【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114006.html
自己顕示欲が強い人の特徴

自己顕示欲が強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
自己顕示欲が強い人の特徴

アクの強い方々が勢ぞろいしている自己顕示欲が強い人。

その特徴を挙げてみましょう。

  • 目的意識が強い
  • 有言実行タイプ
  • ソーシャル・ネットワーキング・サービスをフル活用
  • 集団の中では常に前
  • 集まりには少し遅れて登場する
  • 他人の会話を持っていく
  • 声が大きい
  • 俯かない
  • 情報収集力に長けている
  • 世話好き
  • 間違ったことはズバズバと指摘
  • 好きな人には当たって砕けろ!
  • 議論好き
  • 立候補好き
  • サークルを作りたがる
  • LINEよりも電話が好き

1. 目的意識が強い

目的意識が強い

目的意識が強いので、達成率がとても高い生き方をしているのが自己顕示欲が強い面々です。

傍から見ていると、「なにもそんなにがむしゃらに動かなくても」と思うほどにいつも全力投球です。

子供の頃から読書感想文や絵画コンクールなどで表彰され続けてきました。

自分という存在を意識したのは、この頃からだったのかもしれません。

自分はやれば達成できると信じて疑わない信念を持ち、それを遂行する為に目標を立てるのが常です。

2. 有言実行タイプ

有言実行タイプ

何かをする前に「これをやり遂げてみせる!」と言葉で明言するスタイルを貫いています。

これは「やる!」と決めて宣言する自分の凛々しさを十分に自覚し、やり遂げた時に他人に知らしめるための大事なステップなのです。

そして必ず囁かれる「○○さんて、やっぱりすごいわね」という言葉が何よりも御馳走なのです。

3. ソーシャル・ネットワーキング・サービスをフル活用

ソーシャル・ネットワーキング・サービスをフル活用

自分の存在をもっと広く知らしめたいと常に考えています。

だから、全ての行動は如何に効果的に自分という存在を誇示できるかが根底にあるのです。

やはり自分の口で知り合いだけに語るのでは限界があると学んだ今、ソーシャル・ネットワーキング・サービスは最強の味方。

新しいものにはすぐに飛びついて、自己アピール活動に余念がありません。

もちろん他人のものも逐一チェックを忘れません。

見たことのない相手にライバル心を抱き、常に誰よりも輝いている情報を発信したいと考えています。

4. 集団の中では常に前

集団の中では常に前

例えば、誰かの話を聞く機会があったとします。

大抵の人は他の誰かに「どうぞ」と前のポジションを譲りがち。

でも、自己顕示欲が強い人は譲られる以前から前に出ていきます。

話し手に認められたいという意識と本能でその他大勢の中には埋もれたくないと身体が勝手に動くのです。

質疑応答の時間にも黙ってなんていられません。

きちんと自分の名前を名乗ってから、質問をします。

その質問にはなんとなく「それってどうなの?」的なニュアンスを含むことを忘れません。

「みんなはあなたを絶賛しているようだけど、私だけは違うのよ」ということを知らしめるためだけの質問。

決して、純粋に疑問に感じているわけではないところが自己顕示欲が強い人の特徴です。

5. 集まりには少し遅れて登場する

集まりには少し遅れて登場する

大勢と集まる際には集合時間ギリギリ、もしくは遅れ気味で登場するのが自己顕示欲が強い人。

間違っても最初に来て、みんなを迎えるなんてことはしません。

大勢はまるで自分を待ち焦がれているかのように「遅れてごめんね〜」と登場します。

遅れてすまないなんて微塵も感じていないのですが、その発声で自分の登場を告知するのです。

そういわれれば、普通の人はそちらに注目してしまいますが、「みんな私のことを待ってたのね」と満足至極。

満面の笑みで登場します。

6. 他人の会話を持っていく

他人の会話を持っていく

誰かが会話をしている際に、正々堂々と話に割り込む得意技を持っています。

例えば、「○○のケーキって美味しいよね」 「私も好き!」 こんな会話の途中で「本当に美味しいケーキが食べたいなら、XXに行くべき」と乱入します。

そのXXというお店は他のケーキ店で450円で買えるケーキを600円で買わなくてはならないことも。

でも、「高いから美味しいのは当たり前」なんて言い返す隙はありません。

「そうだよね、あそこは美味しいよね」 という会話が続けられ、自己顕示欲が強い人の自尊心をくすぐる結果となります。

7. 声が大きい

声が大きい

自己顕示欲が強い人が注目されるには声が大きいという理由が挙げられます。

ただ単に大きいだけのやかましさではなく、声にメリハリがあり、思わず耳を傾けたくなってしまうところがミソ。

これぞ、最大の武器です。

8. 俯かない

俯かない

常に前を向いています。

これは顔を伏せずに前を向いているということと、思考が前向きだということも含まれます。

何があっても前を向いて突き進む。

生き方としては非常に力強く、見習いたくなるポイントです。

9. 情報収集力に長けている

情報収集力に長けている

様々な分野について詳しい点が特徴です。

そういった意味では一般の人よりも勉強家であるとも言えます。

その努力が自信となり、人前で自己主張をすることを厭わない性格の基盤となっています。

10. 世話好き

世話好き

自己顕示欲が強い人はアクが強いだけではなく、基本的に人が良く、世話好きです。

何かに困っている人にズバッと切り込んで、手助けをしようと積極的に動く正義の人。

他人のことには口を出さないという人が多い現代社会にとって稀有な存在です。

でも、困っている人の中には一人で粛々と悩んでいたいというタイプの人もいます。

その気持ちを理解する繊細さに少々欠けるところがあり、いわゆるお節介になってしまうことが玉にキズ。

11. 間違ったことはズバズバと指摘

間違ったことはズバズバと指摘

相手が誰であろうと、間違っていると気が付いたら指摘せずにはいられません。

真っ直ぐすぎるところがあります。

例えば、他の人であれば空気を読んでこっそりと本人だけに指摘するかもしれません。

でも自己顕示欲が強い人は、直ちに指摘しなければという使命に駆られます。

テレビに出てくるスーパーヒーローのようですね。

12. 好きな人には当たって砕けろ!

好きな人には当たって砕けろ!

もしも好きな人ができたとしたら、全身全霊でアタックするのが自己顕示欲が強い人。

好きなら好きと伝えることから始めるタイプです。

だから、相手に決まったパートナーがいるのかなんて二の次。

まずは自分という人を理解してもらわねばと挑みます。

押しに弱い相手の場合には、その勢いだけで籠絡されてしまう恐れあり。

恐るべき馬力で恋愛にも常に全力投球です。

「当たって砕けるなら本望」と潔さが魅力的。

この勢いのままに反社会的な恋愛に突入しないことを祈りましょう。

13. 議論好き

議論好き

議論することが大好きです。

言い負かしたいという欲求だけでなく、他人と意見交換することが楽しくて仕方ありません。

この議論で自分の非を認めたとしても、決して恨んだりしない清々しさを持ち合わせています。

ただ、議論はスタートすると終わりが見えないので、自己顕示欲が強い人に好んで議論を吹っ掛ける人はあまりいません。

14. 立候補好き

立候補好き

何かの経緯で代表者を選ばなくてはならない時に、立候補してくれるのが自己顕示欲が強い人。

大抵の人は「面倒事は避けたい」という考え方なので、絶対に係わりたくないと考えます。

その中で進んで引き受けてくれるのですから、こういった場面では大いに期待されています。

もちろん、引き受けた役はきちんと最後までやり遂げる責任感も人一倍。

だからこそ、自己顕示欲が強い人の立候補に真っ向から反対する人はいません。

15. サークルを作りたがる

サークルを作りたがる

「みんなで一緒に汗を流さない?」 「勉強会をひらこう」 「ボランティア活動をするから協力してね」 こういった第一声は、必ず自己顕示欲が強い人と決まっています。

自分の思いつきは絶対的に素晴らしく、一緒に取り組む人に喜びをもたらすと信じて疑いません。

だから、「一人で効率よくやるよりも、みんなで時間を掛けながら一緒にやる事に意義がある」と考えます。

一理あるのですが、断れない人が誘われるとバイタリティ溢れる行動についていけず、大変な思いをすることもあります。

16. LINEよりも電話が好き

いまどきツールの代表格であるLINEはフル活用しますが、実際は自分の意見を心置きなく語れる電話を好みます。

ただし、今は忙しい人が多いのでやたらと電話に付き合わせることができないのが残念無念。

我慢して回数を減らしています。

アクの強い方々が勢ぞろいしている自己顕示欲が強い人。

その特徴を挙げてみましょう。


目的意識が強い

目的意識が強いので、達成率がとても高い生き方をしているのが自己顕示欲が強い面々です。

傍から見ていると、「なにもそんなにがむしゃらに動かなくても」と思うほどにいつも全力投球です。

子供の頃から読書感想文や絵画コンクールなどで表彰され続けてきました。

自分という存在を意識したのは、この頃からだったのかもしれません。

自分はやれば達成できると信じて疑わない信念を持ち、それを遂行する為に目標を立てるのが常です。

有言実行タイプ

何かをする前に「これをやり遂げてみせる!」と言葉で明言するスタイルを貫いています。

これは「やる!」と決めて宣言する自分の凛々しさを十分に自覚し、やり遂げた時に他人に知らしめるための大事なステップなのです。

そして必ず囁かれる「○○さんて、やっぱりすごいわね」という言葉が何よりも御馳走なのです。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスをフル活用

自分の存在をもっと広く知らしめたいと常に考えています。

だから、全ての行動は如何に効果的に自分という存在を誇示できるかが根底にあるのです。

やはり自分の口で知り合いだけに語るのでは限界があると学んだ今、ソーシャル・ネットワーキング・サービスは最強の味方。

新しいものにはすぐに飛びついて、自己アピール活動に余念がありません。

もちろん他人のものも逐一チェックを忘れません。

見たことのない相手にライバル心を抱き、常に誰よりも輝いている情報を発信したいと考えています。

集団の中では常に前

例えば、誰かの話を聞く機会があったとします。

大抵の人は他の誰かに「どうぞ」と前のポジションを譲りがち。

でも、自己顕示欲が強い人は譲られる以前から前に出ていきます。

話し手に認められたいという意識と本能でその他大勢の中には埋もれたくないと身体が勝手に動くのです。

質疑応答の時間にも黙ってなんていられません。

きちんと自分の名前を名乗ってから、質問をします。

その質問にはなんとなく「それってどうなの?」的なニュアンスを含むことを忘れません。

「みんなはあなたを絶賛しているようだけど、私だけは違うのよ」ということを知らしめるためだけの質問。

決して、純粋に疑問に感じているわけではないところが自己顕示欲が強い人の特徴です。

集まりには少し遅れて登場する

大勢と集まる際には集合時間ギリギリ、もしくは遅れ気味で登場するのが自己顕示欲が強い人。

間違っても最初に来て、みんなを迎えるなんてことはしません。

大勢はまるで自分を待ち焦がれているかのように「遅れてごめんね〜」と登場します。

遅れてすまないなんて微塵も感じていないのですが、その発声で自分の登場を告知するのです。

そういわれれば、普通の人はそちらに注目してしまいますが、「みんな私のことを待ってたのね」と満足至極。

満面の笑みで登場します。

他人の会話を持っていく

誰かが会話をしている際に、正々堂々と話に割り込む得意技を持っています。

例えば、「○○のケーキって美味しいよね」 「私も好き!」 こんな会話の途中で「本当に美味しいケーキが食べたいなら、XXに行くべき」と乱入します。

そのXXというお店は他のケーキ店で450円で買えるケーキを600円で買わなくてはならないことも。

でも、「高いから美味しいのは当たり前」なんて言い返す隙はありません。

「そうだよね、あそこは美味しいよね」 という会話が続けられ、自己顕示欲が強い人の自尊心をくすぐる結果となります。

声が大きい

自己顕示欲が強い人が注目されるには声が大きいという理由が挙げられます。

ただ単に大きいだけのやかましさではなく、声にメリハリがあり、思わず耳を傾けたくなってしまうところがミソ。

これぞ、最大の武器です。

俯かない

常に前を向いています。

これは顔を伏せずに前を向いているということと、思考が前向きだということも含まれます。

何があっても前を向いて突き進む。

生き方としては非常に力強く、見習いたくなるポイントです。

情報収集力に長けている

様々な分野について詳しい点が特徴です。

そういった意味では一般の人よりも勉強家であるとも言えます。

その努力が自信となり、人前で自己主張をすることを厭わない性格の基盤となっています。

世話好き

自己顕示欲が強い人はアクが強いだけではなく、基本的に人が良く、世話好きです。

何かに困っている人にズバッと切り込んで、手助けをしようと積極的に動く正義の人。

他人のことには口を出さないという人が多い現代社会にとって稀有な存在です。

でも、困っている人の中には一人で粛々と悩んでいたいというタイプの人もいます。

その気持ちを理解する繊細さに少々欠けるところがあり、いわゆるお節介になってしまうことが玉にキズ。

間違ったことはズバズバと指摘

相手が誰であろうと、間違っていると気が付いたら指摘せずにはいられません。

真っ直ぐすぎるところがあります。

例えば、他の人であれば空気を読んでこっそりと本人だけに指摘するかもしれません。

でも自己顕示欲が強い人は、直ちに指摘しなければという使命に駆られます。

テレビに出てくるスーパーヒーローのようですね。

好きな人には当たって砕けろ!

もしも好きな人ができたとしたら、全身全霊でアタックするのが自己顕示欲が強い人。

好きなら好きと伝えることから始めるタイプです。

だから、相手に決まったパートナーがいるのかなんて二の次。

まずは自分という人を理解してもらわねばと挑みます。

押しに弱い相手の場合には、その勢いだけで籠絡されてしまう恐れあり。

恐るべき馬力で恋愛にも常に全力投球です。

「当たって砕けるなら本望」と潔さが魅力的。

この勢いのままに反社会的な恋愛に突入しないことを祈りましょう。

議論好き

議論することが大好きです。

言い負かしたいという欲求だけでなく、他人と意見交換することが楽しくて仕方ありません。

この議論で自分の非を認めたとしても、決して恨んだりしない清々しさを持ち合わせています。

ただ、議論はスタートすると終わりが見えないので、自己顕示欲が強い人に好んで議論を吹っ掛ける人はあまりいません。

立候補好き

何かの経緯で代表者を選ばなくてはならない時に、立候補してくれるのが自己顕示欲が強い人。

大抵の人は「面倒事は避けたい」という考え方なので、絶対に係わりたくないと考えます。

その中で進んで引き受けてくれるのですから、こういった場面では大いに期待されています。

もちろん、引き受けた役はきちんと最後までやり遂げる責任感も人一倍。

だからこそ、自己顕示欲が強い人の立候補に真っ向から反対する人はいません。

サークルを作りたがる

「みんなで一緒に汗を流さない?」 「勉強会をひらこう」 「ボランティア活動をするから協力してね」 こういった第一声は、必ず自己顕示欲が強い人と決まっています。

自分の思いつきは絶対的に素晴らしく、一緒に取り組む人に喜びをもたらすと信じて疑いません。

だから、「一人で効率よくやるよりも、みんなで時間を掛けながら一緒にやる事に意義がある」と考えます。

一理あるのですが、断れない人が誘われるとバイタリティ溢れる行動についていけず、大変な思いをすることもあります。

いまどきツールの代表格であるLINEはフル活用しますが、実際は自分の意見を心置きなく語れる電話を好みます。

ただし、今は忙しい人が多いのでやたらと電話に付き合わせることができないのが残念無念。

我慢して回数を減らしています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-