【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515113939.html
歯を磨かない旦那、歯を磨いてもらうためにできること

歯を磨かない旦那、歯を磨いてもらうためにできること | LADYCO

LADYCO
歯を磨かない旦那、歯を磨いてもらうためにできること

歯を磨かない理由から考えることで、磨いてもらう方法が浮かべるのではと思い、 「磨かない理由」「磨いてもらう方法」「まとめ」の3点に分けて、キーワードとして述べさせて頂きました。

  • そもそも、なぜ歯を磨かないのか、その理由を考えてみる。
  • 歯を磨いてもらう方法
  • まとめ

1. そもそも、なぜ歯を磨かないのか、その理由を考えてみる。

そもそも、なぜ歯を磨かないのか、その理由を考えてみる。
  • 面倒くさいから
  • あまり接客しない仕事だから気にしなくていい
  • 身だしなみが必要としない仕事だから(私服OKの仕事場など)
  • 見た目より中身を見てくれる奥様だから、身だしなみは気にしなくていい
  • 鬼嫁じゃないから。(奥様がやさしいから。)
  • 歯磨きに関して厳しい歯科医師には、行きたがらなくなり、やさしい歯科医師へ行く傾向が多い
  • 仕事が多忙(昼食はコンビニで買って食べながら仕事している為)
  • 仕事が多忙(残業が多く、コンビニで買って食べながら仕事している為)
  • 仕事が多忙(休みが少ない、不定期の為、疲れて歯磨きをする時間がない、歯磨きをする気になれない。)
  • 歯を磨くことの大切さを理解していない、または理解しようとしない。
  • 歯がなくなって仮歯、入れ歯なってもいいのかという危機感がない。
  • 同年代が仮歯、入れ歯を使用している人が多いのが知っているから気にしない。
  • 年をとっていくと、いずれは、誰にでも入れ歯になるかもしれないと思っている。
  • 会社だけでなく、家庭にも仕事を持ち込んで、1分でも惜しいと言っている旦那様には、何を言っても聞かない。(特に虫歯になった事がない場合)

2. 歯を磨いてもらう方法

歯を磨いてもらう方法
  • 歯科医師が美人女性であれば、言う事を聞く(もし美人女性歯科医師が奥様の知り合いなら、虫歯がなくても、徹底的に朝昼晩、毎日磨くように伝えてもらう。)
  • 旦那様にとって、帰る自宅・家庭がほっとする場所、自分の居場所を作ってあげる。⇒奥様の献身さが伝わり、奥様の言い分を聞いてくれる。
  • 歯磨きをしたら、旦那様の大好物を作ってあげる。
  • 歯磨きをしたら、奥様からお小遣い(欲しいもの)を支給する。
  • 歯磨きをする度にポイントを貯まった分だけ、お小遣い(欲しいもの)を支給する。
  • 逆に歯磨きをしなかったら、旦那様から罰金を奥様に支払う。
  • 逆に歯磨きをしなかったら、デザート等のあまいものは、一切禁止。
  • 逆に歯磨きをしなかったら、旦那様の大好物は一切禁止。
  • 歯を磨くことのメリット(下記)を説明する。
  • メリット_一人の時間を作れる。
  • メリット_クールダウンして状況を把握できる。
  • メリット_無意識にアイデアが浮かぶ。
  • メリット_歯を磨く時間が5分〜10分を目安にして限られた時間内で、どれだけ考えられるか、メンタルを鍛え、仕事にも活かせる。⇒これを日々鍛錬しておくことで、会社で突発的な仕事でも臨機応変に対応できるように考える力を身につくと思ってもらう。
  • メリット_歯磨きは生活の一部だと考え習慣づけるようにする。
  • メリット_歯磨きは歯のマッサージだと思うようにする。⇒歯のマッサージしてあげる事で頭にリフレッシュができスッキリできる。
  • メリット_毎日、歯磨きをする習慣を身に付けておくことで、たまに歯磨きを忘れる時、いつもと違うなと何でだろうと疑問にもち、身体に異変がないか病院に診てもらう事で、大きな病気にならずに済む事もあるので、自己管理ができる。⇒病気で休まず働き続けられる。⇒仕事仲間、取引先、お客様からの信頼がより深まる。

まとめ

  • 旦那様の性格によりますが、何をどうしていいか、オロオロしているような旦那様には、奥様が鬼嫁になって、細かく的確に指示を与える事で忠実にやってくれます。(あまり、こき使いすぎると不満が大きくなってしまいますので、ムチとアメの使い分けしてあげるように配慮して頂くと無難かと思います。)
  • 旦那様が亭主関白の場合、旦那様にとって奥様と一緒にいるのが一番、居心地が良いと思われるように尽くしてあげることで、旦那様からいつもありがとうと言われたり、久しぶりに外食にでも行こうかと言われている時は、奥様の言い分を聞いてくれるタイミングなので、歯磨きは面倒な作業ですが、健康に良いことを説明してあげるのが良いかと思います。
  • 仕事に余裕がない旦那様に対しては、家庭では旦那様に居場所を作ってあげる。旦那様にとって、ほっとする場所を作ってあげることで、奥様の言い分を聞いてくれるようになれば、健康のためにも、歯を磨いてもらうようお願いすると良いかと思います。
  • 旦那様の年齢によりますが、食べ物や運動等、健康に気を使っているようでしたら、歯磨きをする行為が健康の一つである事をうまく刷り込ませるように話してみるのもいいかもしれません。
  • 旦那様がモーレツ社員でしたら、根を詰めると身体にダメージを与えてしまっているので、歯磨きをする事で、頭と身体にクールダウンとリフレッシュできる事を説明してあげるのもいいかもしれません。
  • 旦那様が面倒くさがり屋の場合、言わないと本当に何もやらなくなってしまうので、奥様が厳しく指示をする事で、「面倒くさいなあ」とブツブツ言いながら、言う事を聞くようになるケースもあります。(ただし、旦那様の性格によりますが、気が短い旦那様には、おすすめしません。)
  • 歯が磨かない理由から考えていくと、意外に歯を磨いてもらえる方法が浮かんでくることもありますので、上記のとおり、いくつかのパターンを出してみました。こちらのパターンをご覧頂き、奥様ご自身で、旦那様の考え方と行動を分析して頂き、有効を思われる行動を起こしてみて頂いた方が宜しいかと思います。

歯を磨かない理由から考えることで、磨いてもらう方法が浮かべるのではと思い、 「磨かない理由」「磨いてもらう方法」「まとめ」の3点に分けて、キーワードとして述べさせて頂きました。


そもそも、なぜ歯を磨かないのか、その理由を考えてみる。
  • 面倒くさいから
  • あまり接客しない仕事だから気にしなくていい
  • 身だしなみが必要としない仕事だから(私服OKの仕事場など)
  • 見た目より中身を見てくれる奥様だから、身だしなみは気にしなくていい
  • 鬼嫁じゃないから。(奥様がやさしいから。)
  • 歯磨きに関して厳しい歯科医師には、行きたがらなくなり、やさしい歯科医師へ行く傾向が多い
  • 仕事が多忙(昼食はコンビニで買って食べながら仕事している為)
  • 仕事が多忙(残業が多く、コンビニで買って食べながら仕事している為)
  • 仕事が多忙(休みが少ない、不定期の為、疲れて歯磨きをする時間がない、歯磨きをする気になれない。)
  • 歯を磨くことの大切さを理解していない、または理解しようとしない。
  • 歯がなくなって仮歯、入れ歯なってもいいのかという危機感がない。
  • 同年代が仮歯、入れ歯を使用している人が多いのが知っているから気にしない。
  • 年をとっていくと、いずれは、誰にでも入れ歯になるかもしれないと思っている。
  • 会社だけでなく、家庭にも仕事を持ち込んで、1分でも惜しいと言っている旦那様には、何を言っても聞かない。(特に虫歯になった事がない場合)
歯を磨いてもらう方法
  • 歯科医師が美人女性であれば、言う事を聞く(もし美人女性歯科医師が奥様の知り合いなら、虫歯がなくても、徹底的に朝昼晩、毎日磨くように伝えてもらう。)
  • 旦那様にとって、帰る自宅・家庭がほっとする場所、自分の居場所を作ってあげる。⇒奥様の献身さが伝わり、奥様の言い分を聞いてくれる。
  • 歯磨きをしたら、旦那様の大好物を作ってあげる。
  • 歯磨きをしたら、奥様からお小遣い(欲しいもの)を支給する。
  • 歯磨きをする度にポイントを貯まった分だけ、お小遣い(欲しいもの)を支給する。
  • 逆に歯磨きをしなかったら、旦那様から罰金を奥様に支払う。
  • 逆に歯磨きをしなかったら、デザート等のあまいものは、一切禁止。
  • 逆に歯磨きをしなかったら、旦那様の大好物は一切禁止。
  • 歯を磨くことのメリット(下記)を説明する。
  • メリット_一人の時間を作れる。
  • メリット_クールダウンして状況を把握できる。
  • メリット_無意識にアイデアが浮かぶ。
  • メリット_歯を磨く時間が5分〜10分を目安にして限られた時間内で、どれだけ考えられるか、メンタルを鍛え、仕事にも活かせる。⇒これを日々鍛錬しておくことで、会社で突発的な仕事でも臨機応変に対応できるように考える力を身につくと思ってもらう。
  • メリット_歯磨きは生活の一部だと考え習慣づけるようにする。
  • メリット_歯磨きは歯のマッサージだと思うようにする。⇒歯のマッサージしてあげる事で頭にリフレッシュができスッキリできる。
  • メリット_毎日、歯磨きをする習慣を身に付けておくことで、たまに歯磨きを忘れる時、いつもと違うなと何でだろうと疑問にもち、身体に異変がないか病院に診てもらう事で、大きな病気にならずに済む事もあるので、自己管理ができる。⇒病気で休まず働き続けられる。⇒仕事仲間、取引先、お客様からの信頼がより深まる。
  • 旦那様の性格によりますが、何をどうしていいか、オロオロしているような旦那様には、奥様が鬼嫁になって、細かく的確に指示を与える事で忠実にやってくれます。(あまり、こき使いすぎると不満が大きくなってしまいますので、ムチとアメの使い分けしてあげるように配慮して頂くと無難かと思います。)
  • 旦那様が亭主関白の場合、旦那様にとって奥様と一緒にいるのが一番、居心地が良いと思われるように尽くしてあげることで、旦那様からいつもありがとうと言われたり、久しぶりに外食にでも行こうかと言われている時は、奥様の言い分を聞いてくれるタイミングなので、歯磨きは面倒な作業ですが、健康に良いことを説明してあげるのが良いかと思います。
  • 仕事に余裕がない旦那様に対しては、家庭では旦那様に居場所を作ってあげる。旦那様にとって、ほっとする場所を作ってあげることで、奥様の言い分を聞いてくれるようになれば、健康のためにも、歯を磨いてもらうようお願いすると良いかと思います。
  • 旦那様の年齢によりますが、食べ物や運動等、健康に気を使っているようでしたら、歯磨きをする行為が健康の一つである事をうまく刷り込ませるように話してみるのもいいかもしれません。
  • 旦那様がモーレツ社員でしたら、根を詰めると身体にダメージを与えてしまっているので、歯磨きをする事で、頭と身体にクールダウンとリフレッシュできる事を説明してあげるのもいいかもしれません。
  • 旦那様が面倒くさがり屋の場合、言わないと本当に何もやらなくなってしまうので、奥様が厳しく指示をする事で、「面倒くさいなあ」とブツブツ言いながら、言う事を聞くようになるケースもあります。(ただし、旦那様の性格によりますが、気が短い旦那様には、おすすめしません。)
  • 歯が磨かない理由から考えていくと、意外に歯を磨いてもらえる方法が浮かんでくることもありますので、上記のとおり、いくつかのパターンを出してみました。こちらのパターンをご覧頂き、奥様ご自身で、旦那様の考え方と行動を分析して頂き、有効を思われる行動を起こしてみて頂いた方が宜しいかと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-