【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104652.html
自分と向き合えない人の特徴

自分と向き合えない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分と向き合えない人の特徴

自分と向き合えず現実逃避をしてしまう。

ありのままの自分を受け入れられず自己嫌悪に陥ってしまう。

そんな自分と向き合えない人に共通する特徴をチェックしてみましょう。

  • 嘘やごまかしが多く、信用に欠ける
  • 被害妄想が強く、他人のせいにしがち
  • 現実を否定して、妄想の世界に逃げる
  • 目標を立ててもすぐに挫折しがち
  • 自分に自信がなく、誰かの後ろについていきがち
  • 一人で何かを決めることができない
  • 他罰的であり自罰的でもある
  • 新しい環境が苦手で、逃げたくなる
  • 挫折することが多いので、引きこもりになりやすい
  • 大きな苦痛や挫折を味わっている人が多い

1. 嘘やごまかしが多く、信用に欠ける

嘘やごまかしが多く、信用に欠ける

自分と向き合えない人に多い特徴は、ずばり虚言癖です。

より自分をよく見せるため、あるいは欠点を隠すために嘘をついてしまうのです。

最初は小さな嘘だった、後ろめたい気持ちもあったけど、結局嘘がバレルのが怖くてさらに嘘をついてしまう、といった悪循環に陥っていることもあります。

酷い時は、自分が嘘をついていることに気づきません。

また、嘘を指摘すると、「そんなことはない」「嘘をついたつもりはない」と逆ギレする場合もあります。

虚言癖が重症化すると、周りに多大な迷惑をかけてしまう上に、信用を失ってしまうので、注意が必要です。

2. 被害妄想が強く、他人のせいにしがち

被害妄想が強く、他人のせいにしがち

『こんなダメな自分にしたのは○○のせいだ』『私は全然悪くない』 というように、他人や物事のせいにし、自分の非を認めようとしません。

悪気がなく言ったことでも、悪く捉えることが多いので、他者との軋轢が多くなります。

また非を指摘されると、反論し攻撃的になりやすいのも特徴的です。

3. 現実を否定して、妄想の世界に逃げる

現実を否定して、妄想の世界に逃げる

自分の状況や生活をまっすぐに見つめることに耐えられないので、空想や妄想の世界へと逃げる傾向があります。

『自分は実はもっとすごい能力がある』『理想的なパートナーが手を差し伸べてくれる』 『自分の親は本当の親ではなく、自分は由緒ある名家の生まれである』 などいった非現実的で誇大的な妄想を抱くことが多くなります。

そうした症状が顕著な場合は、統合失調症などの病の可能性もあるので、気をつけましょう。

4. 目標を立ててもすぐに挫折しがち

目標を立ててもすぐに挫折しがち

目標は大きいものであればあるほど、達成が難しく、かかる時間も長いです。

自分と向き合えない人は、目標に程遠い、今の自分の姿を見るのが苦痛で仕方ありません。

我慢して継続することができず、すぐに挫折してしまい、楽な方へと逃げてしまうことが多いのです。

こうした方は、細かい目標設定をし、少しずつクリアしていくのがよい方法です。

5. 自分に自信がなく、誰かの後ろについていきがち

自分に自信がなく、誰かの後ろについていきがち

自分自身を見つめることはできない人は、他者の陰に隠れようとします。

とりわけ権力のある人、頭のよい人、人気者やリーダーなど、自分より上の人を盾や隠れ蓑にするのです。

そうした強い輪の中にいれば安全だと思いこみ、自分自身の成長や発展を妨げてしまいます。

偉い人の思想や考え方にも影響を受けやすく、先生の言うことを従順に聞きすぎてしまうこともあるのです。

6. 一人で何かを決めることができない

一人で何かを決めることができない

前述の通り、自分と向き合えず、自信が持てない人は、自己決定をすることができません。

親の言うこと、先生の言うこと、友達の言うことに従い、それが正しいと思ってしまいます。

また、自分で決めずに誰かに決定権を委ねるというのは、実はとても楽なことなのです。

誰かのせいにできますし、後悔も少ないのです。

しかしながら、そうして意思を委ねすぎた人生の末路は、空虚でしかありません。

自分で決められることの喜び、そして厳しさや辛さを乗り越えてこその人生です。

7. 他罰的であり自罰的でもある

他罰的であり自罰的でもある

自分を見つめることができない人は、相手の欠点に目が行きがちです。

良いところも見えているはずですが、短所をどんどん見つけて批判する、減点方式の人が多いです。

また、そうした他者批判の一方で、自分自身も強く責め立てます。

『どうして○○にあんなこと言ってしまったのだろう、自分はこんなにダメな人間なのに』 というように、傷つけた分だけ、自身も傷付いてしまい、自己嫌悪のループに嵌ってしまうのです。

8. 新しい環境が苦手で、逃げたくなる

新しい環境が苦手で、逃げたくなる

自分と上手く向き合えない人は、新しい環境が苦手です。

誰かの後ろ盾もなく、自己責任をもって生きる大人の社会が、特にダメです。

どう振る舞えばいいのか、どう対処すればいいのか、様々問題を抱えてパニックに陥ってしまいます。

子供うちからそうした自己決定と自己責任のプロセスを育んでいくことが大切なのです。

9. 挫折することが多いので、引きこもりになりやすい

挫折することが多いので、引きこもりになりやすい

自分と向き合えないことで、挫折や失敗も多くなります。

その苦しみによって、さらに現実を見つめることを拒否し、引きこもってしまうことが多いのです。

一度引きこもってしまうと、社会復帰は容易でなくなってしまいます。

早めの対処が必要で、精神的、経済的、様々な面でサポートしてあげることが大切なのです。

10. 大きな苦痛や挫折を味わっている人が多い

耐えられないような苦痛や挫折を体験している人は、過去や自分自身を見つめることができずトラウマを抱えていることが多いです。

誰しも失敗は有り得ることですが、一度できた心や記憶の傷を治していくことためには時間がかかります。

自分自身や他者、そしてそれを取り巻く世界を責め続けるのはとても辛いことです。

そうした痛みを一緒になって抱えたり、想ったり、考えたり、寄り添ったりしてくれる人が必要なのです。

自分と向き合えず現実逃避をしてしまう。

ありのままの自分を受け入れられず自己嫌悪に陥ってしまう。

そんな自分と向き合えない人に共通する特徴をチェックしてみましょう。


嘘やごまかしが多く、信用に欠ける

自分と向き合えない人に多い特徴は、ずばり虚言癖です。

より自分をよく見せるため、あるいは欠点を隠すために嘘をついてしまうのです。

最初は小さな嘘だった、後ろめたい気持ちもあったけど、結局嘘がバレルのが怖くてさらに嘘をついてしまう、といった悪循環に陥っていることもあります。

酷い時は、自分が嘘をついていることに気づきません。

また、嘘を指摘すると、「そんなことはない」「嘘をついたつもりはない」と逆ギレする場合もあります。

虚言癖が重症化すると、周りに多大な迷惑をかけてしまう上に、信用を失ってしまうので、注意が必要です。

被害妄想が強く、他人のせいにしがち

『こんなダメな自分にしたのは○○のせいだ』『私は全然悪くない』 というように、他人や物事のせいにし、自分の非を認めようとしません。

悪気がなく言ったことでも、悪く捉えることが多いので、他者との軋轢が多くなります。

また非を指摘されると、反論し攻撃的になりやすいのも特徴的です。

現実を否定して、妄想の世界に逃げる

自分の状況や生活をまっすぐに見つめることに耐えられないので、空想や妄想の世界へと逃げる傾向があります。

『自分は実はもっとすごい能力がある』『理想的なパートナーが手を差し伸べてくれる』 『自分の親は本当の親ではなく、自分は由緒ある名家の生まれである』 などいった非現実的で誇大的な妄想を抱くことが多くなります。

そうした症状が顕著な場合は、統合失調症などの病の可能性もあるので、気をつけましょう。

目標を立ててもすぐに挫折しがち

目標は大きいものであればあるほど、達成が難しく、かかる時間も長いです。

自分と向き合えない人は、目標に程遠い、今の自分の姿を見るのが苦痛で仕方ありません。

我慢して継続することができず、すぐに挫折してしまい、楽な方へと逃げてしまうことが多いのです。

こうした方は、細かい目標設定をし、少しずつクリアしていくのがよい方法です。

自分に自信がなく、誰かの後ろについていきがち

自分自身を見つめることはできない人は、他者の陰に隠れようとします。

とりわけ権力のある人、頭のよい人、人気者やリーダーなど、自分より上の人を盾や隠れ蓑にするのです。

そうした強い輪の中にいれば安全だと思いこみ、自分自身の成長や発展を妨げてしまいます。

偉い人の思想や考え方にも影響を受けやすく、先生の言うことを従順に聞きすぎてしまうこともあるのです。

一人で何かを決めることができない

前述の通り、自分と向き合えず、自信が持てない人は、自己決定をすることができません。

親の言うこと、先生の言うこと、友達の言うことに従い、それが正しいと思ってしまいます。

また、自分で決めずに誰かに決定権を委ねるというのは、実はとても楽なことなのです。

誰かのせいにできますし、後悔も少ないのです。

しかしながら、そうして意思を委ねすぎた人生の末路は、空虚でしかありません。

自分で決められることの喜び、そして厳しさや辛さを乗り越えてこその人生です。

他罰的であり自罰的でもある

自分を見つめることができない人は、相手の欠点に目が行きがちです。

良いところも見えているはずですが、短所をどんどん見つけて批判する、減点方式の人が多いです。

また、そうした他者批判の一方で、自分自身も強く責め立てます。

『どうして○○にあんなこと言ってしまったのだろう、自分はこんなにダメな人間なのに』 というように、傷つけた分だけ、自身も傷付いてしまい、自己嫌悪のループに嵌ってしまうのです。

新しい環境が苦手で、逃げたくなる

自分と上手く向き合えない人は、新しい環境が苦手です。

誰かの後ろ盾もなく、自己責任をもって生きる大人の社会が、特にダメです。

どう振る舞えばいいのか、どう対処すればいいのか、様々問題を抱えてパニックに陥ってしまいます。

子供うちからそうした自己決定と自己責任のプロセスを育んでいくことが大切なのです。

挫折することが多いので、引きこもりになりやすい

自分と向き合えないことで、挫折や失敗も多くなります。

その苦しみによって、さらに現実を見つめることを拒否し、引きこもってしまうことが多いのです。

一度引きこもってしまうと、社会復帰は容易でなくなってしまいます。

早めの対処が必要で、精神的、経済的、様々な面でサポートしてあげることが大切なのです。

耐えられないような苦痛や挫折を体験している人は、過去や自分自身を見つめることができずトラウマを抱えていることが多いです。

誰しも失敗は有り得ることですが、一度できた心や記憶の傷を治していくことためには時間がかかります。

自分自身や他者、そしてそれを取り巻く世界を責め続けるのはとても辛いことです。

そうした痛みを一緒になって抱えたり、想ったり、考えたり、寄り添ったりしてくれる人が必要なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-