【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104625.html
悩みやすい人の特徴

悩みやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
悩みやすい人の特徴

悩みやすい人にはいくつかの共通点が存在します。

ここではそのうちの10個を取り上げます。

  • 失敗を考える
  • 心配性
  • 人目を気にする
  • ベストを尽くす
  • 自信がない
  • 何でも大きくとらえてしまう
  • コンプレックスを抱えている
  • 周りと比較する
  • 否定ばかりされてきた
  • 魅力的なチョイスが常にたくさんある

1. 失敗を考える

失敗を考える

すぐに悩んでしまう人の中には過去の失敗についてくよくよ考えてしまう人がいます。

もちろん人は失敗から学ぶことができるために、失敗を重い起こしてそれを繰り返さないように努力できます。

深く考えすぎてしまい、「なぜ自分はあのようなことをしてしまったのだろう」というような後悔の念を生じさせるようであれば、 それは頭を悩ませることにつながりかねません。

2. 心配性

心配性

心配性の人も悩みを抱えることがあります。

何を行うにしてもそれなりのリスクが伴うのは当然でしょう。

これを行えば100%間違いはないというものは何もありません。

しかしどんなに小さなリスクであってもそれを引っ張りだし、失敗したらどうしようと感じてしまうなら、何を行ったらよいかで悩んでしまいます。

3. 人目を気にする

人目を気にする

人目を気にする人も悩んでしまう傾向にあります。

とりわけ一人ではなく大勢の人と接するようなシーンでは誰からも良く思われようとするために、何をするべきかで悩んでしまうのです。

もちろん周りにいる人たちに不快な思いをさせることがないように心がけることは非常に重要です。

しかしい全ての人から良く思われることはほぼ不可能に近いために、この点をしっかりと思いに留めておくべきです。

4. ベストを尽くす

ベストを尽くす

何事にもベストを尽くす人も、悩んでしまうことが多々あります。

手抜きをすることができず、どうすればベストを尽くすことができるのかを深く考えるのです。

このような人は努力家であることが多く、時間をかけて大きな成功を掴むこともあります。

しかし悩み続けて自分を責めたり、イライラを募らせて爆発してしまうこともあります。

そのため気持ちの切り替えができるよう、訓練する必要があります。

5. 自信がない

自信がない

これまで大きな成功を収めることができず、何をどうすれば自分は成功できるのだろうと深く考える人がいます。

このような人も悩みやすい人であるといえます。

何を行うべきかは経験に基づいて決定されることが多いわけですが、成功した経験がなければ手際よく物事を行えない状況が生じます。

そのようなとき、必要以上に悩んでしまうのです。

6. 何でも大きくとらえてしまう

何でも大きくとらえてしまう

どんなに小さなことであっても、それを大きなことにとらえてしまう傾向の人がいます。

そのような人も悩みやすい性格の持ち主です。

たとえば「あのときにとった何気ない行動が人を傷つけてしまったのではないか」とか「手紙の送り先住所を間違えて書いてしまったのではないか」といったちょっとしたことが気がかりとなり、悩んでしまうのです。

このような悩みを抱える傾向にある人は、思い切ってそれを確かめてみることができます。

傷つけたかもしれないと感じた相手に電話をかけたり、郵便局に電話をして確認を取るのです。

このような行動にって悩みは解消されます。

7. コンプレックスを抱えている

コンプレックスを抱えている

誰でもコンプレックスを抱えているものですが、それに固執している人もすぐに悩んでしまう傾向にあります。

「自分はなぜこんなに醜いのだろう」とか「このコンプレックスを改善するためには、何ができるのだろう」とことあるごとに考えてしまうのです。

しかし実際にところ、このようなコンプレックスは周りの人に気づかれていないことも多く、そのため単なる被害妄想であることが多いのです。

8. 周りと比較する

周りと比較する

周りの人と自分をすぐに比較する人も、悩んでしまうことがあります。

多くの場合、人と自分を気にすると自分のできていないことが目に留まるものです。

このようなときに「自分はなぜあの人とこんなに違うのだろう」とか「どうすればあの人のようになれるのだろう」と悩んでしまうのです。

もちろんこのような悩みは自分を成長させるポジティブな悩みと取る人もいます。

このような場合、状況は良い方向へと向かっていくことでしょう。

しかしネガティブにとらえられてしまう場合、それはストレスを生じさせる悩みとなるのです。

9. 否定ばかりされてきた

否定ばかりされてきた

5つ目の項目でも取り上げましたが、自分に自信がないと悩みが多くなります。

そして自信が持てない理由はたくさんありますが、その中の一つがいつも自分が否定される環境にあったということもです。

このような環境にあると自分はダメな人間と思い込んでしまうことがあり、自ら発言したり自分のアイディアを述べる機会を逸してしまうようになります。

その結果状況はますます悪化し、「自分はなぜこんなにできないのだろう」と悩んでしまうのです。

10. 魅力的なチョイスが常にたくさんある

中には状況に非常に恵まれているゆえに、悩んでしまう人もいます。

たとえば魅力的な選択肢がいつも目の前にあり、どれをチョイスするかで悩んでしまうのです。

誰もが羨むような人気の職業が存在しますが、そのいくつかに就けるようなチャンスが訪れたとき、どれをチョイスするかで悩んでしまうことでしょう。

そして実際にこのような状況が頻繁に訪れるという人もおり、それゆえに悩みを抱えてしまうのです。

悩みやすい人にはいくつかの共通点が存在します。

ここではそのうちの10個を取り上げます。


失敗を考える

すぐに悩んでしまう人の中には過去の失敗についてくよくよ考えてしまう人がいます。

もちろん人は失敗から学ぶことができるために、失敗を重い起こしてそれを繰り返さないように努力できます。

深く考えすぎてしまい、「なぜ自分はあのようなことをしてしまったのだろう」というような後悔の念を生じさせるようであれば、 それは頭を悩ませることにつながりかねません。

心配性

心配性の人も悩みを抱えることがあります。

何を行うにしてもそれなりのリスクが伴うのは当然でしょう。

これを行えば100%間違いはないというものは何もありません。

しかしどんなに小さなリスクであってもそれを引っ張りだし、失敗したらどうしようと感じてしまうなら、何を行ったらよいかで悩んでしまいます。

人目を気にする

人目を気にする人も悩んでしまう傾向にあります。

とりわけ一人ではなく大勢の人と接するようなシーンでは誰からも良く思われようとするために、何をするべきかで悩んでしまうのです。

もちろん周りにいる人たちに不快な思いをさせることがないように心がけることは非常に重要です。

しかしい全ての人から良く思われることはほぼ不可能に近いために、この点をしっかりと思いに留めておくべきです。

ベストを尽くす

何事にもベストを尽くす人も、悩んでしまうことが多々あります。

手抜きをすることができず、どうすればベストを尽くすことができるのかを深く考えるのです。

このような人は努力家であることが多く、時間をかけて大きな成功を掴むこともあります。

しかし悩み続けて自分を責めたり、イライラを募らせて爆発してしまうこともあります。

そのため気持ちの切り替えができるよう、訓練する必要があります。

自信がない

これまで大きな成功を収めることができず、何をどうすれば自分は成功できるのだろうと深く考える人がいます。

このような人も悩みやすい人であるといえます。

何を行うべきかは経験に基づいて決定されることが多いわけですが、成功した経験がなければ手際よく物事を行えない状況が生じます。

そのようなとき、必要以上に悩んでしまうのです。

何でも大きくとらえてしまう

どんなに小さなことであっても、それを大きなことにとらえてしまう傾向の人がいます。

そのような人も悩みやすい性格の持ち主です。

たとえば「あのときにとった何気ない行動が人を傷つけてしまったのではないか」とか「手紙の送り先住所を間違えて書いてしまったのではないか」といったちょっとしたことが気がかりとなり、悩んでしまうのです。

このような悩みを抱える傾向にある人は、思い切ってそれを確かめてみることができます。

傷つけたかもしれないと感じた相手に電話をかけたり、郵便局に電話をして確認を取るのです。

このような行動にって悩みは解消されます。

コンプレックスを抱えている

誰でもコンプレックスを抱えているものですが、それに固執している人もすぐに悩んでしまう傾向にあります。

「自分はなぜこんなに醜いのだろう」とか「このコンプレックスを改善するためには、何ができるのだろう」とことあるごとに考えてしまうのです。

しかし実際にところ、このようなコンプレックスは周りの人に気づかれていないことも多く、そのため単なる被害妄想であることが多いのです。

周りと比較する

周りの人と自分をすぐに比較する人も、悩んでしまうことがあります。

多くの場合、人と自分を気にすると自分のできていないことが目に留まるものです。

このようなときに「自分はなぜあの人とこんなに違うのだろう」とか「どうすればあの人のようになれるのだろう」と悩んでしまうのです。

もちろんこのような悩みは自分を成長させるポジティブな悩みと取る人もいます。

このような場合、状況は良い方向へと向かっていくことでしょう。

しかしネガティブにとらえられてしまう場合、それはストレスを生じさせる悩みとなるのです。

否定ばかりされてきた

5つ目の項目でも取り上げましたが、自分に自信がないと悩みが多くなります。

そして自信が持てない理由はたくさんありますが、その中の一つがいつも自分が否定される環境にあったということもです。

このような環境にあると自分はダメな人間と思い込んでしまうことがあり、自ら発言したり自分のアイディアを述べる機会を逸してしまうようになります。

その結果状況はますます悪化し、「自分はなぜこんなにできないのだろう」と悩んでしまうのです。

中には状況に非常に恵まれているゆえに、悩んでしまう人もいます。

たとえば魅力的な選択肢がいつも目の前にあり、どれをチョイスするかで悩んでしまうのです。

誰もが羨むような人気の職業が存在しますが、そのいくつかに就けるようなチャンスが訪れたとき、どれをチョイスするかで悩んでしまうことでしょう。

そして実際にこのような状況が頻繁に訪れるという人もおり、それゆえに悩みを抱えてしまうのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-