【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515113924.html
育毛に良い食事6選

育毛に良い食事6選 | LADYCO

LADYCO
育毛に良い食事6選

髪は体の一部なので、体と同じで食べた物から作られています。

そのため、丈夫な髪を作ったり、髪を育てるためには食事が重要です。

海藻を食べると髪によいといいますが、海藻ばかり食べるもの考えものです。

海藻ばかり食べていると栄養バランスが崩れて、抜け毛を増やす結果になります。

では、どのような食事が育毛によいのでしょうか。

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • ビタミンE
  • イソフラボン
  • 育毛を妨げる食事

1. タンパク質

タンパク質

髪はケラチンというタンパク質でできています。

そのため、髪を作るにはタンパク質が必要です。

人間には体内で合成できない必須アミノ酸が9種類あり、食事から摂取する必要があります。

必須アミノ酸9種類をすべてバランスよく摂取しないと、体がうまくアミノ酸を利用することができません。

必須アミノ酸のバランスを示したものがアミノ酸スコアです。

数値が大きいほどアミノ酸スコアがよい食品です。

アミノ酸スコアが高いが卵で、アミノ酸スコアは100です。

卵はコレステロールが高いから食べすぎない方がいいといわれていますが、タンパク質補給に適しています。

コレステロールの大部分は肝臓で合成されています。

卵のコレステロールが気になるかもしれませんが、食事からコレステロールを多く摂取した場合は、体内での合成量が減るので、心配いりません。

その他タンパク質が多い食品は、納豆や豆腐などの大豆製品、魚、肉などです。

大豆はメチオニンが少ないのですが、米にはメチオニンが含まれており、米と一緒に食べることでアミノ酸のバランスがよくなります。

2. 亜鉛

亜鉛

亜鉛は育毛に重要な働きをしていて、毛母細胞の分裂を促したり、髪を守るキューティクルを作る働きがあります。

亜鉛が不足すると抜け毛が増えます。

亜鉛は体内のさまざまな酵素の働きにも関与しています。

酵素は代謝・解毒・排泄・消化など、体のあらゆる活動にかかわっている物質です。

酵素が働いているからこそ、健康に過ごすことができます。

髪は生命維持にとって重要ではないので、後回しになってしまいます。

つまり、亜鉛は体にとって重要な栄養素で、亜鉛が不足すると髪に回る亜鉛が不足して、抜け毛が増えたり髪の成長に影響がでるのです。

亜鉛が多い食品は、牡蠣、ゴマ、レバー、カシューナッツなどです。

ビタミンCと一緒に摂取をすると吸収率が高まります。

ベジタリアンだったり、喫煙や飲酒習慣がある方は亜鉛が不足しやすい傾向があります。

ベジタリアンが食べるものに、亜鉛が多い食品が少ないです。

喫煙や飲酒をすると、アルコールなどの代謝に亜鉛が消費されます。

これらの理由で不足しやすいので、意識して摂取をしましょう。

3. 鉄分

鉄分

鉄分が不足すると髪がパサつく原因になります。

また、鉄分は赤血球を作るためにも必要です。

鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になります。

赤血球は体の隅々に酸素を運ぶ役割があり、貧血になると体の隅々に十分な酸素が行き届かなくなります。

髪の成長のために必要な酸素が不足すれば、髪の成長に悪影響があります。

鉄分が多い食品は、レバー、あさり、かつお、まぐろ、卵、ほうれん草などです。

ヘム鉄と非ヘム鉄があり、吸収率はヘム鉄の方が高いです。

しかし、ビタミンCや動物性食品と一緒に摂取をすれば、非ヘム鉄の吸収率が高まります。

ヘム鉄は主に動物性食品に含まれていて、非ヘム鉄は主に植物性食品に含まれています。

4. ビタミンE

ビタミンE

過酸化脂質は頭皮を傷つけて抜け毛の原因になります。

ビタミンEには抗酸化作用があり、過酸化脂質の発生を抑えてくれます。

ビタミンEには血流をよくする働きもあります。

血流がよくなることで髪に酸素や栄養が行き届き、髪の成長を助けることになります。

ビタミンEが多い食品は、ナッツ、うなぎ、かぼちゃ、オリーブオイルなどです。

ビタミンEは脂溶性ビタミンで、油と一緒に摂取をすると吸収がよくなります。

5. イソフラボン

イソフラボン

イソフラボンは髪の成長促進、毛母細胞の活性化が期待される成分です。

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取して、育毛が促されたという報告があります。

イソフラボンは大豆に多く含まれる成分です。

日本には納豆、味噌、豆乳、豆腐、ゆばなどさまざまな大豆製品があります。

いろいろな大豆製品があると飽きずに食べ続けやすいです。

6. 育毛を妨げる食事

育毛によい食材を食べても、育毛を妨げる食品を食べているようだと、育毛効果があまり期待できません。

では、育毛を妨げる食品とはどのようなものなのでしょうか。

脂肪分を多く含んだ食品は、頭皮の皮脂分泌を活発にします。

過剰な皮脂は毛穴をつまらせて抜け毛の原因になります。

特に飽和脂肪酸の過剰摂取に気をつけましょう。

飽和脂肪酸は肉や乳製品など動物性食品に含まれています。

脂肪分でも魚の油は育毛によい働きが期待できます。

魚には必須脂肪酸のオメガ3が豊富に含まれています。

オメガ3は細胞膜の原料になり、つやつやな髪を作ってくれます。

アルコールを摂りすぎると、アルコールの分解に肝臓が忙しくなります。

通常は髪に送られる栄養がアルコールの分解に使われてしまうので、髪のための栄養が不足します。

髪は体の一部なので、体と同じで食べた物から作られています。

そのため、丈夫な髪を作ったり、髪を育てるためには食事が重要です。

海藻を食べると髪によいといいますが、海藻ばかり食べるもの考えものです。

海藻ばかり食べていると栄養バランスが崩れて、抜け毛を増やす結果になります。

では、どのような食事が育毛によいのでしょうか。


タンパク質

髪はケラチンというタンパク質でできています。

そのため、髪を作るにはタンパク質が必要です。

人間には体内で合成できない必須アミノ酸が9種類あり、食事から摂取する必要があります。

必須アミノ酸9種類をすべてバランスよく摂取しないと、体がうまくアミノ酸を利用することができません。

必須アミノ酸のバランスを示したものがアミノ酸スコアです。

数値が大きいほどアミノ酸スコアがよい食品です。

アミノ酸スコアが高いが卵で、アミノ酸スコアは100です。

卵はコレステロールが高いから食べすぎない方がいいといわれていますが、タンパク質補給に適しています。

コレステロールの大部分は肝臓で合成されています。

卵のコレステロールが気になるかもしれませんが、食事からコレステロールを多く摂取した場合は、体内での合成量が減るので、心配いりません。

その他タンパク質が多い食品は、納豆や豆腐などの大豆製品、魚、肉などです。

大豆はメチオニンが少ないのですが、米にはメチオニンが含まれており、米と一緒に食べることでアミノ酸のバランスがよくなります。

亜鉛

亜鉛は育毛に重要な働きをしていて、毛母細胞の分裂を促したり、髪を守るキューティクルを作る働きがあります。

亜鉛が不足すると抜け毛が増えます。

亜鉛は体内のさまざまな酵素の働きにも関与しています。

酵素は代謝・解毒・排泄・消化など、体のあらゆる活動にかかわっている物質です。

酵素が働いているからこそ、健康に過ごすことができます。

髪は生命維持にとって重要ではないので、後回しになってしまいます。

つまり、亜鉛は体にとって重要な栄養素で、亜鉛が不足すると髪に回る亜鉛が不足して、抜け毛が増えたり髪の成長に影響がでるのです。

亜鉛が多い食品は、牡蠣、ゴマ、レバー、カシューナッツなどです。

ビタミンCと一緒に摂取をすると吸収率が高まります。

ベジタリアンだったり、喫煙や飲酒習慣がある方は亜鉛が不足しやすい傾向があります。

ベジタリアンが食べるものに、亜鉛が多い食品が少ないです。

喫煙や飲酒をすると、アルコールなどの代謝に亜鉛が消費されます。

これらの理由で不足しやすいので、意識して摂取をしましょう。

鉄分

鉄分が不足すると髪がパサつく原因になります。

また、鉄分は赤血球を作るためにも必要です。

鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になります。

赤血球は体の隅々に酸素を運ぶ役割があり、貧血になると体の隅々に十分な酸素が行き届かなくなります。

髪の成長のために必要な酸素が不足すれば、髪の成長に悪影響があります。

鉄分が多い食品は、レバー、あさり、かつお、まぐろ、卵、ほうれん草などです。

ヘム鉄と非ヘム鉄があり、吸収率はヘム鉄の方が高いです。

しかし、ビタミンCや動物性食品と一緒に摂取をすれば、非ヘム鉄の吸収率が高まります。

ヘム鉄は主に動物性食品に含まれていて、非ヘム鉄は主に植物性食品に含まれています。

ビタミンE

過酸化脂質は頭皮を傷つけて抜け毛の原因になります。

ビタミンEには抗酸化作用があり、過酸化脂質の発生を抑えてくれます。

ビタミンEには血流をよくする働きもあります。

血流がよくなることで髪に酸素や栄養が行き届き、髪の成長を助けることになります。

ビタミンEが多い食品は、ナッツ、うなぎ、かぼちゃ、オリーブオイルなどです。

ビタミンEは脂溶性ビタミンで、油と一緒に摂取をすると吸収がよくなります。

イソフラボン

イソフラボンは髪の成長促進、毛母細胞の活性化が期待される成分です。

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取して、育毛が促されたという報告があります。

イソフラボンは大豆に多く含まれる成分です。

日本には納豆、味噌、豆乳、豆腐、ゆばなどさまざまな大豆製品があります。

いろいろな大豆製品があると飽きずに食べ続けやすいです。

育毛によい食材を食べても、育毛を妨げる食品を食べているようだと、育毛効果があまり期待できません。

では、育毛を妨げる食品とはどのようなものなのでしょうか。

脂肪分を多く含んだ食品は、頭皮の皮脂分泌を活発にします。

過剰な皮脂は毛穴をつまらせて抜け毛の原因になります。

特に飽和脂肪酸の過剰摂取に気をつけましょう。

飽和脂肪酸は肉や乳製品など動物性食品に含まれています。

脂肪分でも魚の油は育毛によい働きが期待できます。

魚には必須脂肪酸のオメガ3が豊富に含まれています。

オメガ3は細胞膜の原料になり、つやつやな髪を作ってくれます。

アルコールを摂りすぎると、アルコールの分解に肝臓が忙しくなります。

通常は髪に送られる栄養がアルコールの分解に使われてしまうので、髪のための栄養が不足します。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-