【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114048.html
加点主義の人の特徴

加点主義の人の特徴 | LADYCO

LADYCO
加点主義の人の特徴

加点主義とは「意欲的な姿勢や良い結果に注目して0点から点数を加算していく」ことです。

欧米ではこうした考えは多いのですが、日本人は逆の減点主義が多いと言われています。

では加点主義の人はどういう特徴があるのでしょうか。

  • チャレンジ精神を評価してくれる
  • 余計な口出しをしない
  • 結果ではなく過程をみる
  • むやみに怒らない
  • 無理をさせない
  • 教え方が丁寧
  • 人格を否定しない
  • メリハリがある
  • 気さくな雰囲気
  • 男女にも平等

1. チャレンジ精神を評価してくれる

チャレンジ精神を評価してくれる

加点主義の人は、チャレンジ精神を高く評価してくれます。

自分の所に、今までやったことのないような大きな仕事が回ってきたとしましょう。

減点主義の人であれば、過去の実績を見て「お前には無理だ」と一蹴してしまうかもしれません。

しかし加点主義の人であれば、どうしてそれをやりたいのか、気持ちを聞いた上で判断します。

もちろん全てを任せてくれる訳ではないですが、いずれまた、大きな仕事が回ってきた場合は、その意気込みを買って仕事を任せてくれるでしょう。

2. 余計な口出しをしない

余計な口出しをしない

一度、部下に仕事を任せたら、それ以上は余計な口出しをしません。

適宜、仕事の進捗状況は確認をしてくれるでしょうが、あとは部下に委ねるのです。

自分が正しいと思ったやり方でないと怒り出してしまったり、やることなすことを否定されてしまっては部下の士気も下がってしまうのを心得ているのです。

3. 結果ではなく過程をみる

結果ではなく過程をみる

減点主義の人に言えるのは結果だけしかみずに評価をする点にあります。

つまり、失敗してしまえば評価は下がってしまい、中々上がることはありません。

加点主義の人の場合は、結果は勿論ですが、過程も評価しようとします。

チームワーク良く作業に取り組んでいた、誰よりも早く出社して準備をしていたという努力を評価してくれます。

結果的に失敗もありますが、それでもこうした見落としがちな部分をみてくれているのです。

4. むやみに怒らない

むやみに怒らない

加点主義の人はむやみに怒りません。

怒るのはあくまで最低限に留めます。

自分が怒ってしまうことで部下も良い気がしないのは承知してますし、それにより仕事にも影響がでることを分かっているのです。

それと同様に、自分の失敗などの責任転嫁をすることもありません。

例え自分が悪くないことが起こってしまったとしても、それに気づけなかったと過ちを認めます。

ましてや、部下に八つ当たりするのはもってのほかでしょう。

自分をコントロールする力を持っているのも加点主義の人の特徴と言えるでしょう。

5. 無理をさせない

無理をさせない

加点主義の人は無理をされるのを嫌います。

無理をさせることが負担となり、そこからモチベーションが崩れていくのを心配するのです。

なので部下が無理をしていると判断すれば、当然気遣います。

無理をせずに、最大限のパフォーマンスをしているのを管理することが加点主義の人の仕事でもあるのです。

誰かが欠けてしまうことがマイナスになってしまうことを強く感じているのです。

6. 教え方が丁寧

教え方が丁寧

何か分からないことや、自分だけは判断できないことがあった場合も丁寧に教えてくれます。

しかし全てを一から丁寧に教えてくれるのが良いとは限りません。

全てを教えてしまっては、同じことを繰り返すだけなので、結局は相手の能力をちゃんと判断できるか分かりません。

その人の良さを引き出して評価したいと考えるのが加点主義の人です。

重要なポンイトをいくつか説明した上で、あとは自分ならばどうするか考える余地を与えてくれるでしょう。

7. 人格を否定しない

人格を否定しない

部下などが失敗をした時に、周りの人を顧みずに怒鳴り散らす人がいます。

確かに失敗してしまうのは良いことではありませんが、その内容が部下の人格を否定するような内容ではどうでしょうか。

萎縮してしまい、次の仕事も顔色を伺いながらになってしまいます。

加点主義の人も怒る時はあります。

しかし、それは部下の人格を否定するものではなく、あくまで方法に対して怒る。

次回は別の方法を試すようにアドバイスを送るにとどめるでしょう。

そして、怒ったことを引きずらないのです。

8. メリハリがある

メリハリがある

加点主義の人は、四六時中、仕事のことを考えているかといえばそうではありません。

仕事は仕事、プライベートはプライベートときっちり分けて考えています。

部下のプライベートに口出しをする上司がいるというのを聞いたことがありますが、そういうことはしません。

お互いに大事にしているものを尊重し、気持ちよく仕事をしようとする気持ちを忘れないようにしているからです。

9. 気さくな雰囲気

気さくな雰囲気

加点主義の人は、その雰囲気も少し柔らかいものがあります。

しかし、威厳がないということではありません。

威張り散らしていないのです。

自分が絶対的に偉いという気持ちはありません。

仕事に余裕があれば、相談にも気軽に応じてくれます。

また休憩中や仕事終わりにも、楽しく談笑したり、ストレスを発散するために食事に連れて行ってくれたりするでしょう。

10. 男女にも平等

「お前は男だから...」 「女なんだから...」 といったジェンダーという概念をあまり持ちません。

全く持っていないということではなく、それを盾にして仕事上で差別をするようなことはまずありません。

やる気と能力があれば、男女関係なく仕事を任せてくれるでしょう。

また、急に仕事を休まなくてはいけない時も同様です。

自分の下で働いてくれる人を大事にするという特徴もあります。

加点主義とは「意欲的な姿勢や良い結果に注目して0点から点数を加算していく」ことです。

欧米ではこうした考えは多いのですが、日本人は逆の減点主義が多いと言われています。

では加点主義の人はどういう特徴があるのでしょうか。


チャレンジ精神を評価してくれる

加点主義の人は、チャレンジ精神を高く評価してくれます。

自分の所に、今までやったことのないような大きな仕事が回ってきたとしましょう。

減点主義の人であれば、過去の実績を見て「お前には無理だ」と一蹴してしまうかもしれません。

しかし加点主義の人であれば、どうしてそれをやりたいのか、気持ちを聞いた上で判断します。

もちろん全てを任せてくれる訳ではないですが、いずれまた、大きな仕事が回ってきた場合は、その意気込みを買って仕事を任せてくれるでしょう。

余計な口出しをしない

一度、部下に仕事を任せたら、それ以上は余計な口出しをしません。

適宜、仕事の進捗状況は確認をしてくれるでしょうが、あとは部下に委ねるのです。

自分が正しいと思ったやり方でないと怒り出してしまったり、やることなすことを否定されてしまっては部下の士気も下がってしまうのを心得ているのです。

結果ではなく過程をみる

減点主義の人に言えるのは結果だけしかみずに評価をする点にあります。

つまり、失敗してしまえば評価は下がってしまい、中々上がることはありません。

加点主義の人の場合は、結果は勿論ですが、過程も評価しようとします。

チームワーク良く作業に取り組んでいた、誰よりも早く出社して準備をしていたという努力を評価してくれます。

結果的に失敗もありますが、それでもこうした見落としがちな部分をみてくれているのです。

むやみに怒らない

加点主義の人はむやみに怒りません。

怒るのはあくまで最低限に留めます。

自分が怒ってしまうことで部下も良い気がしないのは承知してますし、それにより仕事にも影響がでることを分かっているのです。

それと同様に、自分の失敗などの責任転嫁をすることもありません。

例え自分が悪くないことが起こってしまったとしても、それに気づけなかったと過ちを認めます。

ましてや、部下に八つ当たりするのはもってのほかでしょう。

自分をコントロールする力を持っているのも加点主義の人の特徴と言えるでしょう。

無理をさせない

加点主義の人は無理をされるのを嫌います。

無理をさせることが負担となり、そこからモチベーションが崩れていくのを心配するのです。

なので部下が無理をしていると判断すれば、当然気遣います。

無理をせずに、最大限のパフォーマンスをしているのを管理することが加点主義の人の仕事でもあるのです。

誰かが欠けてしまうことがマイナスになってしまうことを強く感じているのです。

教え方が丁寧

何か分からないことや、自分だけは判断できないことがあった場合も丁寧に教えてくれます。

しかし全てを一から丁寧に教えてくれるのが良いとは限りません。

全てを教えてしまっては、同じことを繰り返すだけなので、結局は相手の能力をちゃんと判断できるか分かりません。

その人の良さを引き出して評価したいと考えるのが加点主義の人です。

重要なポンイトをいくつか説明した上で、あとは自分ならばどうするか考える余地を与えてくれるでしょう。

人格を否定しない

部下などが失敗をした時に、周りの人を顧みずに怒鳴り散らす人がいます。

確かに失敗してしまうのは良いことではありませんが、その内容が部下の人格を否定するような内容ではどうでしょうか。

萎縮してしまい、次の仕事も顔色を伺いながらになってしまいます。

加点主義の人も怒る時はあります。

しかし、それは部下の人格を否定するものではなく、あくまで方法に対して怒る。

次回は別の方法を試すようにアドバイスを送るにとどめるでしょう。

そして、怒ったことを引きずらないのです。

メリハリがある

加点主義の人は、四六時中、仕事のことを考えているかといえばそうではありません。

仕事は仕事、プライベートはプライベートときっちり分けて考えています。

部下のプライベートに口出しをする上司がいるというのを聞いたことがありますが、そういうことはしません。

お互いに大事にしているものを尊重し、気持ちよく仕事をしようとする気持ちを忘れないようにしているからです。

気さくな雰囲気

加点主義の人は、その雰囲気も少し柔らかいものがあります。

しかし、威厳がないということではありません。

威張り散らしていないのです。

自分が絶対的に偉いという気持ちはありません。

仕事に余裕があれば、相談にも気軽に応じてくれます。

また休憩中や仕事終わりにも、楽しく談笑したり、ストレスを発散するために食事に連れて行ってくれたりするでしょう。

「お前は男だから...」 「女なんだから...」 といったジェンダーという概念をあまり持ちません。

全く持っていないということではなく、それを盾にして仕事上で差別をするようなことはまずありません。

やる気と能力があれば、男女関係なく仕事を任せてくれるでしょう。

また、急に仕事を休まなくてはいけない時も同様です。

自分の下で働いてくれる人を大事にするという特徴もあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-