【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095251.html
親友と友達の違い10選

親友と友達の違い10選 | LADYCO

LADYCO
親友と友達の違い10選

誰もが親友と友達の境界線について考えたことがあることでしょう。

ここではこれら二つの違いに関する一般的な見方について述べています。

  • 信頼できる
  • 「この人のためなら」と思える
  • 真の気遣いを示す
  • 怒る
  • 安心して貸し借りができる
  • 遠くにいても気持ちが離れない
  • 他の人に紹介できる
  • いつでも受け入れてくれる
  • 一緒にいたいと思う
  • 自分の状況を察してくれる

1. 信頼できる

信頼できる

まず「親友と友達の違いは?」と尋ねられると、多くの人は「親友は信頼できる人」と回答します。

そのため親友とは信頼できる友達のことといえます。

恐らく一緒に遊びに行くような関係の友達はたくさんいることと思いますが、その中でも信頼できる人というのは少数です。

このような状況からもわかるように、親友というのは大勢いるものではなく、少数であるのが一般的です。

2. 「この人のためなら」と思える

「この人のためなら」と思える

友達のために何かを行うことを苦と感じない人がいます。

もちろん誰かのために尽くし、その人が幸せになれればこちら側も幸せな気持ちになったり、良かったという感情が沸き起こります。

しかし親友が困っており、助けを必要としている場合は喜んで助けを差し伸べたいと感じるものです。

そのため友達が困っているときに自分がどのように感じるかによって、「あの人は自分にとって親友なんだ」と気づくことがあります。

3. 真の気遣いを示す

真の気遣いを示す

友達の多くは自分のことを気遣ってくれます。

しかしそのような気遣いは長続きしないことがあります。

当然のことですが、人のことばかりに気を使っていると疲れてしまいます。

そのため多くの人は、同時にたくさんの人のために何かを行うことはできません。

しかし親友と思える人に対しては別です。

そのような人のためにはできる限りのことを行いたいと思うはずです。

そして親友が困っていないかどうかを常に気遣い、必要なときにふさわしい助けを与えるのです。

4. 怒る

怒る

友達関係がこじれると面倒であると感じる人は大勢います。

そのため平和な関係を築けるよう、心がけるものです。

このような友達関係は協調性が重要視されるために、場合によっては間違った決定が支持されてしまうこともあります。

しかし親友はそのような状況を許しません。

相手のことを考えて間違った決定を指摘します。

ときにはそのような決定に固執する親友に対して激怒することもあるのです。

こうした行動は親友のことを大切にしている証拠なのです。

5. 安心して貸し借りができる

安心して貸し借りができる

1つ目の項目でも触れましたが、親友とは信頼できる存在です。

そのため大切なものであっても容易に貸し借りを行うことができます。

また状況によってはお金の貸し借りも行われますが、これは「この人なら必ず返してくれる」という確信があるためです。

また親友は何かを借りたことを忘れず、なるべく早めに返すことを考えます。

6. 遠くにいても気持ちが離れない

遠くにいても気持ちが離れない

親友同士はたとえ遠くに行ってしまっても、心は常に通じ合っています。

そのため再び再開したときの喜びは非常に大きなものです。

最近では携帯電話やメールによる連絡が容易に行えるようになりました。

しかしお互いが忙しい生活を送っていると連絡を取ることすら難しく感じられることもあります。

そのような状況にあっても心は通じ合い、常にお互いのことを考えているのです。

7. 他の人に紹介できる

他の人に紹介できる

遊び仲間の中には面白いけれども自分の友達として自信をもって他の人に紹介できない人もいることでしょう。

しかし親友に関しては別です。

親友は友達や家族に紹介しても恥ずかしくない人であり、実際に親友と自分の家族がすでに仲良しであるという人もいます。

8. いつでも受け入れてくれる

いつでも受け入れてくれる

親友同士であっても、常識は適用されるべきです。

そのため相手のことを考えずに頻繁に電話をしたり、連れまわしたりすることは避けるべきです。

しかし辛いことがあった場合など、それを親友に聞いてほしいと感じることがあります。

このような状況ではすぐに電話をし、辛い経験について話すことでしょう。

親友はたとえ忙しかったり疲れていても、このような話を聞いてくれます。

もちろんクライアントとの会合など、時間が取らないこともあります。

しかしなるべく事情を調整し、話に耳を傾けようとしてくれるのが親友なのです。

9. 一緒にいたいと思う

一緒にいたいと思う

状況によっては一人でゆっくりしたいと感じることがあります。

また友達同士で食事をしているときなど、場合によっては早く家に帰りたいと感じることもあるでしょう。

しかし親友の場合は異なります。

気の合う親友とはいつまでも一緒にいたいと感じるものです。

また話に花が咲くのも親友との会話であり、気取らずに楽しむことができるのです。

恐らく多くの人が親友と一緒にいると疲れないと感じることでしょう。

それにはここで述べたことが関係しているのです。

10. 自分の状況を察してくれる

辛い経験を誰にも話したくないと感じる人がいます。

しかしそのようなことを誰かに話して励ましてもらうことは、立ち直りを速めてくれるために非常に重要です。

親友はこのような性格を見抜き、さらに何かあったことを察してくれます。

そしてどのような経験をしたのかをじっくりと聞き、慰めを与えてくれるのです。

このように状況を察する親友の能力は、相手のことを常に気にかけていることの証拠です。

また自分から「こんなことがあったんだけど」と話し始めるよりは「どうしたの?」と聞かれてから辛い状況を話し始めるほうが気持ちが楽であると感じる人もいます。

そのためこうした親友を持つことは非常に心強いといえます。

誰もが親友と友達の境界線について考えたことがあることでしょう。

ここではこれら二つの違いに関する一般的な見方について述べています。


信頼できる

まず「親友と友達の違いは?」と尋ねられると、多くの人は「親友は信頼できる人」と回答します。

そのため親友とは信頼できる友達のことといえます。

恐らく一緒に遊びに行くような関係の友達はたくさんいることと思いますが、その中でも信頼できる人というのは少数です。

このような状況からもわかるように、親友というのは大勢いるものではなく、少数であるのが一般的です。

「この人のためなら」と思える

友達のために何かを行うことを苦と感じない人がいます。

もちろん誰かのために尽くし、その人が幸せになれればこちら側も幸せな気持ちになったり、良かったという感情が沸き起こります。

しかし親友が困っており、助けを必要としている場合は喜んで助けを差し伸べたいと感じるものです。

そのため友達が困っているときに自分がどのように感じるかによって、「あの人は自分にとって親友なんだ」と気づくことがあります。

真の気遣いを示す

友達の多くは自分のことを気遣ってくれます。

しかしそのような気遣いは長続きしないことがあります。

当然のことですが、人のことばかりに気を使っていると疲れてしまいます。

そのため多くの人は、同時にたくさんの人のために何かを行うことはできません。

しかし親友と思える人に対しては別です。

そのような人のためにはできる限りのことを行いたいと思うはずです。

そして親友が困っていないかどうかを常に気遣い、必要なときにふさわしい助けを与えるのです。

怒る

友達関係がこじれると面倒であると感じる人は大勢います。

そのため平和な関係を築けるよう、心がけるものです。

このような友達関係は協調性が重要視されるために、場合によっては間違った決定が支持されてしまうこともあります。

しかし親友はそのような状況を許しません。

相手のことを考えて間違った決定を指摘します。

ときにはそのような決定に固執する親友に対して激怒することもあるのです。

こうした行動は親友のことを大切にしている証拠なのです。

安心して貸し借りができる

1つ目の項目でも触れましたが、親友とは信頼できる存在です。

そのため大切なものであっても容易に貸し借りを行うことができます。

また状況によってはお金の貸し借りも行われますが、これは「この人なら必ず返してくれる」という確信があるためです。

また親友は何かを借りたことを忘れず、なるべく早めに返すことを考えます。

遠くにいても気持ちが離れない

親友同士はたとえ遠くに行ってしまっても、心は常に通じ合っています。

そのため再び再開したときの喜びは非常に大きなものです。

最近では携帯電話やメールによる連絡が容易に行えるようになりました。

しかしお互いが忙しい生活を送っていると連絡を取ることすら難しく感じられることもあります。

そのような状況にあっても心は通じ合い、常にお互いのことを考えているのです。

他の人に紹介できる

遊び仲間の中には面白いけれども自分の友達として自信をもって他の人に紹介できない人もいることでしょう。

しかし親友に関しては別です。

親友は友達や家族に紹介しても恥ずかしくない人であり、実際に親友と自分の家族がすでに仲良しであるという人もいます。

いつでも受け入れてくれる

親友同士であっても、常識は適用されるべきです。

そのため相手のことを考えずに頻繁に電話をしたり、連れまわしたりすることは避けるべきです。

しかし辛いことがあった場合など、それを親友に聞いてほしいと感じることがあります。

このような状況ではすぐに電話をし、辛い経験について話すことでしょう。

親友はたとえ忙しかったり疲れていても、このような話を聞いてくれます。

もちろんクライアントとの会合など、時間が取らないこともあります。

しかしなるべく事情を調整し、話に耳を傾けようとしてくれるのが親友なのです。

一緒にいたいと思う

状況によっては一人でゆっくりしたいと感じることがあります。

また友達同士で食事をしているときなど、場合によっては早く家に帰りたいと感じることもあるでしょう。

しかし親友の場合は異なります。

気の合う親友とはいつまでも一緒にいたいと感じるものです。

また話に花が咲くのも親友との会話であり、気取らずに楽しむことができるのです。

恐らく多くの人が親友と一緒にいると疲れないと感じることでしょう。

それにはここで述べたことが関係しているのです。

辛い経験を誰にも話したくないと感じる人がいます。

しかしそのようなことを誰かに話して励ましてもらうことは、立ち直りを速めてくれるために非常に重要です。

親友はこのような性格を見抜き、さらに何かあったことを察してくれます。

そしてどのような経験をしたのかをじっくりと聞き、慰めを与えてくれるのです。

このように状況を察する親友の能力は、相手のことを常に気にかけていることの証拠です。

また自分から「こんなことがあったんだけど」と話し始めるよりは「どうしたの?」と聞かれてから辛い状況を話し始めるほうが気持ちが楽であると感じる人もいます。

そのためこうした親友を持つことは非常に心強いといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-