【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095336.html
田舎暮らしのメリットやデメリット10選

田舎暮らしのメリットやデメリット10選 | LADYCO

LADYCO
田舎暮らしのメリットやデメリット10選

田舎に移住したいと考えている方必見です、田舎暮らしのメリットやデメリットをまとめてみました。

参考にしていただけたら幸いです。

  • 土地や家が広い
  • 空気が澄んでいる
  • 自給自足ができる
  • お金がなくても何とかなる
  • 健康的な生活を送れる
  • 静かな生活ができる
  • 人間関係などが濃い
  • 車がないと生活が不便
  • 虫が出る
  • 通勤、通学が大変である
  • まとめ

1. 土地や家が広い

土地や家が広い

田舎暮らしのメリットは、土地や家が広く持てるということです。

都会と同じ、もしくは低い家賃でこんなに広い部屋が借りられるの?と思うことでしょう。

借りるどころか、この価格なら買える!と思いきって購入してしまう人もいるでしょう。

2. 空気が澄んでいる

空気が澄んでいる

田舎というのは緑が多いですね。

また川の流れる音、波の音などの音にも癒されます。

緑というのは目にも優しく、また空気も綺麗なので思いきり深呼吸したくなります。

都会の空気はどことなくどんよりとした感じです。

車の排気ガス、工場から出る煙、街中の埃っぽさなど田舎の空気とは全く違います。

田舎に来るとほっと落ち着くのは空気が綺麗で澄んでいるからでしょうね。

3. 自給自足ができる

自給自足ができる

田舎というのは土地が広いものです。

都会ではベランダで小さなガーデニングを楽しむぐらいしかできなかったという人も、田舎では庭を畑にして野菜や果物を育てて楽しむことができます。

プチトマト、きゅうり、なすなど、家族で食べる野菜分ぐらいは作ることは可能です。

自給自足に憧れている人は田舎暮らしでその夢をかなえることができますね。

4. お金がなくても何とかなる

お金がなくても何とかなる

田舎暮らし、お金がなくても何とかなるともいえます。

何と言っても、遊びに行く場所、買い物をする場所が近くになければ使いたくてもお金は使えません。

使い道がないとなれば、都会にいるより少ないお金でも何とか生活できてしまいます。

また街中暮らしでは流行など遅れたら恥ずかしいとおしゃれな服や靴などそれなりに買っていた人も、田舎であれば普段着で過ごすことが増えるので服飾費も抑えることができます。

5. 健康的な生活を送れる

健康的な生活を送れる

田舎暮らしで、自給自足をしたり、早寝早起きをすることで健康的な生活習慣に変化していくでしょう。

空気や水がきれいですからアレルギーがあった人も改善されたという話を聞きますよね。

6. 静かな生活ができる

静かな生活ができる

都会の喧騒とは無縁の田舎暮らし、夜ともなれば、風や虫の声ぐらいしか聞こえる音はありません。

都会では車の音、誰かの声、サイレンの音など何かしら雑音があります。

田舎では隣りの家との距離が離れていることが多く、他の家の生活音が聞こえてくることも、階上、階下への物音の心配もすることもありません。

静かな生活が送れます。

7. 人間関係などが濃い

人間関係などが濃い

田舎暮らしのデメリットでよく言われるのが、人間関係が濃い、独特のルールがあるなどがあります。

また観光客には優しいけれど、よそ者には冷たい、そんな一面もあるのだとか。

何年住んでもよそ者扱い、地元の人たちで結束しているところもあり、結局その雰囲気になじめず田舎暮らしを辞めたという人もいるでしょうね。

確かに、排他的な部分はあります。

もしくは過剰に人懐っこい、家族同然のように干渉をしてくるという場合もあります。

いずれにしても、人間関係があっさりと薄い都会とは逆。

8. 車がないと生活が不便

車がないと生活が不便

田舎暮らしでは、車が必需品だと思います。

街中暮らしでは、駅の近くのマンションに住めば、車は必要ないぐらいです。

駅の近くに買い物をする場所、病院、銀行など生活に必要なことは全て揃っていますし、駅の近くは駐車場が高いということもあり車のない生活をあえて選ぶ人だっているぐらいです。

一方、田舎暮らしはどこへ行くのも車が基本です。

駐車スペースはたっぷりとあり、都会のように30分いくら…とお金を取られることもないのです。

逆を言えば車がないと買い物にも行けない、ということでもあります。

9. 虫が出る

虫が出る

田舎は自然豊かな環境です。

家の中にも庭にも虫が出ることはある程度覚悟が必要です。

またネズミなどが出ることもあります。

都会の高層マンションに住めば、虫はもちろんのこと、蚊やハエなども飛んでこれなくていないものです。

都会暮らしに慣れている人にはちょっとギャップがあると思います。

キャンプなどアウトドアに慣れている人ならばわりとすんなりとけ込めるでしょうか?

10. 通勤、通学が大変である

通勤、通学が大変である

田舎はバスや電車の本数が少ないですね。

またバス停や駅まで行くのに距離があることもあります。

ですから、通勤や通学が大変になるかもしれないということは覚悟しなくてはなりません。

また自転車で通学通勤をする場合も雨の日や雪の日は無理というものですよね。

その際に家族に車で送ってもらうなどの対応はとれるのかどうかも考慮した上で家の場所を決めた方がいいでしょう。

なるべく駅やバス停の近くに住むなど工夫がいりますね。

まとめ

以上田舎暮らしのメリット&デメリットの紹介でした。

スローライフっていいなあと憧れる人は多いのですが、生活というのはいいことばかりではなく、大変なこともあるものです。

また本人の性格で田舎暮らしが合う人、都会生活の方が合う人という違いもあります。

どうしても田舎暮らしはできないという理由で別居する夫婦もいるかもしれませんね。

田舎暮らしを考えているのであれば、メリット、デメリットを考慮した上で始めたいですね。

田舎に移住したいと考えている方必見です、田舎暮らしのメリットやデメリットをまとめてみました。

参考にしていただけたら幸いです。


土地や家が広い

田舎暮らしのメリットは、土地や家が広く持てるということです。

都会と同じ、もしくは低い家賃でこんなに広い部屋が借りられるの?と思うことでしょう。

借りるどころか、この価格なら買える!と思いきって購入してしまう人もいるでしょう。

空気が澄んでいる

田舎というのは緑が多いですね。

また川の流れる音、波の音などの音にも癒されます。

緑というのは目にも優しく、また空気も綺麗なので思いきり深呼吸したくなります。

都会の空気はどことなくどんよりとした感じです。

車の排気ガス、工場から出る煙、街中の埃っぽさなど田舎の空気とは全く違います。

田舎に来るとほっと落ち着くのは空気が綺麗で澄んでいるからでしょうね。

自給自足ができる

田舎というのは土地が広いものです。

都会ではベランダで小さなガーデニングを楽しむぐらいしかできなかったという人も、田舎では庭を畑にして野菜や果物を育てて楽しむことができます。

プチトマト、きゅうり、なすなど、家族で食べる野菜分ぐらいは作ることは可能です。

自給自足に憧れている人は田舎暮らしでその夢をかなえることができますね。

お金がなくても何とかなる

田舎暮らし、お金がなくても何とかなるともいえます。

何と言っても、遊びに行く場所、買い物をする場所が近くになければ使いたくてもお金は使えません。

使い道がないとなれば、都会にいるより少ないお金でも何とか生活できてしまいます。

また街中暮らしでは流行など遅れたら恥ずかしいとおしゃれな服や靴などそれなりに買っていた人も、田舎であれば普段着で過ごすことが増えるので服飾費も抑えることができます。

健康的な生活を送れる

田舎暮らしで、自給自足をしたり、早寝早起きをすることで健康的な生活習慣に変化していくでしょう。

空気や水がきれいですからアレルギーがあった人も改善されたという話を聞きますよね。

静かな生活ができる

都会の喧騒とは無縁の田舎暮らし、夜ともなれば、風や虫の声ぐらいしか聞こえる音はありません。

都会では車の音、誰かの声、サイレンの音など何かしら雑音があります。

田舎では隣りの家との距離が離れていることが多く、他の家の生活音が聞こえてくることも、階上、階下への物音の心配もすることもありません。

静かな生活が送れます。

人間関係などが濃い

田舎暮らしのデメリットでよく言われるのが、人間関係が濃い、独特のルールがあるなどがあります。

また観光客には優しいけれど、よそ者には冷たい、そんな一面もあるのだとか。

何年住んでもよそ者扱い、地元の人たちで結束しているところもあり、結局その雰囲気になじめず田舎暮らしを辞めたという人もいるでしょうね。

確かに、排他的な部分はあります。

もしくは過剰に人懐っこい、家族同然のように干渉をしてくるという場合もあります。

いずれにしても、人間関係があっさりと薄い都会とは逆。

車がないと生活が不便

田舎暮らしでは、車が必需品だと思います。

街中暮らしでは、駅の近くのマンションに住めば、車は必要ないぐらいです。

駅の近くに買い物をする場所、病院、銀行など生活に必要なことは全て揃っていますし、駅の近くは駐車場が高いということもあり車のない生活をあえて選ぶ人だっているぐらいです。

一方、田舎暮らしはどこへ行くのも車が基本です。

駐車スペースはたっぷりとあり、都会のように30分いくら…とお金を取られることもないのです。

逆を言えば車がないと買い物にも行けない、ということでもあります。

虫が出る

田舎は自然豊かな環境です。

家の中にも庭にも虫が出ることはある程度覚悟が必要です。

またネズミなどが出ることもあります。

都会の高層マンションに住めば、虫はもちろんのこと、蚊やハエなども飛んでこれなくていないものです。

都会暮らしに慣れている人にはちょっとギャップがあると思います。

キャンプなどアウトドアに慣れている人ならばわりとすんなりとけ込めるでしょうか?

通勤、通学が大変である

田舎はバスや電車の本数が少ないですね。

またバス停や駅まで行くのに距離があることもあります。

ですから、通勤や通学が大変になるかもしれないということは覚悟しなくてはなりません。

また自転車で通学通勤をする場合も雨の日や雪の日は無理というものですよね。

その際に家族に車で送ってもらうなどの対応はとれるのかどうかも考慮した上で家の場所を決めた方がいいでしょう。

なるべく駅やバス停の近くに住むなど工夫がいりますね。

以上田舎暮らしのメリット&デメリットの紹介でした。

スローライフっていいなあと憧れる人は多いのですが、生活というのはいいことばかりではなく、大変なこともあるものです。

また本人の性格で田舎暮らしが合う人、都会生活の方が合う人という違いもあります。

どうしても田舎暮らしはできないという理由で別居する夫婦もいるかもしれませんね。

田舎暮らしを考えているのであれば、メリット、デメリットを考慮した上で始めたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-