【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114000.html
楽観主義な人の特徴

楽観主義な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
楽観主義な人の特徴

楽観主義な人ってどんな人?その特徴について考えてみました。

  • 基本が笑顔
  • 努力はほどほどに
  • 敵がいない
  • つかみどころのない性格
  • 時間に追われない
  • 人に優しい
  • 物をよく無くす
  • 望まれたら勢いで交際が始まる
  • お金の管理が苦手でも経済的に困らない
  • 家族みんなが楽観主義者

1. 基本が笑顔

基本が笑顔

「どうにかなるし、どうにかならなかったら諦めればいい」という考えなので、切羽詰まったりすることはありません。

なので、いつもストレスに晒されることはなく、穏やかな表情でいることができるのです。

それが楽観主義の一番の特徴といえます。

そういった考え方は周囲の人への配慮ともなっています。

約束の時間に遅れても「そのうち来るだろう」とのんびり構え、行き会った後にも怒り出すことはありません。

また、貸したものを期限通りに返してくれない人にも「いつか返してくれるって言ったから」と言って催促することも無し。

中には「お人よし過ぎて、損をしている」と身代わりとなって怒りを爆発させる人もいますが、我関せず。

とにかくいつでもニコニコしていられる毎日なのです。

2. 努力はほどほどに

努力はほどほどに

楽観主義は怠け者とは違います。

人並みにしなくてはならないことは承知している点が異なります。

でも、日頃からガツガツと努力の人なのかというと、答えはNo! のんびりと自分のペースを崩しません。

このペースで継続するとどんな結果が予測されるのかという先々のことに思いが至らないのです。

楽観主義者のペースの守り方に対するマイルールは立派と称賛に値するほど。

ただし、自分で意識してセーブしているということでもないのです。

マイペースという言葉は、このような楽観主義な人のための言葉なのかもしれません。

3. 敵がいない

敵がいない

誰でも誰かと敵対してしまうことはあるはず。

それは意図してそうなるのではなく、その人との相性や性格など様々な要素がそのような結果を引き起こしてしまいます。

でも、例外を挙げるとすれば楽観主義な人です。

自分に対して追い込みを掛けないので、プレッシャーゼロな生活を送っています。

だから、その反動で誰かに辛く当たったり物言いがきつくなったりすることがありません。

その為、人畜無害と思われて、誰からも敵とは見做されません。

4. つかみどころのない性格

つかみどころのない性格

楽観主義の人は、人並みでいなくてはならないという常識は持ち合わせていません。

だから、人と違っても違和感を感じることがないのです。

自分は自分。

人は人。

これを地で行くのが楽観主義の人なのです。

周囲の人は、楽観主義の人と何かを成し遂げようとすると頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになってしまうことも。

でも、悪気がないので見逃されます。

正につかみどころのない性格です。

5. 時間に追われない

時間に追われない

楽観主義な人は逐一時間を確認するようなせかせかした動きとは無縁です。

「ここで急いでも大差はない」 そんな考えが全ての思考軸になっているので、時間に追われているという感覚が理解できません。

また、そんな楽観主義の人は時間に間に合わないことも間々あります。

それでも憎まれ口を言われることはありません。

「あの人は5分遅れるのが普通」と温かく認定されています。

6. 人に優しい

人に優しい

人に優しくしたら、同じだけしてもらえるのか。

そんなふうに損得勘定で動く人もいるでしょう。

でも、楽観主義な人はそんな計算は一切しません。

困っている人に気付けば、必ず手を差し伸べます。

ただし、困っている人の状況を的確に判断するか否かは別の話。

そこそこのヘルプでストップしてしまうことも間々あります。

それでも「優しい人だね」と評価されるのが楽観主義な人です。

7. 物をよく無くす

物をよく無くす

物をよく無くしてしまうのも特徴のひとつです。

言い方を変えれば、何かに対する執着心が弱いということ。

例えば、お気に入りのもので身の回りを整え、それらに強い愛情を抱けば物を無くすなんてありえません。

徹底的に管理し、愛着品と共に末永く過ごすことでしょう。

でも、楽観主義な人は物が無かったらないなりに過ごす。

「無いな」と気付いても真剣に探さない。

いつも肩の力を抜いて自然体で過ごすのが楽観主義な人なのです。

8. 望まれたら勢いで交際が始まる

望まれたら勢いで交際が始まる

どんな人とでもそこそこ上手く付き合える点も楽観主義な人の長所です。

だから、「付き合ってください」と交際を申し込まれたら「まあ、いいんじゃないかな。

嫌いじゃないし」
とのほほんとしたまま交際がスタートします。

また、柔軟性のある性格なので、交際相手と喧嘩することは滅多にありません。

もしも喧嘩に至ったとしても、全力で解決するまでもなく元の通りに仲直り。

こういう人との交際は、間違いなく穏やかで幸せです。

9. お金の管理が苦手でも経済的に困らない

お金の管理が苦手でも経済的に困らない

経済観念がイマイチな点があります。

だから、なんとなく「今月もお金が終わってしまった」というパターン。

でも、なんとなくなんとかなってしまいます。

臨時収入があったり、誰かが御馳走してくれたり。

いつ何時もなんとかなってしまうのです。

10. 家族みんなが楽観主義者

楽観主義な人の場合、DNAがそうさせていることもあります。

すると家族みんなが楽観主義。

でも、この家族の幸福度はピカイチです。

みんなが「大丈夫だよ」と思いやり、のんびりと暮らしています。

人を羨んだり妬んだりという感情ゼロの家庭です。

楽観主義な人ってどんな人?その特徴について考えてみました。


基本が笑顔

「どうにかなるし、どうにかならなかったら諦めればいい」という考えなので、切羽詰まったりすることはありません。

なので、いつもストレスに晒されることはなく、穏やかな表情でいることができるのです。

それが楽観主義の一番の特徴といえます。

そういった考え方は周囲の人への配慮ともなっています。

約束の時間に遅れても「そのうち来るだろう」とのんびり構え、行き会った後にも怒り出すことはありません。

また、貸したものを期限通りに返してくれない人にも「いつか返してくれるって言ったから」と言って催促することも無し。

中には「お人よし過ぎて、損をしている」と身代わりとなって怒りを爆発させる人もいますが、我関せず。

とにかくいつでもニコニコしていられる毎日なのです。

努力はほどほどに

楽観主義は怠け者とは違います。

人並みにしなくてはならないことは承知している点が異なります。

でも、日頃からガツガツと努力の人なのかというと、答えはNo! のんびりと自分のペースを崩しません。

このペースで継続するとどんな結果が予測されるのかという先々のことに思いが至らないのです。

楽観主義者のペースの守り方に対するマイルールは立派と称賛に値するほど。

ただし、自分で意識してセーブしているということでもないのです。

マイペースという言葉は、このような楽観主義な人のための言葉なのかもしれません。

敵がいない

誰でも誰かと敵対してしまうことはあるはず。

それは意図してそうなるのではなく、その人との相性や性格など様々な要素がそのような結果を引き起こしてしまいます。

でも、例外を挙げるとすれば楽観主義な人です。

自分に対して追い込みを掛けないので、プレッシャーゼロな生活を送っています。

だから、その反動で誰かに辛く当たったり物言いがきつくなったりすることがありません。

その為、人畜無害と思われて、誰からも敵とは見做されません。

つかみどころのない性格

楽観主義の人は、人並みでいなくてはならないという常識は持ち合わせていません。

だから、人と違っても違和感を感じることがないのです。

自分は自分。

人は人。

これを地で行くのが楽観主義の人なのです。

周囲の人は、楽観主義の人と何かを成し遂げようとすると頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになってしまうことも。

でも、悪気がないので見逃されます。

正につかみどころのない性格です。

時間に追われない

楽観主義な人は逐一時間を確認するようなせかせかした動きとは無縁です。

「ここで急いでも大差はない」 そんな考えが全ての思考軸になっているので、時間に追われているという感覚が理解できません。

また、そんな楽観主義の人は時間に間に合わないことも間々あります。

それでも憎まれ口を言われることはありません。

「あの人は5分遅れるのが普通」と温かく認定されています。

人に優しい

人に優しくしたら、同じだけしてもらえるのか。

そんなふうに損得勘定で動く人もいるでしょう。

でも、楽観主義な人はそんな計算は一切しません。

困っている人に気付けば、必ず手を差し伸べます。

ただし、困っている人の状況を的確に判断するか否かは別の話。

そこそこのヘルプでストップしてしまうことも間々あります。

それでも「優しい人だね」と評価されるのが楽観主義な人です。

物をよく無くす

物をよく無くしてしまうのも特徴のひとつです。

言い方を変えれば、何かに対する執着心が弱いということ。

例えば、お気に入りのもので身の回りを整え、それらに強い愛情を抱けば物を無くすなんてありえません。

徹底的に管理し、愛着品と共に末永く過ごすことでしょう。

でも、楽観主義な人は物が無かったらないなりに過ごす。

「無いな」と気付いても真剣に探さない。

いつも肩の力を抜いて自然体で過ごすのが楽観主義な人なのです。

望まれたら勢いで交際が始まる

どんな人とでもそこそこ上手く付き合える点も楽観主義な人の長所です。

だから、「付き合ってください」と交際を申し込まれたら「まあ、いいんじゃないかな。

嫌いじゃないし」
とのほほんとしたまま交際がスタートします。

また、柔軟性のある性格なので、交際相手と喧嘩することは滅多にありません。

もしも喧嘩に至ったとしても、全力で解決するまでもなく元の通りに仲直り。

こういう人との交際は、間違いなく穏やかで幸せです。

お金の管理が苦手でも経済的に困らない

経済観念がイマイチな点があります。

だから、なんとなく「今月もお金が終わってしまった」というパターン。

でも、なんとなくなんとかなってしまいます。

臨時収入があったり、誰かが御馳走してくれたり。

いつ何時もなんとかなってしまうのです。

楽観主義な人の場合、DNAがそうさせていることもあります。

すると家族みんなが楽観主義。

でも、この家族の幸福度はピカイチです。

みんなが「大丈夫だよ」と思いやり、のんびりと暮らしています。

人を羨んだり妬んだりという感情ゼロの家庭です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-