【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114015.html
学歴コンプレックスがある人の特徴

学歴コンプレックスがある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
学歴コンプレックスがある人の特徴

学歴コンプレックスがある人にありがちな特徴を10選まとめてみました。

心当たりのある方は考え方を変えてみませんか?

  • 人の学歴が気になってしまう
  • 学歴を聞かれたくないので先に言ってしまう
  • その分遊びを謳歌していたと話す
  • 学歴で人を判断できないと語る
  • 親のせいにする
  • 早くに自立できたと考える
  • 子供を高学歴にしたいと考える
  • 少しでもできるところを見せたい
  • 頭の回転の速さで賢そうに見せる
  • 自分に自信がない

1. 人の学歴が気になってしまう

人の学歴が気になってしまう

自分の学歴にコンプレックスがあるとどうしても周りの人の学歴が気になってしまいます。

主婦になったらママ友の学歴、会社員になったら新人社員の学歴など、周りの人の学歴を気にしてさりげなく会話に入れてしまうこともあるでしょう。

しかしたとえ高学歴の人でも学歴を聞かれるのを嫌がる人もいます。

高学歴だからといって言いふらしたいわけではなく、逆に距離を置かれてしまうのでは?と心配していたりしますから、自分が気になるからと言って簡単に聞くべきではありません。

2. 学歴を聞かれたくないので先に言ってしまう

学歴を聞かれたくないので先に言ってしまう

学歴を聞かれるのが嫌で自分から言うようにしている人もいます。

そうすることで「これ以上聞いたら申し訳ないな…」と気を遣ってもらえることもあるからです。

言いにくいことを自分から言うことで気にしていないよという演技もできますし、あえて先に言うことは自分の保身にもなっているのです。

3. その分遊びを謳歌していたと話す

その分遊びを謳歌していたと話す

学歴が低いけれどその分遊びを謳歌していたから楽しい青春時代を過ごしたんだと話す人もいます。

さも学歴が高い人は青春時代を棒に振って勉強ばかりしてきたとも受け止められますので、自慢のように思われない話し方をしなければいけません。

学歴が高い人は欲望に耐えながら勉強を頑張ったという自信を持っており、そこと傷つけてしまうとなかなかわかりあえることはないでしょう。

学歴など関係なく今気が合えば十分です。

4. 学歴で人を判断できないと語る

学歴で人を判断できないと語る

学歴コンプレックスがある人ほど「学歴で人を判断できない」とか「学歴で人を判断してはいけない」などと言います。

もちろんそれもそうですが、学歴が高い人にこそ言ってもらいたいセリフではないでしょうか。

学歴が低い人がこのセリフを言うとむきになっているなどと思われてちょっと惨めな思いをするかもしれません。

5. 親のせいにする

親のせいにする

学歴コンプレックスがある人の中には大学進学を断念したことなどを親の経済力のせいにする人もいます。

実際に親に無理だと言われて諦めるケースもありますが、それを人に話すのは我慢したいところ。

それよりも今の人生を肯定的に考えてベストな道を探るのが自分のためであり親のためにもなるでしょう。

6. 早くに自立できたと考える

早くに自立できたと考える

学歴が低い人は早くから社会人になりますし、就職活動もなかなか苦労したと思います。

だから早くに自立したという自信を持っている可能性もあります。

それはそれで素晴らしいこと。

その自信を今後に生かしましょう。

しかし、学歴が低い上にいつまでも親の世話になっている人も中にはいます。

学歴が低いからと言ってみんな苦労しながら頑張っているかと言えば言い切れません。

7. 子供を高学歴にしたいと考える

子供を高学歴にしたいと考える

学歴コンプレックスで苦しめば苦しむほど自分の子供には同じ道を歩ませたくないと考えるずです。

だから子供が小さいうちに習い事や塾をやらせ、いい高校や大学を目指すように促す親も多いのではないでしょうか。

ただこれは良いことでもあります。

単に自分の夢を背負わせてしまうのはストレスになってしまいますが、自分の失敗を子供に教えてあげて反面教師にしてもらおうという考えなら悪いことではありません。

前向きに背中を押せる親でいたいですね。

また、あまり低学歴を悪く言ってしまうと子供から自分に対する尊敬が薄れてしまうので気をつけてください。

8. 少しでもできるところを見せたい

少しでもできるところを見せたい

学歴コンプレックスがあっても少しでもいいところを周りに見せたいとついムキになってしまう時もあります。

クイズ番組を見ている時にわかったからと言ってすぐ答えを言ってしまったり、知ったかぶって偉そうに新人教育をしてみたり。

でもそれは虚しくも見えるので自分のプライドを守るためにもほどほどにしておきましょう。

学歴など気にせず、自分の本質を見て好きになってもらう努力をしましょうね。

9. 頭の回転の速さで賢そうに見せる

頭の回転の速さで賢そうに見せる

学歴が低くたってトラブルに咄嗟に対応できたりさっと気の利いたことが言える人もいますよね。

頭の回転の速い人です。

そんな人は学歴の低さを感じさせず、むしろ賢い人に見えます。

生きていく上で学歴と同じくらい役に立つ能力ではないでしょうか。

賢いとはいろいろな考え方があります。

場の空気が読める発言だって賢い人のできること。

そちらを目指してみるのもいいのではないでしょうか。

10. 自分に自信がない

学歴コンプレックスのせいで何もかも自信をなくしてしまう人も。

でも、できないことは本当に学歴のせいなのでしょうか?

学校で習ったことが全てではないので、本を読んだり多くの仕事を経験することでも知識をつけていくことは可能です。

本当に賢い人はそれをよくわかっているのでそのように自分を変える努力を怠りません。

自信がない分、吸収する項目もたくさんあるのだとわくわくできるようにポジティブな考えを持つようにしましょう。

学歴コンプレックスがある人にありがちな特徴を10選まとめてみました。

心当たりのある方は考え方を変えてみませんか?


人の学歴が気になってしまう

自分の学歴にコンプレックスがあるとどうしても周りの人の学歴が気になってしまいます。

主婦になったらママ友の学歴、会社員になったら新人社員の学歴など、周りの人の学歴を気にしてさりげなく会話に入れてしまうこともあるでしょう。

しかしたとえ高学歴の人でも学歴を聞かれるのを嫌がる人もいます。

高学歴だからといって言いふらしたいわけではなく、逆に距離を置かれてしまうのでは?と心配していたりしますから、自分が気になるからと言って簡単に聞くべきではありません。

学歴を聞かれたくないので先に言ってしまう

学歴を聞かれるのが嫌で自分から言うようにしている人もいます。

そうすることで「これ以上聞いたら申し訳ないな…」と気を遣ってもらえることもあるからです。

言いにくいことを自分から言うことで気にしていないよという演技もできますし、あえて先に言うことは自分の保身にもなっているのです。

その分遊びを謳歌していたと話す

学歴が低いけれどその分遊びを謳歌していたから楽しい青春時代を過ごしたんだと話す人もいます。

さも学歴が高い人は青春時代を棒に振って勉強ばかりしてきたとも受け止められますので、自慢のように思われない話し方をしなければいけません。

学歴が高い人は欲望に耐えながら勉強を頑張ったという自信を持っており、そこと傷つけてしまうとなかなかわかりあえることはないでしょう。

学歴など関係なく今気が合えば十分です。

学歴で人を判断できないと語る

学歴コンプレックスがある人ほど「学歴で人を判断できない」とか「学歴で人を判断してはいけない」などと言います。

もちろんそれもそうですが、学歴が高い人にこそ言ってもらいたいセリフではないでしょうか。

学歴が低い人がこのセリフを言うとむきになっているなどと思われてちょっと惨めな思いをするかもしれません。

親のせいにする

学歴コンプレックスがある人の中には大学進学を断念したことなどを親の経済力のせいにする人もいます。

実際に親に無理だと言われて諦めるケースもありますが、それを人に話すのは我慢したいところ。

それよりも今の人生を肯定的に考えてベストな道を探るのが自分のためであり親のためにもなるでしょう。

早くに自立できたと考える

学歴が低い人は早くから社会人になりますし、就職活動もなかなか苦労したと思います。

だから早くに自立したという自信を持っている可能性もあります。

それはそれで素晴らしいこと。

その自信を今後に生かしましょう。

しかし、学歴が低い上にいつまでも親の世話になっている人も中にはいます。

学歴が低いからと言ってみんな苦労しながら頑張っているかと言えば言い切れません。

子供を高学歴にしたいと考える

学歴コンプレックスで苦しめば苦しむほど自分の子供には同じ道を歩ませたくないと考えるずです。

だから子供が小さいうちに習い事や塾をやらせ、いい高校や大学を目指すように促す親も多いのではないでしょうか。

ただこれは良いことでもあります。

単に自分の夢を背負わせてしまうのはストレスになってしまいますが、自分の失敗を子供に教えてあげて反面教師にしてもらおうという考えなら悪いことではありません。

前向きに背中を押せる親でいたいですね。

また、あまり低学歴を悪く言ってしまうと子供から自分に対する尊敬が薄れてしまうので気をつけてください。

少しでもできるところを見せたい

学歴コンプレックスがあっても少しでもいいところを周りに見せたいとついムキになってしまう時もあります。

クイズ番組を見ている時にわかったからと言ってすぐ答えを言ってしまったり、知ったかぶって偉そうに新人教育をしてみたり。

でもそれは虚しくも見えるので自分のプライドを守るためにもほどほどにしておきましょう。

学歴など気にせず、自分の本質を見て好きになってもらう努力をしましょうね。

頭の回転の速さで賢そうに見せる

学歴が低くたってトラブルに咄嗟に対応できたりさっと気の利いたことが言える人もいますよね。

頭の回転の速い人です。

そんな人は学歴の低さを感じさせず、むしろ賢い人に見えます。

生きていく上で学歴と同じくらい役に立つ能力ではないでしょうか。

賢いとはいろいろな考え方があります。

場の空気が読める発言だって賢い人のできること。

そちらを目指してみるのもいいのではないでしょうか。

学歴コンプレックスのせいで何もかも自信をなくしてしまう人も。

でも、できないことは本当に学歴のせいなのでしょうか?

学校で習ったことが全てではないので、本を読んだり多くの仕事を経験することでも知識をつけていくことは可能です。

本当に賢い人はそれをよくわかっているのでそのように自分を変える努力を怠りません。

自信がない分、吸収する項目もたくさんあるのだとわくわくできるようにポジティブな考えを持つようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-