【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095331.html
人見知りする人の特徴

人見知りする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人見知りする人の特徴

人見知りをする人に共通しがちな特徴をまとめてみました。

どんな特徴が見られるのでしょうか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 打ち解けた人には何でも話す
  • 警戒心が強い性格である
  • 過去に人に裏切られたことがある
  • 基本的に人間不信
  • 口下手、人と話すのが苦手
  • 性格が暗い傾向にある
  • 繊細で傷つきやすいところがある
  • 笑顔が少ない、作り笑顔ができない
  • 自分から話しかけるのが苦手
  • 恥ずかしがり屋、シャイである
  • 自信がない
  • 自意識過剰、敏感である
  • まとめ

1. 打ち解けた人には何でも話す

打ち解けた人には何でも話す

人見知りをする人というのは不思議なもので、一旦打ち解けた人、心から信用した人、自分のことを大事にしてくれる人には何でも話すものです。

人づきあいの仕方が、狭く深くなる傾向があります。

うわべだけのつきあいや、広く浅くといったつきあいはしません。

2. 警戒心が強い性格である

警戒心が強い性格である

人見知りをする人の性格は慎重派であることが多く、相手のことをまずはどんな人か見極めようと観察をします。

警戒心が強く誰にでもフレンドリーな態度はとれません。

表面上はとても礼儀正しく挨拶はしっかりとできますが、心を開くまでは時間がかかります。

3. 過去に人に裏切られたことがある

過去に人に裏切られたことがある

人見知りをする人というのは、子供の頃からの性格である場合も多いですが、実は大人になってから人見知りになる人もいます。

最初はどんな人とでも仲良くしていた人も誰かに手ひどく裏切られたり、騙されたりすることで、人に対して恐怖を持つようになります。

簡単に人に心を開いてはダメ、何でも話してはダメなんだと思って徐々に人見知り体質になっていったのです。

4. 基本的に人間不信

基本的に人間不信

人見知りの人の中には基本的に人が信用できない、何か陰で自分のことを悪く言うのではないかなどと、人間不信気味なことが多いです。

人間不信な人は交友関係を広げようとはしませんし、新しい人に出会うたびに何か自分を探ろうとしているのではないか、裏があるのではないかと思ってしまいます。

5. 口下手、人と話すのが苦手

口下手、人と話すのが苦手

人見知りの人は、人と話すことが苦手、初対面の人と何を話せばいいのかわからないと思います。

なかには、怒ったような不機嫌そうな態度に出る人もいます。

決して相手に対して悪意を持っているわけではなく、その状況に戸惑っていて、こんな状況になったことに対してやり場のなさを感じているのです。

6. 性格が暗い傾向にある

性格が暗い傾向にある

人見知り傾向にある人は、性格的にネガティブ、暗いところがあります。

明るい人というのはとりあえず誰とでも同じように、その場の雰囲気をもりあげようとするのが得意です。

人見知りに人は周りのことを考える余裕がありませんし、自分はどうせ人見知りだから面白いことも言えないし、暗い奴って思われるんだろうなとネガティブなことばかり考えてしまいます。

7. 繊細で傷つきやすいところがある

繊細で傷つきやすいところがある

人見知りの人は、繊細で傷つきやすい面があります。

相手が何気なく発した言葉に落ち込むことも多く、ますます人見知りになってしまいます。

デリカシーのない人というのはよく考えずにぽんぽんと言葉を発してしまうもの、いちいち気に留めていても仕方ないと割り切るしかないのですが、人見知りの強い人はますます人が苦手になってしまいます。

8. 笑顔が少ない、作り笑顔ができない

笑顔が少ない、作り笑顔ができない

人見知りの人ってどこかぎこちない表情をするので相手にも「人見知りなんだな」とわかってしまうことが多いですね。

笑顔が引きつっている、もしくは笑顔が作れない、そんな特徴があります。

目は笑っているけど顔は緊張気味、これは人見知りの人によくある表情。

9. 自分から話しかけるのが苦手

自分から話しかけるのが苦手

人見知りをする人は受け身体質。

自分から人に話しかけるのは苦手です。

人見知りをしない人というのは、いきなり知らない人にでもずっと知り合いだったかのように自然と話しかけて、会話が続きます。

時には盛り上がることも。

人見知りの人はそれができません。

でも人から話しかけられれば、きちんと答えられますし、会話もそれなりにできるのです。

10. 恥ずかしがり屋、シャイである

恥ずかしがり屋、シャイである

人見知りの人の性格というのは、とにかく恥ずかしがり屋、シャイなのです。

ですから、若い時は人見知りだった人も、年をとるごとに神経が図太くなっていっていつの間にかべらべらとよくしゃべるおじさん、おばさんになることもあります。

「若い時は何も話さなかったのに」と周りの家族からからかわれることも。

11. 自信がない

自信がない

人見知りをする人は、自信がないと思っているのが特徴です。

話しかけてみんなから注目されたら緊張していまいますし、反論されたらどうしようと思うと発言するのを控えてしまいます。

人から、反対意見、批判、文句を言われるのが怖いと感じるのです。

12. 自意識過剰、敏感である

自意識過剰、敏感である

人見知りの人は自意識過剰、敏感であるのも特徴。

他人って自分が思うほど自分のことなんて気にも留めていないもの。

発言内容も無責任で適当に口にしただけということが多いのです。

なので聞く側としても適当に受け流し、本気にとらえることもない、そう思っていれば初対面の人ともそれなりに話せるものです。

人見知りをする人というのは、いちいち真面目に受け取ってしまいます。

そして人の意見に敏感です。

また自分は注目されていると少々自意識過剰なところもあるのです。

まとめ

以上、人見知りをする人に共通する特徴でした。

色々な人と楽しくさらっとお付き合いできる人って社交的で魅力的に見えますね。

でも人見知りが悪いわけではありません。

あくまでも性格です。

自分がつき合いやすい、話しやすい人は必ずこの世にいるのですから数は少なくてもそういう人を大切にしていけたらいいのではないかと思います。

人見知りをする人に共通しがちな特徴をまとめてみました。

どんな特徴が見られるのでしょうか、ぜひ参考にしてみてくださいね。


打ち解けた人には何でも話す

人見知りをする人というのは不思議なもので、一旦打ち解けた人、心から信用した人、自分のことを大事にしてくれる人には何でも話すものです。

人づきあいの仕方が、狭く深くなる傾向があります。

うわべだけのつきあいや、広く浅くといったつきあいはしません。

警戒心が強い性格である

人見知りをする人の性格は慎重派であることが多く、相手のことをまずはどんな人か見極めようと観察をします。

警戒心が強く誰にでもフレンドリーな態度はとれません。

表面上はとても礼儀正しく挨拶はしっかりとできますが、心を開くまでは時間がかかります。

過去に人に裏切られたことがある

人見知りをする人というのは、子供の頃からの性格である場合も多いですが、実は大人になってから人見知りになる人もいます。

最初はどんな人とでも仲良くしていた人も誰かに手ひどく裏切られたり、騙されたりすることで、人に対して恐怖を持つようになります。

簡単に人に心を開いてはダメ、何でも話してはダメなんだと思って徐々に人見知り体質になっていったのです。

基本的に人間不信

人見知りの人の中には基本的に人が信用できない、何か陰で自分のことを悪く言うのではないかなどと、人間不信気味なことが多いです。

人間不信な人は交友関係を広げようとはしませんし、新しい人に出会うたびに何か自分を探ろうとしているのではないか、裏があるのではないかと思ってしまいます。

口下手、人と話すのが苦手

人見知りの人は、人と話すことが苦手、初対面の人と何を話せばいいのかわからないと思います。

なかには、怒ったような不機嫌そうな態度に出る人もいます。

決して相手に対して悪意を持っているわけではなく、その状況に戸惑っていて、こんな状況になったことに対してやり場のなさを感じているのです。

性格が暗い傾向にある

人見知り傾向にある人は、性格的にネガティブ、暗いところがあります。

明るい人というのはとりあえず誰とでも同じように、その場の雰囲気をもりあげようとするのが得意です。

人見知りに人は周りのことを考える余裕がありませんし、自分はどうせ人見知りだから面白いことも言えないし、暗い奴って思われるんだろうなとネガティブなことばかり考えてしまいます。

繊細で傷つきやすいところがある

人見知りの人は、繊細で傷つきやすい面があります。

相手が何気なく発した言葉に落ち込むことも多く、ますます人見知りになってしまいます。

デリカシーのない人というのはよく考えずにぽんぽんと言葉を発してしまうもの、いちいち気に留めていても仕方ないと割り切るしかないのですが、人見知りの強い人はますます人が苦手になってしまいます。

笑顔が少ない、作り笑顔ができない

人見知りの人ってどこかぎこちない表情をするので相手にも「人見知りなんだな」とわかってしまうことが多いですね。

笑顔が引きつっている、もしくは笑顔が作れない、そんな特徴があります。

目は笑っているけど顔は緊張気味、これは人見知りの人によくある表情。

自分から話しかけるのが苦手

人見知りをする人は受け身体質。

自分から人に話しかけるのは苦手です。

人見知りをしない人というのは、いきなり知らない人にでもずっと知り合いだったかのように自然と話しかけて、会話が続きます。

時には盛り上がることも。

人見知りの人はそれができません。

でも人から話しかけられれば、きちんと答えられますし、会話もそれなりにできるのです。

恥ずかしがり屋、シャイである

人見知りの人の性格というのは、とにかく恥ずかしがり屋、シャイなのです。

ですから、若い時は人見知りだった人も、年をとるごとに神経が図太くなっていっていつの間にかべらべらとよくしゃべるおじさん、おばさんになることもあります。

「若い時は何も話さなかったのに」と周りの家族からからかわれることも。

自信がない

人見知りをする人は、自信がないと思っているのが特徴です。

話しかけてみんなから注目されたら緊張していまいますし、反論されたらどうしようと思うと発言するのを控えてしまいます。

人から、反対意見、批判、文句を言われるのが怖いと感じるのです。

自意識過剰、敏感である

人見知りの人は自意識過剰、敏感であるのも特徴。

他人って自分が思うほど自分のことなんて気にも留めていないもの。

発言内容も無責任で適当に口にしただけということが多いのです。

なので聞く側としても適当に受け流し、本気にとらえることもない、そう思っていれば初対面の人ともそれなりに話せるものです。

人見知りをする人というのは、いちいち真面目に受け取ってしまいます。

そして人の意見に敏感です。

また自分は注目されていると少々自意識過剰なところもあるのです。

以上、人見知りをする人に共通する特徴でした。

色々な人と楽しくさらっとお付き合いできる人って社交的で魅力的に見えますね。

でも人見知りが悪いわけではありません。

あくまでも性格です。

自分がつき合いやすい、話しやすい人は必ずこの世にいるのですから数は少なくてもそういう人を大切にしていけたらいいのではないかと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-