【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104710.html
無理をしがちな人の特徴

無理をしがちな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
無理をしがちな人の特徴

必要以上に頑張りすぎる人、無理をしているなと思いますよね、ここでは周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴を紹介していきます。

参考にしてみてくださいね。

あなたは大丈夫ですか?

  • お人好しな性格の持ち主である
  • 断る勇気がない
  • 根が非常に真面目である
  • 八方美人、お調子者
  • プライドが高い
  • ついカッコをつけてしまう
  • 頑張れば何とかなると思ってしまう
  • 自分さえ我慢すれば・・・の精神が強い
  • 頑張ることが好きである
  • 自分の限界を理解できていない
  • まとめ

1. お人好しな性格の持ち主である

お人好しな性格の持ち主である

周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴として代表的なのが、お人好しな性格があげられるでしょう。

お人好しというのは時として損をする役回りに陥りやすいものです。

いいところであり、人に好かれやすい反面、いいように利用されやすいデメリットともいえるのです。

周りから期待をされても無理なものは無理と突っぱねることができる人は反感を買うかもしれませんが、自分自身の身を守ることができるセルフコントロールができる人ともいえますよね。

お人好しの人はそれができず、ついつい無理をしがちです。

2. 断る勇気がない

断る勇気がない

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは、はっきりと自分の意見を言うのが苦手だったりします。

断る勇気がない、気まずい、相手から何か言われたら面倒だな、怖いななど色々な考えが頭をかけめぐります。

そして、勇気が持てないので、ずるずると無理をしてしまう傾向にあります。

時にはきっぱりと断る、そんな勇気も必要なのですが・・・。

3. 根が非常に真面目である

根が非常に真面目である

周りの期待に応えようとする人は、根が真面目で努力家な性格です。

とはいえ、過剰な期待をかけられるのはプレッシャーであり、重荷となります。

自分で自分を苦しめてしまいますよね。

それでも真面目な人というのは全力を尽くすことを当たり前のようにしてしまいますから、どうしても無理をしてしまいます。

もしかしたら無理をして頑張ることが当たり前になってしまっているかも。

常に何かに追い立てられているようなそんな心境なのです。

4. 八方美人、お調子者

八方美人、お調子者

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは、裏から見ますと八方美人的であり、また無理を承知とは知りつつもその場の雰囲気に流されて了承してしまうお調子者でもあります。

「周りの期待にいつでも完璧に応えられる、いい人」という自分のキャラを守るために、嫌々ながら頑張っているという人というのは見る目がある人が見れば「無理をしているな」「痛い人だな」と思います。

5. プライドが高い

プライドが高い

周りに期待に応えると、周りからの評価は当然ながら上がります。

人望が厚くなりますし、仕事であれば「できる人」ということになります。

それがわかっているからこそ、頑張ろうと思うわけです。

プライドが高い人は特に自分の価値を高めようとします。

周りの期待に応えるために無理をしている人というのは、プライドが高いという性格も関係していることがありますね。

6. ついカッコをつけてしまう

ついカッコをつけてしまう

誰も他に変わりはいない、自分しかこなせない、そんな風に人から思われるのはカッコいいことだと考えます。

特に沢山の人がいる中であればあるほど自分の価値が高まるようなそんな気がして、ついカッコつけて面倒なことを引き受けたり、その場を仕切ろうとします。

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは、こんな風にカッコつけしいな性格も目立ちます。

期待に応えられないと、「大して役に立たない人」「頼りにならない人」そんな風に思われるのは心外なのです。

7. 頑張れば何とかなると思ってしまう

頑張れば何とかなると思ってしまう

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは考え方自体は前向きさんな人。

ポジティブ思考で思い込んだら一直線というタイプで物事を明るくとらえる人でしょう。

で、少々無理なことでも「頑張れば何とかなる」ととらえます。

実際は頑張っても無理なものは無理である場合も多いのです。

でも根性で乗り切ろうとします。

結果的にかなりの無理をします。

結果的に睡眠不足になったり、タイトなスケジュールになったりで、へとへとになるのです。

8. 自分さえ我慢すれば・・・の精神が強い

自分さえ我慢すれば・・・の精神が強い

周りの期待に応えるために無理をしがちな人は、自分さえ我慢すればという精神が強かったりします。

自己主張の強い性格の人や、はっきり言える人というのはいくら周りに期待されようともできないことはできないとさらりと言えますし、お願いされてもうんとは言わない強さもあります。

ですが、自分さえ我慢すればと控えめに生きてきた人は期待されるとついそれに応えようと全力で頑張りすぎてしまうのです。

9. 頑張ることが好きである

頑張ることが好きである

周りの期待に応えることに、喜びを感じる人もいます。

お願いされると一旦は辞退したりもします。

で、何度もお願いされることが嬉しかったりも。

「あなたしか頼めないから」「あなたしかできないから」という言葉が心地よく快感でたまらないのです。

周りもそれを承知してますから、一回断っても何度もお願いすれば最終的には期待に応えてくれるのでお世辞を言うのです。

本人的には頑張ることが好きであり、期待されることも嬉しいので、無理をしていることがわかっていてもやり通そうとします。

10. 自分の限界を理解できていない

自分の限界を理解できていない

最後に、周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴として自分自身が自分のことを理解できていないということがあります。

つまり、自分の限界をわかっていないので、何でも気軽に引き受けてしまう、結果的にキャパオーバーを起こしてしまうというパターンですね。

そういう経験をして学習していく人もいますし、こりずに何度でも無理をしてしまう人もいます。

まとめ

以上、周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴の紹介でした。

人ってけっこう無理をしているものなんですよね。

一度や二度そういう経験をすることで徐々に自分の限界を知って上手く調整できるようになっていくものです。

また無理しがちな人で気がついていない人にはさりげなくアドバイスできるといいなと思います。

必要以上に頑張りすぎる人、無理をしているなと思いますよね、ここでは周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴を紹介していきます。

参考にしてみてくださいね。

あなたは大丈夫ですか?


お人好しな性格の持ち主である

周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴として代表的なのが、お人好しな性格があげられるでしょう。

お人好しというのは時として損をする役回りに陥りやすいものです。

いいところであり、人に好かれやすい反面、いいように利用されやすいデメリットともいえるのです。

周りから期待をされても無理なものは無理と突っぱねることができる人は反感を買うかもしれませんが、自分自身の身を守ることができるセルフコントロールができる人ともいえますよね。

お人好しの人はそれができず、ついつい無理をしがちです。

断る勇気がない

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは、はっきりと自分の意見を言うのが苦手だったりします。

断る勇気がない、気まずい、相手から何か言われたら面倒だな、怖いななど色々な考えが頭をかけめぐります。

そして、勇気が持てないので、ずるずると無理をしてしまう傾向にあります。

時にはきっぱりと断る、そんな勇気も必要なのですが・・・。

根が非常に真面目である

周りの期待に応えようとする人は、根が真面目で努力家な性格です。

とはいえ、過剰な期待をかけられるのはプレッシャーであり、重荷となります。

自分で自分を苦しめてしまいますよね。

それでも真面目な人というのは全力を尽くすことを当たり前のようにしてしまいますから、どうしても無理をしてしまいます。

もしかしたら無理をして頑張ることが当たり前になってしまっているかも。

常に何かに追い立てられているようなそんな心境なのです。

八方美人、お調子者

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは、裏から見ますと八方美人的であり、また無理を承知とは知りつつもその場の雰囲気に流されて了承してしまうお調子者でもあります。

「周りの期待にいつでも完璧に応えられる、いい人」という自分のキャラを守るために、嫌々ながら頑張っているという人というのは見る目がある人が見れば「無理をしているな」「痛い人だな」と思います。

プライドが高い

周りに期待に応えると、周りからの評価は当然ながら上がります。

人望が厚くなりますし、仕事であれば「できる人」ということになります。

それがわかっているからこそ、頑張ろうと思うわけです。

プライドが高い人は特に自分の価値を高めようとします。

周りの期待に応えるために無理をしている人というのは、プライドが高いという性格も関係していることがありますね。

ついカッコをつけてしまう

誰も他に変わりはいない、自分しかこなせない、そんな風に人から思われるのはカッコいいことだと考えます。

特に沢山の人がいる中であればあるほど自分の価値が高まるようなそんな気がして、ついカッコつけて面倒なことを引き受けたり、その場を仕切ろうとします。

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは、こんな風にカッコつけしいな性格も目立ちます。

期待に応えられないと、「大して役に立たない人」「頼りにならない人」そんな風に思われるのは心外なのです。

頑張れば何とかなると思ってしまう

周りの期待に応えるために無理をしがちな人というのは考え方自体は前向きさんな人。

ポジティブ思考で思い込んだら一直線というタイプで物事を明るくとらえる人でしょう。

で、少々無理なことでも「頑張れば何とかなる」ととらえます。

実際は頑張っても無理なものは無理である場合も多いのです。

でも根性で乗り切ろうとします。

結果的にかなりの無理をします。

結果的に睡眠不足になったり、タイトなスケジュールになったりで、へとへとになるのです。

自分さえ我慢すれば・・・の精神が強い

周りの期待に応えるために無理をしがちな人は、自分さえ我慢すればという精神が強かったりします。

自己主張の強い性格の人や、はっきり言える人というのはいくら周りに期待されようともできないことはできないとさらりと言えますし、お願いされてもうんとは言わない強さもあります。

ですが、自分さえ我慢すればと控えめに生きてきた人は期待されるとついそれに応えようと全力で頑張りすぎてしまうのです。

頑張ることが好きである

周りの期待に応えることに、喜びを感じる人もいます。

お願いされると一旦は辞退したりもします。

で、何度もお願いされることが嬉しかったりも。

「あなたしか頼めないから」「あなたしかできないから」という言葉が心地よく快感でたまらないのです。

周りもそれを承知してますから、一回断っても何度もお願いすれば最終的には期待に応えてくれるのでお世辞を言うのです。

本人的には頑張ることが好きであり、期待されることも嬉しいので、無理をしていることがわかっていてもやり通そうとします。

自分の限界を理解できていない

最後に、周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴として自分自身が自分のことを理解できていないということがあります。

つまり、自分の限界をわかっていないので、何でも気軽に引き受けてしまう、結果的にキャパオーバーを起こしてしまうというパターンですね。

そういう経験をして学習していく人もいますし、こりずに何度でも無理をしてしまう人もいます。

以上、周りの期待に応えるために無理をしがちな人の特徴の紹介でした。

人ってけっこう無理をしているものなんですよね。

一度や二度そういう経験をすることで徐々に自分の限界を知って上手く調整できるようになっていくものです。

また無理しがちな人で気がついていない人にはさりげなくアドバイスできるといいなと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-