【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114003.html
おせっかいな人の特徴

おせっかいな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
おせっかいな人の特徴

おせっかいな人って、少し迷惑ですよね。

そんな人の共通する10の特徴をご紹介しますので、対応しないと行けない時の参考にしてください。

  • 自分は良いことをしているという確信がある。
  • 自分が良いと思うように動くまで諦めない。
  • 人の役に立ちたいと強く思っている。
  • それで気が済むのならと思われていることを知らない。
  • 自分が役に立った話を人に聞かせたがる。
  • もう言ってくれるなと思っていることに気づかない。
  • 人から迷惑だと言われると傷つく。
  • おしゃべりで若干口が軽め。
  • 自分のおせっかいが受け入れられないと爆発することがある。
  • 年代によって、おせっかいの種類は変わる。

1. 自分は良いことをしているという確信がある。

自分は良いことをしているという確信がある。

おせっかいの人は、本当は自分の気持ちが落ち着かなかったり、暇だったりするために、それをしているのですが、本人にその自覚はほぼありません。

むしろ、自分がしないと相手が困るだろう、悪い状況になるだろうと思って、おせっかいをしています。

だから、自分は良いこと、正しいことをしていると確信して、その行動をとっています。

2. 自分が良いと思うように動くまで諦めない。

自分が良いと思うように動くまで諦めない。

おせっかいな人は、おせっかいでしかないことなのに、そうしないと困る、悪い状況になると心底思っているので、自分が良いと思うように動くまで、「でもね」「とはいってもね」などと言って、説得しようと試みます。

そして、その場は相手が工夫して、断りのニュアンスでちょっと考えてみるなどと言うと、考えてみるの部分だけを受け取って、電話などでどう?考えてみた?などと性懲りなく連絡してきたりします。

3. 人の役に立ちたいと強く思っている。

人の役に立ちたいと強く思っている。

趣味があるわけでもなく、おせっかいくらいしかすることがなくて、おせっかいをしているのですが、人の役に立ちたいと思っている気持ちは嘘ではありません。

それはよく分かるから、人はおせっかいな人の話に一応耳を傾けるのです。

もしその気持ちがないことがはっきりしていれば、おせっかいな人など軽くいなされてそれで終わりです。

4. それで気が済むのならと思われていることを知らない。

それで気が済むのならと思われていることを知らない。

おせっかいな人も社会の一員です。

自分がその人の思うように行動すれば、満足してくれるのならと思い、相手が妥協していることもあります。

問題は、おせっかいな人はその事実を認識していない点です。

普通の人はそれに何となく気づき、この人は今妥協したな、次はもう止めておこうと考えるのですが、それができません。

5. 自分が役に立った話を人に聞かせたがる。

自分が役に立った話を人に聞かせたがる。

おせっかいに成功談があるのかは、分かりませんが、自分がアドバイス(お節介なのですが、本人はアドバイスをしたつもりでいます。

)をしたおかげで、上手く行ったという話をしたがります。

話を聞く人は、すごいですね、何かの時は私にもアドバイスしてくださいなどと言うかもしれませんが、おせっかいな人はその言葉を真実の言葉として受け取ります。

6. もう言ってくれるなと思っていることに気づかない。

もう言ってくれるなと思っていることに気づかない。

おせっかいが過ぎると、人はもう言ってくれるなとサインを出します。

話題を変えようとしたり、ため息をついたり、目を軽く逸らして空を見たり、普通であれば、もう十分ですよと言われていることに気がつきます。

でも、おせっかいな人はある意味、信念を持ってそれをしているので、気がつきません。

そのため、おせっかいな上に、しつこい人だなと思われてしまったりします。

7. 人から迷惑だと言われると傷つく。

人から迷惑だと言われると傷つく。

意外に繊細。

おせっかいが過ぎれば、直球でおせっかいが過ぎることや、迷惑に感じていることを相手から直接、指摘されることになります。

そうすると、おせっかいな人はかなりの確実で、傷つきます。

自分が随分なおせっかいをしていたとしても、そこまで言わなくてもとおもったりもします。

ああ見えて、ガラスの心をもっていたりもします。

8. おしゃべりで若干口が軽め。

おしゃべりで若干口が軽め。

おせっかいな人は自分を認めて欲しいという気持ちがどこかにあります。

だから、自分がしたおせっかいをつい人に話してしまいます。

おせっかいで口が堅い人が、あまりイクオールで結ばれないのはそのためです。

噂話や陰口が好きということではないのですが、おせっかいをしている内容は、大抵、人のプライバシーと関係する事項なので、結果として口が軽い人だとレッテルを張られてしまうこともあります。

9. 自分のおせっかいが受け入れられないと爆発することがある。

自分のおせっかいが受け入れられないと爆発することがある。

おせっかいな人は苦手なのは、頑固一徹でおせっかいを受け入れてくれない人と、柳のようにそよそよとおせっかいを受け流す人です。

苦手なタイプの人と対しても、おせっかいな人はかなり頑張ります。

頑張っても、頑張っても、自分のおせっかいが受け入れられないと、感情を爆発させて、前者のタイプの人とは大喧嘩になり、後者のタイプの人とはそれすらも相手のしてもらえないということが起こり得ます。

10. 年代によって、おせっかいの種類は変わる。

若い人でおせっかいな人は、良かれと思ってという場合もありますが、興味本位だったり、羨ましさの裏返しだったりします。

もしおせっかいだなと思ったら、ばっさり指摘して終わりにしましょう。

若い人は空気を読むことに長けているので、止めてくれる可能性大です。

一方、年配の方の場合は、人とのつながりを求めてということもあります。

その場合は、新しい趣味を持つ事や、ボランティア活動への参加を促すと、心が他の方に向き、おせっかいが止まるかもしれません。

おせっかいな人って、少し迷惑ですよね。

そんな人の共通する10の特徴をご紹介しますので、対応しないと行けない時の参考にしてください。


自分は良いことをしているという確信がある。

おせっかいの人は、本当は自分の気持ちが落ち着かなかったり、暇だったりするために、それをしているのですが、本人にその自覚はほぼありません。

むしろ、自分がしないと相手が困るだろう、悪い状況になるだろうと思って、おせっかいをしています。

だから、自分は良いこと、正しいことをしていると確信して、その行動をとっています。

自分が良いと思うように動くまで諦めない。

おせっかいな人は、おせっかいでしかないことなのに、そうしないと困る、悪い状況になると心底思っているので、自分が良いと思うように動くまで、「でもね」「とはいってもね」などと言って、説得しようと試みます。

そして、その場は相手が工夫して、断りのニュアンスでちょっと考えてみるなどと言うと、考えてみるの部分だけを受け取って、電話などでどう?考えてみた?などと性懲りなく連絡してきたりします。

人の役に立ちたいと強く思っている。

趣味があるわけでもなく、おせっかいくらいしかすることがなくて、おせっかいをしているのですが、人の役に立ちたいと思っている気持ちは嘘ではありません。

それはよく分かるから、人はおせっかいな人の話に一応耳を傾けるのです。

もしその気持ちがないことがはっきりしていれば、おせっかいな人など軽くいなされてそれで終わりです。

それで気が済むのならと思われていることを知らない。

おせっかいな人も社会の一員です。

自分がその人の思うように行動すれば、満足してくれるのならと思い、相手が妥協していることもあります。

問題は、おせっかいな人はその事実を認識していない点です。

普通の人はそれに何となく気づき、この人は今妥協したな、次はもう止めておこうと考えるのですが、それができません。

自分が役に立った話を人に聞かせたがる。

おせっかいに成功談があるのかは、分かりませんが、自分がアドバイス(お節介なのですが、本人はアドバイスをしたつもりでいます。

)をしたおかげで、上手く行ったという話をしたがります。

話を聞く人は、すごいですね、何かの時は私にもアドバイスしてくださいなどと言うかもしれませんが、おせっかいな人はその言葉を真実の言葉として受け取ります。

もう言ってくれるなと思っていることに気づかない。

おせっかいが過ぎると、人はもう言ってくれるなとサインを出します。

話題を変えようとしたり、ため息をついたり、目を軽く逸らして空を見たり、普通であれば、もう十分ですよと言われていることに気がつきます。

でも、おせっかいな人はある意味、信念を持ってそれをしているので、気がつきません。

そのため、おせっかいな上に、しつこい人だなと思われてしまったりします。

人から迷惑だと言われると傷つく。

意外に繊細。

おせっかいが過ぎれば、直球でおせっかいが過ぎることや、迷惑に感じていることを相手から直接、指摘されることになります。

そうすると、おせっかいな人はかなりの確実で、傷つきます。

自分が随分なおせっかいをしていたとしても、そこまで言わなくてもとおもったりもします。

ああ見えて、ガラスの心をもっていたりもします。

おしゃべりで若干口が軽め。

おせっかいな人は自分を認めて欲しいという気持ちがどこかにあります。

だから、自分がしたおせっかいをつい人に話してしまいます。

おせっかいで口が堅い人が、あまりイクオールで結ばれないのはそのためです。

噂話や陰口が好きということではないのですが、おせっかいをしている内容は、大抵、人のプライバシーと関係する事項なので、結果として口が軽い人だとレッテルを張られてしまうこともあります。

自分のおせっかいが受け入れられないと爆発することがある。

おせっかいな人は苦手なのは、頑固一徹でおせっかいを受け入れてくれない人と、柳のようにそよそよとおせっかいを受け流す人です。

苦手なタイプの人と対しても、おせっかいな人はかなり頑張ります。

頑張っても、頑張っても、自分のおせっかいが受け入れられないと、感情を爆発させて、前者のタイプの人とは大喧嘩になり、後者のタイプの人とはそれすらも相手のしてもらえないということが起こり得ます。

若い人でおせっかいな人は、良かれと思ってという場合もありますが、興味本位だったり、羨ましさの裏返しだったりします。

もしおせっかいだなと思ったら、ばっさり指摘して終わりにしましょう。

若い人は空気を読むことに長けているので、止めてくれる可能性大です。

一方、年配の方の場合は、人とのつながりを求めてということもあります。

その場合は、新しい趣味を持つ事や、ボランティア活動への参加を促すと、心が他の方に向き、おせっかいが止まるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-