで物事を解決しようとすると、頑張り過ぎてココロを疲弊させてしまうことがあります。

信頼のおける相手を見つけて現在の状況を説明することで、見えなかった扉を開けることができます。

カウンセラーに打ち明ける

仲間はずれされたときの孤独感や疎外感は、たとえようもない辛いものです。

辛い気持ちにフタをしたまま生活を続けていると、うつや自律神経失調症などココロの病を患うことがあります。

メンタルクリニックのドクターは、あなたの気持ちを理解してくれる良きアドバイザーです。

第三者にあなたの気持ちを伝えることで「どんな態度で日々を過ごせばよいのか」アドバイスを貰えることができます。

映画や本をよむ

仲間はずれにされたとき、世界が終わってしまったようなアンラッキー感を味わいます。

往年のヒット作の映画や短編小説は、あなたの辛い気持ちを忘れさせてくれる、ステキなアイテムです。

数々の苦難を乗り越えたアドベンチャー系の映画や小説は、人生において忘れてはいけない賢者の心得をさずけてくれます。

仲間はずれにされた状況に真正面から向き合うのではなく、物事を多方面から見つめてみること。

人気の映画や小説には、どう生きるべきかのヒントが隠されています。

八方美人をやめる

「嫌われる勇気」という本が大ヒットしたことがあります。

日本人は他の民族と比べて、他者からどう思われているのか気にする生き物です。

周りの人からどう思われているかを気にしなくなると、世の中はずいぶんラクになります。

人間関係において、全ての人から好かれようと思うのは無理な話です。

ときには嫌われてもよい、無視されてもよいと割り切ってしまうと、ココロがグンとラクになります。

みんなに良い顔するのを止めてみること。

八方美人の鎧を脱ぎ捨てると、世界はバラ色に生まれ変わります。

相手にしない

仲間はずれにしようとする人は、誰でも良いから自分より下の立場の人をつくって、優越感を味わいたい…という心理があります。

人をおとしめることでしか、自分の価値を見出せない可哀想なタイプです。

まともな人間関係を築けない人を、無理に相手にする必要はありません。

がんばって相手にしようとすると、あなた自身がココロの病を患うことがあります。

修復不可能な相手に対しては、一種のあきらめを持つこと。

相手にしないことも肝心です。

趣味をみつける

学校やオフィスで仲間はずれにあったとき、奈落の底に落ちたような衝撃をおぼえます。

こんなときは、気分転換できる何かを見つけることが大切です。

フラワーアレンジメントやお茶・旅行・登山など、今までと違う趣味を見つけてみましょう。

新しい物事への挑戦は、ココロのビタミンになってくれます。

趣味をがんばるとココロが生き生きと明るく輝き、仲間はずれされていることが必要以上に気にならなくなります。

表情が明るくなると、あなたの元にはあたらしい仲間が増えていきます。

仲間はずれされたとき、人間関係を見直す良いチャンスです。

悪いオーラに包まれていると、負のエネルギーが生み出されることがあります。

仲間はずれされたことを「負のエネルギーから解放される良いチャンス」ととらえ、前向きに過ごすこと。

過去を振り返らず新しい人間関係を見つけ出すことで、あなたらしい人生を歩むことができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-