【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114045.html
くだらない話が多い友達の特徴

くだらない話が多い友達の特徴 | LADYCO

LADYCO
くだらない話が多い友達の特徴

オフィスや学校などで、気が付けば仲間とお喋り楽しんでいる人いませんか。

くだらない話が多い友達の特徴をピックアップしてみました。

  • 暇な時間が多い
  • 自慢話をしたい
  • 劣等感がつよい
  • 空気が読めない
  • 自分が大好き
  • 「一生懸命」が苦手
  • 愉快なことが好き
  • 時間やお金にルーズ
  • 沈黙がこわい
  • 孤独を恐れている
  • ストレスでいっぱい

1. 暇な時間が多い

暇な時間が多い

くだらない話ばかりしている友達は、暇な時間が多い傾向にあります。

時間を持て余しているからこそ、どうでも良い話ばかりできるのです。

仕事や勉強でしなければならない事があるとき、毎回くだらない話にイチから付き合うのは心苦しいもの。

「ちょっと、忙しいから」など理由づけをして、適度なところで話を切り上げていきましょう。

2. 自慢話をしたい

自慢話をしたい

とりとめない話をする人の心理として「自分を認めて欲しい」という承認欲求があります。

話を聞いてくれることで、自分の存在を認めてもらいたいのです。

家庭や職場で自分の居場所がないと感じる人ほど、必要以上にしゃべったりします。

中身のない話がいつまでも続くとき、そうした相手の気持ちを尊重してあげることも必要です。

3. 劣等感がつよい

劣等感がつよい

会うたびにくだらない話ばかりする友達は、背景に「人には言えない大きな劣等感」を抱えていることがあります。

背が低い・太っている・学歴が低いなど大きな声では言いにくいその人なりのトラウマを抱えていると、惨めな気持ちを隠すために、中身のないトークを重ねる傾向にあります。

つまらない話に相槌を打つのが辛くなったとき、そうした相手の心理状態に気付いてあげると、こちらの気持ちがラクになります。

4. 空気が読めない

空気が読めない

お葬式や法事などシリアスな会場で、大きな声で話し始める人は「周囲の状況を読めない」幼い人です。

多くの人は相手の年齢や立場、そのときの状況を鋭く読んで会話を楽しみます。

マイペースに自分のペースで話し続ける人は、そうした周囲の状況を読むチカラがありません。

いつでも自分中心で物事を考えるため、状況に合わせて感情をコントロールするのが苦手です。

「話の分からない人」「相手の気持ちが分からない人」といったレッテルを貼られることもあります。

5. 自分が大好き

自分が大好き

くだらない話ばかりしている人は、基本的に自分のことが大好きです。

世界の中心が自分にあると思っている人もいます。

他人のことにあまり興味を示さないため「聴くチカラ」はゼロ、「話すチカラ」にばかり長けています。

相手からどう思われることを気にしないため、相手の反応を見ず、どうでも良い話を永遠に続けます。

相手によっては煙たがられることもあります。

6. 「一生懸命」が苦手

「一生懸命」が苦手

マジメな話ができない人は、人生の重大な局面から逃げている人です。

目標に向かってコツコツ努力を重ねている人を笑ったりもします。

一生懸命打ち込むことが格好悪いと思っているため、話の腰を折るようなくだらない話が大好きです。

物事に真正面から体当たりするのが苦手なため、人付き合いも得意ではありません。

うわべだけの付き合いになりやすいため「八方美人な人」と言われることもあります。

7. 愉快なことが好き

愉快なことが好き

くだらない話で一日を終える人は、楽しいこと・その場限りのネタが大好きです。

物事のディープな面を見ず、楽しい面や愉快な面だけ見ようとするため「お調子者」と言われることもあります。

話のセンスが良かったり、人の前に出て話をすることが達者だったりすると「お笑い芸人」など芸能の道へ進むこともあります。

8. 時間やお金にルーズ

時間やお金にルーズ

くだらない話が大好きな人は、時間やお金に対する価値観もカジュアルです。

細かく区切ること・時間をコントロールされることに慣れていないため、優柔不断な人と評価されることもあります。

どんぶり勘定でお金を扱うため、パチンコや競馬・株などに資産を興じて、気づいたら一文なしだったこともあります。

ゆるいことが大好きなため、本人は良いものの、家族や恋人など身内はとても苦労します。

9. 沈黙がこわい

沈黙がこわい

当たり障りのない話ばかりする人は「誰も何も喋らない状況」、いわゆる沈黙の時間が好きではありません。

会話のキャッチボールが途切れてしまうのが怖いため、頭に思いついた事柄をよく考えずに、人に伝えます。

頭に思いついた事柄は、点と点ばかりで線でつながっていません。

そのため起承転結がハッキリとせず、マジメに聞いているこちら側は理解に苦しむことがあります。

10. 孤独を恐れている

孤独を恐れている

とりとめの無い話ばかりする人は「1人きりが苦手な人」です。

誰かと一緒にいると安心感を覚えるため、場を取り繕うことに一生懸命になります。

くだらない話を用意すると相手の気を引けると考えているため、一緒にいるときは機関銃のように、よく話します。

何を話しているのかハッキリ覚えていないため、同じ話を2回することも多いようです。

11. ストレスでいっぱい

ムダなお喋りが多い人は、抱えているストレスも多い傾向にあります。

孤独や不安などのマイナスの気持ちが溢れてくると、その気持ちを覆い隠そうと、必要以上に饒舌になってしまうのです。

受験で失敗した・転職で職務内容がかわった・結婚してライフスタイルがかわった・子どもが産まれた・病をわずらい体調が芳しくないなど、ライフスタイルに転機があったとき、不安な気持ちを隠すように一時的にお喋りが多くなることがあります。

オフィスや学校などで、気が付けば仲間とお喋り楽しんでいる人いませんか。

くだらない話が多い友達の特徴をピックアップしてみました。


暇な時間が多い

くだらない話ばかりしている友達は、暇な時間が多い傾向にあります。

時間を持て余しているからこそ、どうでも良い話ばかりできるのです。

仕事や勉強でしなければならない事があるとき、毎回くだらない話にイチから付き合うのは心苦しいもの。

「ちょっと、忙しいから」など理由づけをして、適度なところで話を切り上げていきましょう。

自慢話をしたい

とりとめない話をする人の心理として「自分を認めて欲しい」という承認欲求があります。

話を聞いてくれることで、自分の存在を認めてもらいたいのです。

家庭や職場で自分の居場所がないと感じる人ほど、必要以上にしゃべったりします。

中身のない話がいつまでも続くとき、そうした相手の気持ちを尊重してあげることも必要です。

劣等感がつよい

会うたびにくだらない話ばかりする友達は、背景に「人には言えない大きな劣等感」を抱えていることがあります。

背が低い・太っている・学歴が低いなど大きな声では言いにくいその人なりのトラウマを抱えていると、惨めな気持ちを隠すために、中身のないトークを重ねる傾向にあります。

つまらない話に相槌を打つのが辛くなったとき、そうした相手の心理状態に気付いてあげると、こちらの気持ちがラクになります。

空気が読めない

お葬式や法事などシリアスな会場で、大きな声で話し始める人は「周囲の状況を読めない」幼い人です。

多くの人は相手の年齢や立場、そのときの状況を鋭く読んで会話を楽しみます。

マイペースに自分のペースで話し続ける人は、そうした周囲の状況を読むチカラがありません。

いつでも自分中心で物事を考えるため、状況に合わせて感情をコントロールするのが苦手です。

「話の分からない人」「相手の気持ちが分からない人」といったレッテルを貼られることもあります。

自分が大好き

くだらない話ばかりしている人は、基本的に自分のことが大好きです。

世界の中心が自分にあると思っている人もいます。

他人のことにあまり興味を示さないため「聴くチカラ」はゼロ、「話すチカラ」にばかり長けています。

相手からどう思われることを気にしないため、相手の反応を見ず、どうでも良い話を永遠に続けます。

相手によっては煙たがられることもあります。

「一生懸命」が苦手

マジメな話ができない人は、人生の重大な局面から逃げている人です。

目標に向かってコツコツ努力を重ねている人を笑ったりもします。

一生懸命打ち込むことが格好悪いと思っているため、話の腰を折るようなくだらない話が大好きです。

物事に真正面から体当たりするのが苦手なため、人付き合いも得意ではありません。

うわべだけの付き合いになりやすいため「八方美人な人」と言われることもあります。

愉快なことが好き

くだらない話で一日を終える人は、楽しいこと・その場限りのネタが大好きです。

物事のディープな面を見ず、楽しい面や愉快な面だけ見ようとするため「お調子者」と言われることもあります。

話のセンスが良かったり、人の前に出て話をすることが達者だったりすると「お笑い芸人」など芸能の道へ進むこともあります。

時間やお金にルーズ

くだらない話が大好きな人は、時間やお金に対する価値観もカジュアルです。

細かく区切ること・時間をコントロールされることに慣れていないため、優柔不断な人と評価されることもあります。

どんぶり勘定でお金を扱うため、パチンコや競馬・株などに資産を興じて、気づいたら一文なしだったこともあります。

ゆるいことが大好きなため、本人は良いものの、家族や恋人など身内はとても苦労します。

沈黙がこわい

当たり障りのない話ばかりする人は「誰も何も喋らない状況」、いわゆる沈黙の時間が好きではありません。

会話のキャッチボールが途切れてしまうのが怖いため、頭に思いついた事柄をよく考えずに、人に伝えます。

頭に思いついた事柄は、点と点ばかりで線でつながっていません。

そのため起承転結がハッキリとせず、マジメに聞いているこちら側は理解に苦しむことがあります。

孤独を恐れている

とりとめの無い話ばかりする人は「1人きりが苦手な人」です。

誰かと一緒にいると安心感を覚えるため、場を取り繕うことに一生懸命になります。

くだらない話を用意すると相手の気を引けると考えているため、一緒にいるときは機関銃のように、よく話します。

何を話しているのかハッキリ覚えていないため、同じ話を2回することも多いようです。

ムダなお喋りが多い人は、抱えているストレスも多い傾向にあります。

孤独や不安などのマイナスの気持ちが溢れてくると、その気持ちを覆い隠そうと、必要以上に饒舌になってしまうのです。

受験で失敗した・転職で職務内容がかわった・結婚してライフスタイルがかわった・子どもが産まれた・病をわずらい体調が芳しくないなど、ライフスタイルに転機があったとき、不安な気持ちを隠すように一時的にお喋りが多くなることがあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-