【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114012.html
ワンマン社長の特徴

ワンマン社長の特徴 | LADYCO

LADYCO
ワンマン社長の特徴

ご自分がワンマン社長かもしれないという方や、ワンマン社長に悩まされているという方はいませんか。

ワンマン社長特有な10の特徴をご紹介します。

  • これだと思ったら、突っ走れる。
  • 苦労してここまで来たという人が多い。
  • 会議をしても、最終的には自分の意見を通す。
  • カリスマはあるが、人望はない。
  • 人望は右腕と呼ばれる人にある。
  • 思うようにいかないと怒鳴る。
  • お気に入りとお気に入りじゃないがはっきりしている。
  • どちらかというと、いつもピリピリしている。
  • 自分にできることは、人もできると思っている。
  • 上がり調子の時は良いが、下がり始めると止まらない。
  • まとめ

1. これだと思ったら、突っ走れる。

これだと思ったら、突っ走れる。

ワンマン社長だと周囲の人から思われるくらいだから、これだと思うビジネスのチャンスを見出したら、一気に走り出します。

もうちょっと考えてからにしましょう的なことは通じません。

その様子はもしかしたら、周囲には非常識な人に見えるかもしれませんが、そうじゃなければ、ワンマンにはなれませんし、ビジネスチャンスをものにできないのかもしれません。

2. 苦労してここまで来たという人が多い。

苦労してここまで来たという人が多い。

ワンマン社長は、たいてい仕事が軌道に乗る前、苦労しています。

そして、その苦労していた時代を忘れてはいません。

もしかしたら、自分の勘を信じ、苦労してここまで来たから、ワンマンになったのかもしれません。

でも、社長が語る苦労時代の話は若干脚色があったりします。

だから、当時の社長のことを知る人から話を聞く機会があったりすると、きつめのワンマン社長を許せる気持ちになるかもしれません。

3. 会議をしても、最終的には自分の意見を通す。

会議をしても、最終的には自分の意見を通す。

ワンマン社長の時代が長くなっていると、会議をして大多数の人がA案が良いと言っても、社長の鶴の一声でB案が採用されてしまうことがあります。

会議の参加者で社長に反感を持っている人は、何のための会議だよと心の中で思っているはずです。

そして、B案で商機を掴めれば、やはり社長はすごいということになりますが、ダメだったり上に、他社がA案に似た企画で成功でもしたら、だから言ったこっちゃないと思われてしまいます。

4. カリスマはあるが、人望はない。

カリスマはあるが、人望はない。

カリスマと人望、人から注目を受けるという点では似たような意味を持ちますが、ワンマン社長は傲慢なところがあって、人を傷つけてもいるので、人望はあまりありません。

カリスマもあって、人望もある社長も時々いますが、そういう人はワンマン社長とは呼ばれません。

5. 人望は右腕と呼ばれる人にある。

人望は右腕と呼ばれる人にある。

ビジネスはカリスマだけで成功するのは難しいものです。

だから、カリスマ社長には人望の厚い右腕がいます。

おそらくその人は社長の苦労時代を共にしてきた人で、社長のきつさを中和しています。

二人で一人であることを本人たちも自覚しているのではないでしょうは。

6. 思うようにいかないと怒鳴る。

思うようにいかないと怒鳴る。

ワンマン社長は、活躍している業種にもよりますが、声が大きい傾向にあります。

そして、自分の思うように部下が動かなかったりすると、場所のことなど考えずに大きなことで怒鳴りつけます。

言ってしまえば、ワンマン社長はビジネスに関する芸術家のような側面のある人なので、感情の表し方も大きいということなのでしょう。

怒鳴られた方は傷つきますが、怒鳴られた過去を持つ人はたくさんいるので、気にしないようにしましょう。

7. お気に入りとお気に入りじゃないがはっきりしている。

お気に入りとお気に入りじゃないがはっきりしている。

ワンマン社長は性格や思考がはっきりしているので、お気に入りとお気に入りじゃないがはっきりしています。

同じことをしても、前者は笑って許されるのに、後者は例のごとく怒鳴られるというようなこともあります。

上に立つ者として、そういうのはどうだろうかと思われますが、力があるうちはお気に入りになれるよう、皆、ある程度、努力することでしょう。

8. どちらかというと、いつもピリピリしている。

どちらかというと、いつもピリピリしている。

自分の力だけでのし上がってきたワンマン社長は、いつもどこかで戦っているので、性格も雰囲気も緊張感があります。

世襲制でのんびりゆったりとしたお育ちの良い社長とでは、まとっている雰囲気が違います。

どちらかというと、後者の方が良さそうな感じがしますが、緊急時においては前者の方が好ましく、後者は悠長すぎると感じ、人をイライラさせます。

部下の立場からすれば、どちらも一長一短ということでしょうか。

9. 自分にできることは、人もできると思っている。

自分にできることは、人もできると思っている。

仕事をするとなったら、徹夜も休日出勤も厭わなくなるワンマン社長。

部下にも同じことを要求してくることがあります。

もちろん部下も会社のことを大切に思っていますが、社長ほど、会社命、会社が全てとは思っていない場合もあります。

ましては、その手当てが十分に出ず、手弁当で参加すべきだとされたらどうしますか。

社長が言うのならと参加するかもしれませんが、本当は嫌です。

ワンマン社長は自分にとって、それが普通だからと言って、部下もまた同じ気持であるとは限らないことを知るべきかと思います。

10. 上がり調子の時は良いが、下がり始めると止まらない。

上がり調子の時は良いが、下がり始めると止まらない。

ワンマン社長がワンマン社長のままでいて良いのは、ビジネスが上がり調子の時だけです。

ビジネスが下がり始めてもワンマンであることを止めずにいたら、人望のある右腕も貴方から離れて行くでしょう。

そうしたら、もう終わりです。

裸の王様になるのも時間の問題です。

まとめ

自分がまさにワンマン社長という方は、人を労わる気持ちを思い出した方が良いでしょう。

そして、ワンマン社長の部下という方は、人生は万事、諸行無常です。

今の状態が永遠に続くということはまずありません。

社長の性格はこんな感じと割り切って行きましょう。

ご自分がワンマン社長かもしれないという方や、ワンマン社長に悩まされているという方はいませんか。

ワンマン社長特有な10の特徴をご紹介します。


これだと思ったら、突っ走れる。

ワンマン社長だと周囲の人から思われるくらいだから、これだと思うビジネスのチャンスを見出したら、一気に走り出します。

もうちょっと考えてからにしましょう的なことは通じません。

その様子はもしかしたら、周囲には非常識な人に見えるかもしれませんが、そうじゃなければ、ワンマンにはなれませんし、ビジネスチャンスをものにできないのかもしれません。

苦労してここまで来たという人が多い。

ワンマン社長は、たいてい仕事が軌道に乗る前、苦労しています。

そして、その苦労していた時代を忘れてはいません。

もしかしたら、自分の勘を信じ、苦労してここまで来たから、ワンマンになったのかもしれません。

でも、社長が語る苦労時代の話は若干脚色があったりします。

だから、当時の社長のことを知る人から話を聞く機会があったりすると、きつめのワンマン社長を許せる気持ちになるかもしれません。

会議をしても、最終的には自分の意見を通す。

ワンマン社長の時代が長くなっていると、会議をして大多数の人がA案が良いと言っても、社長の鶴の一声でB案が採用されてしまうことがあります。

会議の参加者で社長に反感を持っている人は、何のための会議だよと心の中で思っているはずです。

そして、B案で商機を掴めれば、やはり社長はすごいということになりますが、ダメだったり上に、他社がA案に似た企画で成功でもしたら、だから言ったこっちゃないと思われてしまいます。

カリスマはあるが、人望はない。

カリスマと人望、人から注目を受けるという点では似たような意味を持ちますが、ワンマン社長は傲慢なところがあって、人を傷つけてもいるので、人望はあまりありません。

カリスマもあって、人望もある社長も時々いますが、そういう人はワンマン社長とは呼ばれません。

人望は右腕と呼ばれる人にある。

ビジネスはカリスマだけで成功するのは難しいものです。

だから、カリスマ社長には人望の厚い右腕がいます。

おそらくその人は社長の苦労時代を共にしてきた人で、社長のきつさを中和しています。

二人で一人であることを本人たちも自覚しているのではないでしょうは。

思うようにいかないと怒鳴る。

ワンマン社長は、活躍している業種にもよりますが、声が大きい傾向にあります。

そして、自分の思うように部下が動かなかったりすると、場所のことなど考えずに大きなことで怒鳴りつけます。

言ってしまえば、ワンマン社長はビジネスに関する芸術家のような側面のある人なので、感情の表し方も大きいということなのでしょう。

怒鳴られた方は傷つきますが、怒鳴られた過去を持つ人はたくさんいるので、気にしないようにしましょう。

お気に入りとお気に入りじゃないがはっきりしている。

ワンマン社長は性格や思考がはっきりしているので、お気に入りとお気に入りじゃないがはっきりしています。

同じことをしても、前者は笑って許されるのに、後者は例のごとく怒鳴られるというようなこともあります。

上に立つ者として、そういうのはどうだろうかと思われますが、力があるうちはお気に入りになれるよう、皆、ある程度、努力することでしょう。

どちらかというと、いつもピリピリしている。

自分の力だけでのし上がってきたワンマン社長は、いつもどこかで戦っているので、性格も雰囲気も緊張感があります。

世襲制でのんびりゆったりとしたお育ちの良い社長とでは、まとっている雰囲気が違います。

どちらかというと、後者の方が良さそうな感じがしますが、緊急時においては前者の方が好ましく、後者は悠長すぎると感じ、人をイライラさせます。

部下の立場からすれば、どちらも一長一短ということでしょうか。

自分にできることは、人もできると思っている。

仕事をするとなったら、徹夜も休日出勤も厭わなくなるワンマン社長。

部下にも同じことを要求してくることがあります。

もちろん部下も会社のことを大切に思っていますが、社長ほど、会社命、会社が全てとは思っていない場合もあります。

ましては、その手当てが十分に出ず、手弁当で参加すべきだとされたらどうしますか。

社長が言うのならと参加するかもしれませんが、本当は嫌です。

ワンマン社長は自分にとって、それが普通だからと言って、部下もまた同じ気持であるとは限らないことを知るべきかと思います。

上がり調子の時は良いが、下がり始めると止まらない。

ワンマン社長がワンマン社長のままでいて良いのは、ビジネスが上がり調子の時だけです。

ビジネスが下がり始めてもワンマンであることを止めずにいたら、人望のある右腕も貴方から離れて行くでしょう。

そうしたら、もう終わりです。

裸の王様になるのも時間の問題です。

自分がまさにワンマン社長という方は、人を労わる気持ちを思い出した方が良いでしょう。

そして、ワンマン社長の部下という方は、人生は万事、諸行無常です。

今の状態が永遠に続くということはまずありません。

社長の性格はこんな感じと割り切って行きましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-